べビ肌

混合肌の方必見!化粧下地の正しい選び方とおすすめアイテムをご紹介!

696 views
はな子
先生〜!化粧崩れってどうやったら防げるんですか〜!?
美神先生
あら、はなちゃん!どこの部分の崩れが気になるの?
はな子
特にTゾーンです!テカテカになっちゃって…。頬あたりはヨレないんですけど。
美神先生
はなちゃんはTゾーンに皮脂が出やすい混合肌予備軍かもしれないわね。化粧崩れは、化粧下地でしっかりカバーするのよ!今回は、混合肌にぴったりな化粧下地について勉強していきましょうね!




混合肌とは?

混合肌」という肌質は聞いたことはありますか?

あらゆる美容雑誌などでも、肌質診断などが多数掲載されていますので一度は耳にしたことがあるかと思います。

混合肌とは、簡単に言うと「Tゾーンは脂っぽいのに、Uゾーンは乾燥している」といった2つの要素を持ち合わせている肌タイプです。

この混合肌は、20代後半から30代にかけて多くいると言われています。

「脂性肌」と「乾燥肌」といった両極端の肌タイプを持ち合わせていることから、あらゆる肌質の中でも、肌の調子をコントロールするのが難しいとされています。

ただ、この2つの肌質を持ち合わせているということはごく普通なことでもあります。

もともと人間の顔は皮膚の厚さや皮脂量がパーツで違いますから、顔の全てが同じ肌質であるということは考えづらいのです。

ではなぜ混合肌が肌の調子を整えるのに難しいと言われているのか。

それは、本来の肌が持っている「水分」と「油分」のバランスがパーツごとに大きく崩れてしまい、その差がどんどん激しくなっているからなのです。

つまり、肌のバリア機能が極端に崩れてしまっている状態ということなので、肌を根本から立て直すのに難しいとされているというわけなのです。

(※1)

化粧下地の役割

では、化粧下地にはどのような役割があるのでしょうか。

あらゆる肌質の方にとっても化粧下地というのは、化粧の仕上がりを左右するアイテムですね。

美神先生
2つの肌質を持ち合わせる混合肌さんにとっては何を選ぶかも難しいところだけど、選び方一つで化粧崩れの悩みから解放されるわ。

役割その1:色補正効果

色補正効果とは、肌のくすみやシミ・そばかす、さらには肌の赤みやニキビ痕などを化粧下地で均一にすることにより、肌色を明るく整えるというものです。

この色補正効果を利用することで、その後のファンデーションを厚塗りせずとも綺麗に仕上げることができます。

特に混合肌の方は、Tゾーンの皮脂量が多いので、化粧崩れの原因となる「厚塗り」は避けたいとことです。

化粧下地でしっかりと肌を均一に整えておくのがベストです。

役割その2:光効果

光効果とは、光沢やツヤ感で顔の立体感やメリハリ感を演出するというものです。

美容雑誌でも「艶肌の作り方」として光沢感がある化粧下地がピックアップされることも多いですし、全顔用でなくともハイライトゾーンに部分用としてプラスする商品もあります。

特に混合肌の方はTゾーンの皮脂量が多く、その箇所から化粧崩れがおきてくるため目立ってしまうというのがあります。

そのため、この光効果を逆手にとってTゾーン以外のハイライトゾーンに光沢感がある化粧下地をプラスしておくと、Tゾーンのテカリ具合を全体的に調整することもできるのです。

美神先生
Tゾーンに仕込んでしまうと、よりテカリが強調されてしまうので、それは避けるようにしましょうね。

役割その3:UVカット効果

UVカット効果とは、その名の通りUVカット剤が配合されているもので、日焼け止めと処方が似ています。

今では、日焼け止めを化粧下地にできるものもありますね。

混合肌になってしまう原因の一つとして紫外線ダメージがありますので、UVカット剤が配合されているかどうかはチェックしておきたい一つですね。

(※2)

混合肌の下地の選び方


では、混合肌の化粧下地はどのように選ぶと良いのでしょうか?

早速、みていきましょう!

その1:皮脂崩れ防止なのかをチェックする

混合肌の方の化粧崩れは、皮脂量が多いTゾーンからはじまります。

そのため、化粧下地の中に「皮脂崩れ防止」の要素が入っているかを必ずチェックしておくと良いでしょう。

ただ、この皮脂崩れ防止の処方がされているものの中には、Uゾーンに広げてしまうと肌のつっぱり感や乾燥を招いてしまうこともありますので、実際に使用する上では注意が必要です。

その2:保湿面がしっかりしているかをチェックする

その1でも少しお話ししましたが、混合肌の特徴としてUゾーンは乾燥肌(場合によっては普通肌や敏感肌)になりますので、皮脂を吸着しすぎるのもパーツによっては、肌の乾燥を招く要素になってしまいます。

そのため、保湿面の処方もチェックする必要があります。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が配合されているものがありますので、それもチェックしておくと良いでしょう。

その3:SPFとPAの数値をチェックする

SPFと、PAの数値もチェックする必要があります。

紫外線はA波(UV-A)とB波(UV-B)の2種類があります。

A波(UV-A)は、エネルギーは弱いものの肌の真皮まで到達するもので、B波(UV-B)はエネルギーが強く、肌の表皮にサンバーン(赤みやヒリヒリ)を起こしてしまうものです。

SPFはB波(UV-B)の防止効果を表すもので、PAは A波(UV-A)の防止効果を表すものです。

混合肌になってしまう原因の一つとして、紫外線によるダメージがありますので、化粧下地でも紫外線ダメージケアが大切なのです。

〜プラスアルファのテクニック〜
部分用のオイルコントロールのものもチェックしておくとさらに良い!

混合肌の化粧崩れの一番の悩みは、先ほどから何度も解説してきましたが「Tゾーンの崩れ」です。

上記であげたような皮脂崩れ防止下地を使っても、やはり時間経過とともに崩れてしまう、化粧がヨレてきてしまうという場合は、部分用のオイルコントロールができる下地を仕込んでおくのもお勧めの方法です。

この部分用のオイルコントロールの化粧下地は、毛穴をカバーして肌を均一にするはたらきもありますので皮脂の過剰分泌で毛穴に悩みがあるという方にもお勧めです。

はな子
部分用に使えるものもあるんだ〜!これなら毎日の化粧品にプラスすればいいだけだから、使いやすそう!

(※2)

混合肌の方におすすめな化粧下地

混合肌の方の化粧下地の選び方が分かったところで、次はお勧めの下地をご紹介します。

皮脂崩れ防止、保湿効果、紫外線カット、オイルコントロールの要素を兼ね備えた商品をピックアップしていますので、ぜひ下地選びの参考にしてみてくださいね。
もちろん、コスパが良いプチプラ商品もご紹介していますよ!

では、早速チェックしていきましょう!

混合肌の方に一度は使って欲しい超優秀アイテムといえばこれ!

【ソフィーナ/プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地】

25ml ¥3,024

SPF20・PA++

ソフィーナから発売されているプリマヴィスタの化粧下地は、皮脂や汗による化粧崩れに非常に強く、ファンデーションの仕上がりを長時間持続させることができるとても優秀なアイテムです。

皮脂をかかえこみ、広げない耐皮脂処方がされていますので、化粧崩れやヨレが起きにくくなっています。

さらには、保湿成分であるカミツレエキスも配合しているので乾燥しにくい設計になっているのもお勧めの理由ですね。

ベストコスメ大賞や数々のコスメアワードで受賞しており、7年連続売上NO.1と非常に人気の化粧下地です。混合肌の方には、一度は試してみて欲しい化粧下地ですよ。

仕上がりキープの実力派下地はこれ!

【コフレドール/毛穴つるんとカバー 化粧もち下地UV02】

25ml ¥3,024

SPF50・PA+++

コフレドールの毛穴つるんとカバー 化粧もち下地UV02は、汗や皮脂による崩れを防いで、いつまでも化粧の仕上がりをキープしてくれるこちらも大変優秀なアイテムです。

毛穴の凸凹や、黒ずみまでもカバーができるのでTゾーンから化粧崩れをおこしてしまう混合肌の方にもお勧めです。

某クチコミ雑誌でも堂々ランクインしている実力派でもあります。

UVカットと肌にパール感をプラスしたいならこれ!

【ポール&ジョー ボーテ/プロテクティング ファンデーション プライマーS】

30ml ¥4,550

SPF42・PA+++

ポール&ジョー ボーテのプロテクティング ファンデーション プライマーSは、UVカットとうるおいを兼ね備え、さらには軽やかな感触で毛穴もしっかりカバーできるという美容液のような化粧下地です。

特に保湿効果が高く、3種類のヒアルロン酸も配合されていますので肌の乾燥をしっかり防ぎます。

混合肌の方であれば、Uゾーンなどの乾燥しやすいパーツに部分使用するのも大変お勧めです。

プチプラ代表の皮脂崩れ防止はこれ!

【セザンヌ/皮脂テカリ防止下地】

30ml ¥648

SPF28・PA++

セザンヌの皮脂崩れ防止下地は、口コミでも話題のプチプラアイテムですのでご存知の方も多いかもしれませんね。

汗や皮脂を吸着して化粧崩れを防止して、さらには毛穴の凸凹もカバーできるという実力ぶり。

ピンクベージュカラーで肌を明るく見せることもできるので、混合肌の方にもお勧めです。

皮脂吸着+紫外線カットに加えて、美白もできるプチプラ下地はこれ!

【キス/マットシフォン UVホワイトニングベースN】

37g ¥1,713

SPF26・PA++
キスのマットシフォン UVホワイトニングベースNは、美肌と長時間サラサラ肌を実現できるアイテムです。

化粧崩れの原因となる汗や皮脂を防いで、ふんわりマットな美肌に仕上げます。

さらに、美白ケアもできるのがお勧めポイントの一つでもあります。

保湿面に関しても、ヒアルロン酸やリピジュア、カモミラエキスも配合していますので肌の乾燥を防いでくれます。

部分用のオイルコントロール下地はこれ!

【オルビス/スムースマットベース】

12g ¥1,296

オルビスのスムースマットベースは、Tゾーンや小鼻のテカリ、化粧のヨレを防ぐ部分用下地です。

鼻だけではなく、頬の毛穴をフラットにすることもできる優秀アイテムですので、パーツごとに肌質が違う混合肌の方も使えるアイテムです。

肌の凸凹を均一にするので、その後のファンデーションのノリも格段にアップします。

さらには、乾燥を感じたら水分を吸着して補う成分も配合されているので、乾燥による頬の崩れにもカバーすることができます。

混合肌の崩れないメイクのコツ

美神先生
混合肌の化粧崩れは、汗や皮脂による「Tゾーンの崩れ」と乾燥による「Uゾーンの崩れ」の2つがあるわよね。
はな子
そう!そうなんです!室内にいるか屋外にいるかでもまた、どこが崩れる関わって来るんですよ〜。
美神先生
そんな混合肌さんにオススメの、崩れにくいメイクのコツを3つ伝授するわ。

その1:パーツごとに下地を使い分ける

コツの一つ目としては、パーツごとに下地を使い分けるという方法です。

これは、コスト的にも加算してしまいますが、崩れにくくするためにはやはり必要な方法でもあります。

皮脂量が多いTゾーンには皮脂崩れ防止の下地を、乾燥するUゾーンには保湿効果が高い下地をのせると、それぞれの肌質にフィットするので崩れにくくなります。

その2:パーツごとに下地の量を変える

コツの二つ目としては、パーツごとに下地の量を変えるという方法です。

パーツごとに下地を使い分けるのが難しいという場合は、こちらの方法を試してみるのがお勧めです。

皮脂崩れ防止の下地にも保湿効果があるものがほとんどですので、皮脂崩れ防止の化粧下地を選ぶと良いでしょう。

その際には、Tゾーンにはしっかりと、Uゾーンなどには薄く広げてあげると皮脂の量を調整することができます。

さらには、その後のファンデーションに関しては、Tゾーンには厚塗りをしすぎないようにするのも化粧崩れを防止するために必要なことですね。

事前のスキンケアに気をつける

コツの三つ目は、事前のスキンケアについてです。

下地の効果を最大限に発揮するためにも、事前のスキンケアはとても大切です。

特にTゾーン周辺には、皮脂量をコントロールするはたらきがある収れん効果のあるスキンケアアイテムで整えておくのも一つの方法です。

(※1)(※2)

はな子
なるほど!やはり化粧崩れを防ぐにはパーツごとに変えてみるのも良い方法なんですね!
美神先生
方法としてはかなり効果があるわよ!ただアイテムが増えればそれだけコストもかかるから、それはお財布と相談しながらね(笑)
はな子
確かにそうですよね(笑)早速、教えてもらった化粧下地をチェックしてみたいと思います!長時間サラサラな肌になりたいですもん〜!
(※1)小西さやか著「日本化粧品検定2級・3級対策テキスト コスメの教科書」株式会社主婦の友社 2016年
(※2) 小西さやか著「日本化粧品検定 1級対策テキスト コスメの教科書」株式会社主婦の友社 2016年

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)