べビ肌

乾燥肌必見!プチプラでも効果の高い化粧品10選!選び方や効果的な使い方

249 views
はな子
先生〜、お金かしてくれませんか?
美神先生
あらはなちゃん、急にどうしたの?
はな子
化粧品にお金がかかっちゃって……。化粧水とか高いんですよね。
美神先生
え?最近は安いものもたくさんあるわよ。
はな子
ん〜、だって安いのじゃ肌の乾燥が治らなくて……。
美神先生
それはきっと、選び方を間違えているのよ。安くても効果的な化粧水はたくさんあるのよ。
はな子
そうなんですか?先生〜、ヘルプミー!!




肌が乾燥する原因と乾燥が引き起こすトラブル

スキンケアをしっかりしているのに、いつの間にか肌が乾燥してカサついてしまうということもあるのではないでしょうか。

肌はいつも同じように水分を保っておけるというわけではなく、様々な原因によって乾燥を招いてしまうこともあるのです。

では、肌が乾燥してしまう原因としてはどのようなことが考えられるのでしょうか。また、肌が乾燥してしまうとどのような問題が起こってしまうのでしょうか。今回はその点について紹介します。

乾燥の原因

まず、肌が乾燥してしまう原因としては、大きく分けて3つのことが考えられます。

一つ目は「加齢」によるもので、人は年齢を重ねると次第に肌にある潤い成分が失われていくので、どうしても乾燥しやすくなってしまうのです。これは抗うことができない体の変化なのでどうすることもできませんが、正しいスキンケアをすることで進行を遅らせることはできます。

二つ目は環境による要因で、例えば冬場などは乾燥しているところに水分が移動してしまうため、どうしても肌の水分が空気中に出て行ってしまうのです。

三つ目は誤ったスキンケアによるもので、これが一番厄介と言わざるをえません。例えばクレンジングのしすぎや保湿不足などで肌はカサついてしまうので、きちんと毎日のケアを徹底する必要があります。

乾燥によるトラブル

乾燥によるトラブルとしては、シミやシワ、ニキビや肌の敏感化などが挙げられます。

シミはターンオーバーが乱れることでメラニン色素が排出されずに残るので起こってしまいます。また、シワは乾燥して肌の弾力成分が奪われてしまうために起こってしまうものです。

また、乾燥することによって肌のバリア機能が低下すると、ニキビや敏感肌になりやすくなるので気をつけなければなりません。

はな子
最近ニキビができやすかったのって、乾燥のせいだったんだ…

プチプラで高保湿な化粧水を選ぶコツ

肌の乾燥を防ぐためには、徹底した保湿ケアをする必要がありますが、中でも大切なのが化粧水です。

化粧水は洗顔後の肌に水分を補う目的で使うものなので、しっかりとケアをして肌の潤いをキープしなければなりません。

はな子
そのためにも、高い化粧水を使った方が効果が大きいですよね?
美神先生
いいえ。必ずしも高いものじゃ無いといけないわけじゃ無いわ。最近ではお手頃価格でも効果が高いものがたくさんあるもの。

保湿成分に注目!

まず、化粧水を選ぶ際には、何と言っても「保湿成分」に注目することが大切です。

化粧水は肌を潤すために使うものですから、保湿力が低くてはあまり意味がありません。

化粧水などのスキンケア用品に配合される保湿成分は様々なものがありますが、中でも水分と結合してつなぎとめてくれるセラミドがおすすめです。また、高い保水効果が期待できるヒアルロン酸も有効な成分とされています。

成分表に注目!

配合成分に注目して化粧品を選ぶことは大切ですが、肌に負担のかかる成分が多く含まれていては逆に肌にダメージとなってしまう可能性があります。

そこで、化粧水を選ぶ際には、刺激となる成分が極力含まれていないものを選ぶようにしましょう。石油系の成分や着色料、香料などは肌への負担も大きいので、避けたほうがいいでしょう。

また、肌悩みに応じたケアができるかどうかも重要なポイントとなります。

例えば美白をしたいのであれば美白有効成分であるアルブチンやトラネキサム酸などが含まれているものがおすすめですし、ニキビをケアしたいのであれば抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kなどが入っているものを選ぶといいでしょう。

価格とコスパ

化粧水は毎日使うものですから、無理をして高いものを買ってしまうと結局続けられなくなったり量を少なく節約して使うことになってしまいます。

しかしそうなると、効率的なスキンケアが抱きないと言わざるをえません。

そこで、化粧水を選ぶ際には、たっぷり使える大容量のものや、価格が安くたっぷり使っても問題ないもの選ぶことが大切です。ただ、だからと言って安すぎるものもよくないので、500円以上を目安に選ぶといいでしょう。

はな子
プチプラでもあるんだ!良い化粧水って……。
美神先生
そうよ。無駄なお金、使っちゃったわね。
はな子
がーん……!!

1500円以下!おすすめプチプラ化粧水10選

おすすめの化粧水の選び方について紹介しましたが、実際にはどのようなものを選んだらいいのかわからないということもあるでしょう。

そこでここからは、厳選したプチプラ化粧水を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

無印良品/化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ


200ml ¥1,088
詳細をみる

この化粧水は、岩手県釜石市の天然水をベースに使用しています。そこに肌を保護する作用のあるスベリヒユエキスやグレープフルーツ種子エキスを加え、また保湿成分であるリピジュア®やヒアルロン酸なども配合されています。

肌に優しい処方になっており、負担の大きい香料や着色料、また鉱物油やアルコール、パラベンなどの添加物を使用していないのも嬉しいポイントです。弱酸性で肌にも優しいので、敏感肌の人でも安心して使用できます。

ちふれ/化粧水しっとりタイプ


180ml ¥1,100

プチプラブランドとして人気のちふれの化粧水は、保湿成分であるヒアルロン酸やトレハロースをたっぷり配合しているのにべたつかず、肌に乗せるとスッと角質層まで浸透するので、肌を効率的に潤すことができます。

肌荒れや乾燥などのトラブルも防ぐことができるので肌がカサつきやすいという人やニキビ肌の人にもおすすめです。さらに香料や着色料も使用していないので、肌に優しいのも大きなポイントとなっています。

ナチュリエ/スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)


500ml ¥598

ナチュリエのスキンコンディショナーは「ハトムギ化粧水」として知られているもので、べたつかずにさっぱりとしているテクスチャーで使いやすいと評判です。それでいて天然ハトムギエキスを配合しており保湿力も抜群なので、乾燥によって肌荒れしやすい肌を整えて滑らかに仕上げることができます。

プチプラながら500mlの大容量でコスパがよく、ボディケアにも惜しむことなく使えるのが大きなメリットです。また、香料や着色料といった保湿のために必要ない成分は極力カットしているので、肌に優しいケアができます。

明色化粧品/明色スキンコンディショナー


200ml ¥1,237

人気化粧品ブランドである明色化粧品から出ているこの化粧水は、化粧水として使用するのはもちろん、ブースターのような役割もあるので、プレ化粧水として使用するのもおすすめです。ブースターとして使えば後につける化粧水の浸透力を高めることができます。

ヴェルサイユローズエキスを配合しているのでプチプラながらリッチな気持ちでケアをすることができ、また洗顔後にアルカリ性に傾きがちな肌をしっかり弱酸性に戻す役割もあります。

着色料や合成界面活性剤を使っていない肌への優しさもポイントです。

ゼトックスタイル/会津ほまれ化粧水


200ml ¥1,069

会津ほまれ化粧水は、酒蔵の女将が20年以上もかけて作り上げた商品で、日本酒に含まれている美肌成分を引き出した発酵美容型化粧水です。

原料には日本酒を60%配合し、そこに潤い成分であるユズ果汁エキスを加え、ユズセラミドや尿素の力で肌を潤すことができます。さらに、整肌成分としてソウハクヒやユキノシタ、ラベンダーやボタンピなどの成分も配合されています。

セザンヌ/スキンコンディショナー 高保湿


500ml ¥702

プチプラブランドとしても人気のセザンヌから出ているこの化粧水は、乾燥から肌を保護し、しっかりと潤すためのヒト型セラミドを配合しています。また、植物由来の保湿成分やヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などの肌の潤いを守るための成分も多数配合されているのがポイントです。

さらに、モイストバリア製法という方法が採用されており、潤いを肌に届けたらしっかりとキープすることができます。

素肌しずく/ぷるっとしずく化粧水


200ml ¥1,058

プラセンタ化粧水はその名の通り、美容に効果的なプラセンタを配合しているのはもちろん、3種のヒアルロン酸やコラーゲン、コエンザイムQ10やプロテオグリカン、そしてセラミドなどの美容・保湿成分をたっぷり配合している化粧水です。

美容液成分を包み込んだしずくが肌の上で弾けることで肌に効率よく潤いを届けることができます。また、ベースとなる基材にも出雲精製水を使用しており、全体を見ても肌に良い処方となっているのです。

なめらか本舗/とってもしっとり化粧水


200ml ¥680

豆乳発酵液を使用していることで知られるプチプラスキンケアライン「なめらか本舗」のこの化粧品は、豆乳発酵液を通常タイプの化粧水の2.5倍も配合した高保湿化粧水に仕上がっています。肌をしっとりと潤すことができるのにベタつきもないので、使いやすいのが大きなポイントです。

豆乳発酵液に含まれる大豆タンパクや大豆エキスが肌をしっとりと潤し整え、また香料や着色料、鉱物油などの刺激となる成分が含まれていないので肌に優しいケアができます。

レシピスト/しっかりうるお化粧水


220ml ¥590

レシピストのこの化粧水じゃ、ローズマリーの香り付きで少しスパイシーな香りに癒されながら、気分をリフレッシュさせることができます。また、テクスチャーもとろっとしていて濃密で、肌に乗せるとすぐに馴染んで内側から潤いをプラスしてくれます。

ニキビの元になりにくい処方になっており、さらにアレルギーテストも済んでいるので、肌が荒れやすいという人にもぴったりの商品です。肌荒れを防止できる上に透明感が生まれ、また潤いを長時間保つことができるのは嬉しいポイントです。

菊正宗/日本酒の化粧水 高保湿


500ml ¥614

人気酒メーカーである菊正宗から販売されているこの化粧水は、保湿作用のある日本酒(コメ発酵液)を配合しているため、効率的に肌を潤すことができます。また、そこにさらにセラミドやアミノ酸をプラスしているので、なお保湿力が高い処方となっているのです。

テクスチャーはとろみがあり、肌になじませるとしっとりとしあがる上に肌荒れも起こしにくいので、ニキビ肌に悩んでいる人も使うことができます。

顔だけでなく全身に使うことができ、無着色・無鉱物油、そして弱酸性の処方なので肌に優しいのが大きなメリットでもあります。

効果が上がる化粧水のつけ方のポイント

はな子
わー!たくさんいいのあるんですね!お気に入りのものも見つけて目星もついたし、使うのが楽しみ〜!
美神先生
でもその前に、使い方を誤ると効果が半減してしまう可能性もあるわ。化粧水をつける時のポイントを紹介するわね。

洗顔後にはすぐにつける

まず、化粧水は洗顔後にはすぐにつけるようにしましょう。

洗顔後の肌は洗顔料によって肌に必要な潤い成分も落ちてしまっている可能性が高いので、そのままにしていくと乾燥が進行して肌トラブルが起こりやすくなります。

また、洗顔後は水分が蒸発しやすい状態になるので、なおさらしっかり保湿ケアを行って肌に水分を補う必要があるのです。化粧水を使う際にはたっぷりめに手にとって、それを肌につけてしっかりと浸透させるようにしましょう。

重ねづけする

化粧水は、1回つけたら終わりにするというのではよくありません。油分と比べて水分は肌に浸透しにくく蒸発しやすいので、1回つけただけでは肌の潤いがすぐに奪われてしまうかもしれないのです。

そのため、目安の回数として3回ほど肌に乗せるといいでしょう。肌にのせたら、しっかりとハンドプレスをして、手のひらに肌が吸い付くようになるくらいまでしっかりと浸透させることが大切です。

乾燥しやすい部分を優先する

顔の中でも、比較的乾燥しやすい部分が目元や口元などの細かな部分です。ここはついつい細かなケアを怠ってしまいがちですが、こういうピンポイントな部分こそしっかりとケアをすることが大切なのです。

目元や口元の部分は、他の部分よりも念入りに保湿ケアをして、たっぷり化粧品をつけるようにしましょう。

はな子
プチプラ……なめてました……。
美神先生
これで、お金の心配もなくなったわね。はい。お金返して?
はな子
えっ…
美神先生
さっき貸したのと、同じ理由でこの間もかしたわよね?返して?
はな子
ら、来月の給料まで待ってくださ〜〜い!!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)