べビ肌

シミが隠せるファンデーションの選び方とおすすめ商品8つ!

1362 views

この記事を書いた美容ライター

園田あゆ

2017年5月に化粧品検定1級を取得。本や雑誌の編集制作会社にて約5年勤務し、現在はフリーライターとして活動中。

美神先生
はなちゃん、老けた?
はな子
えっ……なんですか、いきなり!
美神先生
だって、顔がシミだらけよ?
はな子
う〜わかっちゃいます?実は、最近気になってて……。
美神先生
大丈夫よ。シミはケアするのも大切だけど、隠しちゃえばいいのよ。

シミはどうしてできるの?

女性であればいつまでもキレイな素肌でいたいと願うものですよね。しかし、加齢や様々な影響によって肌は次第にトラブルが増えやすくなります。

中でも厄介なのが、一気に老けた印象に見せてしまう”シミ”でしょう。

ではシミは、どうしてできてしまうのでしょうか。シミのできるメカニズムを知ることができれば、そこに合わせた対策もしやすくなります。

原因1.紫外線

シミができる大きな原因とされているのが、紫外線によるダメージです。紫外線を受けると体は皮膚を守ろうとして体内でメラニン色素というものを生成するのですが、これが過剰につくられてしまうと、代謝の作用でも十分に排出できずにシミとして残ってしまいます。

女性はUV対策として日焼け止めアイテムを使っている人も多いですが、肌を紫外線から守るためにこれはとても重要なことなのです。

原因2.ホルモンバランスの乱れ

シミのできる二つ目の原因となるのが、生活習慣などによるホルモンバランスの乱れです。例えば妊娠や出産、生理不順や更年期、経口避妊薬であるピルの服用などによってホルモンのバランスが崩れると、ターンオーバーがうまくいかずにメラニンの排出ができなくなります。そのため、シミができやすくなってしまうのです。

また、ストレスが自律神経系に影響を与えたり、睡眠不足や血行不良などもシミのできる原因となるので気をつけなければなりません。

今一度自分の生活習慣を見直して、改善した方がいい点があれば直していくようにしましょう。そうすることで、シミがにくくなることもあるのです。

大半のシミの原因は紫外線ですが、生活習慣によるホルモンバランスの乱れも軽視しないようにしましょう。

はな子
う〜ん……夜更かししてるからかなあ……。
美神先生
まあ、ダメよ!私なんて夜8時には寝てるわよ。
はな子
え、早〜い!

シミをケアするファンデーションの選び方

シミをケアするためには、日々のスキンケアや生活習慣を改めるなどの工夫が大切ですが、それでもシミが改善されるまでには少し時間がかかります。その間、シミのある顔で外に出るのはなかなか辛いものですよね。

そこで、メイクアップによってシミを隠すのも効果的です。シミをカバーするためにはベースメイクであるファンデーションに気を使うといいのですが、実際にはどのようなものを選んだらいいのでしょうか。

その1.カバー力の高さ

シミケアのためのファンデーションを選ぶ際の大きなポイントとなるのが、カバー力の高さです。

パウダー系のファンデーションでもシミをカバーできるものはありますが、リキッドタイプなどの液体タイプの方が肌への密着度が高まるのでシミケアに効果的です。

薄づきでもシミをカバーできるものを選べば、毎日鏡を見て悩むこともなくなるでしょう。

その2.保湿力がある

シミをケアするのに、一見すると肌の潤いは関係ないように思えますが、実は大きな関わりがあるのです。

肌が乾燥してしまうとターンオーバーが乱れやすくなるので、その結果メラニン色素が肌表面に沈着しやすくなり、シミの原因となります。

そのため、ファンデーションを選ぶ際にも肌の保湿ができるものを選ぶようにしましょう。

その3.肌の色に合わせる

ファンデーションを選ぶ際には、シミを隠そうと思うとどうしても明るいカラーを選びがちになりますが、それは逆効果となります。

シミがカバーできても顔が不自然な明るさになってしまうとやはり「必死で隠した」感が出てしまいますし、帰って仕上がりが悪くなってしまうのです。

そのため、明るめのカラーは選ばずに、なるべく自分の肌と同じトーンのものか1段階暗めのものを選びましょう。

また、顔が明るくなりすぎると首との境目ができて不自然になってしまうので、首の色に合わせるのも一つのポイントです。

その4.UVケアもできる

シミの原因として大きいのが紫外線だということはすでに紹介しました。そのため、ファンデーションを選ぶ際にもUVケアができるものを選択するといいでしょう。

紫外線によるダメージを受けにくくなれば当然シミもできにくくなるので、キレイな素肌を保つことができます。

シミカバーにおすすめのファンデーション8選

はな子
う〜〜ん。選び方はわかったけど、やっぱり実際に探すとなると商品も多くて悩んじゃいますね…。
美神先生
じゃあ私おすすめのシミカバーのファンデーションを紹介するから参考にしてみて!

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール


¥1980
詳細を見る
■SPF35 PA+++

マキアレイベルの薬用クリアエステヴェールは、1本あればファンデーションに美容液、美白ケアにパック、UV対策の5つの機能が得られるので時短メイクができます。

68種類もの美容成分が配合されており、5種のコラーゲンや5種のヒアルロン酸、プラセンタやアロエ液汁末、カッコンエキスやオリーブ葉エキスなど豊富なので、肌をいたわりながらメイクをすることが可能です。

また、大きさの異なる2種類の微粒子パウダーと平板パウダーが配合されているので、毛穴やシミなどの凸凹面にも入り込んで肌をなめらかに仕上げることができます。さらに、プラセンタが配合されているので美白効果が期待でき、シミを抑制する作用もあります。

【関連記事】
本当に神ファンデ!?マキアレイベルの薬用クリアエステヴェールの実力を検証してみた。

リソウ リペアリキッドファンデーション


8点セット50日分 ¥1,980(初回限定)
詳細をみる
■SPF28 PA++

リソウのリペアリキッドファンデーションは、100%天然由来成分で構成されているので肌に負担をかけずにメイクができ、敏感肌の人にもおすすめです。医学誌にも掲載されるほどの実力を持っているので、迷ったらこれを選んでみてもいいでしょう。

リペアジェルが配合されており、生命体の成分によって美容パック効果が期待できるので、肌に優しく素肌感を演出することができます。

また、微粒子ミネラル成分が肌の凸凹にフィットするので、シミやシワ、毛穴などの肌悩みをしっかりカバーすることができるのです。

【関連記事】
リソウ リペアファンデーショントライアルを徹底検証!口コミは?天然由来にこだわる理由は?

24h スティックカバーファンデーション


¥5,122

■SPF50 PA+++

このファンデーションは、スティックタイプなので手を汚さずに肌に塗ることができる点が大きなメリットです。パッケージも可愛く、ポーチに入れておくだけでも気分が上がるでしょう。

見た目だけでなく実力も高く、スティックタイプなので肌に塗りやすいだけでなく、高いカバー力があるので重くならずに肌の悩みを隠すことができます。

19種類の天然保湿成分を配合し、肌をしっかり潤すことができる上に汗や皮脂を吸収する珊瑚パウダーも含まれているのでメイクが落ちたりヨレたりするのを防ぐこともできるのです。そのため、オイリー肌の人でも快適に使うことができます。

レブロン カラーステイメイクアップ


¥2,160

■SPF15

人気ブランド「レブロン」のこのファンデーションは、タイムリリース処方を採用しているのでテカリや皮脂くずれを防ぎ、油分を調整しながら潤いを保つことができる優秀コスメです。肌にのせてもムラにならずに仕上がるので、24時間つけたての状態をキープすることができます。

ゼニアオイエキスやマドンナリリー根エキスなどの天然成分も豊富に含まれているので、肌をやさしくケアしながらメイクをすることが可能です。ソフトマットな仕上がりなので肌がテカることもなく、オイルフリーなので敏感肌の人にも優しい処方となっています。

エクスボーテ ビジョンファンデーションリキッド モイストタイプ


¥4,899

■SPF24 PA++

エクスボーテのこのファンデーションは、配合されている成分のうち52%と実に半分以上が美容液成分で、スーパーヒアルロン酸やマイクロコラーゲン、トレハロースや高純度のスクワランを含んでいるので肌に負担をかけにくい処方です。

また、通常の1/30のサイズの微粒子パウダーを配合しているので、肌に均一に広がって毛穴や凹凸を埋め、肌をなめらかに仕上げることができます。さらに、光を平均95.3%も透過するので重くならずに透明感のある仕上がりになります。

アテニア BBクリーム


初回限定 ¥2,000
詳細をみる
■SPF30 PA+++

アテニアのこの商品はBBクリームではありますが、美容液やUVケア、下地やコンシーラーなどの機能も兼ね備えているので、ナチュラルメイクの日にはこれだけでメイクを仕上げることもできます。

特徴となるのは隠しピンク設計で、これはバラの花弁のような何重にも重なり合うパウダーによってピンクの光が乱反射し、肌を血色よく見せることができるものです。カバー力も高く、ツヤ感もアップするので肌が明るく綺麗に見えます。

また、顔の動きに合わせて伸縮するストレッチファイバーが配合されているので、表情が変わってもメイクが寄れる心配がありません。ムースのような柔らかな質感で伸びも良く、快適に使うことができるでしょう。

マナラ BBリキッドバー


¥3,672

■SPF35 PA+++

マナラのBBリキッドバーはバータイプのメイクアイテムではありますが、柔らかな質感なので肌にスッと伸ばすことができ、密着度も高いので厚塗りをしなくてもシミなどをケアすることができます。

また、皮脂吸着パウダーを配合することで皮脂が酸化して起こるくすみも防ぐことができ、メイクの崩れやヨレの帽子も可能です。

スーパーソフトフォーカスパウダーと凹凸修正ネットを配合することで光をしっかりと拡散し、シミやシワ、目立つ毛穴をカバーすることもできます。

さらに、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸やアーチチョーク葉エキス、ハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体などの美容液成分を実に94%配合しているのも大きな魅力です。

ラウディ BB&CCクリーム


¥2,800
詳細をみる
■SPF35 PA+++

ラウディのBB&CCクリームは、1本で乳液、美容液、UVケア、クリーム、ファンデーション、コンシーラー、化粧下地の7つの役割を果たすオールインワンコスメです。

BBクリームならではのカバー力を実現させながらCCクリームの魅力であるツヤや透明感も出すことができるので肌を贅沢にケアすることができます。

ソフトフォーカスパウダー配合で光を乱反射するのでくすみやシミなどの気になる悩みの解消にも一役買ってくれます。さらに、伸びがいいので1回に使う量は少しでよく、1本で2か月ほど持つのでコスパも良いです。

肌にのせると水分と油分がよく馴染むので、つけたての状態を12時間キープすることができます。

カラー展開としてはどんな人にも合う2色があり、健康的な肌にしたいならナチュラルベージュ、透明感を出したいならクリアグレージュを使うといいでしょう。

シミをカバーするためのファンデーションの使い方

はな子
わ〜い!たくさん紹介してもらった中からこれに決めた!早速使ってみよーっと!
美神先生
ちょっと待って!いくら高機能といえど正しい使い方ができていないと仕上がりが不自然になっちゃうわ!コツを紹介するから使い方にも気を配って見て!

少しずつ重ねる

ファンデーションでシミをカバーしたいと思った時、どうしてもたっぷり出してシミの上に乗せてしまいたくなりますよね。

しかし、最初にたくさん出して肌に伸ばすと量が多すぎてムラになり、かえって「シミをカバーしています」という感じが目立ちやすくなるので要注意です。

厚塗りを避けるためには、少しずつ手にとって伸ばしていくようにしましょう。足りない部分にだけ補足的につけていくようにすると、厚塗りや村を防いで自然でキレイな仕上がりにすることができます。

なるべく薄く塗る

ファンデーションは、厚く塗ればいいというものではありません。

多くの商品は薄づきでもしっかり肌トラブルをカバーできるように作っているので、何度も重ねなくても肌をなめらかに整えることはできるのです。逆に厚く塗ってしまうとムラになったりメイクが崩れやすくなったりするので気をつけなければなりません。

そのため、ファンデーションを塗る際には何度も重ねたりせず、薄めに塗って仕上げるようにしましょう。

美神先生
いい?はなちゃん。若いからと言って油断してたら痛い目みるわよ!
はな子
うぅ〜すみません……。気をつけます……。
美神先生
シワだけで10歳は老けて見えることもあるのよ。そしたらはなちゃん、私の年齢と変わらないわね。うふふ。
はな子
え〜それはいやだなあ……。
美神先生
はなちゃん!?嫌ってどういうこと?私が老けてるとでも言いたいの?
はな子
あ、いや、そういうことじゃなくて……わーごめんなさい〜!!
美神先生
待ちなさーい!!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)