べビ肌

肌老化の8割が紫外線が原因!?紫外線が肌に与える悪影響と対策

336 views
美神先生
突然だけどはなちゃん、日焼け対策はしてる?
はな子
はい!夏の間は、海やレジャーに行く時は日焼け止めを塗ります!
美神先生
あら、夏の間やレジャーの時だけ?
はな子
はい。外にいる時間が長い時とかは焼けたくないので日焼け止め塗ってます。
美神先生
それじゃあちょーっと不十分かもしれないわね。紫外線は家の中まで降り注いでいるのよ。そして夏だけじゃなく、1年中ね。
はな子
ええ!?!?夏以外も!?でも秋とか冬って日焼けしないけど…。
美神先生
日焼けだけじゃないわ。老けて見えるシミやシワ、たるみの原因が「UVケア不足」。つまり、紫外線が原因なの。なにもしなかったらはなちゃんの将来は…。
はな子
シワだらけ〜!?!?嫌ですいやです!あ!でも紫外線が原因ってことは「紫外線ケア」をしていればそんなお悩みとはおさらばですよね!?
美神先生
そういうこと。今回は紫外線がもたらす肌への悪い影響とケアについて紹介するわ!




シミだけじゃない!しわ、たるみも。老化の8割が紫外線が原因!?

メディカルコスメを扱うドクターシーラボの、「老けて見える顔の特徴」をきいたアンケートの結果ですが…

1位が、鼻から口周りにできるシワである「ほうれい線」。

2位以下に目のまわりの「シワ」、輪郭の「たるみ」、「シミ」、「たるみ」、「くすみ」、、、

といった回答が続きます。同じ年齢でも顔にしわやたるみがあると老けて見えると、多くの人が考えていることがわかりました。

はな子
でも老化なんて、みんな平等にやってくるものだからしかたないですよね。
美神先生
そんなことはないわ!シワやシミの主な原因は老化じゃなくて紫外線の影響よ!

実は、シワやたるみの原因は加齢による自然な老化が2割紫外線の影響を受けた「光老化」によるものが何と8割にもおよぶといわれているのです。

UVケアの不足でシミはもちろん、しわやたるみをもたらしているのです。

でもご安心を!光老化は予防が可能で、紫外線対策をとれば元に戻る可能性もあると言われているんですよ。

しわ、たるみどうしてる?

30歳代の女性のうち74%が顔のしわを気にしているのに、十分なケアはほとんど行っていないということがわかりました。

これは、ライフスタイルなどについて調査、研究を行う「トレンド総研」の「30〜59歳の女性500人を対象に行った調査」で明らかになったものです。

シワに対して、「十分なケアをしている」と答えた人は2%にとどまり、46%は「何もしていない」という結果が。

また、特別なケアをしていると答えた人にケアの内容について聞いたところ、「パック」や「エステ」「コラーゲンドリンク」との回答がありました。

そしてその効果に点数をつけるとしたら平均で53点。あまり結果に満足できていないことがうかがえます。

はな子
なんだか、シワの予防に紫外線ケアはあまり意識されてないみたい…。
美神先生
実は一番影響を受けている原因が紫外線だということは、あまり知られていないようね。

紫外線がもたらす悪影響・しわ、たるみ・シミ・がん

紫外線が光老化をまねくとお伝えしましたが、肌に与える影響にはどのようなものがあるのでしょうか。

しわ、たるみ

慢性的に紫外線をあびると、肌にハリを与える真皮の成分に異常があらわれ、しわやたるみを引き起こしてしまいます。

真皮はお肌にハリや弾力をもたらしてくれる組織で、コラーゲン線維(膠原線維)とエラスチン(弾性線維)が多く含まれていてます。

美神先生
ハリのあるお肌は、上の図のようにネット上に張り巡らされたコラーゲンを、エラスチンがつなぎ合わせることで弾力を保っているわ。

ところが、紫外線はコラーゲンを破壊する酵素を生み出してしまいます

ほんの2分ほど紫外線を浴びただけでこの酵素は作られ、シワの元になってしまいます。

【紫外線によるシワのでき方】
コラーゲンが破壊され減少。

真皮のエラスチン繊維も減少し、弾力が低下する。

減ったコラーゲンを支えようと、変性したエラスチン繊維がたくさん生み出される

真皮内に以上に溜まった変性したエラスチン。
弾力のない真皮にゴム板が張り付いた状態になり、表情の動きで折れ曲がったりして深いシワになる。

上記の現象を、日光性弾力線維症(にっこうせいだんりょくせんいしょう)と言います。

日光性弾力線維症の例
 ↓  ↓  ↓

日焼け、シミ

紫外線によるシミはどのようにしてできるのでしょうか。

皮膚内では次のようなことが起きています。

【紫外線によるシミのでき方】
紫外線を浴びると、表皮の基底層の中にあるメラノサイトで、メラニン色素がたくさん作られる。

メラニン色素が表皮の細胞内にばら撒かれる。

角質とともに排出されなかったメラニンが色素沈着して、シミとなる。

皮膚ガン

表皮にある免疫細胞に紫外線が当たると、皮膚の免疫機能が低下します。

これが原因で、日光角化症、基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫などの皮膚ガンになることもあります。

美神先生
シミの元になるメラニン色素だけど、実は細胞のDNAや血管が、有害な紫外線のダメージをダイレクトに受けないように守ってくれているのよ。
はな子
メラニン色素は悪者じゃなく、肌トラブルや皮膚ガンになるのを防いでくれているんですね。

(※1)~(※5)(※9)~(※11)

紫外線の種類とそれぞれがもたらす影響

これまで述べてきたように、紫外線がもたらす肌への悪影響はとても大きいものがあります。

しわやたるみの原因は、「UVケア不足」ともいわれていますし、逆にきちんと日焼けどめを使用すれば、いい肌の状態を保てるとも。

はな子
UVケアでガンみたいな深刻な状態が避けられるんなら、もちろんしますよね!!
美神先生
そうね。じゃあ紫外線の種類とUVケアについて説明していくわ。

紫外線の種類

地上に届く紫外線は「UVA」と「UVB」の2種類です。

UVA UVB
波長 波長が長い(320~400nm) 波長が短い(280~320nm)
ダメージ 波長が長いので、肌の奥の真皮まで届く。

UVBほどエネルギーは強くないが、日常的に長期間浴びることで影響が蓄積する。

色素沈着や光老化の原因になる。

主に表皮に影響を与える。

エネルギーが強く、日焼けを起こす。

色素沈着や皮むけを起こす。

特徴 ガラスや雲を通過する。 主にアウトドアで浴びる。
カットの指標 PA SPF
UVA

しわやたるみ、シミの原因になります。

肌の深部まで影響を与えます。活性酸素を発生させたり、光毒性や光アレルギーの原因になるともいわれています。

窓ガラスを80%も通過します。

また5~7月に照射量がピークになりますが、秋以降もさほど減りません。ですから一年を通して、そして屋内でもケアが必要です。

UVB

到達するのは主に表皮まで。ピークは7~8月で、秋、冬には照射量が減ります。

エネルギーが強く、やけどのように赤くなったりかぶれたりすることがあります。炎症やひどい場合は皮膚ガンを引き起こします。

(※3)(※4)(※6)(※12)

ピッピ
紫外線については、「紫外線とは?3種ある紫外線の特徴や肌への影響と日焼け止めの選び方」で詳しく説明してるッピ。

紫外線を浴びないための対策

紫外線から肌を守るためにはどのような対策を取れば良いのでしょうか。

紫外線カットの指標の見方と選び方

美神先生
日焼け止めやファンデーションに書かれてる「SPF」や 「PA」ってなんの意味か知ってる?
はな子
いえ…。でも数値が高ければ高いだけ強力かなって思ってます!
美神先生
まずは意味を知るところからね…。

SPFは「UVB」、PAは「UVA」をカットする目安を表しています。
UVAは「PA」、UVBは「SPF」がそれぞれの紫外線をカットしてくれる指標になります。

UVAをカットすることを表すPA値

UVAを防いでくれるアイテムは、PAの表示で確認してください。

「PA+」のように後ろに書かれている「+」の数に応じて効果の度合いが変わってきます。

PA+ やや効果がある
PA++ 効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++++ 極めて高い効果がある

このように、+の数が多いほど、UVAのカット効果が高くなります。

UVAは、長時間の蓄積二より症状が出るので、SPA値のように数字で細かい解析を取るのが難しいため、このように段階ごとに分けられています。

UVBをカットすることを表すSPF

UVBを防いでくれるアイテムは、SPFの表示で確認してください。

UVBによる日焼けで赤くなるのを、どのくらいの間防げるかを数値で示しています。

通常、何も塗っていない時に肌が赤くなるほどの紫外線を浴びるには、最小で20分ほどかかります。この20分を基準に計算して行きます。

(SPFの数値)×(20分)=(UVBをカットする時間)

例えばSPF15の場合は、15×20分=300分で約5時間赤くなるのを防げるということになります。

紫外線カットの商品を選ぶ目安

SPF値やPA値が高いということは、それだけ肌に与える影響も大きいいうことです。

毎日通勤・通学時に塗る日焼け止めに、海や山などのレジャーで過ごす日と同じ数値の高い日焼け止めを使っていては、肌に大きな負担を与えてしまいます。

毎日使うものはなるべく低負担なもの、外にいる時間が長い日はしっかり紫外線カットをするなど、日焼け止めを使い分けるようにしましょう。

SPF10 PA+

生活紫外線を防ぐ
(家事、買い物、通勤、散歩など)

SPF20 PA++

屋外で過ごすとき
(ハイキングやスポーツ観戦、外で軽くスポーツを楽しむときなど)

SPF30~50 PA+++〜

炎天下で過ごすとき 
(海水浴、スキー、炎天下でのスポーツなど)

紫外線カット剤の種類

紫外線を防ぐ働きをしてくれる成分は大きく分けて2種類です。

紫外線吸収剤

紫外線のエネルギーを熱など他のものに変換して、紫外線を防いでくれます。

化学変化を起こしやすく、皮膚の弱い人はトラブルになったり、アレルギー反応を起こしたりすることがあります。

紫外線吸収剤の成分は、「ポジティブリスト」に記載されたものが使われています。これは厚生労働大臣が指定するもので、それぞれ配合量が決められています。

先生
紫外線吸収剤を含まないのを「ノンケミカル」というの。紫外線吸収剤で刺激を感じる方は、「ノンケミカル」製品の使用がオススメよ。
主に使われている成分
《UVAを防ぐ》
●ジベンゾイルメタン系(tーブチルメトキシジベンゾイルメタン)
●ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル 
●オキシベンゾンー9
●t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
《UVBを防ぐ》
●安息香酸系
●ケイ皮酸系(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)
●サリチル酸系(サリチル酸〇〇、ホモサレート)
●ウロカニン酸系(ウロカニ酸〇〇)
●オクトクリレン
●オキシベンゾンー1、オキシベンゾンー3、オキシベンゾンー4、オキシベンゾンー5
《UVAとUVB両方を防ぐ》
●ベンゾフェノン系(オキシベンゾンー数字)
●オキシベンゾンー2、オキシベンゾンー6

紫外線散乱剤

肌の上で、紫外線を反射させて防いでくれます。UVAもUVBどちらも防ぐ効果があります。

皮膚に吸収されないので、安全性は高いです。

酸化亜鉛

白い微細な粉末。赤い顔料の酸化鉄を加えたものはカラミンとよばれる。収れん効果や消炎効果がある。

日焼け後などに使うカラミンローションやボディパウダー、ファンデーションに使われる。

酸化チタン

白い微細な粉末。紫外線をさえぎる効果が高く、カバー力に優れているので、ファンデーションには欠かせません。

UVカット化粧品の使い方のポイント

美神先生
最後に紫外線対策用の化粧品の使い方のポイントを伝えるわね。
2〜3時間おきに塗り直す

汗や、皮脂で浮いたり、衣類などについて落ちたりすると効果が弱まるので、2〜3時間おきにぬり直すのが理想です。

体ならぬり直しも簡単ですが、顔はそうもいかないので、効果の続く時間を重視して選ぶとよいでしょう。

炎天下に行くときは、汗をかいたりして落ちやすいのでウォータープルーフのタイプを。 

普段使いは「SPF10 PA+」程度

生活紫外線は高数値のものを選ぶ必要はありません。「SPF10 PA+」程度のものでも良いのですが、必ずUVAとUVBの両方をブロックしてくれるものを

TPOを考えて、状況に合うものを選びましょう。

たっぷりと塗る

量が足りないと、効果も十分に得られないので、決められた量を使いましょう。

日焼け止め以外でもUVカットを

パウダーファンデーションやフェイスパウダー(粉おしろい)は紫外線散乱剤を含むので、特に表記されていなくてもUVカット効果があります。これらを活用するのはおすすめです。

帽子や、日傘を合わせて使うのも効果的です。

前年の日焼け止めは使わない

基本的に3年は品質が保たれるようにできています。しかし、前年からの使い残しは高温状態で置かれていることも多く、特に開封したものなどは使用を避けたほうが良いでしょう。

(※6)(※7)(※8)(※13)(※12)(※15)

正しく紫外線ケアして、肌を正常な状態に

紫外線ケアの重要性について述べてきましたが、いかがでしたでしょうか?

米国皮膚科学会(AAD)は、どんな年齢でも適切な手入れを行えば美しい肌が保てるとしています。

その方法の一つに「紫外線を避ける」ことをあげ、日焼け止めの使用をすすめています。

さらに前述していますが日本皮膚科学会も、光老化の予防は可能で、紫外線を防ぐことにより、できたしわやたるみも多少改善される可能性があると記しています。

将来のハリや弾力のあるお肌を保つために、もうこれは紫外線ケアを毎日しっかりするしかありませんよね。

はな子
シミシワたるみ怖い〜〜今からしっかり紫外線対策をしないと…。
美神先生
はなちゃんも日傘を使って通勤するといいわよ。日傘を使うと心なしか涼しい気がするし。
はな子
紫外線に当たらないのが一番いいんですよね…。ということは…
美神先生
(なんかまたおかしなこと言い出しそうね)
はな子
家から一歩も出なければいいんですよ!私おばあちゃんになるまで引きこもります!
美神先生
いいけど一生彼氏できないわね。
はな子
それは嫌…。
【参考文献】
(※1)田上八朗著「スキンケアの科学」南山堂 2015年
(※2)安田利顕著「美容のヒフ科学 改訂9版」南山堂 2012年
(※3)吉木伸子著「素肌美人になるための スキンケア美容医学事典」池田書店 2015年
(※4)鈴木一成・朝田康夫監修「化粧品のすべてがわかる コスメティックQ&A事典 全面改訂最新版」 中央書院 2011年
(※5)日本美容皮膚科学会監修 宮地良樹 松永佳世子・古川福実・宇津木龍一「美容皮膚科学 改訂2版」南山堂 2009年
(※6)平尾哲二著「医師・医療スタッフのための 化粧品ハンドブック」中外医学社 2016年
(※7)小西さやか・櫻井直樹著『すっぴんも、メイク後もキレイな人の習慣 効果が9割変わる「化粧品」の使い方』青春出版社 2015年
(※8)宇山侊男・岡部美代治・久光一誠編著「化粧品成分ガイド 第6版」フレグランスジャーナル社 2017年
【参考リンク】
(※9)老化の原因は紫外線!?女性の大敵、その名は「光老化」 | ロート製薬: 商品情報サイト(2017/06/26検索)
(※10)日焼け Q5 – 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)(2017/06/26検索)
(※11)しわ|化粧品用語集:SCCJ 日本化粧品技術者会(2017/06/26検索)
(※12)「皮膚の早期老化防止」6の助言 【米国皮膚科学会】|米国学会短信|医療情報サイト m3.com(2017/06/26検索)
(※13)化粧品に配合可能な法定色素・防腐剤・紫外線吸収剤 | 日本化粧品工業連合会(2017/06/26検索)
(※14)正しい使い方|アネッサ(ANESSA)公式サイト|資生堂(2017/06/26検索)
(※15)日焼け Q13 – 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)(2017/06/26検索)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)