べビ肌

化粧水だけじゃ乾燥を招く!20代の乳液の選び方とオススメ11選

518 views

この記事を書いた美容ライター

園田あゆ

2017年5月に化粧品検定1級を取得。本や雑誌の編集制作会社にて約5年勤務し、現在はフリーライターとして活動中。

はな子
うーん、なんか肌がカサつくんだよなあ……。
美神先生
それは困ったわね。きちんとスキンケアしてるの?
はな子
ん〜と、最近は面倒なんで化粧水しかつけてないんですよね。あ、でも、ちゃんとたっぷりつけてますよ?
美神先生
まぁ!それじゃあダメよはなちゃん!どんなに化粧水をたっぷりつけても、すぐに蒸発しちゃうんだから!
はな子
え〜!じゃあどうしたらいいんですか〜?
美神先生
そんな時は、乳液を使って見たらどうかしら?クリームよりもコクがなく、美容液よりもしっとりとしているわ。今回ははなちゃんの年代、20代におすすめの乳液について詳しく紹介するわ。

乳液の役割

20代になったらスキンケアに力を入れるという人も多いと思いますが、基礎化粧品の中で乳液というのはどのような役割を持っているかよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

役割1.油分を肌に補う

乳液は、化粧水などに対して油分が多めに配合されており、肌に油分を補う目的で使用するものです。洗顔やクレンジングを行った肌は肌に必要な水分や油分までも流されていますから、化粧水で水分、乳液で油分を補うことが必要となります。

肌は水分と油分のバランスが保たれることでバリア機能なども正常になりますから、水分だけでなく油分も補給することが大切なのです。

役割2.水分を肌に保つ

乳液は肌に油分を補うために使うものではありますが、化粧水をつけた後に使うのはきちんと理由があります。

化粧水を使って肌に水分を補っても、水分は時間とともに蒸発してしまうので、これだけでは肌に水分を保つことは難しいのです。そのため、乳液を後からのせて肌に膜をはり、水分の蒸散を防ぐことが必要となります。

セラミドなどの保湿成分が配合されたものならば、水分を捕まえて保持することができるので、なおさら効果的です。

はな子
うそぉ〜!じゃあ私のケアは意味がなかったのか……。
美神先生
今から見直せば、大丈夫よ!

20代の乳液の選び方

ここまで乳液の役割について紹介してきましたが、お店には多くの商品が並んでいるので、自分に合うものを選ぶことが大切です。

そこでここからは、不規則な生活になりがち、社会人になりたてで慣れない環境によるストレスなど、20代の肌状態が不安定になりがちな肌を整える、20代におすすめの乳液の選び方について紹介します。

肌に合うもの

乳液だけに限ったことではありませんが、基礎化粧品を選ぶ際には自分の肌質をしっかりチェックしてから選ぶことが大切です。

特に乳液は油分が多いので、肌の皮脂の量を考えずに選んでしまうと逆に不快感が伴ったり肌荒れが起こりやすくなるので気をつけましょう。

普通肌の人はどんなものを選んでも特に問題はないのですが、気をつけなければならないのは乾燥肌と脂性肌の人です。

乾燥肌の人保湿力が高く、しっかり肌を潤してくれるものでなければなりませんし、脂性肌の人は反対に油分が少なくさっぱりとしたテクスチャーのものを選ぶ必要があります。

また、場所によって乾燥しやすい部分とオイリーな部分が分かれている混合肌の人は、皮脂が多いTゾーンなどには控えめに乳液をつけるように工夫しなければなりません。

手持ちの基礎化粧品と同ラインのもの

乳液を選ぶ際にどうしても迷ってしまうという場合には、自分が持っている化粧水などの基礎化粧品と同じブランドのものを選ぶといいでしょう。

基礎化粧品というのは同じブランドのライン使いをすることで、より効率的に肌に働かせることができるように作られているものがほとんどです。過不足なく肌に美容成分を補うためにも、自分が持っている基礎化粧品をまずは把握しておくようにしましょう。

続けやすいもの

どんなに人気がある乳液でも、自分が使いにくければあまり意味がありません。例えばテクスチャーに不快感を覚えるようなものであったり香りが苦手なものであったり、また価格が高すぎるものは継続していくのが次第に難しくなるはずです。

続けることができなければ肌にも十分に働きませんから、思うような結果が得られないこともあります。そのため、口コミだけを鵜呑みにするのではなく、自分が使いやすいと思うものを重視して選ぶようにしましょう。

20代におすすめの乳液12選

はな子
乳液が大切なことはわかりましたけど、実際に何を選んだらいいのかわからないとなぁ……。
美神先生
仕方ないわねえ。おすすめの商品を教えてあげるから、まずはこの中から選んでみたら?
はな子
わーい!先生ありがとう〜♪

ここまで20代の乳液の選び方について紹介してきましたが、実際にはどんなものを選んだらいいのかわからないということもあるでしょう。そこでここからは、20代の女性におすすめの乳液を厳選して紹介します。

ミノン アミノモイスト モイストチャージミルク


100g ¥1,700~
アマゾンボタン

ミノンのこの乳液は、濃厚なテクスチャーで肌にしっかり油分を補うことができる商品です。肌にしっとりとした潤いを補給することができるのにベタつきがないので、快適に使うことができます。

また、紫外線などの影響を受けて硬くなってしまった肌も潤いで満たし、柔らかく仕上げることができるので、なめらかで美しい肌にすることが可能です。

シンプルな見た目で使いやすいのも大きな魅力となっています。

HAKU 美白乳液


120ml ¥5,400
アマゾンボタン

美白ケアブランドの「HAKU」から販売されているこの乳液は、美白有効成分として4MSKと肌保護・整肌成分であるディフェンスバイタライザーを配合しています。

紫外線によってメラニンが大量に発生するのを防ぎ、肌を潤いで満たしてくれるので、透明感のあるなめらかな肌へと導いてくれます。

詰め替えレフィルもあるので環境にも経済的にも負担がかからず、継続して使いやすい仕様になっているのも大きなポイントです。

dプログラム モイストケア エマルジョンR


100ml ¥3,240
アマゾンボタン

資生堂の人気ライン「dプログラム」から販売されているこの乳液は、「モイストケア」という名称からも分かる通り肌に潤いを補給して乾燥しにくい肌に仕上げることができる商品です。

乾燥肌の人は肌がかさついたり荒れたりしがちですが、そこにしっかり油分を補うことで肌の潤いを保つことができるので、弾力やハリのある美肌を保つことができます。潤いを保つことでバリア機能も高まるので、肌をより健やかにキープすることもできます。

ファンケル アクティブコンディショニングEX


¥30ml ¥1,836
アマゾンボタン

ファンケルのアクティブコンディショニングエマルジョンⅠは、独自成分であるアクティブセラミドを配合し、肌の角層に美容成分を補ってハリのある肌に導いてくれる乳液です。

また、適応型コラーゲンを配合することで肌に不足しているコラーゲンに変化して作用してくれるので、効率的なハリ・弾力アップを目指すことができます。

さらに、植物由来のスイートピー花エキスによって紫外線や乾燥によって起こる肌のダメージを軽減することができるので、肌ストレスを抑えてきれいなすっぴん肌に仕上げることができるのです。

雪肌精 薬用雪肌精 乳液


140ml ¥3,700
アマゾンボタン

雪肌精も人気のスキンケアブランドですが、この薬用乳液は高いエモリエント効果があるのでべたつかないのにしっとりとはだを潤し、補った水分や油分をキープすることができます。はだの表面はサラリとしており、それでいて角層内部はしっとり潤うので内側からふっくらとした肌に仕上がります。

モイスチュアバランスポリマーを配合しているので程よいしっとり感がずっと続き、またメラニンの生成も抑えられるので日焼けによって起こるシミやソバカスを予防することも可能です。

さらに5種の和漢植物を保湿成分として配合しているので、透明感あふれるしっとり肌に仕上げることができます。

アルビオン エクサージュホワイト ピュアホワイトミルクⅡ


200g ¥6,100
アマゾンボタン

アルビオンのこの乳液も人気の高い商品で、口コミでも話題となっています。

メラニンの生成を抑えるのでシミやソバカスを防ぐことができるので、明るく透明感のある肌に導いてくれます。コクがあってしっとりとした感触なので、肌の潤いのバランスを保ってふっくらとハリのある肌へと仕上げることができます。

白潤 薬用美白乳液


140ml ¥798
アマゾンボタン

ドラッグストアでも購入できるこの商品はプチプラの乳液なので、財布に負担をかけることなく使い続けることができます。

高純度のアルブチンを美白有効成分として配合し、さらにナノ化ヒアルロン酸やヒアルロン酸Na、ビタミンC誘導体を潤い成分として配合しているので肌をふっくらとハリのある状態に整えることができます。

シミやソバカスの予防もできるので、美白ケアを始めたいけれど高い化粧品を使うのは抵抗があるという人にもぴったりです。

なめらか本舗 乳液NA


200ml ¥850
アマゾンボタン

なめらか本舗のこのシリーズもドラッグストアで購入できる人気のプチプラ化粧品です。

シリーズオリジナルの2倍濃縮豆乳発酵液を配合しており、保湿成分である大豆エキスやダイズタンパクの力で肌をふっくらと弾力のある状態に導いてくれます。しかもべたつかずに使うことができるので、とても快適です。

香料や着色料、鉱物油が無配合で肌に優しい処方なのも嬉しいポイントです。

無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ


400ml ¥1,975
アマゾンボタン

シンプルで良い品が揃っていると評判の無印良品はスキンケア用品も人気ですが、この乳液は敏感肌用となっているので肌に優しいのが大きな魅力です。

香料や着色料、鉱物油、パラベン、アルコールを配合せずに作られており、弱酸性でアレルギーテスト済みなので肌が敏感な人も安心して使用することができます。

グレープフルーツ種子エキスとスベリヒユエキスを天然の保湿・肌保護成分として配合しており、さらに潤いを高めるためにリピジュア®とヒアルロン酸を配合しているのも大きなポイントです。

アクアレーベル ホワイトアップエマルジョン


130ml ¥1,620~
アマゾンボタン

資生堂の人気スキンケアライン「アクアレーベル」から販売されているこの乳液は、シミ対策に効果的なm-トラネキサム酸やエーデルワイスエキスGLを配合した美白乳液です。

さらに、ベビーアミノ酸を配合することで潤いのある健やかな肌を作るためのバリア機能を保持することが可能となっています。シミやソバカスができてしまった肌にも潤いを溜め込んでケアしてくれるので、美白を目指す女性の強い味方となるでしょう。

ダブルのヒアルロン酸も配合しているので、しっとりと潤った肌に仕上げることもできます。

ジェイドブラン 薬用美白モイストエマルジョンM


100ml ¥6,912

https://jade-blanc.com/products/emulsion/

ジェイドブランの美白モイストエマルジョンは、アルテア根エキスやセイヨウニワトコ花エキスを配合することで肌をしっとりと潤す効果が期待できます。

また、ビタミンC誘導体によってメラニンの生成を抑えることができるので、シミやくすみ対策にも効果的です。

乳液の効果的な使い方

ここまでおすすめの乳液について紹介してきましたが、気にいる物が見つかったとしても正しく使うことができなければ効果的なケアはできません。

美神先生
そこでここからは、乳液を使う際のポイントを紹介するので、チェックしてみてくださいね。

温めてから肌に乗せる

乳液はさっと手にとってそのままつけるという人も多いと思いますが、手にとったらまずは両手でプレスするなどして手の上で温めてから肌に乗せるようにしましょう。

冷たいまま肌に乗せてしまうと浸透もしにくくなってしまうので、少し手間はかかりますが、温めてから使うのがベストです。冬場は特に化粧品も冷たくなりがちなので、しっかり人肌程度に温めるようにしましょう。

下から上につける

乳液だけに限ったことではありませんが、毛穴は下を向いているので基本的に基礎化粧品というのは肌に乗せたら下から上に塗り込んでいくものです。

下から上に手を動かしてつけることで肌のマッサージにもなり、リフトアップ効果も期待できます。また、毛穴に油分を浸透させやすくなるので、より肌を潤すのに効率的となるのです。

普段は上から下に付けているという人も、下から上に持ち上げるようにつけることを心がけてみてください。

口元・目元には様子を見て重ねづけする

乾燥肌の人は特に気をつけて欲しいのですが、目元や口元などの部分は皮膚が薄いため、他の部分より乾燥しやすい傾向にあります。そのため、顔全体に乳液を塗り広げたら、最後にもう一度口元や目元に少量重ねづけするようにしましょう。

こうすることで顔全体が乾燥しにくくなり、肌の状態も整いやすくなるでしょう。

はな子
乳液のこと、正直よくわからなかったんですよね。これっているのかな?みたいな。
美神先生
そうね。なんとなく使っているうちはそうかもしれないけれど、しっかりスキンケアをするためには何がどんな役割を担っているのか知ることも大切なのよ。
はな子
勉強になります!先生はお肌キレイですもんね〜。
美神先生
あら、そんな言葉をはなちゃんからかけてもらえるなんて、嬉しいわ〜!
はな子
やっぱり先生は、人生経験がある分、知識も豊富ですよね〜!ダテに年をとってないっていうか……あっ!!
美神先生
はなちゃんはどうしていつも一言余計なのかしら!?
はな子
わ〜悪気はないんです、許してください〜!!
美神先生
待ちなさ〜い!!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)