べビ肌

50代の化粧水の選び方とおすすめ商品10選

255 views
はな子
先生、質問です。お母さんに良い化粧水知らないかって聞かれたんですけど、私のおすすめの化粧水を教えてもいいですか?それとも年齢によっておすすめの化粧水って変わるんですか?
美神先生
基本的にはそんなに厳密に分けて考えなくてもよいと思うのだけど、年代でお肌の悩みも変わってくるので、その悩みによっておすすめしたい化粧水は変わってくるわね。お母さんの年代は?特にお肌の悩みを聞いたことある?
はな子
50代です。えっと・・・お肌の悩みはちゃんと聞いてはいなんですけど、いつもしわが増えたと言って溜息ついています。
美神先生
それならまずはじめに、50代のお肌の悩みがどんなものかを見てみましょうか。
はな子
はい!お願いします。




50代の肌悩みの原因

基本的には年齢によって化粧水を変える必然性はないのですが、年齢とともに肌に変化が現れ、同じ年代の人が似たような肌の悩みを持っているといえます。

しかし肌のコンディションは年齢だけではなく、その人の生活習慣なども深く関わるため、年代にとらわれ過ぎず、肌の悩みを緩和する目的で化粧水選びをするとよいでしょう。

50代女性の肌の悩み

参考までに2015年にポーラ文化研究所により実施された「女性の化粧行動・意識に関する実態調査」では、50代の肌の悩み1位から5位までは次のような結果が得られています。

1位 シミ
2位 たるみ
3位 ほうれい線の目立ち
4位 ハリがない
5位 小じわ

(※1)

50代女性が抱える肌の悩みの原因

肌の悩みの原因を探っていくと、一つの原因がいくつもの肌の悩みと深く関係していることがわかりました。

加齢

歳をとるとともに、皮脂分泌や細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)が減少することで、肌が乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると、小じわの原因になります。

また、歳とともにエラスチン、コラーゲンも減少し、弾力性が低下します。肌の弾力性が低下すると、しわ・たるみ・ハリがない・ほうれい線の目立ちとして現れます。

50代になると更年期に入るため、ホルモン分泌にも変化が現れます。ホルモンの乱れにより色素細胞が刺激され、メラニン色素が産生されることがあります。

また、加齢とともに肌のターンオーバーも遅くなるために、シミが濃くなり増えたようにも感じます。

紫外線やストレスなどの外的要因

紫外線やストレスは、真皮中に存在するエラスチンやコラーゲンの変性を促すので、肌の弾力性が低下してしわ・たるみ・ハリがない・ほうれい線の目立ちの原因となります。

加齢だけではなく、ストレスでもホルモンバランスが乱れシミの原因になったり、ストレスによる体重の増減を繰り返すことで、皮膚が伸びてたるみの原因にもなります。

筋肉の衰え

加齢によるものだけではなく、様々な理由により外出頻度や人との交流が減ったり、体重が増えたことによって運動量が減ってしまったり、仕事などでパソコン作業を長時間続けたりすることで、筋肉が衰えてしまいます。

これにより姿勢が悪くなると顔にも影響が出てきます。たるみは姿勢の悪さや表情筋の衰えから生じますし、ほうれい線の目立ちも表情筋の衰えが原因といわれています。

はな子
なるほど~。悩み多き50代なんですね。その悩みに対するケアが必要ってことですね?
美神先生
そうね。では肌の悩みにどんなケアをしていけばよいか紹介するわね。

肌悩み別!化粧水の選び方

悩み多き50代女性。私も50代女性の一人として、自身も含め多くの人が抱える肌の悩みの原因を調べ、そこから少しでも悩みを緩和するための対策を整理しました。

乾燥による小じわ・しわが気になる人は「保湿」

50代になると、肌のうるおいが失われがちになります。皮脂分泌、細胞間脂質、ヒアルロン酸などが加齢とともに減少していくからです。肌の乾燥はしわの原因になるので、50代女性の悩みの上位を占めているのですね。

乾燥による小じわ・しわの対策は、「保湿」をすることです。肌の保湿は化粧水だけに頼らずに、体の内側からの対策にも目を向けましょう。具体的には食事を見直すことです。食事面については、最後に説明します。

また、保湿対策として化粧水を選ぶ時は、効果の高い保湿成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。

【おすすめの保湿成分】
◆セラミド

…最強の保湿成分。人間の肌にもともとあり、安全で敏感肌の人でも使用できる。使用することで肌が潤うだけでなく、バリア機能が高まり肌荒れしなくなる。

◆ヒアルロン酸
…真皮にもある糖の一種。200~600倍の水分を蓄える力がある。

◆コラーゲン
…ヒアルロン酸同様、真皮にもある高い効果のある保湿成分。

◆ヘパリン類似物質
…血液中のヘパリンという物質に水分保有力があることから、類似の成分を保湿成分として応用したもの。医療やくにも使われる。

◆リピジュア
…ヒアルロン酸の2倍の保湿力がある。肌への刺激が少なく乾燥肌や敏感肌向けのスキンケア製品でも使用される。

シミが気になる人は「美白」

シミは紫外線だけではなく、ホルモンバランスの乱れやストレスでも起こり得ます。

50代になると肌のターンオーバーも若いころに比べると滞りがちなので、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことも重要です。屋外はもちろん、屋内にいても窓から紫外線が入ってくるので、しっかりと紫外線対策をしましょう。

顔に日焼け止めは必須です。ムラなく塗らないと充分な効果が発揮できないので、丁寧に適量を塗るようにしましょう。

また紫外線は真皮層のコラーゲンやエラスチンを変性させて弾力性が低下し、それがしわの原因になります。紫外線を浴び続けていると、将来深いしわになってしまうので、できるだけ紫外線に肌をさらさないよう、日焼け止めやUVカットの帽子などを利用しましょう。

【おすすめの美白成分】
◆アルブチン

…美白効果の高いハイドロキノンの糖誘導体。メラニンの生成を促すチロシナーゼの活性を阻害し、メラニンをできにくくする。

◆プラセンタエキス
…代謝を高めることでメラニンを排出し、日焼けによるシミやソバカスを改善・予防する効果がある。他にも保湿効果や皮膚の血行促進、新陳代謝作用を持つ。

◆ビタミンC誘導体
…メラニンの還元作用があるため、もともとあるシミを薄くする効果が期待できる。他にも皮脂分泌抑制・抗酸化作用・コラーゲンの生成促進・メラニンの生成抑制・色素沈着抑制など、様々な働きがある。

◆トラネキサム酸
…メラニンの生死wよくsりすることで美白効果を発揮。肌荒れを誘発するタンパク分解酵素の生成も抑制するので、肌を健康に保つ働きもある。

肌の弾力UPには「ハリ弾力ケア」

真皮層のコラーゲン、エラスチンが減ると肌の弾力性が失われ、しわ・たるみ・ハリのなさ・ほうれい線の目立ちの原因になります。

肌の弾力性を保つコラーゲンやエラスチンは、真皮層に存在する線維芽細胞で作られています。

しかし、歳を取るとこの繊維芽細胞の活性が弱まり、コラーゲンやエラスチンが減っていく量に対して、産生される量が追い付かなくなるためにコラーゲンやエラスチンなどの弾力成分の量が減ってしまうのです。

そこで使っていきたいのが線維芽細胞を活性化させる成分を配合した化粧品

これらは、真皮内のコラーゲンやエラスチンの生成を促す効果があり、現在ではシワ改善の効能を謳った2社のクリームが厚生労働省により認可されたこともあり、効果への期待は高まっています。

【オススメのハリ弾力成分】
◆レチノール

…ビタミンAの一種で人間の体内にあるもの。肌のターンオーバーを促しコラーゲンを増やす作用がある。目元の小じわや浅いシワに特に効果的。しかし、油溶性なので美容液やクリームに配合されていものが多く、刺激を感じる場合がある。

◆ビタミンC誘導体
…コラーゲンの合成に必要な成分で、生成を促す。また美白作用や皮脂抑制作用、抗酸化作用など様々な効果を併せ持つ。

◆ナイアシン
…コラーゲンの生成を促す。ビタミンC誘導体よりも刺激が弱いため、敏感肌や乾燥肌の人にオススメの成分。

(※1)(※2)(※3)(※4)

50代女性におすすめの化粧水10選

美神先生
多くの50代女性が抱える肌の悩みを踏まえたうえで、おすすめする化粧水と特徴を紹介するわ。

保湿+美白

 BRIGHTAGE/リフトホワイトローション


120ml ¥5,000
詳細を見る

医薬部外品でトラネキサム酸が有効成分として配合されており、美白効果があります。トラネキサム酸は抗炎症の作用もあるので、荒れた肌にもおすすめです。

様々な保湿成分が配合されていますが、特にヒト型セラミド(ステアロイルフィトスフィンゴシン、N‒ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン)、グリセリルグルコシド液が特徴的です。

ヒト型セラミドはセラミドの中でも肌なじみがよいので、人気の保湿成分です。グリセリルグルコシドは水を一定に保つ性質があるので、うるおいが長続きします。

シズカニューヨーク ホワイトニングエッセンスローション


150ml ¥4,415
詳細を見る

プラセンタエキス(美白)とグリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)を有効成分とする医薬部外品です。プラセンタエキスはメラニン色素生成を抑制し、同時に肌のターンオーバーを整え、メラニン色素の排出も促します。

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、日焼けや乾燥などで荒れた肌を鎮めます。

保湿成分にはヒアルロン酸、コラーゲン、ヒト型セラミドといった評価の高い成分の他、多種多様な保湿剤も配合されています。

ソフィーナグレース 高保湿化粧水<美白>


140ml ¥3,350
アマゾンボタン

角層細胞の中にあるケラチン線維は、乾燥すると固くなりがちです。そこでケラチン保水処方によりケラチン繊維に水分を抱えこませ、ゴワゴワになっている角質を柔らかくします。配合成分のアスナロ抽出液は、花王が製法特許を取得しているようで、アスナロ抽出液を配合している化粧品は花王製品しか見つかりませんでした。抗炎症作用があると言われていることから、敏感肌用の化粧品に使われています。

配合成分の一つであるチューベロースポリサッカライド液は、チューべロース(月下香)の花びらから得られる水溶性多糖エキスです。薄い皮膜をつくり、肌を乾燥から守ります。保湿力はヒアルロン酸以上と言われています。

美白成分L-アスコルビン酸 2-グルコシド(ビタミンC誘導体)が配合された医薬部外品ですので、保湿の他にシミ・そばかすの悩みにもこたえてくれます。

資生堂 エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W 170ml 3,240円


170ml ¥3,240
アマゾンボタン

美白化粧水(医薬部外品)で、有効成分はトラネキサム酸です。その他の成分の中にはリン酸L-アスコルビルマグネシウム(ビタミンC誘導体)もあり、エイジングケアが必要な年代の肌にありがちな、しみとは違うけれど何となく肌色がどんよりとして暗いという悩みにも答える処方になっているように感じます。

保湿成分には、水溶性コラーゲンが配合されています。使用感によって商品は3タイプ「さっぱり」「しっとり」「とてもしっとり」があります。

保湿

DECENCIA アナヤス ローションコンセントレート


125ml ¥7,000
アマゾンボタン

ヒトセラミドをナノサイズのカプセルにして、その中に保湿成分を入れたことで、保湿力と肌なじみを高めています。配合された様々なエキス類は、エイジングケアを意識した組み合わせとなっています。

中でもCVアルギネートには、真皮中の繊維芽細胞に働きかけてコラーゲン産生力を高める働きがあるとの説明で、肌のハリアップを期待させてくれますCVアルギネートは海藻類のネバネバ成分で、表示名称はアルギン酸硫酸Naです。

この成分は多糖類に属し分子量が大きいので、ヒアルロン酸と同様に肌表面にとどまって保湿するのではないかと思います。

サントリー エファージュ モイストチャージローション


120ml ¥5,000
詳細を見る
特徴はヒアルロン酸よりも保湿力が高い、アセチルヒアルロン酸Naが配合されていることです。アセチルヒアルロン酸は、ヒアルロン酸が持つ水酸基の一部をアセチル基に置き換えてできたものです。

水酸基は親水性を示し、アセチル基は疎水性を示すので、両方の性質を持つアセチルヒアルロン酸は肌へのなじみがよく、ヒアルロン酸の2倍の保湿力があるといわれています。

その他、保湿成分としてシロキクラゲエキスや加水分解酵母が配合されています。シロキクラゲエキスは非常に高価で、保湿についてはヒアルロン酸よりも高い効果を示すデータがあります。

多糖体でテクスチャはトロっとしていて、ヒアルロン酸に似ています。使用後にべたつき感があるのは、シロキクラゲやアセチルヒアルロン酸による被膜の影響と思われます。

加水分解酵母は各種アミノ酸、ビタミンB群などが含まれていて、保湿効果や傷ついた細胞の修復作用があると言われています。

FUJIFILM アスタリフトモイストローション


130ml ¥3,800
アマゾンボタン

アスタリフトの特徴はアスタキサンチンとリコピンでしょう。この二つの成分は抗酸化作用があり、エイジングケア成分として有用です。

酸化はコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質を変性させるなど、肌の老化を加速する原因になることは知られています。強力な抗酸化作用を持つアスタキサンチンとリコピンで、肌のハリとうるおいを守るのを狙いとする化粧水です。

保湿成分はヒアルロン酸やコラーゲンなどが配合されています。リン酸アスコルビルMg(ビタミンC誘導体)も入っていますが、これは美白のためではなくアスタキサンチンの安定化の目的で配合されています。

小林製薬 ヒフミド エッセンスローション


120ml ¥3,500
アマゾンボタン
ヒト型セラミド1,2,3が配合されている化粧水です。セラミドは保湿剤として人気がありますが、中でもヒト型セラミドは肌へのなじみの良さで、とても好まれています。

配合量は定かではありませんが、全成分表示を見るとセラミド3種とも上の方に書かれているので、セラミド配合化粧水の中では高配合だと推測できます。

ポリクオタニウム-51とポリクオタニウム-61はリピジュアという名で知られている保湿剤で、ヒアルロン酸よりも保湿力が高いと言われています。

ORBIS モイストアップローション 


180ml ¥3,024
アマゾンボタン

最大の特徴は、ヒートショックプロテイン(HSP)が美肌6要素(透明感、なめらかさ、バリア機能、うるおい、ハリ、きめ)に働きかけるエイジングケアができることです。

このヒートショックプロテインとは、熱ショックタンパク質とも呼ばれているもので、傷ついたタンパク質を修復する機能を有する物質です。

ヒートショックプロテインは、分子量によって分類され、HSP90やHSP70などと命名されています。ヒートショックプロテインは私たち人間も持っているのですが、タンパク質修復力を高めるために化粧品に配合したということでしょう。

商品説明には「HSP含有酵母エキス」と書かれていますが、表示成分でいうと「酵母エキス」です。酵母にはHSP90、HSP60などが含まれています。

無印良品 エイジングケア化粧水・高保湿タイプ


200ml ¥2,195
アマゾンボタン

注目したい保湿成分は、ヒアルロン酸、コラーゲン、リピジュア(ポリクオタニウム-51)です。リピジュアは細胞膜を構成しているリン脂質をたくさんつなげてできた保湿成分で、保湿力はヒアルロン酸よりも高いと言われています。

リピジュアを製造している原料メーカーによると、水で洗っても保湿効果は残り、長時間肌をうるおすほどの保湿力を示すデータがあるそうです。

(※5)(※6)(※7)

はな子
先生、値段が高い化粧水のほうが効き目があるのですか?
美神先生
値段が高いからといって、安い化粧品よりも効果があるとは必ずしも言えないわね。肌に合わなければどんなに良い化粧水でも肌が荒れて、逆効果になってしまうわ。
ピッピ
スキンケアも継続することが大事だから、無理せず買える価格で肌に合うものが一番だっぴ!
美神先生
大事なことだけど、化粧品だけで美肌は手に入れるのは難しいわよ。スキンケアはもちろん大事だけど、生活習慣を整えて細胞から美しくなることを心がけるとベストよ。最後に保湿ケアのポイントとして、化粧水の正しい使い方と食事や運動について解説するわね。
はな子
美肌は内と外からのケアが必要ってことですね!

50代からの保湿ケアのポイント

しみ・たるみ・しわ・ハリがない・小じわなど、いろいろな悩みがありますが、まずは「保湿」をすることが大切です。

それは保湿がもっとも簡単で肌トラブルを早く回復できるからです。しみやたるみなどは基底層のメラノサイトや真皮層の繊維芽細胞の複雑な活動へのアプローチが必要となるため、即効性も期待できません。

しみやたるみなどの悩みは、化粧水だけに頼らずに美容液やクリーム、そして食事などの生活面からもアプローチしていくと効果的です。

美神先生
次では、保湿を中心にその他の肌の悩みにも有効な化粧品以外のケアのポイントも解説するわ。

化粧水の効果的な使い方

入浴後の直後の肌は非常に潤っているのに、保湿ケアをしないでいるとその後急速に肌の水分が奪われ、そのまま保湿ケアをしないでいると、結果的に入浴前よりも肌が乾燥してしまうという事実をご存知でしょうか。

大手化粧品会社の実験結果から、入浴後、5分以内に保湿ケアをすることが望ましいと言われています。

朝の洗顔は入浴時とは条件は違いますが、洗顔料で皮脂やNMFなどが洗い流されることにより、一時的に肌の水分を失いやすい状態になっているので、直ちに保湿ケアを行うのが理想です。

入浴後や洗顔後は、すぐに化粧水をつけることを習慣化しましょう。化粧水だけでは徐々に角質の水分が奪われていくので、油分を含んだクリームや乳液などを重ねることを忘れないようにしましょう。

肌が敏感なときには、コットンは避けててのひらで優しく塗布することをおすすめします。化粧水を肌によくなじませるために、軽くパッティングしたり、小鼻など細かい部分は指先で丁寧に塗布すると塗り残しがありません。

食事面で気をつけること

体は食べる物で作られ維持されていますので、食事に無頓着では美肌が作れません。肌が乾燥しているときに角質に不足しているのは、細胞間脂質、NMF、皮脂の3つです。

これらは食べた物を原料として体の中で作られるものですから、これら3つが不足しているのであれば、食事の際には意識してこれらの原料になる食材を選ぶ必要があります。

◆細胞間脂質
…セラミド、コレステロールなどで構成されている。食べ物に含まれるセラミドはグリコシドセラミドと呼ばれる。
(こんにゃく、黒ゴマ、わかめ、ごぼう、そば、コーヒー、牛乳、お米 etc…)

◆NMF
…アミノ酸、乳酸、尿素などで作られている。アミノ酸はコラーゲンを作る材料にもなる。
(肉類、魚類、卵、豆類etc…)

◆皮脂は脂質を元にいて作られているので、良質の脂肪酸と言われるオメガ3脂肪酸を意識して摂取する。熱に弱いので、生の状態で食べるのが望ましい。
(青魚、えごま油、ナッツ類(特にクルミ)、葉物の緑黄色野菜etc…)

はな子
食べ物で摂取するならお任せください!
美神先生
でも、材料になる食材を食べればよいわけではなく、細胞間脂質やNMFなどの生成を助ける物質も食事から摂ることが必要なの。

線維芽細胞やNMFの生成を助ける食べ物

◆ビタミンB2.B6
…肌の細胞を健康に保ち、機能を正常に保つ。
(レバー、豚肉、卵、大豆製品etc…)

◆ビタミンA
…皮脂膜や天然保湿因子の生成を促す。
(ほうれん草、人参、緑黄色野菜、レバー、うなぎetc…)

◆ビタミンC
…活性酸素からの肌へのダメージを防ぎ、本来あるべき細胞の働きを支持する。熱や光に弱いので、生加熱をかけるとしても短時間。野菜などをカットしておいておくと、切り口部分のビタミンCは失われていくため使う前にカットする。
(各種フルーツや野菜)

◆ビタミンE
…若返りのビタミンとも呼ばれる。血行を促進し、細胞の正常な活動のために必要な物質を届ける手助けをする。
(すじこ、たらこ、ナッツ類、モロヘイヤ、抹茶粉etc…)

運動の必要性

運動不足は乾燥肌の原因にもなります。

運動不足になると、血流が悪くなり代謝も落ちることは実感としてあると思います。血流が悪くなるということは、肌が必要な物質を血流に乗って届けられなくなるということです。

そうすると代謝は落ち、肌のうるおいに必要な細胞間脂質NMF、皮脂などが上手く作られなくなり、ターンオーバーの周期も遅くなってしまうのです。

ウォーキングやヨガなど、簡単に始められる運動で十分なので、運動不足にならない生活を心がけましょう。

(※8)(※9)

はな子
なるほど〜!!自分の肌悩みにあった化粧水を選べばいいんだって、お母さんに伝えてあげよう!
美神先生
そうね。お母様も自分の肌にあった素敵な化粧水に出会えるといいわね。
はな子
はい!先生もうかうかしてたら50歳なんてあっという間ですよ!早く結婚しないと!
美神先生
ウッ…突然痛いところついてくるじゃない…。はなちゃんだって早く彼氏作らないと、三十路なんてあっという間よ。
はな子
ウッ……。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)