べビ肌

バリア機能とは?乾燥をもたらすバリア機能低下の原因と対策5つ

393 views
はな子
最近エアコンのきいた室内ばっかりいるからか…肌が乾燥してます…。
美神先生
あら、もしかして「バリア機能」が低下しているんじゃないかしら?
はな子
バリア機能?なんですかそれ?強そうですね。
美神先生
私たちの肌は普段、紫外線やエアコン、空気中の汚れなどと言った「外からの刺激」を受けているでしょう?その刺激から守ってくれているのが「バリア機能」よ。
はな子
読んで字のごとく…。肌をバリアしてくれているんですね。
美神先生
そう。バリア機能が正常に機能することによって、肌内部の水分は保たれ乾燥を防いだり、外から雑菌などの異物が入るのを防いだりしてくれるの。
はな子
そのバリア機能が低下しているから、私はエアコンのダメージをそのまま受けて乾燥してるってことですね!
美神先生
そういうことね。今回は私たちの体を守ってくれる「バリア機能」について詳しく説明していくわ。




バリア機能とは?

バリア機能」とは、肌内部の水分を保持したり、外からの異物が体の中に入るのを防いでくれる役目のことを言います。

美神先生
子供が泥を触ったり、主婦が洗剤を扱ったりしても肌の中に浸透してこないのは、「バリア機能」が働いているからよ。

このバリア機能は肌の一番表面の角質層で、肌の中にある水分を、外へ蒸発しないように防ぐ役割、つまり保湿するのに重要な役割もしています。

バリア機能が低下することによって、外部からのダメージに敏感になり、乾燥やくすみ、シミなどの肌老化を引き起こすこともあります。

バリア機能が低下すると乾燥する

肌の一番表面の角質層にある「バリア機能」は、正常に機能する事で、紫外線やエアコンによるダメージから肌を守ってくれています。

しかしこれが正常に機能していないと、外からの刺激をそのまま肌に受けてしまい、紫外線によるシミやくすみを引き起こす原因になってしまいます。

はな子
左の正常な皮膚は、角質層の細胞が綺麗に並んで積み重なって、肌表面も綺麗な状態ですね。
美神先生
そう。だから外から刺激を受けても、吸収せず跳ね返し、水分の蒸発も防いでくれるの。
でも左の皮膚を見てみるとどう?
はな子
角質層の細胞はガタガタで、全然綺麗に並んでないですね…。水分もどんどん蒸発しています。
美神先生
そうなの。紫外線などの外部からのダメージもモロに受けてしまっているわ。

水分が蒸発していき、肌表面がカサカサになっている状態、左の図は、いわゆる「乾燥肌」の状態になっているのです。

つまり「バリア機能の低下=肌の乾燥」ということになるのです。

ピッピ
乾燥肌については、「なぜ乾燥する?乾燥肌と角質細胞間脂質(主にセラミド)の関係!セラミドが減る理由とセラミド配合化粧品の選び方」で詳しく説明しているから、覗いてみてくださいッピ。

肌のバリア機能が低下すると…

・皮膚の表面が乾燥して肌トラブルを起こしやすい。

・くすみやシミ、シワなどの老化現象を引き起こしやすい。

・ウイルスなどの細菌が侵入しやすい。

などの影響を受けてしまいます。

バリア機能低下の原因と対策

バリア機能低下の原因は主に

・加齢

・間違ったスキンケア

・エアコンによる乾燥

・睡眠不足

・紫外線からのダメージ

などが考えられます。

加齢によるバリア機能の低下

上図にある、正常な皮膚の方は細胞が綺麗に並んで積み重っていますね。

このようにキメの揃った美しい肌では、角質細胞どうしをセメントのようにつなぎとめている角質細胞間脂質が重要な役割を果たしています。

角質細胞間脂質は、主に”セラミド”でできています。

このセラミドは潤い成分であり、与えた水分をしっかり保持してくれるので、セラミドがあることで乾燥も防ぎます。

しかし、そのセラミドは年齢とともに減少してしまいます。

これは赤ちゃんである0歳をピークにどんどん減少していき、30代から大幅に減少していきます。

セラミドが減少していくことで、細胞同士が綺麗に積み重なることができなくなり、その隙間から水分が蒸発、肌表面の皮脂まくはボロボロになり、結果、バリア機能が正常に働かなくなってしまいます。

その為、紫外線などのダメージも跳ね返すことができなくなり、吸収してしまいます。

対策

加齢でなくなっていくセラミドは仕方がありません。

ですがなにもしなくていいという訳ではありません。毎日のスキンケアで、セラミドを補ってくれる化粧品を使いましょう。

オススメは、美容液かクリームにセラミドが配合されているもの。そして裏の表記をに、「セラミド1」「セラミド2」など、セラミドの後ろに数字が表記されているものを選んで使うようにしましょう。

間違ったスキンケアによるバリア機能の低下

スキンケアは毎日行うもの。お化粧をしている女性にとっては、クレンジングで化粧を落とすのは当たり前ですよね。

しかし、そのクレンジングの中に入っている界面活性剤という成分が、肌にとても負担をかけています。

界面活性剤が強いものを使うことで、肌にあるセラミドを減少させていき、それにより乾燥を招き、結果バリア機能が低下してしまうという事になってしまいます。

一般的に洗浄力が高いものや、油分の多いオイルクレンジングなどには界面活性剤がたくさん含まれていて、肌に負担になる傾向があります。

対策

肌への負担を考えるとクレンジングをしないで済むのが理想的ですが、お化粧をしている女性にとってそれは無理だと思います。

できるだけクレンジングは界面活性剤の比較的使用量の少ないクレンジングクリームか乳化ジェルなどを使いましょう。

オイルタイプより洗浄力は低くなってしまいますが、その分肌への負担は少ないです。

屋内でのエアコンによるバリア機能の低下

皮膚の表面にある角質層は、約0.02mmの薄さしかありません。この薄さで肌を外的ダメージから守ったり、水分の蒸発を防ぐ役目をしているのです。

しかしエアコンの風は、とても冷たく乾燥しているため、肌表面の皮脂膜を乾燥させてしまい、角質層を弱め、バリア機能の低下に繋がってしまいます。

そして肌下層の水分がなくなってしまう、インナードライ肌を引き起こしてしまいます。

インナードライ肌は、シワや毛穴の開きや、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを起こす原因にもなってしまいますので十分注意しましょう。

対策

エアコンによる乾燥を和らげる、加湿器などを使用しましょう。そして、こまめに水分補給をすることも大事です。

インナードライ肌になってくると、皮脂分泌量が増えてきます。気になる場合は、ティッシュやハンカチなどで軽く押さえる程度にしましょう。

睡眠不足によるバリア機能の低下

体に必要な細胞の生成は、夜寝ている間にされています。

よく、「夜更かしはお肌の大敵」と言いますが、本当にそうなんです。

先ほども出てきた”セラミド”は、お肌に潤いを与えるためにはとっても大事なものです。

このセラミドも、夜寝ている間に生成されます。その為、睡眠不足であると、潤いに必要なセラミドが十分に生成されなくなってしまいます。

睡眠不足の悪影響は、年齢とともに肌に現れやすくなってきます。

昔は睡眠不足では、肌は荒れてなかったと言っても、年齢とともに成長ホルモンは減っているので、睡眠不足の影響は多く現れるようになっています。

対策

しっかり睡眠をとりましょう。1日最低6時間はとるように、そして毎日同じ時間に就寝をとるように心がけましょう。

寝つきが悪い人や、眠りが浅い人は適度に体を動かすようにしましょう。

日中運動する事が大切ですが、寝る前の体操は逆に目が覚めてしまう事がある為、ゆっくりとしたストレッチにとどめておきましょう。

寝る前に入浴するのも、体が温まり熟睡できるので効果的です。また、カフェインを夜8時以降は取らないようにしましょう。

紫外線からのダメージによるバリア機能の低下

日中外に出るときは、日焼け止めや日傘をさして日焼け対策をする人は多いと思います。

しかし、紫外線は、部屋の中にいても窓から入ってくるのです。

微量な紫外線でも、肌の細胞は紫外線から守ろうとする為、肌の表面に余分な角質を肌に残す、「角質肥厚」の状態になってしまいます。

この状態により、肌内部のバリア機能は低下し、より乾燥も進んでしまいます。

対策

外出の時は必ず最低限の紫外線対策を。普段使いでは、SPF20、PA++程度の日焼け止めをしっかり塗っておくといいでしょう。

部屋の中にいると言っても油断はせずに、粉おしろいかファンデーションだけでも使うようにこころがけましょう。

美神先生
バリア機能が低下すると乾燥を招くわ。乾燥肌の対策も同じようにバリア機能低下を防ぐ対策にもなるので「乾燥肌を改善する25の方法」にも記載されている対策をぜひ読んで見てくださいね。

3大保湿因子でお肌に潤いを

バリア機能は、

水分の蒸発を防いでくれる「皮脂膜
水分を保持してくれる「天然保湿因子(NMF)
最強の潤い成分と言われる「角質細胞間脂質(主な成分はセラミド)

この3つの働きにより保たれています。

「3大保湿因子」と呼ばれる、これらがバランスよく保たれることで、バリア機能が正常に働く事ができます。

バリア機能の低下を防ぐために、肌を労ってあげる事で、自身の肌も綺麗になっていきます。

美神先生
3大保湿因子を保つためには、上に書いてある対策が必須になってくるわ!
はな子
毎日のスキンケアや生活習慣を見直すことも、バリア機能低下を防ぐためには大事なことなんですね。
美神先生
そうね!そしてバリア機能の低下防止はシミやしわ防止などの「アンチエイジング」にも繋がるわ!
はな子
じゃあ先生は特に頑張らないといけないですね!
美神先生
何かいった?
はな子
ナンデモアリマセン。
【参考文献】
スキンケア美容医学事典(よしき皮膚科クリニック銀座院長)
素肌美人になるためのスキンケア基本事典(よしき皮膚科クリニック銀座院長 吉木伸子著)
医師が教える正しいスキンケア大全(スキンケア大学)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)