べビ肌

50代の美容液の選び方とおすすめ商品10選

360 views

この記事を書いた美容ライター

村木ゆみ

化粧品技術者・開発者として外資系大手化粧品会社と製薬会社で計10年勤務。海外化粧品輸入販売会社で、販売員へ化粧品知識の教育テキスト作成やお客様への説明資料作成も担当。現在はフリーの美容ライターとして活動してます。

はな子
先生、今度お母さんの誕生日に美容液をプレゼントしようと思っているんですけど、何がいいかわからないのでアドバイスしてください。
美神先生
いいわよ。ところでこの間の50代向けの化粧水のことは、お母さんに教えてあげた?
はな子
はい!とても喜んでいて、さっそくおすすめの中から気に入った化粧水を買って使っています。ずいぶん調子よくなってきたみたいなんですけど、もう少しうるおいが欲しいわ~って言ってるので、美容液をプレゼントしようと思っています!
美神先生
あら、はなちゃんってお母さん思いなのね~。じゃあ今日は50代向けの美容液のことを説明するわね。

50代の肌悩みと原因

50代は人生の転換期とも言えます。その主な原因は女性ホルモンの減少にあります。

女性ホルモン、つまりはエストロゲンには肌の潤いを高めたり、コラーゲンの生成を促進する働きもあります。そのため、女性ホルモンが減少し始める50代になると、肌がかさつきやすくなったり、しわやたるみが目立つようになります。

化粧水やクリームなどの基礎化粧品はスキンケアの基本ですが、それだけでは肌のコンディションに満足できなくなることも多くなってきます。そこで今回は、50代からのスペシャルケアとして、美容液の選び方について解説します。

50代女性の肌の悩み

まずは50代女性は、どのような肌の悩みを抱えているか考えてみます。

50代の化粧水の選び方とおすすめ商品10選」の記事中にまとめた通り、2015年にポーラ文化研究所により実施された「女性の化粧行動・意識に関する実態調査」によって、肌の悩み1位から5位が発表されています。

1位 シミ
2位 たるみ
3位 ほうれい線の目立ち
4位 ハリがない
5位 小じわ

50代女性が抱える肌の悩みの原因

50代女性が抱える肌なやみトップ5は、主に女性ホルモンの減少や真皮・表情筋の衰えが原因と言えます。他にも長期にわたり紫外線を浴び続けてきたことや、生活習慣も大いに影響しています。

特に紫外線や食生活などの習慣的なことは、加齢のようにすべての人に平等にもたらされるものではないし、直ちに肌への変化が見られるものではありません。

日々の蓄積によって肌に現れてくる性質があるため気が付くのが遅くなったり、改善することが難しかったりします。

それゆえ紫外線が肌に与える影響や、肌を作る源になっている食事についても、正しい知識を持つことが必要です。

肌悩み別!美容液の選び方

50代女性のお肌の悩みトップ5の対策として、美容液に期待できることを主な悩み別に整理してみましょう。

乾燥・小じわには「保湿」

美容液に期待できる効果は、まず「保湿」です。肌を保湿することで、乾燥による小じわが改善されます。

乾燥した肌を放置すると、しわばかりではなく肌のバリア機能や正常なターンオーバーなどを鈍らせることになりますので、デイリーケアとして保湿は非常に大切です。

50代になると天然保湿因子(NMF)や皮脂分泌が少なくなるために、化粧水にプラスして美容液で保湿すると良いでしょう。

【おすすめの保湿成分】
◆セラミド

…最強の保湿成分。人間の肌にもともとあり、安全で敏感肌の人でも使用できる。使用することで肌が潤うだけでなく、バリア機能が高まり肌荒れしなくなる。美容液やクリームで取るのが効果的。

◆ヒアルロン酸
…真皮にもある糖の一種。200~600倍の水分を蓄える力がある。

◆コラーゲン
…ヒアルロン酸同様、真皮にもある高い効果のある保湿成分。

◆ヘパリン類似物質
…血液中のヘパリンという物質に水分保有力があることから、類似の成分を保湿成分として応用したもの。医療やくにも使われる。

◆リピジュア

…ヒアルロン酸の2倍の保湿力がある。肌への刺激が少なく乾燥肌や敏感肌向けのスキンケア製品でも使用される。

しみには「美白」

50代になるとしみが増えて気になり始める人が多いです。化粧水にも美白成分配合のものがありますが、美白美容液を併用すると、効果がより実感できると思います。

しみが消えてしまうまでの効果を実感できることは少ないかもしれませんが、放っておくと肌の乾燥と相まって、どんどん濃くなる可能性が高いです。しみが気になる人は、毎日保湿を兼ねて美白美容液を使うことをおすすめします。

【おすすめの美白成分】
◆アルブチン

…美白効果の高いハイドロキノンの糖誘導体。メラニンの生成を促すチロシナーゼの活性を阻害し、メラニンをできにくくする。

◆プラセンタエキス
…代謝を高めることでメラニンを排出し、日焼けによるシミやソバカスを改善・予防する効果がある。他にも保湿効果や皮膚の血行促進、新陳代謝作用を持つ。

◆ビタミンC誘導体
…メラニンの還元作用があるため、もともとあるシミを薄くする効果が期待できる。他にも皮脂分泌抑制・抗酸化作用・コラーゲンの生成促進・メラニンの生成抑制・色素沈着抑制など、様々な働きがある。

たるみ・しわ・ほうれい線には「肌の弾力性アップ」

たるみ・しわ・ほうれい線には、肌の弾力性(ハリ)を高める成分が配合された美容液がおすすめです。

弾力性をアップする成分には真皮層の繊維芽細胞に働きかけてエラスチンやコラーゲンの産生を促進するものや、肌表面を覆うポリマーの力でハリ感をアップするものの他、グロースファクターと呼ばれるヒトオリゴペプチドが細胞活動を活発化させる成分もあります。

肌の弾力性の改善は、化粧品による効果に頼るだけではなく表情筋を鍛えたり、肌を作る源になる食生活にも気を配ることもが必要です。

【オススメのハリ弾力成分】
◆レチノール

…ビタミンAの一種で人間の体内にあるもの。肌のターンオーバーを促しコラーゲンを増やす作用がある。目元の小じわや浅いシワに特に効果的。しかし、油溶性なので美容液やクリームに配合されていものが多く、刺激を感じる場合がある。

◆ビタミンC誘導体

…コラーゲンの合成に必要な成分で、生成を促す。また美白作用や皮脂抑制作用、抗酸化作用など様々な効果を併せ持つ。

◆ナイアシン
…コラーゲンの生成を促す。ビタミンC誘導体よりも刺激が弱いため、敏感肌や乾燥肌の人にオススメの成分。

(※1)(※2)

はな子
そういえば、肌の悩みがいくつもある場合、どんな美容液を使ったらいいのかしら?
美神先生
そうね。ほとんどの人が複数の悩みを持っているものだから、美容液の成分をよく見て自分に合いそうなものを選ぶことね。

50代女性におすすめの化粧水10選

美神先生
それじゃあ、オススメの美容液とその特徴を紹介するわ。
はな子
ワ〜イ!お願いします!

しわ・たるみ・ほうれい線対策におすすめ

SK-Ⅱ/R.N.A. パワーラディカル ニュー エイジ エッセンス


30ml ¥12,000
アマゾンボタン

ハリをアップする成分パルミトイルペンタペプチド-4が配合されています。この成分は、真皮層にある線維芽細胞のコラーゲン生成を促進する働きがあるといわれています。

真皮層に働きかけて肌のハリをアップすることで、しわ・たるみ・ほうれい線の悩みの緩和に期待できそうです。

ポーラ/リンクルショットメディカルセラム


20g ¥12,500
アマゾンボタン

しわ改善薬用化粧品として、日本初の承認を得た美容液です。

ポーラ独自に見つけた有効成分はニールワン。ニールワンは白血球の一種である好中球が出す酵素「好中球エラスターゼ」の働きを抑制します。これがなぜしわ改善につながるのかというと、紫外線や表情を作ることで皮膚に小さな炎症が起こります。

好中球はこの小さな炎症をキズと勘違いして、好中球エラスターゼを放出し、コラーゲンなど真皮成分を分解します。これがしわの原因の一つなのです。

ニールワンが好中球エラスターゼの働きを抑えることで、真皮成分が壊されるのを防ぎます。真皮成分は線維芽細胞の働きで修復されるので、次第にしわが改善していくのです。しわに悩む人は試す価値ありです。

KOSE/米肌 活潤リフトエッセンス


30ml ¥8,274
アマゾンボタン

バチルス/(コメヌカエキス/ダイズエキス)発酵液は、動物由来のプラセンタエキスに匹敵するほどの細胞賦活作用を持つと言われています。また、コラーゲン産生促進作用は、ビタミンC誘導体よりも優れていると評価されています。これらの作用は肌のハリを高めたり、しわやたるみにも効果が期待できそうです。

保湿成分も豊富で、ヒアルロン酸、コラーゲンのほか、保湿効果に優れたポリグルタミン酸も配合されています。ポリグルタミン酸は、ヒアルロン酸よりも保湿効果が高いだけではなく、表皮内で天然保湿成分(NMF)の産生を促進し、皮膚の内側からの保湿もします。ポリグルタミン酸はグルタミン酸というアミノ酸がつながってできた物なので、安全な成分です。

資生堂/シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム


15g ¥6,264
アマゾンボタン

日本で初めてレチノールによる「しわ改善」効能の認可を受けました。シワ改善のメカニズムは、レチノールが表皮のヒアルロン酸産生を促すことで、角質の水分量を増やし、肌を柔らかくすることでしわを改善します。

私もこのクリームを使っています。使用後2か月ぐらいになりますが、家族からしわが目立たなくなったといわれます。伸びがよくさらっとしたテクスチャでありながら、しっかりとした保湿力もあり、肌がかさつきがちな50代におすすめです。

レチノールは人によっては刺激を感じるので、初めて使用する際には量を少なめにしてみるなど、注意が必要です。また紫外線によりレチノールの効果が弱くなるので、日中の使用時には日焼け止めとの併用が必須です。

ORBIS/リフトブライトエッセンス 35ml 4,200円(税抜)


35ml ¥4,536
アマゾンボタン

ハリを高める成分を配合した美容液です。水添レチノールはヒアルロン酸の生成を促進し、ウルソル酸ベンジルはコラーゲンを分解する酵素の働きを抑制したり、コラーゲンの生成を促進する作用があります。この二つの成分がハリを高めるために配合されています。

抗シワ成分として、配合された(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマーは、セラミドの構造に似た部分があるため、肌との親和性がよく、肌表面に張り付きポリマーがネットの役割をして、肌を引き締めて抗シワ効果を発揮します。

ユーザーのレビューによると、肌がピンと張った感覚があるそうです。

AIJ リルジュ リカバリィエッセンス 30ml 8,000円(税抜)


30ml ¥8,640
アマゾンボタン

最大の特徴は、数種のグロースファクター(細胞増殖因子)を配合している点です。具体的には表皮でしみやくすみにアプローチするヒトオリゴペプチド-1(EGF)と、真皮でしわやたるみにアプローチするヒトオリゴペプチド-13(FGF)が配合されています。

EGFとFGFは細胞の活動を活発にする物質で、もともと人が持っているものですが、加齢によりどんどん減っていくために細胞の働きが鈍くなってくるのです。保湿成分などを肌に補給して肌をうるおすというのではなく、細胞活動を正常に戻そうとする考え方の美容液です。

配合成分の中には、グロースファクターの効果が発揮できるように数種のオリゴペプチドが配合され、またグロースファクターの肌への浸透性を高めるために、リポソーム化しています。リポソーム化には細胞膜を構成しているリン脂質を主体としたレシチンを使うことで、肌になじみやすくしています。

しみ対策におすすめ

アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト 30mL 7,000円(税抜)


30ml ¥6,650
アマゾンボタン

配合成分であるアスタキサンチン液の抗酸化力は強く、しみやしわの原因になる活性酸素を除去する働きがあります。その他の配合成分に、ツボクサエキスがあります。

古くから傷ややけどの治療薬として用いられており、コラーゲン生成促進・ターンオーバーの正常化・セラミド減少を防ぐなどの働きがあるために、エイジングケア用の化粧品に使用されています。

リン酸L-アスコルビルマグネシウム(ビタミンC誘導体)とグリチルリチン酸ジカリウムを有効成分とする医薬部外品です。リン酸L-アスコルビルマグネシウムはメラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぎます。グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があります。

ちふれ化粧品 美白美容液 W


30ml ¥1,580
アマゾンボタン

アルブチンとL−アスコルビン酸 2−グルコシド、2種類の美白成分を配合している医薬部外品です。

炎症を鎮めるグリチルリチン酸ジカリウムも配合。保湿成分はヒアルロン酸ナトリウムを使用し、必要最低限の成分に抑えたシンプルな美容液です。

プチプラのため手軽に美白ケアに取り入れやすいのが魅力ですよね。

資生堂 HAKU メラノフォーカス3D


45g ¥9,980
アマゾンボタン

4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)とトラネキサム酸の2種類の美白成分を配合した美容液です。

トラネキサム酸は水に溶ける物質なので肌への浸透性は良くないのですが、4-メトキシサリチル酸カリウム塩と一定の条件・バランスで配合することにより、トラネキサム酸の肌への浸透力が高まるそうです。

保湿成分はヒアルロン酸ナトリウムと数種の植物エキス類です。

ビーグレン QuSomeホワイトエッセンス 15ml 5,000円(税抜)


15ml ¥5,400
詳細を見る

美白成分はQuSome化アルブチン。表示成分には単にアルブチンと書かれています。アルブチンはハイドロキノン誘導体です。ハイドロキノンは強い美白効果を持ち、肌への刺激も強いため、配合量が2%を超える場合には医師の管理下での処方が義務付けられています。

ハイドロキノン誘導体はハイドロキノンよりも美白効果が緩やかであるため刺激も少なく、安全な成分として扱われています。

QuSomeというのは、超微粒子カプセルのことを言います。効果は高い反面安定性が低く、通常誘導体などに変換する成分を、効果の高いままの状態で超微粒子カプセルQuSomeに包み込み、刺激性を抑え角質層まで浸透させます。

つまり、美白効果の高いとされている「アルブチン」をQuSomeに包み込むことで肌への浸透性を高めているのです。

保湿成分は疑似セラミドであるラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)と、ヒアルロン酸以上の保湿効果があるポリグルタミン酸が配合されています。

はな子
あのー、しみ用の美容液と、ハリ用の美容液の2本を同時に使ってもいいですか?
美神先生
もちろん!朝と夜で使い分けてもいいわね。それよりはなちゃん、驚いたわ。高価な美容液2種類もプレゼントするほどお金に余裕があるの?
はな子
あ・・・えっと・・。そんな余裕なかったわ。あははは・・・。

(※3)~(※13)

美容液の効果的な使い方

使い方は説明書に書いている通りに、朝・夜の使用なのか、夜だけの使用なのかを確かめて守りましょう。

成分によっては日中の紫外線により、効果が失われるものもあるので、説明を見落とさないようにしましょう。また充分な効果が得られるように、1回の使用量は適量を守りましょう。

洗顔後または入浴後は、直ちにケアして肌の水分の蒸発を防ぎましょう。どんなに高保湿成分を含んでいたとしても、カラカラに乾いてしまった肌に塗布するのと、十分水分を含んだ肌に塗布するのとでは、その後の肌のうるおい度が全く違ってきます。

はな子
お風呂上がってから、牛乳飲んでゆっくりしてからスキンケアしてたけど、それじゃダメなんですね。
美神先生
そうよ。特にお風呂から上がった後が一番急激に乾燥していくの。理想は体を拭くよりもまず先にスキンケアよ!
はな子
え…寒い…。
美神先生
まあ、それは風邪を引いちゃうけど、パパッと体を拭いてなるべく早くスキンケアをするといいわ!

50代からのスキンケアのポイント

50代になると女性ホルモンが減少し、肌トラブルが増えてきます。加齢により細胞活動も鈍りがちなので、化粧品だけに頼らずに細胞が元気になるようにサポートすることで、化粧品の効果も最大限に生かせます。

具体的には適度な運動やバランスの取れた食生活、十分な睡眠、ストレスを溜めない生活などです。

喫煙は美肌の大敵ですので、禁煙が望ましいです。喫煙をすると体内のビタミンCが壊れてしまいます。ビタミンCは肌の弾力性を維持するコラーゲンやエラスチンを生成する際にも必要とします。ですがビタミンCは体に溜めておくことができないビタミンなので、一度に大量に摂取してもあまり効果的とはいえません。

ビタミンCだけではなく、美肌のためにはバランスよく栄養素を摂取することが必要です。加工品では摂れない栄養素も意識して、新鮮な食材をまんべんなく食べましょう。

はな子
食事をしながら、必要な栄養素を取って美肌に近づけるなんて素敵すぎですけど、運動がしたくないんですよねえ…。
美神先生
はなちゃんはよく食べるんだから、その分ちゃんと運動をしないと。美肌以前に、子豚になっちゃうわよ。
はな子
え〜、でも私今そんなに太ってないし〜。
美神先生
今はそうじゃなくても、将来ダルンダルンになっても知らないんだから!
はな子
ちょ、ちょっとランニングしてきます!!
【参考URL】
(※1)「女性の化粧行動・意識に関する実態調査 2015 肌なやみ篇」 | ポーラ文化研究所(アクセス日:2018年2月6日) 
(※2)更年期・加齢による肌トラブル | d program資生堂(アクセス日:2018年2月14日)
(※3)パルミトイルペンタペプチド-4とは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン(アクセス日:2018年2月14日)
(※4)バチルス/(コメヌカエキス/ダイズエキス)発酵液 |株式会社 東洋発酵 (アクセス日:2018年2月15日)
(※5)ポリグルタミン酸 | 全国納豆協同組合連合会 (アクセス日:2018年2月15日)
(※6) Ceracute® | コスメティックラウンジドットコムE 日油株式会社(アクセス日:2018年2月15日)
(※7)ヒアルロン酸産生を促進する水素添加レチノール | chemical-navi (アクセス日:2018年2月17日)
(※10)化粧用リポソーム | EXTRASOME NOF CORPORATION 日油株式会社(アクセス日:2018年2月17日)
(※11)ツボクサエキスとは…成分効果と副作用を解説 | 化粧品成分オンライン(アクセス日:2018年2月17日)
(※12)QuSomeとは | Beverly Glen Laboratories(アクセス日:2018年2月19日)
(※13)QuSome®学術文献 | b.glen (アクセス日:2018年1月24日)
【参考文献】
(※9)朝田康夫、鈴木一成著『コスメティックQ&A事典―化粧品のすべてがわかる』中央書院 2011年

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)