べビ肌

大人ニキビとは?原因と対処法と予防方法

794 views

この記事を書いた美容ライター

林あいこ

2017年に化粧品検定1級取得。美容学校で3年間メイクやスキンケア、ネイル、ヘアーの勉強をし、美容情報サイトのライター&編集者として活動。趣味は新しいコスメを買うことです。

はな子
先生〜〜、ニキビがなかなか治らないんです。思春期を過ぎたあともニキビできるし、ニキビって若い間だけじゃないんですね…
美神先生
思春期を過ぎて大人になってもできるニキビは「大人ニキビ」っていうの。
大人ニキビは一度できたら治りにくくて同じ場所に何度も何度もできてしまうの。
はな子
そう言えば顎ばっかりニキビできるし、なかなか治らない…!
でもニキビって皮脂が原因でできるんじゃないんですか?私今結構乾燥肌状態なのに…。
美神先生
そうね。でも大人ニキビの原因は皮脂以外にも、乾燥や寝不足、ストレスのような毎日の生活の中にある乱れも原因になるのよ。
はな子
じゃあ今回は大人になっても悩まされるニキビ、「大人ニキビ」について詳しく説明していきましょう!先生!
美神先生
私のセリフ…。

ニキビはどうしてできるのか

そもそもニキビとはどうやってできているのでしょうか?

ニキビは皮脂の分泌が多かったり、古い角層などが原因で毛穴がつまり、毛穴の中に皮脂が溜まってしまうことからできてしまいます。

ニキビのできる段階

ニキビは突然肌表面に現れるのではなく、肌内部から成長を重ねて肌表面に出てきます。

第一段階「毛穴詰まり」


ニキビのでき始め。過剰な皮脂や古い角質が原因で毛穴が詰まる。

第二段階「コメドができる」


毛穴が詰まり、毛穴の中に皮脂が溜まった状態の「面疱(コメド)」になる。

この段階では2種類のニキビがあり、毛穴が皮脂でふさがり白っぽくなった状態の白ニキビ。毛穴が開き皮脂などが酸化して黒っぽくなった状態の黒ニキビがあります。

第三段階「炎症が起こり膿をもつ」


皮脂を栄養としてアクネ菌が繁殖し、炎症が起こり、「赤ニキビ」の状態へ。

そしてこの炎症が悪化し、膿を持った「黄ニキビ」へ変化する。

第四段階「毛穴の周りに炎症が飛び火する」

膿を持って腫れ上がったニキビは、次第に熱を持ってしこりのようになり、痛みを感じるようになる。

最終段階「ニキビ痕となる」


どの段階まで来たかによって、どのような痕になるかが変わってくる。第四段階まで進んでいけば治ったあとは陥没したクレーターのようなニキビ痕になることもある。

(※2)(※3)(※4)(※5)

大人ニキビの特徴

大人ニキビは、医学用語で「思春期後痤瘡(ししゅんきござそう)」と呼ばれ、「吹き出物」とも言われます。

思春期ニキビは、過剰に分泌された皮脂が原因でできるニキビですが、大人ニキビはそれだけが原因ではありません。

乾燥やストレス、食生活、ホルモンバランスの乱れ・・・大人ニキビの原因は様々です。

大人ニキビと思春期ニキビでは、できる場所や原因なども変わってきます。

思春期ニキビ 大人ニキビ
毛穴 余分な皮脂により毛穴が詰まる 古くなった角質により毛穴が詰まる
年齢 10代を中心にできる 20代以降にできる
できやすい場所 Tゾーン、鼻周り

・主に皮脂量の多いところを中心に顔全体にできる

・オイリー肌にできやすい

Uゾーン(顎や口周り)、デコルテ、首

・顔の下半分を中心にできやすい

・乾燥肌にできやすい

原因

・過剰な皮脂によるもの

ストレスや睡眠不足など、生活面の乱れによるもの

・肌の乾燥

・ホルモンバランスの乱れ

・古い角質が溜まる etc…

ピッピ
スマホの人は横にスクロールしたら表が見れるッピ

大人ニキビの最大の特徴は、”繰り返しでき、跡が残りやすい”ということ。

ロート製薬の調べによると、大人ニキビで悩む人の約90%が「何度も繰り返す」と回答しているようです。

しかも一度できたニキビは、なかなか治りにくいという特徴があります。

(※6)(※7)

大人ニキビの原因3つ

大人ニキビの原因は様々だと言われてますが、主に以下の3つが挙げられます。

1、乾燥
2、ホルモンバランスの乱れ
3、ストレス

これらがどうしてニキビの原因となるのか?一つずつ解説していきます。

1、乾燥が大人ニキビの原因になる理由

肌が乾燥すると、乾燥から肌を守ろうとして、肌表面の角質は厚くなります。そして、毛穴は詰まりやすくなってしまいます。毛穴が詰まると・・・・。

ニキビは毛穴が詰まることによって出来ますので、肌が乾燥する→肌を守ろうと角質を厚くする→毛穴が詰まる→詰まった毛穴に皮脂がたまり炎症を起こす。

このようにして乾燥によるニキビができてしまいます。

2、ホルモンバランスの乱れが大人ニキビの原因になる理由

ニキビの原因を作るホルモンは「男性ホルモン」と生理前に多くなる「黄体ホルモン」の2つです。(ちなみに女性にも男性ホルモンは存在します。)

これらには皮脂分泌を促す働きがあります。生活習慣の乱れなどでホルモンバランスが崩れると、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

さらに男性ホルモンのアンドロゲンには角質を多く作らせる働きがあるので、毛穴をふさいでニキビをできやすくしてしまいます。

3、ストレスが大人ニキビの原因になる理由

ストレスを受けるとニキビになる理由は大きく2つ。

一つは、ストレスを受けることで毛穴が収縮して狭くなり詰まりやすくなるから。

もう一つは、ストレスを受けることで皮脂分泌が増えるから。

ニキビは、毛穴が詰まり、毛穴の中に皮脂がたまることによって炎症し、できてしまいますから、ストレス→男性ホルモンが分泌する→毛穴詰まる→皮脂がたまって炎症するという流れでストレスによりニキビができてしまうのです。

(※8)(※9)(※14~17)

大人ニキビの対処法!漢方薬がオススメ

乾燥」が原因の場合が多い「大人ニキビ」。

その対処法は思春期ニキビと違い、油分を取り除けばいいという訳ではありません。

ニキビができると皮脂が多いのが原因だと思い、スキンケアを化粧水のみにとどめようとしてしまいがちです。

しかしそれが乾燥からきているニキビだとすれば、化粧水のみでは十分な保湿が行われていないため、逆にニキビを増やす原因にもなります。

また、乾燥が原因で肌表面に古い角質が溜まってしまっているのであれば、定期的なピーリングなどをして、厚くなった角質を取り除き、角質を柔らかくすることが大事です。

大人ニキビができてしまった場合は、”肌から皮脂を取り除きすぎない”ということが重要になります。

【対処方】
・化粧水に加え、乳液やクリームなどでしっかり保湿を行う。

・厚くなった角質を、定期的なピーリングなどで取り払う。
(毎日行うのは肌に負担がかかるためNG。週1〜2度までにする。)

・一日に何度も行う洗顔は、逆に乾燥を招いてしまうため、朝夜の2回にとどめる。

・薬を使う場合は「大人ニキビ用」または「乾燥肌用」と明記されたものを使う。

(※5)(※7)(※8)(※9)

大人ニキビには漢方薬がおすすめ

実は、ニキビを根本的に断つには、「漢方薬」がおすすめなんです!

大人ニキビの原因であるホルモンバランスの乱れは、毎日の生活の少しの積み重ねにより生じます。

そのため、体の内側から改善してくれる漢方薬は、ニキビ対策にはとても効果的なんです。

漢方薬は基本的に、体内のバランスを整え、自分自身が持っている自然治癒力を高めるという効果があります。

ですからニキビの治療の場合には、ホルモンバランスを整えたり、皮膚の免疫力を高めるための漢方薬を用いられます。

大人ニキビに使用される漢方薬

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」

・血液のめぐりをよくして、体を温める。痩せて体力のない人向き

・月経不順、月経異常、産前産後の不調の改善など女性特有の症状によく使われる

「加味逍遙散(かみしょうようさん)」

・体力があまりない人向きで、頭痛・肩こり・便秘がちでイライラなどの不調に

・抑うつ効果があり、ストレスによる不調、頭痛やめまい、不眠などの改善に用いられる

・不定愁訴(ふていしゅうそ)のある人など
(不定愁訴:頭が重い、眠れない、イライラするなど、体調は悪いが検査をしても原因となる病気が見つからない状態のこと)

「十味敗毒湯(じゅうみはいどくろう)」

・おできがよくできる人向き

・エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌を促すことで、男性ホルモンの作用を弱めてニキビを改善する
※ただし便秘を解消してからの服用がおすすめ。

「桂枝茯苓丸(けいしぶくりりょうがん)」

・体力がほどほどあり、のぼせやすい、赤ら顔なのに足が冷える人向き

・月経異常、更年期障害、生理前の肩こりやイライラなどといった症状がひどい人

・ニキビやシミ、湿疹、しもやけなど血行障害が原因となる症状に

「清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)」

・体力のある人向きで、赤ら顔、若い人、男性のニキビなどにも

・ニキビに効果的な成分が色々配合されていて、相乗効果がある

・額などの、皮脂が比較的多い部分に赤いニキビがたくさんできる人など

「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」

・血行が悪くて顔色が浅黒い人、小さなニキビがたくさんできる人向き

・ちくのうや副鼻腔炎、炎症のあるニキビや湿疹に使う

(※9)(※11)

大人ニキビの予防

20歳をすぎてくると、思春期の頃にできていたような、皮脂が原因のニキビはできにくくなります。

ですがその代わりに、乾燥やホルモンバランスの乱れが原因で、大人ニキビはできやすくなります。

ですから大人ニキビは、まずは規則正しい生活を送って、不規則な生活を改善し、ホルモンバランスとお肌の調子を整えてあげることが大切になってきます。(※3)(※6)

①毎日最低6時間の睡眠をとる

大人ニキビに一番大きく影響するのが「睡眠不足」です。

肌は寝ている間に新しく生まれ変わります。そのため、睡眠はターンオーバーを正常に行うためには欠かせないことなのです。

美神先生
睡眠不足になると肌の免疫力は低下し、ニキビができやすいどころか、今あるニキビを悪化させる原因にもなるのよ

ニキビを予防するためには、毎日最低6時間は睡眠をとることが望ましいです。

しかし、毎日6時間寝れば何時に寝てもいいというわけではありません。

毎日の睡眠時間がバラバラだと体内時計が乱れてしまい、肌の再生に関わってくる成長ホルモンへ影響が出ます。

それを防ぐためにも、毎日同じ時間帯に寝て同じ時間帯に起きて、質のいい睡眠をとることが必要です。

(※9)(※10)(※11)

②和食中心の食生活、ビタミン摂取を心がける

偏った食事を続けていると肌に影響が出てしまいます。

「夜中甘いものを食べ過ぎたらニキビができる!」などと言われますよね。

【食生活のポイント】
・動物性脂肪の多いものを食べ過ぎない(乳製品、卵、肉、魚・・・etc)
・白米を玄米に変えてみる
・緑黄色野菜を食べる
・外食ばかりの生活は避ける
・嗜好品(しこうひん)は控えめに
・皮脂の分泌を整える→ビタミンA
・新陳代謝を正常に保つ→ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC

他にもミネラルやタンパク質はニキビの改善に効果があるとされているので、積極的にメニューに取り入れていきましょう。

(※3)(※6)(※10)(※11)

③生理前はスペシャルケアを

生理前になるとホルモンバランスが変化し、黄体ホルモンが皮脂分泌を活発にさせてしまいます。

そのため予防をしていても、生理が近づいてくるとどうしてもできてしまう場合があります。

そこで生理前はスペシャルケアとして、余分な角質を落とすためのピーリングを導入してみると良いかもしれません。

美神先生
こすって角質を落とすタイプが多いけど、ピーリング用石鹸はオススメよ。いつもの洗顔と変わらず、肌への摩擦があまりかからないの。

(※9)(※11)

④スキンケアで対策を

ニキビができにくい環境を作るには「ビタミンC誘導体」が配合された化粧品がオススメです。

ビタミンCには皮脂をコントロールする効果がある他、ニキビ痕の赤みを薄くする作用も期待できます。

<毎日のスキンケアポイント>
・化粧品は「ビタミンC誘導体」が配合されたものを。
・顔に髪や、ヘアスプレーなどがかからないようなヘアスタイルを心がける。
・洗顔は基本一日2回。それ以上は逆効果。
・しっかり保湿をする。
・紫外線対策をしっかりする。
・洗顔のすすぎは洗い残さずしっかりと。

(※3)(※10)(※12)

見直すのはスキンケアだけではなく日頃の生活も

大人ニキビは、毎日の生活のちょっとした乱れから引き起こされます。

まず第一に、睡眠時間をしっかりと取ることが必要です。なるべく毎日同じ時間帯に就寝、起床を心がけましょう。

また、思春期ニキビと大人ニキビは共通してビタミンを摂取することで対策ができます。

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミンB群をこまめに摂取するように心がけましょう。

ホルモンバランスの乱れからでる症状を、スキンケアだけで治そうとするのは難しいものです。まずは自分の体の内部分から、規則正しい生活を心がけましょう。

はな子
大人ニキビって、治りにくくて痕も残りやすいし、難点が多いですね。
美神先生
そうね。あまりにひどい場合は、皮膚科やクリニックなどで相談するのも一つの手よ。
はな子
そうなる前に、ホルモンバランスを正して、ニキビのできにくい肌作りをしていかないと!
ちなみに先生は何時に寝てるんですか?
美神先生
9時よ。
はな子
(だからドラマの話とか全然通じないんだ…)
【参考文献】
(※4)美容のヒフ科学 改正9版(安田利顕 著)
(※5)医師が教える正しいスキンケア大全(スキンケア大学)
(※7)日本化粧品検定2級・3級対策テキスト(日本化粧品検定協会)
(※9)正しいスキンケア事典(皮膚科医:吉木伸子 元化粧品開発者:岡部美代治 栄養士:小田真規子)
(※11)素肌美人になるためのスキンケア基本事典(よしき皮膚科クリニック銀座院長 吉木伸子著)
(※16)吉木伸子著「素肌美人になるための スキンケア美容医学事典」池田書店 2015年

【参考URL】
(※1)https://www.dermatol.or.jp/qa/qa3/index.html
(※2)http://www.kamioka.or.jp/beauty/tuite.html
(※3)https://www.chocola.com/nikibi/column/01/
(※6)http://www.ssp.co.jp/hythiol/troublenavi/acne/
(※8)http://www.rohto.co.jp/news/release/2014/0529_01/
(※10)http://www.otsuka.co.jp/health_illness/nikibi/
(※12)http://minahihu.or.jp/page-29/page-72/page-61/page-63
(※13)http://www.rohto.co.jp/news/release/2014/0529_01/
(※14)https://www.shirono.net/column/column_273.html
(※15) http://www.aizawa-hifuka.jp/acnecare/acnecause/hormone/
(※17) http://www.aizawa-hifuka.jp/acnecare/acnecause/stress/

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)