べビ肌

大人ニキビに合う洗顔料の選び方!成分と洗顔料タイプに注目して選ぼう

1452 views

この記事を書いた美容ライター

林あいこ

2017年に化粧品検定1級取得。美容学校で3年間メイクやスキンケア、ネイル、ヘアーの勉強をし、美容情報サイトのライター&編集者として活動。趣味は新しいコスメを買うことです。

はな子
先生〜大人ニキビについては「大人ニキビとは?原因と対処法と予防方法」でよくわかったんですけど、私は一体どんな洗顔料を使えばいいんでしょう〜
美神先生
そうね。あなたの場合は乾燥からきてる大人ニキビだからねえ。
はな子
洗顔はさっぱりしたものがいいと思ってたんですけど、なに使ったらいいかわからないです…
美神先生
大人ニキビは原因が様々だから、自分のニキビの原因にあった洗顔料を使うのが一番ね。今回は大人ニキビの人の洗顔料の選び方を詳しく紹介していくわ。

大人ニキビの原因に合う洗顔を成分とタイプで選ぼう

大人ニキビの原因は様々です。なので自分のニキビの原因にあった洗顔料を使わなければなりません。

美神先生
例えば、乾燥が原因でニキビができているのに、皮脂をしっかり落とす洗浄力の高いさっぱりした洗顔料を使っては、余計に乾燥を招くわね?
はな子
反対に、オイリー肌の人がしっとりタイプを使ったら、肌に余分な皮脂が残って改善できない…。

大人ニキビに使う洗顔料は、自分の肌状態を把握した上で、どのようなタイプのものを使うかが重要になってきます。

洗顔料の成分表や、洗顔料のタイプをみて購入を決める!これが大切です。

大人ニキビに効く洗顔の成分

裏の成分表を見たときに、様々な成分が入っているのが確認できると思います。

何も考えずに購入するのではなく、ニキビに効く成分が入っているものを選ぶと、有効に使うことができます。

乾燥が原因の方にオススメの保湿成分4つ

乾燥が原因でニキビを引き起こしてしまう人、乾燥で悩んでいる人などは、こちらの成分が入っているものを選んでいきましょう。

1、セラミド

最強の保湿成分。うるおいを長時間持続させる。

2、ヒアルロン酸

水分を抱え込み長時間うるおいを持続させる。

3、アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)

ヒアルロン酸の2倍の保湿力があり、肌への浸透力はさらに高い。

4、ワセリン

角質層に水分をとどまらせるうるおい成分。

5、スクワラン

深海サメやオリーブなどから取り出したスクワレンを酸化しにくく安定化させたもの。肌への浸透力が高くてさらっと感触がいい。

ニキビの炎症を抑えてくれる成分5つ

アクネ菌が繁殖することによってニキビの中で炎症が起こり、後に化膿してしまうこともあります。

炎症を抑えてくれ、すでにできているニキビに有効。また、ニキビの予防にも効果があります。

1、カンゾウ根エキス

炎症を抑えてくれる他、美白効果、保湿効果も高い。抗アレルギー作用があり、アトピーの方でも使える成分。

2、グリセリン

高い保湿力がありしっとりとした使用感で、もっとも昔から用いられている保湿剤。

3、アミノカプロン酸

消炎効果があり、肌荒れやニキビになりやすい肌のコンディションを整える。

4、カミツレ花エキス

水分保持や、菌の繁殖を防ぐ効果もある。

5、ビタミンC誘導体

ニキビの炎症を抑えたり、過剰な皮脂分泌も抑えてくれる。

菌を殺菌してくれる成分2つ

ニキビを悪化させる原因となる”アクネ菌”。

アクネ菌は肌の中に常にいるものなので全てを殺菌することは不可能ですが、繁殖して多くなったアクネ菌やその他の菌を殺菌し、ニキビを予防するためにも効果的です。

1、ドクダミエキス

菌の繁殖を防ぐ他に炎症を抑えてくれる効果もある。

2、イソプロピルメチルフェノール

殺菌作用が高いが、皮膚刺激がほとんどない。

古くなった角質を柔らかくする成分2つ

乾燥で厚くなった角質を柔らかくし除去するもの。

良好な肌状態の人が使うと、逆に乾燥を招いてしまう恐れもあります。

1、サリチル酸

菌の繁殖も防ぐので、殺菌しながら角質を柔らかくし除去することで新陳代謝も高める。

2、グリコール酸(AHA)

ピーリング剤などによく使われ、角質を除去し、新陳代謝を高める。ただし肌への刺激が少しあるため、毎日や長時間の使用は控えた方が良い。

(※1)〜(※4)

洗顔料のタイプと特徴

はな子
洗顔料って固形石鹸とかチューブに入ったものとかあるけど、違いはあるんですか?
美神先生
もちろん!含まれてる成分や使用してる油脂、添加物の量など様々な違いや、肌にかかる負担も変わってくるわ。

タイプ1、洗顔フォーム(クリーム、リキッド)

洗顔フォームは石鹸のもつ優れた洗顔力、そして過度に皮脂を落としすぎるのを防ぐ機能を兼ね備えたもので、チューブタイプが多く見られます。

水を含ませて泡立て、泡で汚れを包み込んで流す仕組みで、泡立ちの良いものは洗浄力も強い傾向があります。

肌への負担は強いものから弱いものまで様々です。しっとりタイプのものの中には約30〜40%もの油分を含み、肌に油の膜を残すように作られているのもあります。また、美白剤消炎剤保湿剤などの添加物も使われています。

使用中に菌が入らないようチューブタイプになっているものが多くみられます。

タイプ2、固形石鹸

固形石鹸は、刺激が少なく洗浄力が高いのが特徴です。

洗浄力が高く、古い角質を取り除くのにとても効果的固形石鹸は、オイリー肌の人や皮脂がでやすい夏などの時期に適しています。

固形石鹸を使ってつっぱり感があったり、乾燥がきになる人は、保湿効果の高い「透明石鹸」がオススメです。

タイプ3、スクラブ洗顔

スクラブ洗顔は、ニキビを予防する際に角質を柔らかくするなどの理由で使われます。

しかし、スクラブ洗顔は、小さな細かい粒子ではありますが角がとがっているので、ニキビがある状態で使用すると、肌を痛めてしまいます

皮膚が硬く、古くなった角質が溜まっている状態に行うのはいいかもしれませんが、そうではない状態の時に行うと、無理やり角質を柔らかくし、こすり落とさせることになります。

一時的には肌が柔らかく湿っているため、良好な肌と勘違いしてしまいがちですが、翌日からひどい乾燥肌を引き起こしてしまうことになります。

美神先生
スクラブ洗顔を毎日行うと肌を乾燥させる原因になってしまうわ。
はな子
肌が悪い時の「スペシャルケア」としてのみ使うようにして、過剰にスクラブ洗顔を使うのは避けた方が良さそうですね。

(※4)〜(※8)

オススメは固形石鹸


メーカーにもよりますが、一般的には「固形石鹸」が一番添加物が少なくトラブルを起こしにくいとされています。

美神先生
石鹸の成分は、基本的には油脂・苛性ソーダ・精製水の三種類。それに必要最小限の添加物が加わっているのよ。

チューブタイプに比べ、含まれる油分が非常に少なくなっており、肌表面に余分な油が残りにくくなっています。

なので皮脂が原因でニキビができやすいオイリー肌の人は特に、固形石鹸を使った洗顔をオススメします。

中でも「透明の石鹸」はおススメです。

透明になっている石鹸には「グリセリン」が含まれています。このグリセリンは保湿力がとても高く、しっとりとした使用感なので乾燥が気になる人にもオススメです。

はな子
せっかく固形石鹸にするなら、成分表を見て、なるべく添加物が少ないものを選んだ方が良さそうですね。
美神先生
そうね。ちなみに乾燥肌やアトピー肌の人は脱脂力をわざと控えめにしてある「酸性石鹸」もオススメよ。油分が過剰に洗い流されず乾燥しにくいものなの。

(※2)(※5)

やりすぎ洗顔は逆効果

同じニキビに悩んでいる方でも、乾燥肌の人は皮脂を取り過ぎないもの、保湿成分の入ったものを。

そしてオイリー肌の人は、肌表面に油の膜を貼るようなものは避けること、さっぱりしたタイプのものを使うと良いかもしれません。

【選び方のポイント】

・オススメはグリセリン(保湿成分)が入った「透明の固形石鹸

・乾燥肌やアトピー肌の人は「酸性石鹸

・スクラブ洗顔や角質柔軟の成分AHAが入ったものは毎日の使用は肌を痛めるので注意(週1〜2度にとどめる)

美神先生
綺麗に保たなくちゃ!って思って一日に何度も洗顔をするのはよした方がいいわね。
はな子
一日、朝と夜の2回でいいんですよね。
美神先生
そう!洗いすぎは肌への刺激になるし、余計乾燥を招いてしまうのよ。
はな子
自分にあった洗顔料を使ってなるべく刺激しないことが大事ですね!とりあえず紹介された成分が全部入ったもの買ってきます!
美神先生
それは…売ってないんじゃないかしら…。
【参考文献】
(※2)科学者が美肌コスメを選んだら・・・(かずのすけ)
(※4)日本美容皮膚科学会監修 宮地良樹 松永佳世子・古川福実・宇津木龍一「美容皮膚科学 改訂2版」南山堂 2009年
(※5) 鈴木一成・朝田康夫監修「化粧品のすべてがわかる コスメティックQ&A事典 全面改訂最新版」 中央書院 2011年
(※6)滝川エステティック学院 滝川エステティック技術開発研究所監修「エステティック用語辞典 改訂版」ザ・ビューレック社 2008年
(※7)朝田康夫監修「最新改訂版 美容の医学 美容皮膚科学事典」 中央書院 2016年
(※8)肌の悩みがすべて消えるたった一つの方法 (宇津木龍一)
(※9)吉木伸子著「素肌美人になるための スキンケア美容医学事典」池田書店 2015年
(※10)小西さやか・櫻井直樹著『すっぴんも、メイク後もキレイな人の習慣 効果が9割変わる「化粧品」の使い方』青春出版社 2015年
(※11)吉木伸子・岡部美代治・小田真規子監修「素肌美人になれる 正しいスキンケア事典」高橋書店 2011年

【参考URL】
(※1)http://www.rohto.co.jp/news/release/2016/0107_01/
(※3)http://www.rohto.co.jp/news/release/2012/0126_01/


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)