べビ肌

SPF・PA値はどれくらいがベスト?日焼け止め効果の高いファンデの選び方とオススメ5選

1977 views

この記事を書いた美容ライター

松本あやめ

化粧品会社で3年間研究職で勤務した後、ライターに転身。現在は主に美容系サイトのライター・ディレクターとして活動中。2018年日本化粧品検定1級およびコスメコンシェルジュ認定取得。

はな子
先生の肌って、白くて綺麗ですよね
美神先生
ありがとう。日々のケアと紫外線対策のおかげね。紫外線は1年中降り注ぐのよ。はなちゃんはしっかり対策してる?
はな子
うう…わかってはいるんですけど…でも、日焼け止めってあんまり好きじゃないんですよねぇ。
美神先生
あら、最近は日焼け止め効果のあるファンデーションもたくさんあるし、うまく使えば日焼け止めなしでも十分な効果を得られるわ。
はな子
ええ!本当ですか?!
美神先生
それじゃあ今回は、日焼け止め効果の高いファンデーションの選び方や理想のSPF・PA値について説明するわね。

紫外線の基本

美神先生
まずは紫外線について、正しい知識を学びましょう!

本気で紫外線対策をするなら、正しい知識が欠かせません。ここで紫外線に関する基本的な知識をしっかりおさえておきましょう

太陽光の正体

太陽光は目に見える可視光線と暖かみのある赤外線、そして紫外線の3つの光線で構成されています。紫外線は一般にUVと呼ばれ、太陽光全体にしめる割合は僅か6%。

しかし、肌に与える影響は甚大であり、その代表が日焼けです。

一口に日焼けといっても、実はサンバーンとサンタンの2種類があります。

■サンバーン
……ヒリヒリした赤みや痛み、水ぶくれをおこす

■サンタン
……サンバーンのあとに数日経ってから肌が黒くなる(遅延型色素沈着)

3種類の紫外線

UVはさらに3つにわけられ、それぞれUV-A波、UV-B波、UB-C波といいます。このうち、UV-C波はオゾン層で吸収され地上にはほとんど届かないため一般に紫外線というとUV-A波とUV-B波だけを指すことが多いですね。

◆UV-A波
紫外線の95%を占めるが、エネルギー自体は弱い。サンバーンを起こさずすぐに肌を黒くする(即時型色素沈着)。真皮にまで到達してシワやたるみを引き起こし、すでにあるメラニン色素の酸化を促進する。B波の影響を増長する。

◆UV-B波
紫外線に占める割合は5%ほどで表皮にしか達しないが、そのエネルギーはA波の600~1000倍。サンバーンを起こしてから肌を黒くする。メラニン色素生成を促し、シミやシワを引き起こす。

美神先生
日焼けサロンで水ぶくれや赤みが起こらないのは、UV-A波のみを照射しているからよ

SPF値・PA値ってなに?

美神先生
紫外線の基本がわかったら、次はSPF値とPA値ね。はなちゃんはこのふたつの違いや意味をちゃんと知ってる?
はな子
う、実はよくわかってないです…。

意外と正しく理解している人が少ないSPF値とPA値。きちんと理解すれば正しいアイテム選びに繋がります。

SPF値って?

SPFとはサン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略で、UV-B波を防ぐ効果を数値で表したもの

具体的に言うと、日焼け止め剤を塗った場合と塗らない場合で比較したとき、サンバーンを起こすまで何倍の時間を要するかを示しています。

一般的な日本人は日光に当たって約20分でサンバーンをおこすといわれています。
美神先生
たとえばSPF15の日焼け止めを使った場合、20分×15=300分で、サンバーンを起こすまでの時間を5時間にのばすことができるわけね

PA値って?

PAとはプロテクション・グレイド・オブ・UVA(Protection Grade of UVA)の略で、UV-A波を防ぐ効果を+記号で表したもの

即時型色素沈着を起こすまでの時間を

「2~4倍にのばすものはPA+
「4~8倍ならPA++
「それ以上ならPA+++

と表されます。

美神先生
肌を紫外線から守るためには、SPFとPA、どちらも同じくらい大事なのよ
はな子
なるほど!じゃあ日焼け止め効果のあるファンデーションを選ぶときは、数値が大きいものや+が多いものならとりあえず安心ですね!
美神先生
実はそうとも限らないわ。次は、理想のSPF値とPA値について説明するわね。

理想のSPF値とPA値

はな子
えっSPFとPA値の数値がすごく大きいやつを選べばバッチリというわけではないんですか?
美神先生
海や山などのレジャー先に行くならそれでもいいんだけど、普段の日常生活で使うのであれば、一概に数値が大きければいいと言うわけではないのよ。

SPFとPAの理想的な値は、杓子定規で簡単に決められるものではありません。ここでは、理想値を考えるに当たって大事な3つのポイントについてお話します。

理想値の考え方①肌タイプで考える

確実な紫外線対策を考えるなら、SPF値やPA値は高ければ高いほど安心でしょう。

しかし、紫外線カット成分である紫外線吸収剤や散乱剤が多ければ多いほど、肌への負担は大きくなるもの。

敏感肌や乾燥肌、アトピー肌の人には、あまりSPF値やPA値が高いものはすすめられず、むしろ低めのものをこまめに塗り直す方がいいといえるでしょう。

理想値の考え方②シーンで考える理想

一般的に、日常生活での紫外線対策なら、SPF20PA++くらいで十分だといわれています。

一日中外に出る、海やプールに出かけるなんていうときはSPF50を選んでもいいですが、肌への負担を考えると日常使いは避けた方が無難ですね。シーンに応じて、SPF値・PA値の異なる日焼け止めやファンデーションを何種類か持っておくといいでしょう。

理想値の考え方③SPF15以上なら効果は大きく変わらない

実は、SPF15以上になると、紫外線カット効果はほとんど変わらないと言われています。ここで注目してほしいのは、SPF値ごとの紫外線遮蔽効率。

SPF15は紫外線を94%遮蔽し、その倍のSPF30は97%遮蔽します。言い換えるなら、SPF15は6%のUV-Bを透過し、SPF30は3%しか透過しない、というわけですね。

6%と3%では確かに倍の違いがありますが、実際の差はわずかなものです。

(※1)

美神先生
紫外線カット率94%のものと97%のものを見たとき、効果が2倍違う、と感じる人は少ないはず。肌への負担も考えると、理想のSPF値は15~20程度ということになるわね。
はな子
高ければいいってわけじゃないのか…。なるほど…。

日焼け止め効果のあるファンデの選び方は?

日焼け止め効果のあるファンデーション選びで大事なのは、実際のところSPF値やPA値ではありません。

美神先生
SPF値やPA値に関してはそれほど高いものじゃなくて大丈夫。注目してほしいのは、形状とベースメイクとしての効果よ。

紫外線対策にはパウダーが最適!

リキッドやクリーム、スティックやウォーターなど、一口にファンデーションといっても色んな種類があり形状もさまざまですが、紫外線カット効果を求めるのであれば断然パウダータイプがおすすめ

というのも、実はほとんどのファンデーションには、タルクや酸化チタンといった、一種の紫外線散乱剤が配合されています。そのため、きちんとムラなく塗ればそれだけで一定の日焼け止め効果が期待できるのです。

ただし、油分・水分が多いリキッドやクリームは、どうしても散乱剤の密度が低くなってしまいます。そのため、より高い紫外線カット効果を求めるのであれば、粉体のみで構成されたパウダータイプがおすすめなのです!

美神先生
ただのパウダーファンデでも適宜塗り直しをすれば、日焼け止めなしでも十分な紫外線対策ができるわよ。

ファンデーションの特徴や特性を理解して!

紫外線カット効果も大事ですが、ファンデ-ション本来の役割は肌を美しく見せるベース作り。ただ日焼け止め効果があればいいだけではなく、種類と特徴をしっかり理解し、自分の肌に負担をかけないものを選ばなければなりません

たとえば、カバー力を求めるなら油分が多いもの、薄付きでさっぱり仕上げたいなら水分が多いものがいいですね。
オイリー肌の人は油分の少ないもの、敏感肌の人は防腐剤や乳化剤が少ないものを選ぶのがベストです。

以下にファンデーションごとの簡単な特徴を記載するので、ぜひ参考にしてください。

ファンデーションの種類と特徴

■パウダータイプ
顔料を油性成分や乳化剤で固めたもの。水分は配合されていないので、防腐剤はほとんど入っていない。
スポンジを水で濡らすタイプと、塗らさないタイプ、どちらも対応できるタイプ(ツーウェイ)があり、多くの人にすすめられる万能タイプ。

■リキッドタイプ
顔料に油分と水分を加えて液状にし、のびをよくしたもの。
水分が多いため防腐剤や乳化剤の割合が多い。さらに軽くしたものに、ムースタイプがある。
さっぱり仕上げたい人にはおすすめだが、敏感肌の人は注意が必要。

■クリームタイプ
顔料に油分と水分を加え、クリーム状にしたもの。リキッドファンデーションよりも油分が多く、カバー力も高い。
乳化剤と防腐剤を含んでいるため、敏感肌の人は注意が必要。また、脂性肌の人にもあまりすすめられない。

■スティックタイプ
顔料を油性成分や乳化剤でしっかり固めたもの。パウダーよりもカバー力が強く、しっとりした仕上がりになる。
顔全面に使用するより、ポイント使いに向いている。脂性肌の人にはあまりすすめられない。

■ウォータータイプ
顔料と水溶性成分のみを混ぜたもの。さっぱりしていて使用感が良いが、汗で簡単に流れるため、崩れやすくカバー力も弱い。
ただし、肌への刺激が少なく洗顔だけでも落とせるため、敏感肌の人や極度の乾燥肌の人におすすめ。

(※2)

美神先生
全部で5つ紹介したけど、やっぱりおすすめはパウダータイプね。
はな子
でも、パウダーって乾燥しやすいし、ひどいときは粉吹きしちゃうことも…。
美神先生
乾燥による粉吹きはメイク前の保湿ケアをしっかりすれば防げるわ。ただし、保湿直後にメイクするのは厳禁。油分と水分でメイクがよれやすくなるから、保湿からメイクまでは最低でも10分は時間をあけること!
はな子
なるほど…!私のメイクが崩れやすいのは、いつも保湿後すぐメイクしてるからだったんだ!
美神先生
忙しい朝こそ、メイクの時間はゆとりをもってね。

日焼け止め効果のあるおすすめファンデ5選!

今回は数ある日焼け止め効果をもつファンデーションの中から、パウダータイプに限定し、おすすめを5つ紹介します。

インテグレート プロフィニッシュファンデーション (SPF16・PA++)


¥2,480
アマゾンボタン
■SPF16 PA++
■全4色

パラベンフリーで無香料、肌あれ防止イオンミネラルパウダーを配合した肌に優しい処方で、なんとファンデーション売り上げ第1位を記録したアイテム。

補正粉末と板状粉末を組み合わせることでカバー力と程よいヌケ感を可能にし、口コミも高評価。時間が経っても崩れにくく、ややマットな仕上がりが特徴です。

プチプラでコンビニでも購入できる手軽さに、日常使いに最適なSPF・PA値。気になる方は手軽に試してみて良いかもしれませんね。

(※3)

プリマヴィスタ きれいな素肌質感パウダーファンデーション(SPF25・PA++)


¥3,780
アマゾンボタン
■SPF25 PA++
■全7色

気になる毛穴やざらつく小鼻も、しなやかにフィットするようにカバーできるファンデーション。

塗っている感がない肌はまさに素肌そのものの仕上がりで、ナチュラルな仕上がりを求める人におすすめです

また、汗・皮脂に強い処方なので、夏の暑い日も、オイリー気味の人でも安心。朝の仕上がりが夕方までしっかりもち、紫外線からもしっかりお肌を守ります。

セザンヌ / UVファンデーション EXプラス(SPF23・PA++)


¥540
アマゾンボタン
■SPF23 PA++
■全4色

とにかく価格をおさえたい!という人にこの上なくおすすめなのがこちら

スーパーヒアルロン酸を配合しているためうるおいが持続し、なめらかなで伸びも良く、気になる部分を確実にカバーしてくれます。

また、余分な皮脂を吸着して毛穴落ちを防ぐ皮脂固定化パウダーを配合しているので、オイリー肌の人にもおすすめ。

さらに、肌にとって刺激となる紫外線吸収剤不使用なので、肌が弱い敏感肌の人にもおすすめです。

カバーマーク モイスチュア ヴェール LX(SPF32・PA+++)


¥4,200
アマゾンボタン
※ケース別売り ¥1,676
アマゾンボタン

■SPF32 PA+++
■全9色

とにかくカバー力は譲れない!という人におすすめなのが、カバーマークのアイテム。

こちらのファンデーションは、パウダー一粒一粒を潤い成分でコーティングしているため、肌にしっとり密着して気になる毛穴やくすみを瞬時にカバーします。

時間が経つほど肌につやとしっとり感が生まれるのも特徴のひとつで、化粧もちがよく、崩れにくいのが嬉しいポイント

やや塗ってる感はあるものの、9色展開なので必ず自分の肌にナチュラルにぴったりくる色味が見つかるはずです。

オンリーミネラル 薬用美白SPF50ファンデーション(SPF50+・PA+++)


¥4,210
アマゾンボタン

■SPF50 PA+++
■全2色

とにかく紫外線を徹底的にカットしたい人、屋外で活動する人におすすめなのがこちら。

SPF50にPA+++という値は普段使いには適しませんが、刺激の少ないミネラル100%処方なので、肌が弱い人でも安心して使用することができるでしょう。
ビタミンC誘導体配合で美白効果もあるので、メイク・紫外線対策・美白の三役をこなすすぐれもの

薄付きなので、素肌感のあるナチュラルな仕上がりを目指す人におすすめです。

プラスアルファの要素で完璧な紫外線カットを!

紫外線対策をする場合、日焼け止めやファンデーションだけではなく、プラスアルファの要素も大事。すなわち、日傘や帽子といったアイテムですね。

基本は、『低SPF値のパウダーファンデ+日傘や帽子』が理想です。

肌に負担がかからないようにパウダーをムラなく塗り、その補助として日傘や帽子を活用しましょう。とくに、夏はどうしてもメイクが崩れやすくなるため、こういったアイテムが手放せません。

また、サングラスで目に入る紫外線を防ぐことで、肌の日焼けを防止できることもわかっています。(眼球から紫外線が入ることで脳が「日差しが強い」と判断し、メラニンを作り始める)

やや原始的ではありますが確実な方法ですので、本格的な夏が来る前に日傘や帽子、それからサングラスを用意するといいですね。

(日傘の紫外線カット効果については「日傘の選び方とUVカット効果を検証してみた」で検証してます。)

美神先生
肌を守るために肌に負担をかけては本末転倒。何をするにも『肌に優しく』を忘れないでね。
はな子
そのためには、低SPF値のパウダーファンデがぴったりなんだ!
美神先生
もちろん、肌質や好みによってはパウダー以外のものを使っても大丈夫よ。人によっては、パウダーはベターであってもベストじゃないからね
はな子
日焼け止めでもファンデーションでも、自分の肌に合うものをしっかり選ぶことが『肌に優しく』に繋がるってことですね!

【参考文献】(※1)吉木伸子『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』池田書店、2015年
(※2)友利新『現役皮膚科医による正しいケア・対策がわかるスキンケア大辞典』毎日コミュニケーションズ、2010年

【参考URL】 (※3)プロフィニッシュファンデーション|INTEGRATE|資生堂2018年3月5日

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)