べビ肌

赤ニキビとは?原因とお手入れ方法

300 views
はな子
ニキビが少し痛くてちょっとかゆいです…。
美神先生
あらほんとね。それは「赤ニキビ」といって、炎症を起こして赤くなった状態のニキビよ。
ピッピ
赤ニキビになってくると皮膚は赤く盛り上がり、痛みやかゆみを感じる場合もあるッピ。
美神先生
あら、ピッピじゃない。珍しいわね。
ピッピ
なかなか登場させてもらえないから、自分で勝手に出てきたッピ。
赤ニキビになったら、潰して治そうとするのは絶対だめッピ!
美神先生
そうね。潰しても治らないし、それどころか痕が残ったり菌が飛んでまた新たなニキビを作り出す原因にもなるわ。
はな子
じゃあ今回は痛みやかゆみを持った赤ニキビについて、三人で詳しく紹介して行きましょう!




ニキビの段階

赤ニキビは、ニキビの第一段階である「面ぽう(コメド)」の状態のニキビが炎症を起こしたものです。

そもそもニキビとはどのような段階を踏んでいるのかを、簡単に説明します。

第一段階「面皰(めんぽう)」

別名「コメド」とも呼ばれ、皮脂や角質により、毛穴がふさがり小さく盛り上がった状態。

毛穴が詰まったことで、毛穴の中に皮脂がたまっている状態を「白ニキビ」。白ニキビが酸化して黒くなったものを「黒ニキビ」といいます。

ピッピ
白ニキビと黒ニキビについては「ニキビの初期段階!白ニキビ・黒ニキビとは?原因と対処法」で詳しく説明してるッピ。

第二段階「丘疹(きゅうしん)」

面ぽうにさらに皮脂が詰まり炎症を起こし、赤くなったニキビ。「紅色丘疹(こうしょくきゅうしん)」、「炎症性ニキビ」とも呼ばれる。

「赤ニキビ」はこの段階で起こる。

第三段階「膿疱(のうほう)」

丘疹がさらに悪化した状態。化膿し、膿を持っている。いわゆる「黄ニキビ」。この段階のニキビを絶対に自分で潰してはいけない。

ピッピ
膿疱、黄ニキビについては「黄色ニキビとは?できてしまった場合のお手入れ方法」で詳しく説明してるっピ。

最終段階「クレーター状などのニキビ痕に」

膿を持ったニキビは次第に硬く熱を持った‘しこり’のようになります。この状態では毛穴周辺や皮下組織の組織の一部などが壊され、痛みを感じる場合もあります。

毛穴周辺や真皮が損傷を受けると、この穴を埋めようと皮膚は無理に質の悪いコラーゲンを量産します。これがクレーターのような凸凹の元になり、ニキビが治ってもあとが残ってしまうのです。さらに赤みやシミのようなあとが残ったりもします。

(※1)(※2)(※3)

丘疹(きゅうしん)、赤ニキビとは?


赤ニキビとは、上記にも書いている通り、コメドである白ニキビ・黒ニキビが炎症を起こしてできた、直径1mmから1cmほどの大きさをしたニキビです。

「丘疹(きゅうしん)」、または「紅色丘疹(こうしょくきゅうしん)」、「炎症性ニキビ」とも呼ばれます。

炎症が起こる前であるコメドの時期に、毛穴にもともといるアクネ菌が、皮脂を栄養にしてどんどん繁殖していき炎症が起こります。

この時、皮膚の表面からはっきりとニキビがあるのがわかる状態になります。

赤ニキビは、毛穴の内部に皮脂の塊を閉じ込めており、炎症を起こしたことにより痛みを感じることもあります。

この状態になると、炎症によってニキビの周辺が赤くなります。普通は、ニキビが治れば炎症も治るので、赤みも消えます。

美神先生
でも、ニキビが治っていないのに新たなニキビができると、皮膚の炎症が治らない状態が続いてしまうため、色素沈着をしてしまうことがあるの。

この丘疹が化膿すると、第三段階の「膿疱(のうほう)」になります。これは一般的に黄ニキビといわれるもので、ニキビは細菌が繁殖して膿(うみ)を持ってしまった状態です。

皮脂は、ニキビの発生だけでなく症状の悪化にも関わっています。皮脂の分泌は男性ホルモンが関係しており、丘疹や膿疱へ悪化するケースは男性に多く見られます。

(※1)(※5)(※6)(※7)

赤ニキビの原因とお手入れ方法

赤ニキビの原因〜ターンオーバーの乱れに気をつけよう

ニキビができる原因には、睡眠不足やストレス、ホルモンバランスの乱れ・・・など様々あります。

その中でも、赤ニキビへとステップアップするのは、お肌の生まれ変わりである、”ターンオーバーが乱れている”ことが、大きな原因の一つとなるようです。

ターンオーバーが乱れていると、肌の生まれ変わりがスムーズにいかなくなります。ですからニキビがいつまでも治らないうえ、角質が残るのでニキビのできやすい状態も続いてしまいます。さらに炎症で赤くなってしまったものが色素沈着をして、今度は赤黒くなってしまうことがあります。

美神先生
肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーは、約28日かけて行われるの。これが正常に行われていると余分な古い角質などが剥がれ落ちていくの。

このサイクルによって、ニキビによる赤みや色素沈着は、少しずつ薄くなっていくと言われています。

(※8)

ターンオーバーを正常にするためには、規則正しい生活を行うことが大切です。

赤ニキビのお手入れ方法


赤ニキビは炎症を起こしている状態なので、無理に潰して治そうとするのは禁物です。

1日2日ですぐ治るわけではないですが、それ以上悪化させないためにもしっかりとケアをしましょう。

①絶対に触らないこと

ぷっくりとできたニキビ、赤ニキビの場合はかゆみを伴う場合もあるのでどうしても触りたくなってしまうかもしれません。

しかし、炎症をしてしまったニキビには絶対に触らないこと!

手には何かしらの菌が付着しているものです。その手でニキビを触ると、雑菌などにより赤ニキビをさらに悪化させてしまう原因になります。

潰すのも厳禁です!

炎症してしまったニキビを潰すと、痕が残る可能性が高くなります。

②優しい洗顔を心がける

洗顔の際は、直接触らずに余分な皮脂だけをとり除くようにしましょう。しっかりと泡を立てて、泡を優しく押し当てるようなイメージで洗顔をしましょう。

洗いすぎて乾燥を招かないよう、注意が必要です。朝と夜の1日2回の洗顔にとどめるようにしましょう。(※3)

③コットンパックでお手入れ

赤く腫れているニキビには、コットンパックがオススメです。

紫根エキス」が配合された化粧水をたっぷりとコットンに含ませ、赤いニキビの所にパックして鎮静させます。

紫根エキスには新陳代謝促進、消炎、抗菌作用があります。ニキビだけでなく様々な肌トラブルに良いとされています。肌の再生、特に真皮の再生を促すと期待されている成分です。

腫れや炎症のないニキビやニキビ痕の場合は、「ビタミンC誘導体」が配合された化粧水を同じようにコットンに湿らせ、気になる場所にパックすると効果が期待できます。

しかし炎症を起こしてしまっている後なので、自己判断でのケアは行わず、まずは皮膚科で相談をし、問題がなければ上記のような成分が配合されたスキンケアを使うと良いでしょう。

美神先生
赤ニキビができている間はメイクはなるべく控えた方がいいわ。それが無理なら、ニキビ部分だけでもメイクをしないようにしましょう。

(※8)(※9)

【コットンパック】

¥ 248

【紫根エキス配合の化粧水】

¥ 1,520

【ビタミンC誘導体配合の化粧水】

¥ 540

ピッピ
コットンパックについては「乾燥肌なら絶対おすすめ!コットンパック6つの効果とやり方」で詳しく解説してるっピ。

④潰れてしまった場合は消毒を

赤ニキビは炎症を起こしている状態なので触ったり潰したりするのはNGなのですが、誤って潰れてしまった場合などもあるかもしれません。

その場合は、まず手を綺麗に洗い除菌し、潰れてしまった所から出てきた汁を綿棒などで優しく除去します。

そしてニキビあとは消毒し、ワセリンなどを上から塗ると良いでしょう。(※6)

⑤赤みが残ったニキビ痕にはビタミンC誘導体

炎症を起こし赤ニキビまでになってしまうと、治った後も赤みが残り、ニキビのあとができやすくなります。

赤みのあるニキビ痕は、すぐに治ることもあれば、何年もかけて徐々に薄くなっていく場合など様々です。

赤みのあるニキビ痕が残ってしまった場合は、なるべく紫外線に当たらずに、そしてビタミンC誘導体の化粧水やイオン導入などを使ってみると効果が見られます。(※7)(※10)

大事なのは”予防”をすること

お手入れ方法などを紹介しましたが、これはできてしまった後の処置方法です。一番いいのはニキビができないように対処することです。

【予防のために気をつけること】

・多くても一日2回の洗顔

・最低6時間の睡眠

・ターンオーバーを正常に保つ

・ノンコメドジェニックや油分の少ない化粧品がおすすめ

・ビタミンB群を摂取する  etc…

ホルモンバランスを整えることで、ニキビそのものができにくい肌を作ることが大切です

ニキビは”治す”ものではなく”予防”するもの。

はな子
帰ったら早速、コットンパックでもしてみようかなあ。
美神先生
もしパックをして肌がピリピリ痛むようならすぐに中止して、水で肌を鎮静させてね。
はな子
はい!化粧水も紫根エキスか、ビタミンC誘導体が配合されたものに変えてみます!
ピッピ
はなちゃんも頑張って、僕みたいな世界最高峰のなめらか肌になるよう頑張るッピ
【参考文献】
(※1)朝田 康夫 「美容の医学 美容皮膚科学事典」中央書院 2002
(※3)日本化粧品検定2級・3級対策テキスト(日本化粧品検定協会)
(※5)エステティック用語辞典
(※6)医師が教える正しいスキンケア大全(スキンケア大学)
(※7)素肌美人になるためのスキンケア基本事典(よしき皮膚科クリニック銀座院長 吉木伸子著)
(※8)手作りコスメ、だから美肌になる!
(※10)正しいスキンケア事典(皮膚科医:吉木伸子 元化粧品開発者:岡部美代治 栄養士:小田真規子)

【参考URL】
(※2)http://www.kamioka.or.jp/beauty/tuite.html
(※4)https://www.chocola.com/nikibi/column/01/
(※9)http://takeda-kenko.jp/kenkolife/encyclopedia/illustrated/shikon.html
(※11)http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000299.htm


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)