べビ肌

効果が期待できる高級化粧水7選

143 views
はな子
先生、やっぱり化粧品って、値段が大事なんですか?
美神先生
藪から棒に、どうしたの?
はな子
前に『化粧水は安いものをバシャバシャ使うのが一番!』て聞いて、実践しているんですけどいまいち効果を感じなくて……
美神先生
ちなみに、その化粧水の値段は?
はな子
えへへ、なんとワンコインです!
美神先生
そ、それはさすがにちょっと……。値段と効果の関係は簡単に決められるものではないけれど、はなちゃんはもう少し高価格帯の化粧水にも目を向けてみた方が良いかもしれないわね
はな子
でも先生!高いお金を出して失敗するのは嫌です!
美神先生
それは当然よね。それじゃあ、今回は高い分効果を期待できる高級化粧水を紹介するわ。値段と効果の関係についても、一緒に考えてみましょう




化粧品、価格と効果の関係は?

美神先生
化粧品の価格はいくつもの要素が複雑に絡み合って決まっているって知ってた?

デパートやドラッグストア、スーパーにコンビニ、インターネット…。

いまや化粧品はどこででも簡単に購入できますが、その分価格も多様で、化粧水ひとつとってもその値段はとても幅広いものです。

そうなると気になるのが、『価格と効果の関係性』。

実際、化粧水の価格と効果は比例関係にあるのでしょうか?

化粧水の効果を決めるのは?

化粧水にとって一番大事なのは、やはり保湿力

乳液や美容液ほどの強い保湿性はありませんが、配合されている保湿成分によって、その効果は大きく変わります。

美神先生
保湿成分の種類は、だいたい次の4つに分けることができるわ。
  • 水分を挟み込むもの
  • 吸湿性のあるもの
  • 油分
  • 水分保有力のあるもの

これらの配合バランスに加えて、肌機能を整えて健やかな状態に導くアミノ酸やビタミンといった肌が必要とする栄養分や、美白成分・抗炎症成分など特定の効果を付加する有効成分などが、化粧水の効果の決め手だと言えるでしょう。

高級化粧品はなぜ高い?

化粧品の価格を決める要因は多岐にわたります。

高級化粧品の場合、価格をつり上げる要素としては、技術力や開発力、原料の価格、広告料などがまず挙げられるでしょう。

大手メーカーは日々研究を行い、独自の成分や技術を開発していますが、研究開発だけではなく、それらを実用化するまでにも多くの費用がかかります。例えば、

◆独自成分を有効成分として申請したい場合のお金。安全性や効果を証明するために実施する多くの試験費用。

◆揮発した成分を実際に製造ラインに組み込み、大量生産を可能にするための新しい設備や人件費。

◆保湿成分や有効成分といった原料(質によって値段も変動)。

◆大手メーカーやブランドであれば、テレビ・ラジオのCMや雑誌・新聞・看板・DMなどの宣伝費用。

はな子
なるほど…。研究・開発・製造・広告・販売までの大きな流れの中で、価格はどんどん高くなっていくわけですね。
美神先生
また、ブランドとしての面子、という部分もけして小さくはないわ。大手メーカーや有名ブランドであればその分ブランド費用として値段が高くなるのもまた事実よ。
はな子
確かに、デパートに行くと目が飛び出るほど高いものもありますもんね…!!
美神先生
そこにはブランドとしての誇りもあるし、ブランドを象徴する容器や香りといった要素も入ってくるのね。

安物は効果なし?

では値段の安い化粧品は効果がないのかというと、必ずしもそうではありません。

グリセリンやワセリンなど、安価だけど低刺激で効果が確かな原料もたくさんあります。

また、開発にコストをかけて広告を控えたり、手作りにこだわって設備費より人件費を優先したり、あえて大量生産をせず流通量を抑えプレミア感・レア感を出すなど、企業によって戦略はさまざま。

価格も戦略によって変わり、安価だけど高品質な化粧品もたくさんあるのです。

とはいえ、安価ゆえに有効成分や美肌成分が配合されていない、配合濃度が薄いという傾向があるのも事実。

極端な話ですが、有効成分や独自成分、保湿成分をふんだんに配合した高級化粧水と保湿成分が1%せか入っていない化粧水では、効果が大きく異なるのは当たり前ですよね。

美神先生
たとえば、有名なシャネルの香水「シャネル N°5」。通常の値段はだいたい12,000円~だけど、それが2,000円で売っていたらどう?
はな子
すごく怪しい!偽物か中古品じゃないとその値段はあり得ないですよね!
美神先生
それが消費者のイメージであり、同時にブランドの面子と言えるわね。あとは、原料の生産地にこだわったり、容器に伝統工芸を取り入れたりすることもあるわ
はな子
なるほど……。そうなると、確かに価格と効果がそのまま比例するとは言えないですね
美神先生
確かな薬効があって当たり前の医薬品と違って、化粧品は使用者の満足度、心の豊かさというのも効果を底上げするポイントになるわ。高級化粧品は見た目や中身にも特別感が演出されていて、使っているとそれだけで幸せな気分になることもあるわね
はな子
そういう幸せ感が肌にも良い影響を与えるということですね!

おすすめの高級化粧水

美神先生
今回はおすすめの高級化粧水を7つ紹介するわ

一般的に、価格が1万円を超えると高級化粧品、3万円を超えると超高級化粧品といわれます。そうなると高級化粧品には自然と外資系が多くなってきますが、ほとんどの場合、外資系化粧品はweb上で全成分を開示しておらず、根拠をもっておすすめすることが難しくなります。

というわけで、今回は一般的な高級化粧品の定義から少し外れて、100mlあたり3,000円を超えるものの中からおすすめの化粧品を紹介したいと思います。

ポーラ「B.Aローション」


60ml ¥10,800
アマゾンボタン

ポーラの最高峰ブランド「B.A」の化粧水は、公式価格は60ml税込118,80円、120ml税込21,600円という高級品。

特徴は、肌の誕生因子のひとつであり大人になると激減してしまうバーシカンに着目した点と、ポーラが独自開発した成分ゴールデンLP(表示名は加水分解シルク)です。

高級シルクの原料として使われる黄金繭の中でも希少な種類の繭(世界主要国での繭生産量の0.0001%)から独自の製法によって抽出したゴールデンLPにはバーシカンの産生を促進する作用があり、これによりコラーゲンやエラスチンの産生が増加。肌の弾力性や水分保持力がアップし、真皮からふっくらとボリュームのあるハリ艶肌をつくることができるのです。

つまり、衰えた肌を補修するのではなく、新しく生まれ変わらせるという革新的なエイジングケアが可能というわけですね。

もちろん、保湿性もばっちり。植物系のエキスが豊富に配合され、刺激性もほとんどありません。

また、女性を輝かせる「イランイラン」、甘い「ブラックバニラ」、スパイシーな「ブラックペッパー」の3つの天然香料により、内側から美を開花させるような香りを実現。これらの香料は社会支援活動の一環として、フェアトレード香料を採用しています。

【全成分】
水、BG、グリセリン、エタノール、PEG-8、PPG-24グリセレス-24、ポリHEMAグルコシド、ポリメタクリロイルリシン、イガイグリコーゲン、シロキクラゲ多糖体、レンゲソウエキス、チョウジエキス、ヨモギエキス、アルニカエキス、ヘチマエキス、イザヨイバラエキス、マヨラナ葉エキス、加水分解シルク、アケビ茎エキス、クララ根エキス、加水分解コンキオリン、ダイズタンパク、オウレン根エキス、PEG-10ジメチコン、ジグリセリン、ラウリン酸スクロース、キサンタンガム、クエン酸Na、コハク酸ジエトキシエチル、ラウロイル加水分解シルクNa、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

SK-II「フェイシャル トリートメント エッセンス」


160ml ¥10,816
アマゾンボタン

30代以上の女性を中心に支持を集めている一番ベーシックな化粧水は、SK-IIが誇る独自成分、ピテラ(ガラクトミセス培養液)をメインにしたとてもシンプルな処方設計。整肌・保湿性のあるガラクトミセス培養液、保湿剤のBG、溶剤のペンチレングリコールと水、それから防腐剤というムダを一切省いた構成です。

化粧品の全成分表示は配合量が多い順に記載されますが、水が一番最初じゃない化粧水はとても珍しく、特徴的と言えるでしょう。

では、構成の90%以上を占めるピテラとは一体なんなのでしょうか?

その正体は、ガラクトミセスという糸状菌を牛乳で培養した液体のこと。

牛乳に含まれる糖や炭水化物をガラクトミセスが分解することで(発酵)、ビタミンやアミノ酸、ミネラル、アルコール、有機酸ができるという仕組みで、これらは肌にとって欠かせない栄養となります。

これをろ過して化粧水のメイン成分とすることで、肌本来の働きを整えつつ、健康的で輝くような肌へと導く化粧水が誕生したのです。

エイジングケアにはもちろん、比較的若い世代の肌をトラブルから守ったり、肌機能を底上げして透明感ある肌作りを可能にするでしょう。

公式価格が75ml入りが9,180円 、 160mlが18,360円、 230mlが23,760円となかなか割高ですが、まずは75mlサイズからお試しで始めてみるのも良いかもしれませんね。

【全成分】
ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)、ブチレングリコール、ペンチレングリコール、水、安息香酸ナトリウム、メチルパラベン、ソルビン酸

アルビオン「エクシア アンベアージュ ホワイトニング ローション」


200ml ¥25,550
アマゾンボタン

アンベアージュは全ての女性を美の賢者へと導くことを目的とした、アルビオンの最高級ブランド。

有効成分のコウジ酸は麹菌由来の成分で、シミの原因となるメラニンを作る際に働くチロシナーゼという酵素の働きを阻害することでメラニンの生成を阻止し、シミやそばかすを予防します。

また、アンベアージュの特徴のひとつは、開発の段階でマダガスカルの植物に注目したこと。そして原料開発者は5年の月日をかけ、独自の進化を遂げたいくつかの植物からオリジナリティのある美容成分をつくり出すことに成功したのです。

ホワイトニングローションに配合されているのは、セリ科の植物タラペトラカから抽出したエキス(水溶性ツボクサエキス)。

限られた期間の間に手摘みをし、2時間以内に乾燥・抽出するという手間とこだわりのエキスは、間違いなくアンベアージュを象徴する成分といえるでしょう。

水溶性ツボクサエキスを含む多くの植物系エキスによって高い保湿性を持つこの化粧水は、美白有効成分を角層の隅々にまで行き渡らせ、透明感と潤いのある肌づくりに貢献します。使い続ければふっくらとキメが整い、いつまでも若々しい肌を維持できるでしょう。

ただ、全成分表示を見ると、やや刺激性のある合成界面活性剤や紫外線吸収剤も配合されています。配合量が少ないのであまり神経質になる必要はありませんが、敏感肌の人やトラブル肌の人は事前にサンプルなどを使用して相性を確かめておきましょう。

【全成分表示】
有効成分:コウジ酸
精製水、1,3-ブチレングリコール、エタノール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、d-δ-トコフェロール、アルカリゲネス産生多糖体、アルテミアエキス、グアバエキス、コーヒーエキス、ヒキオコシエキス(1)、ブドウ葉エキス、ボダイジュ水、ヤグルマギク水、ヤシャノキエキス、ユリエキス、ローズマリー水、ワレモコウエキス、一人静エキス、海藻エキス(1)、水溶性ツボクサエキス、天然ビタミンE、イソステアリン酸ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、エデト酸二ナトリウム、オレイン酸エチル、クエン酸、クエン酸ナトリウム、グリセリン、セトステアリルアルコール、ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸ナトリウム、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、親油型モノステアリン酸グリセリル、無水エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料、カラメル

コーセー「インフィニティ プレステジアス ローションプレステジアス」


160ml ¥10,000
詳細を見る

使い続けることで肌本来の力が目覚め、表情まで映える若々しい肌へと導く。それが最上の美しさを追求する、プレステジアスシリーズ。ローションプレステジアスは肌にハリとなめらかさ、透明感を蘇らせる、まるで美容液のようなエイジング化粧水です。

美容液みたいと形容するには、そのテクスチャーは透明でサラサラ。しかし、これは美容成分を白濁させずに乳化し、微細にして溶け込ませているから。

みずみずしくさっぱり使えるのに、肌にまろやかに馴染み、しっとりもちもち。まるで本当に美容液をつけたみたいに、透明化粧水とは思えない保湿・保護効果とハリ感を実感できるでしょう。

深いやすらぎ感のある香りも魅力のひとつですが、唯一気になる点は防腐剤の多さ。防腐剤は化粧品を最後まで衛生的に使い切るために欠かせないものですが、場合によっては肌に刺激を与える可能性があります。もし不安があれば、サンプルを試してみるところから始めましょう。

価格は160mlで10,000円。ポンプ式のため付け替え用もあります。

【全成分表示】
水、BG、グリセリン、DBG、エタノール、ラベンダー花水、PEG-40水添ヒマシ油、エーデルワイスエキス、オニイチゴ根エキス、グアバ葉エキス、グリシルグリシン、コウケイテン根エキス、ショウブ根エキス、センプクカエキス、ユキノシタエキス、EDTA-2Na、PEG-10水添ヒマシ油、イソステアンリン酸PEG-50水添ヒマシ油、オレイン酸フィとステアリル、クエン酸、リン酸2Na、イソブチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、メチルパラベン、香料

資生堂「クレ・ド・ポーボーテ ローションイドロA」


170ml ¥10,490
アマゾンボタン

世界水準の研究開発力をもつクレ・ド・ポーボーテ。その独自成分は、プラチナゴールドの繭から抽出した希少な美容成分、国産真珠由来エッセンス、テアニンといった自然や伝統技術から得た3つの成分を配合した、イルミネイティングコンプレックスEX(加水分解シルク液、加水分解コンキオリン液、テアニン、アセチル化ヒアルロン酸、トレハロース、濃グリセリン、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、ポリクオタニウム-51)。肌をしっかりと潤して肌荒れや乾燥を防ぎ、輝きをもたらしてくれるこの成分は、化粧水にもたっぷりと配合されています。

また、こちらの化粧水は医薬部外品であり、有効成分として美白成分トラネキサム酸と抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合

メラニンの生成を阻害してシミやソバカスを防ぐことで透明感のある肌へと導き、赤みやニキビといった肌トラブルを沈静してくれるので、ハリとツヤ、キメの整った全方位完璧な素肌美を目指すなら、ぜひ試して欲しい化粧水です。

天然のローズやランから調香したすがすがしくも華やかな香りは、触れているだけで女性らしく幸せな気持ちを思い出させてくれるはずですよ。

公式価格は170mlで11,340円。リフィルは10,800円です。

【全成分】
有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム
加水分解コンキオリン液、加水分解シルク液、L-テアニン、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、イザヨイバラエキス、塩化カルシウム、塩化マグネシウム、L-セリン、リン酸L-アスコルビルマグネシウム、濃グリセリン、トレハロース、ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、エリスリトール、精製水、1、3-ブチレングリコール、エタノール、ジプロピレングリコール、ポリエチレングリコール1500、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、エデト酸二ナトリウム、クエン酸ナトリウム、クエン酸、フェノキシエタノール、香料、黄色5号、黄色4号

コーセー「コスメデコルテ リポソームトリートメント リキッド」


170ml ¥7,280
アマゾンボタン

コスメデコルテは長年にわたり、多重層リポソーム技術の研究を重ねてきました(リポソームとは美容成分を運ぶためのカプセルのようなもの)。

そして、この化粧水のためについに新型リポソームを開発。新たに美容成分を配合することによって、新次元の化粧水を実現したのです。

また、「どんなにスキンケアをしても効果を得られない」、そんな悩みに着目。このタイプの肌は、角層に存在する細胞間脂質が貯蔵されるスペースである肌内キャパシターが小さく、これが角層衰弱を起こしていると定義しました。

そこで、角層の隅々にまで成分を浸透させるために、生体類似成分を配合。これにより、内側からふっくらとボリュームをもち、いきいきとした活力感のある肌へと導く高機能化粧水が生まれたのです。

公式価格は170mlで10,800円、100mlで6,480円。
「今までいろんな化粧水を使ってきたけど、どれもいまいち……」「これ!っていう化粧水と出逢えていない!」という人は、ぜひ試してみてください。

【全成分】
水、BG、エタノール、グリセリン、アデノシン三リン酸2Na、シロキクラゲエキス、テアニン、トコフェロール、ナギイカダ根エキス、ビワ葉エキス、ブクリョウエキス、クエン酸、クエン酸Na、コレステロール、レシチン、水添リゾレシチン、水添レシチン、フェノキシエタノール、香料

花王「ソフィーナ エスト ザ ローション」


140ml ¥6,480
アマゾンボタン

エストが目指す肌は、過酷な乾燥の中でもしっかりとした潤いがあるなめらかな肌。

そんなエストの化粧水には、ソフィーナが30年以上研究を重ねてきた保水研究の結晶、高持続ケラチン保水処方が採用されています。

これは、砂漠の塩湖を生き続ける生物が生み出す成分「エクイトン」が持つ保湿力に着目したもの。そして、独自の保水研究と融合させることで、角層のケラチン線維に水分を補うことを実現。結果、まるで水分を束縛するように抱え込ませ、いつまでも潤いが続く肌へと導く化粧水が生まれたのです。

成分に着目すると、エスト独自成分のATPスピラル(ヒバマタエキス、月下香培養エッセンス(チューベロース多糖体)、グリセリン)が特徴的。これに加えてユーカリエキスとショウキョウエキスが確実かつ穏やかに肌を保湿します。

公式価格は140mlで6,480円、レフィルは5,940円なので、少し余裕があるときなら手が届きそうな価格ですね。

【全成分】
水、DPG、PEG-32、プロパンジオール、エクトイン、ヒバマタエキス、チューベロース多糖体、ユーカリ葉エキス、ショウガ根エキス、アスナロ枝エキス、グリセリン、BG、プルラン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、イソセテス-20、PEG-12ジメチコン、カルボマー、キサンタンガム、PEG-400、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、水酸化K、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、香料
美神先生
以上がおすすめの化粧水よ
はな子
わぁ……、正直、とても手が出ない価格のものもあります……
美神先生
もちろん、無理して高額なものを買う必要は無いわ。大事なのは自分が納得してその金額を出せるかどうかよ

プチプラも悪くはないけれど……

化粧水を選ぶときに大事なのは、実のところ価格ではなく肌との相性です。

どんな高額な化粧水でも、肌に合わず、逆にトラブルを招いてしまっては意味がありません。

つまり、相性がピッタリ合うならプチプラの化粧水でも問題はまったくないのです。

しかし、より高い効果を望むのであれば高級化粧水を検討してもけして損ではありません。

高額アイテムを扱うメーカー・ブランドは対面でのカウンセリングもしっかりしているし、webで対応してくれることもあります。

何かトラブルがあったときのケアなども手厚いので、信頼と安心があるでしょう。化粧水の価値をそういった部分に見いだせたら、費用対効果も自然と低くなりますよね。

美神先生
カウンターで肌診断をしてもらったり、BAとじっくり相談しながら選べたり、サービスが充実しているのも高額化粧品ならではね
はな子
そう言われると、いますぐデパートのコスメ売り場に行きたくなっちゃう!
美神先生
そうね。なるべくたくさん、いろんな化粧水を見てみると良いわ。気になるアイテムは試用させてもらうか、サンプルをもらって相性を確かめてね
はな子
はーい!さっそく行ってきまーす!!
美神先生
って、はなちゃん?!……も、もう見えない……

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)