べビ肌

大きく開いた毛穴!原因は皮脂!?開き毛穴の改善方法

881 views

「あれ?私こんなに毛穴目立ってたっけ?」
「Tゾーンの毛穴の開きがすごく目立つ・・・」

そんなお悩みを持っている方いませんか?

毛穴は開いているけど中に角栓が詰まってるわけでもないから、触ったときにはザラザラしたりなどがないので、こういった毛穴状態に毛穴パックを使用しても・・・。

はな子
毛穴が開いていると、ファンデーションも綺麗に仕上がらないし、仕上がった後も凸凹見えたりするんですよね〜…
美神先生
今回は毛穴が丸くて目立つ「開き毛穴」について、ケアの方法も一緒に紹介していきましょう。




開き毛穴とは?

毛穴のトラブルには大きく3種類あり、「詰まり毛穴」「開き毛穴」「たるみ毛穴」があります。

「たるみ毛穴」を「開き毛穴」と勘違いする例も多いですが、たるみ毛穴は原因は主に「加齢」です。

しかし開き毛穴の原因は、「皮脂」からできるものなんです。

開き毛穴過剰な皮脂の影響で、毛穴が開いた状態のことを言います。

この開き毛穴のは、10代のころから毛穴が大きく開いて目立つといった場合もあります。その多くが、オイリー肌でニキビがきやすい、赤ら顔などといった肌質の人のようです。

開き毛穴の場合は生まれつきの肌質によってできやすい人が多く、その大半が皮脂腺の作りが大きく生まれてきています。

生まれつき髪の毛が太い、細い、といったように、皮脂腺の大きい、小さいは生まれつきのものです。その皮脂腺が大きい人が毛穴が大きくなる傾向にあり、肌質は皮脂が多いオイリー肌の人が多いです。

このタイプの肌質は10代後半のホルモンバランスが変化してくる時期に、ニキビや毛穴の詰まりなどに悩まされることが多くなります。

(※1)(※2)

開き毛穴の原因

オイリー肌に開き毛穴が多く見られる、開き毛穴の原因の過剰に分泌された皮脂。

過剰に分泌された皮脂により、その周辺の皮膚が皮脂に覆われます。これがTゾーンのテカリなどの原因です。

気になる毛穴周辺では、過剰に分泌された皮脂が酸化を起こし、角化異常を引き起こしターンオーバーのペースを異常に早めてしまいます

美神先生
通常はターンオーバーでは古い角質が上へ押し上げられるんだけど、角質異常によって早まると、まだ未熟な角質が厚みを持ったまま上へと押し上げられるの。
はな子
だから毛穴周辺の角質は厚くなって、また毛穴を開かせてしまうわけですね…。

また、この現象は油分は多く水分は不足しているといった、油分と水分のバランスが乱れることによっても現れます。

なのでオイリー肌の人に多く見られるのです。

ちなみに20代では比較的に、開き毛穴の中に角栓が詰まっている比率が多いのに対し、40代にかけては角栓が詰まっていない場合が多く見られます。

(※1)(※2)(※11)

開き毛穴を改善する方法

開き毛穴の元となる原因は、ほとんどが生まれつきによる皮脂腺が大きいためです。なので生まれつきのものはある程度受け入れることが大事です。

しかし、きちんとしたスキンケアをするかどうかで、その後の肌の状態は変わってきます。

「ビタミンC誘導体の化粧水」と「油分が少なめの美容液」で保湿を!

開き毛穴の人に大事なことは、しっかりとオイルコントロールをすることです。

毎日のスキンケアでは、皮脂を洗顔でしっかりと落としましょう。

はな子
私もう覚えました。オイリー肌でも保湿は必要なんですよね!化粧水だけだとダメ!
美神先生
そう。オイリー肌の人が保湿をしなかった場合、皮膚の中の細胞が皮脂がないから足りない皮脂をまた作り出してしまうの。
そうするとさらに皮脂腺の動きが活発になってしまうのよ。

しかし、油分の多い乳液やクリームを使うと、かえってニキビや毛穴の詰まりを引き起こしてしまいます。

そこでオススメなのが、「油分の少ない美容液」です!

洗顔でしっかりと皮脂や汚れを落とした後は、皮脂の抑制を抑えてくれる効果のある「ビタミンC誘導体」の化粧水を使いましょう。

ビタミンC誘導体は刺激が少なくなっており、敏感肌の人でも扱いやすい化粧品です。

裏の成分表を見て、ビタミンC誘導体である「リン酸アスコルビル」「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」などと表記されたものを参考に選ぶと良いでしょう。

ビタミンC誘導体の化粧水で水分を与えたら、次は「油分の少ない美容液」で保湿をしましょう

美神先生
美容液にはセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどといった潤いを逃さないための成分が入ったものがオススメよ。
【開き毛穴に効果のある成分】
レチノイン酸・・・コラーゲンの生成を助ける、皮脂抑制作用など
ビタミンC誘導体・・・皮脂抑制、新陳代謝を高めるなど
アスタキサンチン・・・抗酸化作用、美白効果、コラーゲンの生成を助けるなど
オウゴンエキス・・・消炎、毛穴引き締め作用、保湿、抗菌作用、抗酸化作用、美白など
etc…

(※1)(※2)(※4)(※5)(※6)

こまめにあぶらとり紙で皮脂を抑える!

みなさん日中のテカリはどうしてますか?しっかりと皮脂取ってますか?
日中はしっかりとあぶらとり紙で余分な皮脂を取ってくださいね。

はな子
あぶらとり紙って、皮脂を取りすぎるから良くないって聞いたことがありますよ〜。
美神先生
そう認識している人も多いみたいね・・・。
でもそれは間違いなの。あぶらとり紙だけでは皮脂を全部とることはできないし、そもそも余分に分泌された皮脂を肌表面に残して置くのはなんのメリットもないのよ

肌表面にある余分な皮脂は、そのままにしておくと肌の上で酸化し、過酸化脂質という刺激物に変化をしてしまいます。

この過酸化脂質はシミや黒ずみなどの肌老化の原因にもなります。

そして「取りすぎる」と思っている人も多いようですが、皮脂には液状と固形状の2種類あります。

そしてあぶらとり紙は皮膚の上の液状の皮脂を吸収するので角層の中にある固形状の皮脂を取り除くことはできません。

紙を皮膚に当てるだけでは全ての皮脂を取り去ることはできないのです。

日中皮脂が出てきたらあぶらとり紙でこまめに取り除くようにしましょう。とくに皮脂が多い方は、フィルムタイプのあぶらとり紙がオススメです。

スペシャルケアとしてピーリングや酵素洗顔を

スペシャルケアとして週に1〜2度、ピーリングや酵素洗顔で「毛穴の大掃除」をしてあげることも必要です。

開き毛穴の中に角栓が溜まってしまっている場合にも有効ですし、角栓が詰まる予防にもなります。

皮脂はいくらとっても無限に出てくるものですが、なにもしなければ毛穴は押し広げられてしまいます。

古い角質を取り除くために行われるピーリングや酵素洗顔は、表皮のターンオーバーを正常にさせます。そのターンオーバーが正常化することによって、肌のハリや弾力にとても大きな関係がある「コラーゲン」を生成する助けをすることにもなるのです。

コラーゲンを増やすことで、内側からハリと弾力が与えられ、毛穴の開きだけでなくシワの改善にも繋がります。

美神先生
ピーリング剤は、ミルクや石鹸タイプのような肌を擦る必要のない「洗い流せるタイプ」がオススメよ。

(※1)(※3)(※7)

クリニックでのピーリングが効果的

はな子
一度開いた毛穴を自分で完全に小さくすることってできるんですか?
美神先生
毎日しっかりやっていても自分でやるスキンケアには限界があるし、完全に小さくすることは困難よ。
でもそこで諦めちゃダメ!専門医やクリニックに相談してみて!

クリニックの毛穴の治療では、ピーリングやイオン導入を行う場合が多く、使われるピーリング剤は、ホームケア用に使われているものよりも濃度や効果も高くなってきます。

そのためクリニックや専門医によるちゃんとしたピーリング二より、毛穴の引き締め、それと同時に皮脂の分泌を抑えることもできるようです。

ちゃんとしたホームケアでも一向に改善がみられない、といった人はクリニックへ訪れてみるのも一つの手です。ピーリングの予算の目安は大体10万円ほどだそうです。

食生活にも気を使って!ビタミンB群の食品を!

美神先生
オイリー肌の人はビタミンB群、中でも「ビタミン1」と「ビタミン2」を積極的に摂取していきましょう。

ビタミンB1には、体内にある炭水化物の代謝を助けてくれる働きが有ります。体内で炭水化物がうまく代謝されずにいると、皮脂の分泌が過剰になってしまうので、それを予防するために必要な成分です。

ビタミンB2は、皮脂の分泌を抑えてくれる効果があります。どちらも肌代謝に効果のあるものなので開き毛穴だけでなく、角栓の詰まったつまり毛穴や、ニキビの予防にも有効です。

<ビタミンB1>
精白米・国産大豆・きな粉・そば粉・玄米
小麦はいが・ライ麦・インゲン豆
豚ロース・豚肩・豚モモ・うなぎ(蒲焼)
イクラ・鶏卵(全卵、生)etc…
<ビタミンB2>
納豆・アーモンド(乾)・唐辛子(葉・果実・生)
よもぎ(生)・生わらび(生)・鶏レバー
牛レバー・豚レバー・鶏卵(全卵、生)
全粉乳・うなぎ(蒲焼)etc…

(※1)(※8)(※12)(※13)

大事なのは余分な皮脂を取り除くこと

開き毛穴で大切なのは、余分な皮脂を取り除くことです。

皮脂は無限に出てくるので完全になくすことはできません。しかしずっと放置をしていると、毛穴が押し広げられ、今より開いてしまう場合もあります。

美神先生
日中毛穴が気になり出したらしっかりあぶらとり紙でオフすること。
そして油分の少ない美容液で保湿をすることね。
はな子
開き毛穴は年齢を重ねると「たるみ毛穴」になっちゃうし、今からしっかりケアをしないと…
美神先生
クリニックはホームケアで行うよりも早く高い効果が得られるから一つの方法よね。
毛穴を小さくするのは困難だけど、諦めずに今よりも悪化させないようなスキンケアをしていきましょ!
【参考文献】
(※1)吉木伸子著「素肌美人になるための スキンケア美容医学事典」池田書店 2015年
(※2)吉木伸子・岡部美代治・小田真規子監修「素肌美人になれる 正しいスキンケア事典」高橋書店 2011年
(※3)小西さやか・櫻井直樹著『すっぴんも、メイク後もキレイな人の習慣 効果が9割変わる「化粧品」の使い方』青春出版社 2015年
(※4)宇山侊男・岡部美代治・久光一誠編著「化粧品成分ガイド 第6版」フレグランスジャーナル社 2017
(※5)肌の悩みがすべて消えるたった一つの方法 (宇津木龍一)
(※6)滝川エステティック学院 滝川エステティック技術開発研究所監修「エステティック用語辞典 改訂版」ザ・ビューレック社 2008年
(※7)尾花けい子・朝日光輝著「あなたの美を引き出す 正しいヘア&メイク事典」高橋書店 2013年
(※8)一般社団法人 日本化粧品検定協会監修 小西さやか著「コスメコンシェルジュを目指そう 日本化粧品検定1級対策テキスト コスメの教科書 第2版」主婦の友社 2016年
(※9)吉木伸子著「一生ものの素肌をつくる 正しいエイジングケア事典」高橋書店 2012年
(※10)日本化粧品検定2級・3級対策テキスト(日本化粧品検定協会)

【参考URL】
(※11)https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj/44/3/44_216/_pdf
(※12)http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail173.html
(※13)http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail175.html


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)