べビ肌

セルフケアでたるみ解消!化粧品の選び方やストレッチ・日々の習慣の見直しまで

81 views
はな子
先生に以前教わった、「たるみ対策の化粧水」と「たるみ対策の美容液」がバッチリで、たるみに悩んでる母も喜んでます〜!
美神先生
どういたしまして。でも、本格的にたるみ対策をするなら、化粧品にだけ頼っていてはダメよ
はな子
ええ!そうなんですか?!
美神先生
化粧品でのケアももちろん大事だけど、もっと多角的なアプローチを加えれば、効果はさらにアップするわ
はな子
そのアプローチ法、ぜひ教えてください!
美神先生
まかせて!今回はたるみの解消法を全部まとめて教えるわ!




たるみの正体は?

美神先生
たるみは加齢によってできるもの思ってない?

目の周りにほうれい線…あご周り…

たるみが目立ちやすい場所としては、このあたりでしょうか?

多くの場合、たるみの初期症状はシワであり、徐々に深くなって大きなたるみになっていきます。つまり、シワとたるみは発生のメカニズムがとても似ているのです。

そのメカニズムを明らかにしていくと、たるみの原因が加齢だけではないこともわかります。そこで、まずはたるみの正体を改めて確認していきましょう。

真皮組織の劣化

たるみの一番大きな原因は、真皮組織の劣化です。

というのも、真皮は肌のハリや弾力を保つための組織、コラーゲンやエラスチンといった線維が大部分を占める場所だから。そして、加齢によって線維の生成が減少すると、自然と真皮の弾力がなくなりたるみが発生するのです。

また、表情によって同じ場所に何度もシワができると、そのシワが真皮にまで影響し、線維が劣化します。それゆえに、シワがたるみへと発展するわけですね。

どちらのたるみもある程度年齢を重ねれば自然に見られるものですが、肌に強い圧力や摩擦を与えることで線維が傷つくこともあり、若い世代のたるみはこれが原因の大きな割合を占めていると言えるでしょう。

表情筋の衰えによる脂肪のゆるみ

人間は全身くまなく筋肉がついており、それは顔も例外ではなく、顔の皮膚の下には表情筋が張り巡らされています。

具体的には、表皮真皮皮下組織(脂肪)の下にあるのが表情筋ですね。この表情筋は表情をつくるだけではなく、脂肪を下から支えて顔を引き締める役割ももっています。

しかし、表情筋も加齢によってその力が衰えていきます。そのため、ほうれい線や顎周りなど、脂肪が厚くて重い部分からたるみが目立ちやすくなるわけですね。

また、普段からあまり表情筋を使わないでいると、やはり表情筋は衰えやすくなります。比較的若い人でたるみが目立つ理由は、顔の作りや体質、肌質の影響もありますが、表情筋をしっかり使えていない可能性が考えられますね。

一時的なたるみもあり

若い世代には一時的なたるみもよく見られます。

線維組織を傷つけてしまったけれど、若いゆえにきちんとケアをして改善できるパターン。

夜更かしやストレスで表情筋が硬直し、働きが弱くなってたるみができてしまったけれど、生活の乱れを整えることで解消したパターン。

体重の増減で頬周りの皮膚がたるんでしまったけれど、体重が安定して目立たなくなるパターンなど。

しかし、これらも放置すれば慢性化してしまうため、「若いから」「一時的なものだから」といって何のケアもしないのは危険です。

たるみのセルフケア方法1:適した化粧品の使用

たるみに適した化粧品とはつまり、たるみ解消に効果的な成分が配合された化粧品のこと。今回は主に2つを取り上げてみます。

◆ビタミンC誘導体配合のアイテム
◆レチノール配合のアイテム

ビタミンC誘導体配合のアイテム

ビタミンCはコラーゲン合成に必須の栄養素なので、化粧品から肌に補給することでコラーゲン合成を促進し、たるみを予防・改善することができます。

また、組織や細胞を傷つける活性酸素を除去する抗酸化物質として働いたり、皮脂の分泌を抑制したり、メラニンの生成阻害・排出促進といった効果も期待できるので、たるみだけではなくあらゆる肌悩みを抱えている人におすすめできます。

コラーゲンがある真皮にまで十分に届けようと思うなら、ビタミンC誘導体配合の化粧水をイオン導入するのが効果的です。

ビタミンC誘導体の中でもAPPS(高浸透型リン酸型ビタミンC誘導体。別名アプレシエ)は浸透率が高いですが、こちらもイオン導入することでより効果を高められるでしょう。

【関連記事】
ビタミンC誘導体の効果とは?ニキビや美白、エイジングケアにも
ビタミンC誘導体化粧水おすすめ11選!美白・ニキビ・アンチエイジング・毛穴など

レチノール配合のアイテム

レチノールはビタミンAの一種で、化粧品にはパルミチン酸レチノールなどの名前で配合されます。

エイジングケアに着目したときの主な作用としては、コラーゲンやエラスチンを産み出す線維芽細胞に働きかけ、線維組織の合成を促進すること。これにより、肌に弾力とハリを持たせることができます。

油溶性成分であり、水には溶けず、クリームや美容液、乳液などに配合されることが多いですね。

また、医薬品にレチノイン酸(トレチノイン)というものがあります。レチノールは肌の中で酵素によってレチナール→レチノイン酸と変化し、実際に肌に作用するのはレチノイン酸です。

つまり、レチノールよりもレチノイン酸の方が効果を期待できるといえますね。ただし、その分副作用などの影響もあるため、気になる人は美容皮膚科などで医師に相談の上、処方してもらうと良いでしょう。

【関連記事】
レチノールとは?その効果と使用上の注意について
レチノールクリームの選び方とおすすめクリーム3選

たるみのセルフケア方法2:ストレッチ&エクササイズ

たるみ対策のストレッチやエクササイズは、たるみ部位によっていろいろな種類があります。

ここでは目周り、ほうれい線、顎周りに効果的なストレッチ&エクササイズと、マッサージ方法を紹介しましょう。

目周りのたるみを解消するエクササイズ

目周りのたるみは眼輪筋の衰えが大きな原因です。眼輪筋は疲労もためやすいため、適度なストレッチとエクササイズが欠かせません。

【眼輪筋エクササイズ】

  1. 視線を上下に動かす×5
  2. 視線を左右に動かす×5
  3. 視線を鼻先に集中させる(寄り目)×5
  4. これを2セットくりかえす

眉は動かさず、視線だけを動かすのがポイント。疲れたり頭痛がするようであれば、回数を減らしてもOK。
慣れてきたら回数やセット数を増やしていきましょう。(※1)

ほうれい線や顎周りのたるみに効果的なエクササイズ

頬や顎周りは一番最初にたるみやすいパーツなので、しっかり筋肉を鍛えていきましょう。

【舌出しエクササイズ】

  1. 頬を膨らませて内側から筋肉を刺激し、血行を促進する
  2. 頬を手のひらで優しくつつみ、そっと引き上げて筋肉を刺激する
  3. 顎を上げて視線を天井に向け、舌を思い切り出し入れする×5

余裕が出てきたら、舌の出し入れは上方向に5回、下方向に5回にランクアップしてみてください。(※2)

【舌ぐるぐる運動】

  1. 口を閉じたまま、上顎を舌で前後になぞります
  2. 同じく口を閉じたまま、頬を内側から舌でなぞりながら押していきます
  3. 頬の筋肉を刺激するように、大きく右回り×5、左回り×5

舌の奥の筋肉を使うように意識しましょう。(※3)

【ペットボトルエクササイズ】

  1. ペットボトルに少量の水を入れ、机の上に置く
  2. 歯を使わず口の力だけでペットボトルの先端をくわえ、ゆっくり持ち上げる
  3. 持ち上げたまま10秒キープ
  4. ゆっくり下ろす。これを3回繰り返す

キツい場合は回数を減らすか、水の量を減らしましょう。慣れてきたら徐々に水の量を増やしてくださいね。(※4)

市販の道具やマッサージもあり

たるみ解消には市販のアイテムもたくさんあります。口にくわえるマウスピースタイプのものや、くわえたまま上下に大きく振るもの、ローラー状のものなどがありますね。

また、セルフで行うフェイシャルマッサージも効果的です。たるみの原因が血行不良や筋肉の硬直、あるいはむくみにある人は、是非試してみてください。

【フェイシャルマッサージ】
ウォーミングアップ:目と口を思い切り開き、手を使わず顔を上下に5秒間伸ばします。次に、顔のパーツを全てセンターに引き寄せるつもりで5秒間縮めます。これを2.3回繰り返しましょう。

  1. 入浴後、スキンケアをして整えた肌に、クリームやミルク、ジェルなどを塗布する(あるいは指先に取る)
  2. 指先を使って、小鼻からこめかみ、口角からこめかみへと、優しくなで上げます。それぞれ×4回くらいが目安
  3. 眉間に両手の指先をあて、右の指先は右のこめかみへ、左の指先は左のこめかみへとなで下ろしながら、徐々に指先を上に移動させていき、最後は髪の生え際をこめかみに向かって左右になで下ろす
  4. 指先をこめかみから鎖骨のくぼみへと真っ直ぐなで下ろす×4回
  5. 最後に手のひら全体で頬を優しくプッシュし、解放する

肌への摩擦や刺激を軽減するため、必ず保湿クリームやミルクなどを使用しましょう。

また、力加減はあくまでも優しく。加減がわからない人は、一度フェイシャルサロンでマッサージなどを受けて参考にすると良いでしょう。(※5)

はな子
うわぁ、エクササイズにもいろんな種類があるんですね
美神先生
いろんな種類のエクササイズをやるのが面倒だったら、たるみケア専用の道具を使うのもいいんじゃないかしら
はな子
いろんなグッズがあるみたいですけど、どうやって選んだら良いですか?
美神先生
こればっかりは使ってみないと効果や相性がわからないけれど……、口コミで情報を収集したり、価格から購入しやすいものを選んでもいいかもしれないわね

たるみのセルフケ方法3:日々の習慣の見直し

美神先生
日々の習慣の中にもたるみの原因は隠れているものよ

ここではたるみのセルフケアの一環として、見直して欲しい習慣も紹介します。

なかには無意識レベルのものもあるので難しいかもしれませんが、できるものから少しずつ改善していくといいですね。

気の抜けた表情に注意

普段からあまり表情を使わない人は要注意!

…といっても、ほとんどの場合は無意識でしょう。

そこで、1日の最後、鏡の前でおもいっきり笑顔をつくるのがおすすめ。笑顔がなじめば、日常でも自然と笑顔が出やすくなります。表情が明るくなることで若々しい印象を与えることができるでしょう。

また、気を抜いているとき、ぼーっとしているときに口が開きやすい人は、口元を引き締めるように意識して。口角を引き上げるようにすることで、ほうれい線対策になります。

美神先生
はなちゃんも結構ぼーっとしてるとき、口ポカーンと空いてるわよね。よだれ出てる時あるし。
はな子
ええ〜!?そんな!?気をつけよう…!

紫外線に注意

紫外線は肌を老化させる最大の要因といっても過言ではありません。

というのも、紫外線を浴びることで生成される活性酸素が肌をどんどん老化させるから。

肌の乾燥によるターンオーバーの停滞、バリア機能の低下、シワ、シミ、たるみの発生などなど、エイジングケアにおいて紫外線の影響は百害あって一利なしです。

紫外線から肌を守るためには、一年を通して紫外線対策が必要です。といっても、常に高SPF値の日焼け止めを使っているとそれも肌にとっては負担になるので、季節や日射量、外出時間などを考慮し、低SPF値と高SPF値の日焼け止めを使い分けると良いでしょう。

また、必要に応じて帽子や日傘、サングラスなども活用するといいですね。紫外線ケアを習慣化することで、アンチエイジングの効率がアップするはずです。

睡眠や食生活に注意

あなたは十分な睡眠がとれていますか?
食事はバランス良く3食しっかり食べていますか?
知らず知らずのうちにストレスをためていませんか?

どれも老化を促すポイントであり、たるみが目立つ原因です。

肌の修復・代謝タイムである睡眠はしっかりとること。食事はいろんな食品を食べることで抗酸化物質を積極的に摂取すること。ストレスは自分なりに効率の良い発散方法を見つけましょう。

一度に全部やるのが大変なら、できそうなものからひとつずつで構いません。生活の質を向上させるためにも、ぜひ意識してみてくださいね。

効果が確実なのは美容皮膚科での施術

セルフケアでどうにもならないたるみは、美容皮膚科や美容外科などのクリニックでの施術が効果的です。

たとえば、ヒアルロン酸やコラーゲン注射。

シワ治療の手段ではありますが、減少した弾力成分を補う注射ですので、シワから始まるたるみにある程度効果を発揮するでしょう。

また、表情筋に働きかけるボトックス注射もありますね。ボトックスによって表情筋が硬直すると、その働きを補うため周囲の筋肉が引っ張られ、肌にハリがうまれます。

もっと大がかりな施術となると糸を使ったリフトアップもあり、最近は肌を切らない施術も多く、負担はかなり小さくなっています。

どれもポピュラーで安全性の高いものですが、当然リスクもあります。施術を受ける際はクリニックを慎重に選び、担当医師と十分なカウンセリングを重ね、納得したうえで臨みましょう。

クリニックよりも安全性が高いものとして、美容鍼も人気が高いですね。

たるみの解消法は原因や年齢によって千差万別

今回はたるみの解消法をありとあらゆる角度から考えてみました。もちろん、全ての方法が全てのたるみに効果を発揮するわけではありません。

肌質、年齢、たるみの原因によって、その効果は大きく変わるでしょう。共通するのは、間違ったケアだけは絶対にしないでほしいということ

力をこめたマッサージや、過度なエクササイズはNG。また、たとえたるみに効果的な化粧品でも、肌を強くこするように乱暴につけていては効果半減です。

肌はデリケートな組織なので、たるみケア時だけではなく常に優しく接し、刺激を与えないように注意しましょう。

美神先生
以上が、たるみの解消法のすべてよ
はな子
すごい……!本当に多角的ですね。本格的にたるみケアをするとなると、結構大変そう……。
美神先生
たるみは長年の積み重ねによるものも大きいから、正直言ってケアは楽ではないわ。でもだからこそ、気付いた瞬間からコツコツとケアを積み重ねることが大事よ
はな子
わかりました!母は改善、私は予防を目指して、これからも根気よく頑張ります!
(※1)吉木伸子『一生もののをつくる正しいエイジングケア事典』高橋書店 2014年
(※2、3、5)『現役皮膚科医による・対策がわかるスキンケア大辞典』株式会社毎日コミュニケーションズ 2010年
(※4)吉木伸子『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』池田書店 2015年


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)