べビ肌

ニキビ跡に効果的な美容液おすすめ4選

517 views

この記事を書いた美容ライター

藤 えり

化粧品会社に8年間在籍していた知識や経験を活かし、美容ライターとしての活動を開始。スキンケアは「Try&Error!」をモットーとして、良さそうな商品は試さないと気が済まない気質。趣味は百貨店のコスメクルーズをすること。

はな子
あああああ〜。ニキビ跡がなかなか消えない〜!(ムキー!)
美神先生
まぁそんなにイライラしないの(笑)!
今のはなちゃんの状態は、ちょっと赤みが残っているわね。
はな子
ニキビの炎症は治まったんですけど…跡がなかなか消えないです。
美神先生
ニキビ跡を改善するには、コツコツが大事。
まだ赤みがあるニキビ跡の段階だから、今のケアがすごく重要なのよ!
はな子
そうなんですね…早く教えてください!
美神先生
じゃあ、今日はニキビ跡に効く「美容液」についてレクチャーしていくわ!
しっかりメモ取るのよ〜!!

【徹底解説】ニキビ跡の種類

ニキビには、

白ニキビ・黒ニキビ
赤ニキビ
黄ニキビ・紫ニキビ

などの炎症している状態によって種類があるように、「ニキビ跡」についても大きく分けて3種類あるというのをご存知でしたか?

ここでは、ニキビ跡の種類について詳しく解説していきます。

ニキビ跡を今すぐに改善したい!という方は、
まずはニキビ跡の種類を把握することが大切です。

では早速見ていきましょう。

【種類1】赤みがあるニキビ跡

赤みがあるニキビ跡とは、ニキビが治った後に赤みが残ってしまった状態です。

ニキビの炎症によって受けた肌ダメージを修復するために毛細血管が拡張しているため、赤みを帯びているように見えています。

ただ、この赤みがあるニキビ跡は、比較的ニキビ跡の症状としては軽めの段階です。

そのため、この段階で抗炎症作用のある成分で肌の炎症を抑えることで、ニキビ跡が次第に綺麗になっていきます。

【種類②】色素沈着したニキビ跡

色素沈着したニキビ跡とは、ニキビの炎症後にシミとして残ってしまった状態です。

ニキビの炎症によって活性酸素が活発になると、肌はメラニンを大量に発生させて肌機能を守ろうとします。

しかし、ニキビが治った後の肌はターンオーバーサイクルが乱れているため、シミをうまく排出できない状態になります。

その結果、シミとして残ってしまうのです。そのため、この段階のニキビ跡はターンオーバーサイクルを整えるケアや、紫外線対策をすることが大切です。

【種類③】クレーター状のニキビ跡

クレーター状のニキビ跡とは、炎症による肌のダメージが真皮層まで及んでしまった状態です。

赤みや色素沈着のニキビ跡とは異なり、このクレーターのニキビ跡になると一般化粧品だけで肌を根本的に改善するには限界があるため、専門機関でのケアがおすすめです。

皮膚科や美容皮膚科では、ケミカルピーリングやレチノイン酸という肌のターンオーバーサイクルを促進させる方法や、その他レーザー治療などの方法があります。

※1

ニキビ跡の美容液を選ぶ時のポイント

「ニキビ跡には種類がある」でも解説した通り、赤みがあるニキビ跡や、色素沈着があるニキビ跡には美容液などの一般化粧品でのケアが有効です。

ここでは、ニキビ跡の美容液を選ぶポイントについて解説していきます。

美神先生
クレーター状のニキビ跡の場合は、専門機関の治療がおすすめですが、美容液を取り入れる際のポイントを解説していますので、ぜひチェックしてくださいね!
はな子
早速見ていきましょう!!!

【その①】ニキビ跡の種類別に選ぶ

ニキビ跡を綺麗に改善するには、ニキビ跡の状態に合わせて必要な成分を取り入れることが大切です。

〜赤みがあるニキビ跡の場合〜

赤みがあるニキビ跡は、まずは炎症を抑えることが大切。ニキビ自体は治っていたとしても、肌はまだ炎症が続いている状態です。

そのため、赤みがあるニキビ跡の場合は抗炎症効果がある成分が配合されている美容液を選ぶと良いでしょう。

抗炎症効果がある美容液におすすめの成分としては、

■ビタミンC誘導体
■アラントイン

などがおすすめです。

〜色素沈着があるニキビ跡の場合〜

色素沈着があるニキビ跡は、肌のターンオーバーのサイクルを整えることが大切。

また、色素沈着があるニキビ跡は、日焼けをするとより消えにくくなってしまうため、紫外線対策や美白ケアも重要になります。

そのため、色素沈着があるニキビ跡の場合は肌のターンオーバーを整える成分や美白成分が配合されている美容液を選ぶと良いでしょう。

ターンオーバー促進や美白効果がある成分としては、

■ビタミンC誘導体
■プラセンタエキス
■アルブチン
■レチノール(ビタミンAの一種)

などがおすすめです。

中でも、赤みのあるニキビ跡でもピックアップした「ビタミンC誘導体」はターンオーバー促進や美白効果も兼ね備えていますので、大変おすすめの成分です。

美神先生
ビタミンC誘導体は美白やアンチエイジングなどにも有効な万能な成分なの。

〜クレーター状のニキビ跡の場合〜

クレーター状のニキビ跡は一般化粧品での改善は限界があるものの、美容液を取り入れるのであれば保湿力が高い成分や、肌のハリ・弾力がアップするエイジング成分などがおすすめです。

保湿力が高く、エイジング効果もある成分としては、

■コラーゲン
■ヒアルロン酸
■プロテオグリカン

などがおすすめです。

【その②】保湿効果が高いものを選ぶ

赤みがあるニキビ跡も、色素沈着しているニキビ跡も、クレーター状のニキビ跡も「肌内部が乾燥している」という点は共通しています。

思春期にできるニキビはホルモンによる皮脂量アップによって発生していましたが、大人になってからできるニキビはストレスの他に、「肌の乾燥」によって発生しているものがほとんどです。

そのため、ニキビ跡はもちろんのこと、ニキビができにくい肌に導くためにも保湿力が高いものを選ぶという条件は必須になります。

保湿力がある成分としては、

■セラミド
■ヒアルロン酸

などがおすすめです。

特に、肌の潤いを司る「セラミド」は30代以降に産生量が減少していくため、積極的に取り入れるのが大切です。

ニキビ跡に効果的なおすすめ美容液

ここでは、ニキビ跡に効果的なおすすめ美容液を紹介していきます。

美神先生
早速、チェックしていきましょう!

赤み・色素沈着があるニキビ跡向け

毎日の継続的スキンケアで、改善の効果が見られる、赤み・色素沈着があるニキビ跡にオススメの美容液をご紹介します。

コスパ最強!ビタミンC誘導体の美容液

【VC-3ビタミンC誘導体(チェーンメーカーズ)】

10ml ¥1,620
アマゾンボタン

「ニキビ跡の美容液を選ぶ時のポイント」でも解説した通り、ビタミンC誘導体には、抗炎症効果・ターンオーバー促進・美白効果があると言われる美容成分です。

そのため、ニキビ跡を改善したいという時は、まずはビタミンC誘導体からトライしてみるのがおすすめ。

チェーンメーカーズから発売されているVC-3ビタミンC誘導体は、不安性なビタミンCを安定化するためにレシチンでカプセル状にしています。
そのため、肌の中までしっかりとビタミンC誘導体を浸透させることができるのです。

また、2,000円以内でビタミンC誘導体の美容液を試すことができるのも嬉しいポイントです。
ビタミンC誘導体を初めて使うという方にもおすすめの美容液です。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

このVC-3ビタミンC誘導体は、赤みがあるニキビ跡や、色素沈着のニキビ跡にお悩みの方におすすめの美容液です。

<チェーンメーカーズ / VC-3ビタミンC誘導体の全成分>
水、BG、リン酸アスコルビルMg、水添レシチン、クエン酸Na、PEG-100水添ヒマシ油、ジヒドロコレス-20、トリエチルヘキサノイン、クエン酸、コレステロール、酢酸トコフェロール、メチルパラベン

AAPSを高濃度配合!納得のビタミンC誘導体美容液

【エンリッチコンセントレートセラム(サイクルプラス)】

8ml+パウダー各2本 ¥7,000円(税別)
詳細を見る

こちらの美容液も、ビタミンC誘導体を配合している商品です。

「ニキビ跡の美容液を選ぶ時のポイント」でも解説した通り、ビタミンC誘導体には、抗炎症効果・ターンオーバー促進・美白効果があると言われる美容成分です。

サイクルプラスから発売されているエンリッチコンセントレートセラムは、従来のビタミンC誘導体の中でも浸透力が100倍と言われているほどの「高浸透型ビタミンC誘導体(APPS=アプレシエ)」を配合しています。

また、高浸透型ビタミンC誘導体(APPS=アプレシエ)の働きをサポートすると共に、高い保湿力がある水溶性ビタミンE誘導体も配合。

さらにはEGF/FGF/IGFペプチドやヒアルロン酸5種類といった肌内部のエイジングケアには欠かせない成分配合しており、炎症を抑えるとともにターンオーバー促進や美白効果も期待できる商品です。

この美容液は、使用前に剤エッセンスと剤パウダーを混ぜ合わせて作るのが特徴。

発売元のサイクルプラスは、高浸透型ビタミンC誘導体(APPS=アプレシエ)の商品開発の先駆者と言われていますので、より実感が欲しいという方や今のビタミンC誘導体ではニキビ跡がなかなか良くならないという方はおすすめの美容液です。

ぜひチェックしてみてくださいね。

エンリッチコンセントレートセラムは、赤みがあるニキビ跡や、色素沈着のニキビ跡にお悩みの方におすすめの美容液です。

サイクルプラス / エンリッチコンセントレートセラムの全成分>
【エッセンス】 水、グリセリン、BG、ジグリセリン、ペンチレングリコール、オリゴペプチド-24、アセチルデカペプチド-3、オリゴペプチド-20、セラミド1、セラミド2、セラミド3、グルコシルセラミド、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、トコフェリルリン酸Na、パルミトイルトリペプチド-5、αーアルブチン、カンゾウ葉エキス、ダイズ種子エキス、イタドリ根エキス、バラエキス、イノシトール、ゲットウ葉エキス、コンフリー葉エキス、タベブイアインペチギノサ樹皮エキス、グリチルレチン酸ステアリル、ヨクイニンエキス、サリックスニグラ樹皮エキス、ポリクオタニウム-61、オウレンエキス、ダイズステロール、アルカリゲネス産生多糖体、シロキクラゲ多糖体、水添レシチン、ノバラエキス、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、キサンタンガム、アルギニン、フィチン酸、ステアリン酸スクロース、α-グルカン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、HEDTA-3Na、酸化銀、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル
【パウダー】 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、マンニトール

【色素沈着があるニキビ跡向け】

紫外線による色素沈着のニキビ跡に効果的!継続していけばシミに対する効果も期待できます。

ターンオーバー促進と美白作用が凝縮されている美容液

【QusomeレチノA(ビーグレン)】

15g ¥6,140
アマゾンボタン

「ニキビ跡の美容液を選ぶ時のポイント」でも解説した通り、レチノール(ビタミンAの一種)は、ターンオーバー促進や美白効果、そしてターンオーバーサイクルを整えるのに必要なコラーゲンやエラスチン生成のサポートが期待できる成分です。

ビーグレンから発売されているQusomeレチノAは、カプセル化されたピュアレチノールとレチノイン酸にビタミンEを加えたレチノイン酸トコフェリルの2種類のビタミンAを配合しているのが特徴です。

さらに、スクワランやオーガニックシアバターが配合されているので、肌のバリア機能を高めていきます。

色素沈着によるニキビ跡にお悩みの方にはおすすめの美容液です。

ビーグレン / QusomeレチノAの全成分>
水, スクワラン, グリセリン, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG−23グリセリル, ゴヨウマツ種子油, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, セテアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ペンチレングリコール, ジメチコン, トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル, バチルアルコール, レチノール, レチノイン酸トコフェリル, トコフェロール, トリフルオロアセチルトリペプチド−2, グルコシルルチン, アルギニン, ジラウロイルグルタミン酸リシンNa, シア脂, ノバラ油, ヤシ油, コレステロール, セレブロシド, ジグリセリン, シロキクラゲ多糖体, マカデミアナッツ油ポリグリセリル−6エステルズベヘネート, キサンタンガム, BG, パルミチン酸セチル, ステアリン酸バチル, ステアリン酸ステアリル, ステアリン酸グリセリル, ステアリン酸PEG-45, トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル, ステアレス-20, コレス−24, エチルヘキシルグリセリン, カルボマー, カプリル酸グリセリル, EDTA-2Na, ソルビン酸K

【色素沈着・クレーター状のニキビ跡向け】

シミのような色素沈着したニキビ跡に加え、自宅のスキンケアでは治りにくいとされているクレーター状のニキビ跡にもおすすめの美容液をご紹介!

プラセンタとセラミドの美肌成分W配合の高濃度美容液

【プラセラ原液(リマーユ)】

20ml ¥4,533
アマゾンボタン
5ml ¥2,000
アマゾンボタン

「ニキビ跡の美容液を選ぶ時のポイント」でも解説した通り、プラセンタエキスはターンオーバー促進や美白効果がある成分です。

リマーユから発売されているプラセラ原液のプラセンタエキスは、北海道産のサラブレッドの胎盤から抽出しており、豚セラミドよりアミノ酸含有量が高いものだけを使用しています。

さらに、プラセンタエキスに加えて、保湿成分でもあるセラミドも配合されています。

プラセンタエキスでターンオーバーサイクルを整えて美白のアプローチも叶えながら、セラミドで乾燥も防ぐというW処方になっているのもプラセラ原液の特徴の一つ。

色素沈着やクレーター状のニキビ跡にお悩みの方にはおすすめの美容液です。

<リマーユ / プラセラ原液の全成分>
水、BG、1,2-ヘキサンジオール、プラセンタエキス、セレブロシド、サイタイエキス、キサンタンガム、ポリソルベート 80、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン
はな子
ニキビ跡は種類別にケアをするというのがすごくよく分かりました!
ニキビ跡を改善するって奥が深いんですね…。
美神先生
赤みがあるニキビ跡に悩んでいるはなちゃんは、ビタミンC誘導体からトライしてみると良いわよ〜!
はな子
そうですよね!
私、美神先生がおすすめしてくれたビタミンC誘導体が配合されている美容液から早速使ってみます!
(※1)小西さやか著「日本化粧品検定2級・3級対策テキスト コスメの教科書」株式会社主婦の友社 2016年

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)