べビ肌

20代後半から30代必見!洗顔料の選び方とおすすめ商品10選

77 views
はな子
先生、今からお肌の曲がり角に備えてやっておいたほうが良いスキンケアってありますか?
美神先生
良い心掛けね~はなちゃん。そうね、20代後半ぐらいから多くの人が肌の衰えを感じ始めるというから、今ぐらいから意識しておくととてもいいわね。
はな子
あの、でもお金がかかるエステ通いとか言わないでくださいね。それから美顔器とかも。簡単にできることがいいんですけど・・・。
美神先生
あはは。お金と時間をかけたがらないってわけね。でもそれでいいのよ。実は私がおすすめしたいのは、洗顔なのよ。
はな子
えー!意外。洗顔?!
美神先生
スキンケアの基本中の基本ね。基本をおろそかにすると、その上にいくら努力を重ねても無駄になることが多いってことよ。
はな子
わぁ、今日のお話も楽しみです!

30代の肌が一番必要としているスキンケアとは?

20代~30代は、女性ホルモンの分泌が安定している時期です。「エストロゲン(女性ホルモン)」肌の弾力とうるおいを高める働きがあるので、この時期の女性の肌は弾力性に富み、肌はうるおいで満たされています。

けれどホルモン分泌は生涯を通して一定ではなく、年齢に応じて変化していきます。

女性ホルモンの分泌はやがて、40代後半ぐらいに訪れる更年期に向けて、徐々に減少していくのが自然の流れです。

このことを、まず知識として知っておくことが大事です。

20代後半からの肌の変化

20代後半辺りから、今までは違う肌の衰えを感じ始める人がいます。

肌のくすみ、目の下のくまや肌荒れなど、肌の疲れが出やすくなる年ごろです。

時期的にも仕事が充実し、結婚や出産などの変化も多く、忙しさのために睡眠不足に陥りがちです。

30代後半からの肌の変化

そして30代後半ぐらいから、徐々にエストロゲンが減少し始めることで、今までになく肌が乾燥するようになるでしょう。

今まで使っていた化粧品やスキンケアのやり方では、どうにもならないと感じる時期でもあります。大事なのは身体の変化を知り、必要なケアを先回りして行うことです。

今までは多少カサついた肌を放置していても、時間とともにまたうるおいが戻っていた肌ですが、自然の成り行きで肌の回復力が低下していきます。

回復力が落ちるということは、一旦肌が荒れてしまうとケアをしても元に戻るまでに時間がかかるということなので、肌が荒れないようなスキンケアをしていくことが重要です。

30代の肌に保湿が最も大切な理由

では肌が荒れないようなスキンケアとは、いったいどんなものなのでしょうか。

その答えは保湿です。

皮膚には次のような大切な役割があります。

  • 体の中と外を分けて体内の水分蒸発を防ぎ、細菌や有害物質から体を守るバリア機能
  • 外からの刺激を感じ取る(温度や痛みなど)
  • 体温調整を行う

肌はうるおいを適度に保つことにより、肌の役割を果たすことができるのです。

肌のうるおいが失われて役割が果たせなくなると、肌荒れだけではなく体の健康も損なわれてしまいます。

(※1)(※2)

30代の肌は洗顔で変わる

スキンケアは洗顔で始まり、洗顔で終わるといっても過言ではないでしょう。

洗顔は肌の汚れやメイクを落とすことで、肌の健康と清潔を保ちます。しかし同時に洗顔により、肌のうるおいもいくらか失われてしまいます。

愛用していた洗顔料でいつも通りの洗顔をしたとき、いつからか肌がつっぱることに気がついたことがありませんか?

今まで肌の調子はよかったのに、洗顔後に肌がヒリヒリしたことはないですか?

30歳前後にこのような肌の変化に気がつく人は多いと思います。私もそうでした。

私の場合は20代後半で肌の衰えを感じ始め、30代半ばで肌のかさつきが気になりました。30代後半になると、今まで使っていた洗顔料を使うと肌がヒリヒリするようになりました。

30代で肌のかさつきを感じたら洗顔料を変えてみよう

肌は年齢とともに乾燥していくので、洗顔によって肌のうるおいを失うことは大きなダメージになります。

おすすめは20代のときに使っていた洗顔料よりも、肌にマイルドな洗顔料に変えることです。そうすることで、肌の負担をグッと減らすことができます。

皮膚内のうるおいだけではなく皮脂分泌も減ってくるので、20代のときのようにしっかり皮脂を取り除くほどの洗浄力は不要です。

あまり洗浄力が強すぎると、乾燥がひどくなりバリア機能がさらに低下し、ターンオーバーも乱れ、その結果しわ・肌荒れ・くすみ・しみを増やすことになります。

興味深い調査結果があります。20~40代の肌悩みの上位3位を比べてみると・・・。

20代 30代 40代
1位 毛穴の開き・詰まり しみ たるみ
2位 ニキビ・ニキビ跡 たるみ しわ
3位 しみ 毛穴の開き・詰まり しみ

(2017年3月から8か月間、美容外科『東京イセアクリニック』に来院された女性の初心患者様1,322名を対象に実施された「年齢別 肌の悩みアンケート調査」の結果から引用しました。)

毛穴の開き・詰まりは20代が1位であるのに対し、30代では3位になっています。40代になると3位にも入っていません。

これを見てわかるように、年齢を重ねると皮脂分泌に関する悩みは減ってきています。

一方30代は毛穴の悩みに代わってしみが1位になっていますが、これは乾燥肌も原因の一つです。

美神先生
乾燥した肌はターンオーバーの周期が長くなるために、メラニンの排出がスムーズにいかず肌に残るためにしみが増えたと考えられるわね。
はな子
それに、乾燥で荒れた肌はバリア機能が上手く働かず、紫外線のダメージを受けやすくなっていますもんね…。

以上のことからも、肌の保湿をして皮膚の正常な機能を回復することが最も大事であることがわかると思います。3

0代からの洗顔料は、うるおいをできるだけ残し皮脂を取り過ぎない、肌にマイルドなものを選ぶようにしましょう。

肌にマイルドってどういうこと?

肌にマイルドな洗顔料とは、つまり洗浄力を弱めた洗顔料ということです。

洗顔料の多くは石けんベースの成分で作られています。固形石鹸と同じで、脂肪酸にアルカリを反応させて脂肪酸塩にしたものを石けんと呼び、油や汚れを落とす作用がある成分です(洗浄成分)。

石けんベースの洗顔料は、モコモコの泡立ちで洗い上がりがさっぱりしています。石けんの洗浄力は強いため、石けん成分に加えて低刺激の洗浄成分や保湿成分も配合して、肌にマイルドな洗顔料が作られています。

その分洗浄力は落ちるのですが、顔の汚れを取り除くのにそれほど強い洗浄力は不要です。

〜コラム〜
メイクはクレンジングを使って短時間でしっかり落とすことを強くおすすめします。面倒だからといって、石けんで洗うと余計に肌を乾燥させたり、メイクを完全に落としきれずに肌に負担をかけることになりかねません。
はな子
先生、これどういう意味ですか?
美神先生
石けんにはいくつかの弱点といえる化学的性質があるのだけど、その一つが酸に弱いということなの。メイクの油性成分や皮脂は酸性の汚れなのよ。
はな子
それってどういうことですか?石けんじゃ、油の汚れは落ちないってこと?
美神先生
石けんの量に対して油汚れの量が多い場合にはね。油が多すぎるときは石けんの洗浄力が失われてしまうのよ。だからといって何度も石けんで顔を洗うことは、肌によくないことはわかるわよね。
はな子
そうか、それならクレンジングのほうが一度にたくさんの油性成分を落とせる製品なのだし短時間で済ませてしまえば、むしろ肌には負担が少ないということですね!

(※3)(※4)(※5)

30代向け洗顔料の選び方

30代の肌はうるおいが不足しがちです。そのためできるだけ洗顔時のうるおいロスを減らすことが肝心です。そこでおすすめしたいのは、20代で人気のあるさっぱり系の洗顔料から、しっとり系の洗顔料への移行です。

ただししっとり系といっても、選び方を知らなければ洗浄力が強い洗顔料を知らずに選んでしまう可能性があります。洗浄力の強い洗顔料でも、保湿成分をたくさん配合していれば良いような気がしますが、洗浄成分の影響が最も大きいのです。

そのため洗顔料の選び方は、まずは『洗浄成分の洗浄力』を考え、その次に『保湿剤などの美容成分』を判断材料にするようにしましょう。

洗顔料の全成分表示を見ると、大体の洗浄力を把握することができます。避けたい洗顔料は、洗浄成分が石けんベースのみの洗顔料です。

洗浄力を抑えた洗顔料とは、石けんベースに洗浄力の弱いアミノ酸系界面活性剤や両面界面活性剤、非イオン界面活性剤が配合されている洗顔料です。

はな子
ええっ!界面活性剤?石けんだけのほうが良い気がするんだけど。
ピッピ
石けんはアミノ酸系界面活性剤と同じ、アニオン(陰イオン)界面活性剤だッピ!アニオン界面活性剤の中でも、石けんは強い洗浄力を持つ界面活性剤ッピ!

すべてを列挙することは不可能なので、次に洗浄力を抑えた30代の肌におすすめの洗顔料を紹介します。商品紹介の中で、洗浄力について触れていきますので、洗顔料選びの参考にしてください。

30代の肌におすすめする洗顔料10選

これまで説明してきたことを元に、皮脂を取り過ぎずうるおいを残してくれる洗顔料を紹介します。

その中でも特に

1.すでに肌がヒリヒリする人におすすめの低刺激で肌荒れを防いでくれる洗顔料
2.リラックスできる香りや血行を促進して肌のコンディションを整えてくれる洗顔料

この2タイプのものから選びました。

1,低刺激で肌荒れを防いでくれる洗顔料

まずは、もうすでに肌がヒリヒリする人におすすめの低刺激で肌荒れを防いでくれる洗顔料を紹介します。

オルビス アクアフォースマイルドウォッシュ


120g ¥1,404
アマゾンボタン

石けんベースの泡立ちの良い洗顔料ですが、肌への刺激が少ない両面界面活性剤(ラウリン酸ポリグリセリル-10)を配合することで、洗浄力を緩和しているので、皮脂を落としすぎることはありません。さっぱり感を求める人におすすめです。

特に固形石けんを長年使っているけれど、洗顔後のツッパリ感が気になり始めたという人は、一度お試しください。

常盤薬品工業 ノブ Ⅲ ウォッシングクリーム


120g ¥4,687
アマゾンボタン

医薬部外品の洗顔料で、有効成分はグリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)です。石けんベースに両面界面活性剤(ラウロイルメチル-β-アラニンNa液)を配合しているので、洗浄力が緩和されています。ラウロイルメチル-β-アラニンNa液は医薬部外品の表示名称で、化粧品表示名称でいうラウロイルメチルアラニンNaと同じものです。

乾燥肌・敏感肌用の洗顔料で、無香料・無着色です。パッチテスト済みですが、すべての人にアレルギーが起こらないことを保証するものではありませんのでご注意ください。

資生堂 d プログラム コンディショニングウォッシュ


150g ¥2,700
アマゾンボタン

石けんベースの洗顔料で、泡立ち豊かで洗顔後の肌はすっきりします。両面界面活性剤(ココアンホ酢酸Na)とアミノ酸系のアニオン界面活性剤(ココイルメチルタウリンNa)が配合され、洗浄力を適度に緩和しています。

パラベン・アルコール・鉱物油フリー、無着色無香料で敏感肌用の洗顔料です。パッチテストも実施ですが、アレルギーが起こらないことを保証するものではありません。

資生堂 エリクシール ルフレ バランシング バブル


165g ¥1,944
アマゾンボタン

石けんベースの洗顔料ですが、この石けんは有機塩基石けん(有機石けん)と呼ばれ、通常けん化剤として使われている水酸化ナトリウムの代わりにTEAを使うことで、肌への刺激が普通の石けんより緩和されています。他にはコカミドDEAという非イオン界面活性剤が配合されています。これは肌への刺激を和らげる目的で使われます。

ジェルに触れた瞬間、きめ細かい泡に変化するという変わった洗顔料で、興味をそそられます。

ラ ロッシュ ポゼ トレリアン フォーミングクレンザー


121g ¥3,024
アマゾンボタン

石けんベースの洗顔料ですが、ナトリウム石けんではなくカリウム石けんなので、固形のナトリウム石けんよりは保湿力が高く、刺激も少ないといわれています。また、刺激緩和のために非イオン界面活性剤であるヤシ油アルキルグルコシドも配合されています。

皮膚科でおすすめの化粧品として置いているところが多いのは、低刺激であるという点が評価されてのことでしょう。

味の素 ジーノ 薬用アミノ ウォッシングフォーム マイルド


100g ¥1,944~
詳細を見る

医薬部外品で有効成分はグリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)です。低刺激のアミノ酸系界面活性剤の他、カリウム石けんが配合されていて、石けんの豊かな泡立ちもありつつ、石けんの刺激をアミノ酸系界面活性剤で適度に肌への刺激が緩和されています。カリウム石けんはナトリウム石けんよりも保湿効果もあるので、乾燥しがちな肌におすすめです。

リラックスできる香りや血行を促して肌のコンディションを整えてくれる洗顔料

次はリラックスできる香りや血行を促進して肌のコンディションを整えてくれる洗顔料を紹介します。ストレスや疲れが肌の状態に現れやすい人におすすめです。

カネボウ エビータ ビューティホイップソープ 150g オープン価格


150g ¥1,210
アマゾンボタン

押すとバラの形と香りがするムースが出てきます。カリウム石けんのベースに、アミノ酸界面活性剤が配合されて、低刺激に作られています。見た目が美しく、肌触りもふわふわ濃密な泡、そして香りは高貴なバラの香り。ストレスや疲労で疲れた肌にやすらきを。

エテュセ ジェルムース


165g ¥1,620
アマゾンボタン

ジェルがモコモコの泡に変化する、見た目に楽しい洗顔料です。石けんベースですが、非イオン界面活性剤(コカミドDEA)と、アミノ酸系界面活性剤(ココイルメチルタウリンNa)が肌への刺激を緩和するために配合されています。香りはフレッシュなグレープフルーツの香りで、気分爽快です。

石けん成分はトリエタノール石けんを使っています。固形石鹸で使われるナトリウム石けんよりも肌への刺激が少ないといわれています。TEA(トリエタノールアミン)は安全性を問題視するような情報を見かけますが、現状は赤ちゃん用の製品やリーブオンタイプ(メイクアップ製品など)の中でも、アイライナーなど目の周りに使う製品に使われています。

TEAは非常に多くの化粧品に使用されているにもかかわらず、問題があっという報告はないようです。アレルギー体質や肌荒れのときには使用を控えた方が無難かもしれません。これは他の多くの化粧品も同じですね。

常盤薬品工業 なめらか本舗 パーフェクト泡洗顔


110g ¥832
アマゾンボタン

炭酸泡で血行を促進できる洗顔料です。メインの洗浄成分はアミノ酸系界面活性剤で、そのほか肌にマイルドな両面界面活性剤()、非イオン界面活性剤()を含みます。石けん成分も配合されていて、保湿効果も期待できるカリウム石けんです。ムース状でなめらかな泡で気持ちよく洗顔できます。

香料は入っていません。

ロート製薬 アクティブサージプラチナイズド ムースウォッシュ 


150g ¥3,129
アマゾンボタン

これも炭酸の泡で血行を促す洗顔料です。石けんベースではなく、アミノ酸系界面活性剤(ココイルグルタミン酸Na)、非イオン界面活性剤(デシルグルコシド、ラウリン酸ポリグリセリル-10)などの洗浄剤を配合し、泡は整髪料のムースのようなしっかりしたコシのある泡です。保湿成分やエキスなどの美容成分も配合されているので、1分ほどおいて炭酸パックをするのもおすすめです。

(※6)(※7)(※8)(※9)

はな子
わ〜!洗顔って大事なんだ…!30代に入ってからするより、20代後半のうちに始めておこう!
美神先生
それがいいわ。対策に遅いことはあっても、早すぎることなんてないからね。
はな子
それに、洗浄成分の話、よく知らなかったのでとっても勉強になりました!洗顔料を肌に合わせて変えていけば、お肌の曲がり角なんて怖くない!
美神先生
ふふふ。がんばってね。
【参考URL】
(※1)皮膚の構造とはたらき | maruho(アクセス日:2018年7月4日)
(※2)身体と水分|大塚製薬(アクセス日:2018年7月4日)
(※3)石鹸の定義 | 石鹸百科(アクセス日:2018年7月4日)
(※4)これだけは知っておきたい石鹸の特性 | 石鹸百科 (アクセス日:2018年7月4日)
(※5)【2017年度・春夏】10代~50代女性世代別『肌の悩み』アンケート調査結果 | PRTIMES(アクセス日:2018年7月6日)
(※6)ココアンホ酢酸Naとは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン(アクセス日:2018年7月7日)
(※7)ココイルメチルタウリンNaとは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン(アクセス日:2018年7月7日)
(※8)コカミドDEAとは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン (アクセス日:2018年7月7日)
(※9)TEA(トリエタノールアミン)とは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン (アクセス日:2018年7月9日)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)