べビ肌

ガサガサ唇をぷるぷる唇にする方法とおすすめのリップクリーム9選

39 views

この記事を書いた美容ライター

村木ゆみ

化粧品技術者・開発者として外資系大手化粧品会社と製薬会社で計10年勤務。海外化粧品輸入販売会社で、販売員へ化粧品知識の教育テキスト作成やお客様への説明資料作成も担当。現在はフリーの美容ライターとして活動してます。

はな子
痛い痛い~。先生、なんか唇がガサガサになっちゃって。冬でもないのにガサガサってどういうこと?
美神先生
唇がガサガサになるのは、冬の乾燥のせいだけではないわ。唇が日焼けしたんじゃないの?ちゃんとケアしてる?
はな子
唇も日焼けするんですか!?唇ケアっていうか…リップクリーム塗るぐらいしか…。
美神先生
もちろん唇も日焼けするわ!それに日焼けして傷んでる唇に、いきなりリップクリームは塗っちゃいけないの。今回は季節に関係なく、唇がガサガサしているときの対処法を説明しましょうね。
はな子
は~い。いたたた・・・。お願いしまふ。

唇の構造

唇の構造は顔の皮膚の構造と異なっています。

まず私たちが普段、唇と呼んでいる部分は外から見える部分のことを言い、『赤唇縁(せきしんえん)』と呼ばれる部位を差します。

そして、外からは見えない口の中に入っている唇の部分を『粘膜部』と呼び、区別されています。

この記事は赤唇縁の話なので、ここでいう唇とは赤唇縁のことを差すことをはじめにお断りしておきます。

唇が顔の皮膚の構造と違っているところ

美神先生
上でも言ってるように、唇と顔の皮膚は構造が違うのはなんだかわかる?
はな子
え!?うーんと…唇は顔と違って赤いからぁ…え〜っと…
美神先生
お!着眼点はいいわね!違っているとこは主にこの3つ!
  • 唇には皮脂腺がない
  • 唇には皮脂腺がないため、皮脂で唇の表面を保護することができません。そのため水分が奪われやすく、ガサガサになりやすいのです。

  • 角質層が薄い
  • 唇は顔の皮膚の中でも角質層が薄いため、外部の刺激、例えば寒気や紫外線などの影響を受けやすい部位です。

  • 唇はメラニン色素を欠くか極めて乏しい
  • 唇にはメラニン色素が非常に少ないため、紫外線の影響を受けやすくなっています。

このように唇は顔の皮膚とは違った構造をしています。

美神先生
唇は角質層が薄いために、血液の色が透けて見えて赤い色をしているの。
はな子
なるほど…!!じゃあ顔の角質層が薄かったら…。
美神先生
唇みたいに真っ赤な顔になるってことね!
はな子
ヒェッ…。

(※1)(※2)

ガサガサに唇が荒れる原因

唇は冬だけではなく、夏でも荒れます。唇が荒れる原因は多岐に渡るので、大きく5つのグループに分けてから一つ一つの原因を見ていくことにします。

その1,乾燥

唇をなめると、乾燥します

食事中は、味の濃いものを食べる時、その味が唇につくとなめることが多いと思います。その他、癖で唇をなめる行為も唇の荒れの原因になるので、気をつけましょう。

また、空気が乾燥していると、唇も乾燥して荒れやすくなります。

冬の空気は乾燥しているので唇が荒れることが多いですが、夏でも室内のエアコンの風にあたることで唇が乾燥して荒れの原因になります。

口呼吸も唇を乾燥させるので、気をつけましょう。

その2,刺激

唇に付いた汚れなどを拭きとるときの摩擦が刺激になり、唇が荒れる原因になります。メイクや刺激のある食べ物などが唇に残っている場合も、それが刺激になり、唇が荒れる原因になります。

唇にはメラニン色素が極めて少ないために、紫外線を浴びるとダメージを受けやすいのです。紫外線によるダメージを受けると、唇に炎症が起きたり角質がガサガサに荒れたりします。

その3,栄養不足

美しい唇を維持するためには、栄養が必要です。荒れた唇の修復にも栄養が必要ですし、荒れにくい唇にするためにも十分な栄養が必要です。夏場は食欲が低下し、栄養不足になることがあるので注意したいですね。

具体的にはビタミンB2・B6やビタミンCなどの栄養素は欠かせません。これらのビタミンは粘膜を保護し、皮膚の新陳代謝を促す働きがあります。

ピッピ
ビタミンBとビタミンCは水溶性ビタミンだから、摂り過ぎたら体外に排泄されるッピ!
美神先生
摂り過ぎに注意しなくてはならないのは、ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性ビタミンね。

その4,体調不良

口は食べ物を入れる場所で食べたものは胃腸へつながっていることから、胃腸のトラブルは口に現れるといわれています。

口角が切れる場合には、胃炎や十二指腸のトラブル、口内炎ができる場合には胃炎や抵抗力の低下などが考えられます。

抵抗力が低下すると、唇に水ぶくれができる口唇ヘルペスが発症しやすくなります。

その5,アレルギー

唇が荒れるのは、接触性口唇炎アトピー性口唇炎などが原因で荒れることがあります。

接触性口唇炎

接触性口唇炎は、「一次刺激性接触性口唇炎」と「アレルギー性接触口唇炎」とに分かれ、アレルギーは後者になります。

一次刺激性接触性口唇炎…一次接触性接触口唇炎は、刺激の強い薬剤などが一時的に触れたことで唇に炎症が起きる場合を言います。

アレルギー性接触口唇炎…アレルギー性接触性口唇炎を引き起こす、アレルギーの元となるアレルゲンは様々で、化粧品原料や食品にも多く存在します。

人によって反応が違うため、一概にこの化粧品成分がアレルギーを引き起こすとは言い切れませんが、リップクリームや口紅の成分で一度かぶれ経験のある人は、その成分を含む化粧品を含む化粧品を使わないようにすることが大切です。

アトピー性接触性口唇炎

アトピー性口唇炎は、アトピー性皮膚炎が唇にできたものをいいます。

アトピーの原因は最近ではバリア機能が何らかの理由で低下していることが指摘されています。唇が常に荒れた状態や、荒れやすい状態にあるので、唇の保湿には特に気を使わなくてはなりません。

(※3〜(※6)

荒れた唇に効果的なケア

美神先生
唇は顔の中でも目立つ部分なので、荒れた唇をそのまま放置していたくないわよね!
はな子
当たり前ですよ〜!できるだけ早くきれいな唇に戻したい!
美神先生
じゃあ、そんな人に効果的な唇ケアを紹介するわ!

はちみつケアが効果的!

荒れた唇には、はちみつを塗ると良いと言われています。

はちみつにはビタミンやミネラル、アミノ酸など多種類の栄養素が含まれています。唇の荒れに良いのは、ビタミンB群のうち次に説明するB2 とB6が唇の荒れ改善に効果があるとされています。

また、はちみつ自体に殺菌力・抗菌力があるので、荒れた唇で雑菌が繁殖するのを防ぎます。

あくまでも乾燥による角質の荒れや軽いひび割れ程度のケアなので、深いひび割れ・水ぶくれ・化膿しているような場合には、まず病院へ行くことをおすすめします。

炎症の程度によっては、はちみつを塗ることにより悪化してしまう可能性もありますので、ご注意ください。

はな子
食品だからどんなときも使ってOKってわけではないのね・・・。

ビタミンB2とB6が効果的!

ビタミンB2とB6は水溶性のビタミンです。

◆ビタミンB2
…皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。不足すると、肌や粘膜が敏感になり、皮膚炎・口内炎・口角炎などを起こします。

ビタミンB2が多く含まれている食品
…(牛・鶏・豚)レバー・うなぎ・牛乳 など

◆ビタミンB6
…皮膚を健康に保つ働きがあります。kuuuoふそ皮膚炎・口内炎・湿疹や蕁麻疹などを起こします。

ビタミンB6が多く含まれている食品
…カツオ・マグロ・秋刀魚・牛レバー・バナナ など

美神先生
これらの栄養素は唇が荒れているときには特に、積極的に食品から摂るようにすると良いわよ。

ワセリンがおすすめ!

ワセリンは石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したものです。

石油というと嫌悪感を抱いたり、体に害があると考える人がいるかもしれません。昔は精製技術がそれほど高くないために不純物が混じったワセリンを使い、肌が荒れたことがあったそうです。

しかし、精製技術が進んだ現在では、不純物がかなり高い精度で取り除かれています。ワセリンは病院で処方される皮膚炎などの軟膏の基材として使われているので、非常に安全な物と認識されています。

ここで注意したいのが、ワセリン自体には肌に水分を与える効果はありません。

ワセリンは、肌を覆い、皮膚から水分が逃げるのを防ぐ働きをします。そのため、荒れた唇にワセリンを塗る時には、ワセリンを塗る前にリップクリームなどで保湿することが必要です。

保湿した上からワセリンを塗ることで、唇の水分をしっかり閉じ込めてくれます。

薬用リップクリームの効果的な使い方(医薬部外品・第3類医薬品)

薬用リップクリームには、「医薬部外品」・「第3類医薬品」などがあります。改善・防止のために使用するリップクリームです。

医薬部外品

医薬部外品は、唇があれたとき、または荒れ防止に日常的に使えるリップクリームです。以下の有効成分が配合されたものを使用すると良いでしょう。

◆酢酸トコフェロール:血行促進作用
◆グリチルリチン酸2K:抗炎症作用

第3類医薬品

医薬品(第3類医薬品)のリップクリームは、唇の荒れがひどく、医薬部外品のリップクリームで改善がみられない場合に使うと良いでしょう。

ただし、医薬品なので副作用の危険があるため、日常的に使うのはやめましょう。

第3類医薬品のリップクリームは、以下の成分が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

アラントイン:抗酸化作用・傷の修復を早める作用
グリチルレチン酸:抗炎症作用
酢酸トコフェロール:血行促進用
塩酸ピリドキシン(ビタミンB6):皮膚や粘膜の健康を維持

美神先生
医薬品のリップクリームって気軽に使ってしまいそうだけど、薬ってことを忘れちゃダメね。

リップパックの注意点

リップパック」の方法は、巷でいろいろ紹介されています。

はちみつ、ワセリン、オリーブオイル、リップクリームを使い、サランラップを唇に貼り付けて一定時間置く方法が多いと思います。

ラップをする前に、温めたタオルで唇を保湿したり、入浴後すぐにラップする方法もあります。

リップパックの方法は様々あってよいと思いますが、1つ気をつけていただきたいことは、ワセリンで説明したのと同じことですが、ラップ自体に保湿効果はなく、唇の水分が蒸発しないように覆う役割しかありません

したがってラップする前には、唇をうるおしておく必要があります。

入浴後や温めたタオルなどは効果的でしょう。その他はちみつ・オイル・ワセリン・リップクリームを塗った後でラップをするのは効果的ですが、ワセリンと他の保湿作用のあるものを使う時には、必ずワセリンを後に塗るようにしましょう。

先にワセリンを塗った後はリップクリームやはちみつを塗っても、唇の方へ保湿成分が移っていかないからです。

(※7)〜(※10)

唇が荒れているときにおすすめのリップクリーム5選

唇が荒れているときは、抗炎症剤などの入った医薬部外品のリップクリームがおすすめです。

ひび割れなどがあり、痛みを伴うほどひどく荒れているときには、医薬品のリップクリームもおすすめです。

美神先生
医薬品のリップクリームを使う時には、使用上の注意をよく読み使用法を守ってね。

医薬品・医薬部外品のリップクリーム

近江兄弟社メンターム モイスinアクアリップ 敏感(医薬部外品)


4g ¥348
アマゾンボタン

有効成分はトコフェロールとグリチルリチン酸ステアリルです。保湿成分はスクワラン、ホホバ油、アロエエキスなどが配合されています。メントールに刺激を感じる人や唇が敏感になっている人におすすめしたい、低刺激性のリップクリームです。

ニベア クリームケア リップバーム (医薬部外品)


7g ¥435
アマゾンボタン

有効成分はトコフェロールとグリチルリチン酸ステアリルです。保湿成分はホホバオイル、スクワラン、ハチミツなどが配合されています。ワセリンが配合されていて、保湿成分をしっかり閉じ込める高保湿リップバームです。

メンソレータム メディカルリップnc(第3類医薬品)


8.5g ¥792
アマゾンボタン

成分はトコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)、グリチルレチン酸、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、アラントイン、セチルピリジニウム塩化物水和物 が配合されています。保湿成分はワセリン、サラシミツロウが使われています。

医薬品ですので使用上の注意を守り、5~6日間使用しても症状の改善が見られなければ、医師・薬剤師または登録販売者に相談しましょう。

ユースキン メディリップ(第3類医薬品)


8.5g ¥752
アマゾンボタン

成分はアラントイン、グリチルレチン酸、ビタミンE酢酸エステル、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、パンテノールが配合されています。保湿成分としてスクワラン、グリセリン、オリーブ油、ワセリンが配合されています。

こちらも同じく医薬品なので使用上の注意を守ることと、症状の改善が見られないときには医師・薬剤師などに相談しまししょう。

医薬部外品で色がついたリップクリーム

唇が荒れている間は口紅は使わないほうが良いのですが、唇にどうしても色味が欲しいという人には、医薬部外品のリップクリームでほんのり色がつくタイプのリップクリームがおすすめです。

メンターム 口紅がいらない薬用リップ ほんのりUV


3.5g ¥470
アマゾンボタン

有効成分はトコフェロール酢酸エステルとグリチルレチン酸ステアリルです。保湿成分はホホバ油、オリーブ油配合です。唇が荒れて、口紅を塗りたくない。でも唇に色が少し欲しいというときに頼れるリップクリームです。紫外線防止効果(SPF12)もあるなんて、唇が荒れているときには特にありがたいですね。

唇の紫外線対策用リップ4選

唇はメラニン色素が少なく紫外線の影響を受けやすい上に、角質層が薄いために荒れやすいので、唇の紫外線対策は欠かせません。

リップクリームは顔に塗る日焼け止めよりも効果持続時間は短いので、こまめに塗るだけではなく二重の対策を取ることも必要なので、日傘や帽子などを併用することがおすすめです。

美神先生
次に唇の紫外線対策におすすめのリップクリームを紹介するわ。

紫外線防止剤配合のリップクリームを使う

夏場は紫外線が気になるので、紫外線防止防止剤が配合されているリップクリームがおすすめです。

口紅を塗る時は、先にUVカットのリップクリームを塗り、その上に口紅を塗ります。

ロート製薬 スキンアクア リップケアUV


4.5g ¥318
アマゾンボタン
SPF22・PA++

保湿成分はアセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アロエベラ葉エキス、スクワランが配合されています。

ニベア リップケアUV(医薬部外品)


3.9g ¥600
アマゾンボタン
SPF20・PA++

有効成分は酢酸トコフェロール(血行促進)、グリチルレチン酸ステアリル(抗炎症)です。保湿成分としてワセリン、シア脂、ホホバ油が配合されています。

DHC ピュアカラー リップクリーム


1.4g ¥588~
アマゾンボタン
SPF13 PA+

UVカット効果のある色付きリップクリームです。UVカットのリップクリームと口紅を使うのが面倒な人におすすめします。

保湿成分としてオリーブ果実油、カニナバラ果実油、シア脂、ホホバ種子油、月見草油が配合されています。

資生堂 UV リップカラースプラッシュ 10g 2,500円(税抜)


10g ¥3,177
アマゾンボタン
SPF35・PA+++

こちらはリップクリームではなく、口紅・グロスに分類されています。かなり強力な紫外線防止効果があるので、こまめに塗り直しができないときなどには重宝しそうです。

そうはいっても口紅と同様、数時間おきの塗り直しは必要です。塗り直しが一本で済み、紫外線防止効果が高いのが特徴です。

唇が日焼けしてしまったら

紫外線を浴びると、髪はパサパサになり、肌は赤くなってヒリヒリ痛み、その後皮がめくれてきますよね。これが日焼けです。

唇も紫外線を浴びると日焼けします。唇がガサガサになる程度ならよいのですが、ひどい日焼けになると唇が腫れるようです。私は日焼けによる唇の腫れまでは経験したことがないのですが、腫れがすぐにひかない場合や、ひどく痛む場合、水疱が出来ている場合には、病院を受診しましょう。

病院を受診するほどではない場合には自宅でケアします。熱を持っているようならば保冷剤などで冷やします。日焼けした唇は敏感になっているので、自己判断で薬や民間療法的なことはしないほうが無難です。

日焼けしてすぐは、リップクリームを塗るよりも刺激が少ないワセリンがおすすめです。保湿することは必要なので十分な水分補給をして、お風呂に入ったら直ちにワセリンを塗って唇の水分蒸発を防ぐようにしましょう。

日焼けの熱が取れ、腫れがおさまった後に、薬用のリップクリームを塗ります。医薬品のリップクリームは、ただれや水ぶくれがある際には医師・薬剤師または登録販売者に相談してから使用しましょう。

栄養補給でダメージを早期回復

ビタミンCやビタミンB2とB6は粘膜や皮膚再生に必要なので、意識的にそれらのビタミンが多く含む食品を食べると良いでしょう。ビタミンB2とB6を多く含む食材はすでに紹介しました。

ビタミンCを多く含む食品で、すぐに思いつくのはレモンではないでしょうか。その他柑橘類も身近にありますね。

ビタミンC含有量が多い食品のランキングを見たのですが、上位にアセロラ、ケール、パセリとありました。アセロラもケールも、どの家庭にも当たり前にあるかというと、そういうわけではありませんね。パセリはもっと一般的ですが、そんなにたくさん食べるものでもありません。ではやはりレモン?

実はビタミンCの補給には、レモンや柑橘類よりも簡単に摂取できてより身近な食品があります。

それは「緑茶」。

中でも煎茶が最もビタミンC含有量が多いそうです。緑茶でビタミンCを摂るためには、80℃のお湯よりも熱湯が良いそうです。お茶のビタミンCは熱湯では壊れないそうです。しかしお茶を入れたらすぐに飲みましょう。ビタミンCは、空気と触れたらすぐに酸化してしまうからです。

日常的に緑茶を飲むようにすれば、日焼けの時に限らず美白やアンチエイジングに効果的です。これはあくまでも淹れたての緑茶であり、ペットボトルの緑茶のことではありませんので、ご注意ください。

保湿を念入りにしてダメージを最小限にする

日焼けした唇は、角質が荒れるために皮膚内の水分が失われやすくなっていて、そのため角質はガサガサになります。回復を早めるためにも、保湿は欠かさず行いましょう。

水分を十分に摂ることと、唇の乾燥を防ぐためにリップクリームを塗った後に、薄くワセリンを使うとより効果的です。

美神先生
唇はスキンケアの中でもちょっとデリケートなのよ。正しくケアして、早く良くなってね。
はな子
はーい!さっそく帰って実践しまーふ。
【参考URL】
(※1)唇 | 日本化粧品技術者会(アクセス日:2018年7月23日)
(※2)リップが荒れる | Kao(アクセス日:2018年7月30日)
(※3)唇の荒れ| 西尾皮膚科医院(アクセス日:2018年7月23日)
(※4)唇が荒れてしまった時の対処法は? | レーザー治療専門 美容皮膚科シロノクリニック(アクセス日:2018年7月29日)
(※5)アトピー性皮膚炎の要因(どうしてなるのか) | アレルギー支援ネットワーク(アクセス日:2018年7月31日)
(※6)唇が荒れてカサカサに…!?口唇炎の症状・治療法を解説 | 歯のアンテナ(アクセス日:2018年7月31日)
(※7)特集2 食材まるかじり「愛しのハニー」(2) | 農林水産省(アクセス日:2018年8月1日)
(※8)野菜の栄養、茹でるとなくなるは本当?茹で野菜のメリットを紹介 | VEGEDAY KAGOME(アクセス日:2018年7月31日)
(※9)ビタミン講座 ~ビタミンB群~ | 総合南東北病院(アクセス日:2018年8月1日)
(※10)ワセリン(ヴァセリン)とは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン(アクセス日:2018年8月1日)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)