元化粧品開発者が選ぶ!50代のシミやくすみに効果的な美容液6選&50代が実際に使ってる美容液と口コミ2選

この記事を書いた人
アバター
村木ゆみ

化粧品技術者・開発者として外資系大手化粧品会社と製薬会社で計10年勤務。海外化粧品輸入販売会社で、販売員へ化粧品知識の教育テキスト作成やお客様への説明資料作成も担当。現在はフリーの美容ライターとして活動してます。

はな子
先生、シミとくすみについて質問があります。20代や30代女性のシミ・くすみ対策と、私の50代以上の女性のシミ・くすみ対策って同じでいいのですか?
美神先生
ん?もしかして、はなちゃんのお母さんのことかしら?
はな子
さすが先生!そうなんです。この間、お母さんが鏡を見ながら肌がくすんでる気がするって言うんです。確か昔はもっと白かったようなって。日焼けというほどでもないし、くすみじゃないのって返事したんだけど、私と同じようなケアを教えていいのかどうかわからなくて。
美神先生
はなちゃん、とてもいい所に気がついたわね!年代が違うと、やっぱりお手入れの方法も違うのよ。年齢が上がると肌がカサカサになってくるというけど、ちゃんと理由があるのよ。年齢に伴って起きる体の変化を分かった上で対策をすると効果的よ。
はな子
そうなんですね!将来の自分のお肌のためにも、とっても興味あります!教えてくださ~い。

若い年代とは違う50代のシミやくすみの原因

50代以上の女性のシミやくすみの原因は、ターンオーバーの乱れなど若い年代の女性にも当てはまることがあります。でもなぜそうなってしまうかというところまで遡ってみると、加齢による体の変化が根本にあることがわかります。

乾燥肌や血行不良など、よくある肌トラブルでも年代によって対処法が変わるというのはそういう理由です。今回は50代のシミやくすみの原因と対策・スキンケアについて考えましょう。

シミ・くすみの原因と考えられること

シミ・くすみの原因と考えられることを次に挙げていきます。若い年代にも共通した部分がありますが、50代の肌の特徴を踏まえてそれぞれの項目について解説していきます。

血行不良によるくすみ

若いうちは比較的アクティブに動きますが、年齢が上がってくると若い頃よりも動かなくなる傾向が多いと言えます。ただでさえ加齢により体の各器官が衰えてくるのですから、血行不良は年齢が上がるとともに深刻になってきます。

血行が悪くなるとそれだけ肌へ栄養が届かなくなり、また排泄物を血流に乗せて体外に排出するしくみも上手く働きません。そのため肌は元気がなくなり、くすんできます。

年齢が上がってくると、激しい運動よりも体に負担のかからない緩やかな運動を一定時間続けるのが効果的です。有酸素運動がおすすめです。

ターンオーバーの滞りによるくすみ

血行不良にも通じることですが、肌への栄養が行きわたらなくなると、必然的に肌の新陳代謝が遅くなります。つまり肌のターンオーバーの期間が長くなるということです。

新しい細胞が生まれるサイクルが長くなり、古い角質が角質層へ押し上げられ剥がれ落ちるというサイクルも長くなります。その結果、古い角質が肌のくすみとなって現れます。

加齢によるターンオーバーの滞りは自然なことですが、いつまでも若々しくいるためには意識しておくべきポイントです。

適度な運動を習慣にして血行を促進して新陳代謝を高め、肌のうるおいを守るための食事やスキンケアなどに気を配ることも大事です。

乾燥肌による肌のくすみ

後で詳しく説明しますが、女性ホルモンは肌のうるおいを高める作用があります。40代後半から50代にかけて、女性ホルモンの分泌量が減ってきます。その影響で、肌のかさつきを感じるようになります。

皮脂分泌も減ってくるので水分量も油分量も足りなくなり、油分が多めのクリームが必要になる時期でもあります。

食事から必要な栄養分を摂取することはおすすめですが、若い年代よりも健康上の理由で様々な制限がある人が多く、代謝も落ちてくるので食事面に関しては気を使うべき事柄が多くなります。

紫外線や摩擦によるメラニン沈着(シミ・くすみ)

若い年代は肌のコンディションもよく、新陳代謝が活発なので、うっかり紫外線を浴びても早めに対処すればシミを防ぐことができます。

ところが50代以上になると、肌の乾燥・バリア機能の低下などにより紫外線の影響を受けやすくなりますし、これまで浴びた紫外線によって蓄積したメラニンもあり、シミやくすみが消えにくくなっています。そのようなことから、紫外線対策は念入りにしなくてはなりません。

摩擦による色素沈着はシミやくすみの原因になります。日常の摩擦は洗顔、マッサージ、タオルドライ、化粧などによるものがほとんどです。つまり習慣化したものですので、改善が難しいものの一つです。

気づかないで摩擦の生じる行為を繰り返している可能性もあるので、シミやくすみが気になる場合には、習慣化している行為にも目を向けてみると改善策が見つかるかもしれません。

肌のタンパク質の変性によるくすみ

肌を構成している成分の一つがタンパク質です。肌の弾力性を保つコラーゲンやエラスチンもタンパク質ですね。これらのタンパク質が変性することによって肌がくすんで見えるというのです。

原因は血液中の過剰な糖質がタンパク質と結びつく糖化という現象と、活性酸素が脂質と反応して最終的にタンパク質を変性させるカルボニル化という現象です。加齢により、顕著に現れる変化だと言われています。詳しくは後で説明します。

女性ホルモンが低下し、50代の肌は乾燥しがちになる

まず顕著に現れるのが、女性ホルモンの分泌量が減ることにより肌のうるおいが減ることです。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、50代になると女性ホルモンの分泌はどちらも減少します。

エストロゲンは肌のうるおいを高める働きがあり、プロゲステロンは皮脂分泌を促します。この両方のホルモン分泌が減少するので、肌のうるおいだけではなく、皮脂分泌も減ることになります。

40代後半から50代に入り女性ホルモンが減少し始めますが、じわりじわりと両方が同じように減ってくれるわけではありません。ある時はエストロゲンがいつもより多いときもあれば、プロゲステロンが多いときもあるでしょう。

人間だから機械のようにきれいに減少していくわけではありません。ホルモン分泌量は年齢だけで決まるのではなく、様々な要因がからんでいるからです。個人差も大きいです

揺らぎのある肌コンディションをしっかり観察し、水分と油分をその時々で適切に補給しなければ、肌がカサカサになって荒れてしまいます。そうなると肌のターンオーバーが滞り、周期が長くなってしまうために古い角質が剥がれ落ちずに角質層が厚くなり、肌がくすんでしまいます。

はな子
じゃあ、いつも同じスキンケアじゃダメってことですか?
美神先生
肌は女性ホルモンの影響を受けやすいから、肌の状態が変化したと思ったら柔軟に対処するように心がけることで、トラブルも回避できると思うわ。

50代の肌に起きる老化とくすみの関係

人間は歳を重ねると老化するのは自然なことです。こればかりはあらがうことができませんが、どんなことが老化を促進するのかを知ることで、できるだけ老化を遅らせることはできそうです。

前章でシミ・くすみの原因になることを挙げましたが、その中でも特に50代ぐらいから見られる肌のくすみの原因と、肌の中で起こっている変化について詳しく説明したいと思います。

肌のタンパク質の変性によるくすみ

くすみの原因の一つとして近年注目されているのは、肌に存在するタンパク質の変性による黄ぐすみです。タンパク質の変性とは?それがなぜくすみにつながるのかについて、説明します。

肌の糖化によるくすみ

糖化という言葉をご存知でしょうか。糖化とは、体内のタンパク質が体内に過剰に存在する糖質と結びつく現象をいいます。

糖化によって作られるAGE(糖化最終生成物)という物質は、加齢に伴い発症する病気の原因になることもわかっています。糖化からAGE生成にいたる過程で、コラーゲン繊維の弾力性を低下させることも明らかになりました。

糖化が肌で起こると、コラーゲン繊維の弾力性が低下し、シワやたるみの原因にもなるということです。また糖化はメイラード反応とも呼ばれ、反応が褐色を呈することで知られています。この褐色が肌のくすみになって現れているとも言われています。

ピッピ
糖分の摂り過ぎに注意するッピ!
【関連記事】糖化について詳しくはこちらの記事もチェックしてみてくださいね
糖化が肌に及ぼす怖い影響5つとおすすめクリーム&美容液7選 

ポーラの研究によると、皮膚表面にある角層中のAGEの量が多いと肌表層部の柔軟性が失われるそうです。肌のAGEは紫外線により増えることも発見され、冬の紫外線量が少ない時期にもAGEが増えるという事実も発表されています。

肌の柔軟性が低下するとくすみだけではなく、たるみにもつながり、老け顔になってしまうので、冬の紫外線対策は怠らないようにしましょう。

黄ぐすみは真皮層タンパク質のカルボニル化が原因

年齢が上がると肌の黄味が強くなることがわかっています。これを「黄ぐすみ」と呼び、エイジングによる問題の一つとされています。これまで黄ぐすみの原因は解明されていませんでしたが、資生堂が黄ぐすみの要因の一つとされる現象を解明しました。

それが真皮層に存在するタンパク質のカルボニル化という現象です。

簡単に説明すると、体の中にある脂質が活性酸素などにより過酸化反応をしたために発生するアルデヒドが、体内のタンパク質に含まれるアミノ酸残基に反応してタンパク質をカルボニル化します。

研究によると、カルボニル化されたタンパク質が真皮モデルを黄変させたことが確認されました。このことから、タンパク質のカルボニル化が黄ぐすみの要因の一つであると結論づけられました。

タンパク質カルボニル化は脂質の過酸化反応に起因するので、過酸化反応の元になる活性酸素の発生を必要以上に増やさないことが肝心です。

紫外線を避けることや抗酸化作用のある食品を積極的に摂り、ストレスや疲労をためないことも対策になります。

(※1)~(※5)

50代のシミやくすみに効果的なおすすめ美容液6選

50代になると適度な運動をして血行を良くし、保湿・紫外線対策を念入りにすることの大切さを説明してきました。次は体の変化に伴って表面化する、50代のシミやくすみに最適な美容液をご紹介します。

【医薬部外品】クレ・ド・ポーボーテ セラムコンサントエクレルシサン

資生堂インターナショナル

セラムコンサントエクレルシサンは、クレ・ド・ポーボーテ研究所が採用した「ブレインスキン理論」を元に独自複合成分イルミネイティングコンプレックスEXを配合しています。

この複合成分を構成している加水分解シルク液は、資生堂により公開されている技術資料によるとダメージを受けた皮膚バリアを補修する効果があることが示されています。

ブレインスキン理論とは、紫外線や乾燥などの外的刺激により興奮状態にある肌は、自らその状態を鎮める力があるという考え方です。興奮状態が続くと、肌へのダメージにつながることから、興奮状態を鎮める肌の力を正常に保つことで肌をダメージから守るという考えに基づいて開発された美容液です。

有効成分は4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK),トラネキサム酸が美白成分で、酢酸DL-α-トコフェロールは血行促進、グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症の作用があります。

【有効成分】
4-メトキシサリチル酸カリウム塩,トラネキサム酸,酢酸DL-α-トコフェロール,グリチルリチン酸ジカリウム

【その他の成分】
加水分解コンキオリン液,加水分解シルク液,精製水,エタノール,ジプロピレングリコール,メチルポリシロキサン,濃グリセリン,メチルフェニルポリシロキサン,トレハロース,テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット,モノステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル,エリスリトール,ポリエチレングリコール1000,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,無水ケイ酸,イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル,イソステアリン酸,ベヘニルアルコール,1,3-ブチレングリコール,カルボキシビニルポリマー,ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン,バチルアルコール,N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル),ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,メタリン酸ナトリウム,水酸化カリウム,キサンタンガム,架橋型N,N-ジメチルアクリルアミド-2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸ナトリウム共重合体,酵母エキス(3),ピロ亜硫酸ナトリウム,ハス種子乳酸菌発酵液,無水エタノール,オリーブ葉エキス,塩酸グルコサミン,紅茶エキス,3-O-エチルアスコルビン酸,チンピエキス,ユリエキス,テンチャエキス,マンゴスチン樹皮エキス,イザヨイバラエキス,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,L-テアニン,ケイ皮エキス,2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液,アセンヤクエキス,サイコエキスBS,フェノキシエタノール,香料,黄酸化鉄,ベンガラ
出典:クレ・ド・ポー ボーテ/セラムコンサントレエクレルシサン

【医薬部外品】アスタブラン レボリューション ホワイト

ASTABLANC(アスタブラン)
¥4,090
(2019/05/23 20:55:45時点 Amazon調べ-詳細)

コーセー

美白成分としてコウジ酸が配合されていますが、私が注目しているのはアスタキサンチンです。アスタキサンチンはカロテノイドの一種で、抗酸化作用があります。抗酸化作用の中でも、アスタキサンチンには過酸化脂質抑制作用があります。

過酸化脂質、覚えていますか?この記事で、タンパク質のカルボニル化による黄ぐすみについて解説したところに出てきました。タンパク質のカルボニル化が黄ぐすみの原因の一つであることが、研究から明らかにされました。

タンパク質のカルボニル化は、脂質の過酸化反応に起因するのでしたね。アスタキサンチンには過酸化脂質抑制作用があるので、たんぱく質のカルボニル化の抑制効果も期待できそうです。

配合成分
【有効成分】コウジ酸
【その他の成分>】精製水、ジプロピレングリコール、エタノール、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、dl-α-トコフェロール、アスタキサンチン液、アデノシン三リン酸二ナトリウム、メドウフォーム油、ルチングルコシド、海水、海藻エキス (1) 、水溶性コラーゲン液 (A) 、天然ビタミンE、N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ (コレステリル、ベヘニル、オクチルドデシル) 、エデト酸二ナトリウム、キサンタンガム、グリセリン脂肪酸エステル、コハク酸、コハク酸二ナトリウム、ジカプリン酸プロピレングリコール、ジグリセリン、スクワラン、セトステアリルアルコール、トリ2-エチルへキサン酸グリセリル、トリ (カプリル、カプリン酸) グリセリル、ナイロン末、ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸ナトリウム、ベヘニルアルコール、ポリオキシエチレングリセリン (26E.O.) 、メチルポリシロキサン、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン (20E.O.) 、モノパルミチン酸ソルビタン、流動パラフィン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料、カラメル
出典:株式会社コーセー/商品情報

【医薬部外品】アスタリフトホワイト エッセンス インフィルト

ASTALIFT(アスタリフト)
¥7,504
(2019/05/23 20:55:45時点 Amazon調べ-詳細)

FUJIFILM

美白成分はビタミンC誘導体のリン酸L-アスコルビルマグネシウムと、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムです。

アスタリフトホワイト エッセンス インフィルトもアスタキサンチンが配合されています。黄ぐすみ対策におすすめの成分です。他にはツボクサエキスにも注目したいと思います。

ツボクサエキスは抗酸化作用、糖化抑制作用があるということで、エイジングケア用の化粧品に使われます。糖化というとシミやたるみ対策の化粧品にも使われますが、くすみ対策にもおすすめです。

配合成分
【有効成分】リン酸L-アスコルビルマグネシウム、グリチルリチン酸ジカリウム
【その他の成分】コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、アスタキサンチン液、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、γ-オリザノール、ツボクサエキス、水溶性ツボクサエキス、酵母エキス(3)、マロニエエキス、天然ビタミンE、大豆リン脂質、BG、濃グリセリン、ペンチレングリコール、アルカリゲネス産生多糖体、ベタイン、ジグリセリン、DPG、エタノール、POEメチルグルコシド、POE水添ヒマシ油、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、POEフィトステロール、グリセリン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料、粘度調整剤、pH調整剤
出典:FUJIFILM ビューティー&ヘルスケアOnline/アスタリフトホワイト/エッセンスインフィルト<美白美容液>

【医薬部外品】ホワイトショットSXS

POLA(ポーラ)
¥10,531
(2019/05/23 20:55:46時点 Amazon調べ-詳細)

ポーラ

美白成分として、4-n-ブチルレゾルシン(ルシノール)、アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)が配合されています。ルシノールは、ポーラの申請により医薬部外品の成分として承認されました。

ルシノールの美白作用機序は、チロシナーゼ阻害作用とTRP-1阻害作用です。チロシナーゼはチロシン→ドーパ→ドーパキノンの反応に関係しますが、TRP-1はドーパキノン→メラニンの反応に関係します。チロシナーゼとTRP-1の反応を阻害するのがルシノールです。

ルシノールのチロシナーゼ活性阻害に関しては、ハイドロキノンの100倍、アルブチンの380倍であるというデータがあります。

ルシノールは、高いTRP-1阻害作用を持つこともわかっています。チロシナーゼ活性阻害作用がハイドロキノンの100倍という、ルシノールの美白効果に期待したいですね。

配合成分
【有効成分】
4-n-ブチルレゾルシン(ルシノール)、アスコルビン酸2-グルコシド
【その他の成分】
水、シクロペンタシロキサン、BG、グリセリン、POE・ジメチコン共重合体、無水ケイ酸、高重合ジメチコン-1、クロレラエキス、カッコンエキス、アロエエキス-2、グリチルリチン酸2K、ビワ葉エキス、アーティチョークエキス、ユズセラミド、ショウキョウチンキ、マヨラナエキス、桃葉エキス、スターフルーツ葉エキス、クララエキス-1、ショ糖脂肪酸エステル、水酸化K、無水エタノール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、ワセリン、イソステアリン酸ソルビタン、クエン酸Na、エタノール、オレイン酸PEG、クエン酸、ジステアリルジメチルアンモニウムヘクトライト、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール、メチルパラベン
出典:ポーラ公式オンラインストア/ホワイトショットSXS

アンプルール ラグジュアリーホワイトメラルミナス

アンプルール(AMPLEUR)
¥9,637
(2019/05/23 20:55:46時点 Amazon調べ-詳細)

ハイサイド・コーポレーション

安定型ハイドロキノン(ハイドロキノン、セタルコニウムクロリド)とオリゴペプチド-34が目玉の成分で、メラニンの生成と蓄積を抑制し、シミを防ぐ働きをするという商品です。医薬部外品ではなく化粧品です。

ハイドロキノンは美白作用があることは広く知られていますが、オリゴペプチド-34も美白作用のある成分として注目されています。アンプルールの公式ホームページには「メラルミナスペプチド」と呼ばれている成分がオリゴペプチド-34です。

オリゴペプチド-34の作用として知られているのは、メラニン合成に必要な酵素などの発現を促す物質の活動抑制、メラニン合成のきっかけになる炎症へのアプローチ、メラニンがケラチノサイトへ移行を抑制することです。

その他、抗酸化作用のある成分(ツボクサエキス、セイヨウオオバコ種子エキス)や血行促進作用のある成分(トコフェロール)が配合されているので、50代のシミ・くすみケアにおすすめです。

配合成分
【全成分】水、グリセリン、ジメチコン、DPG、パルミチン酸イソプロピル、ペンチレングリコール、エチルヘキサン酸セチル、ソルビトール、BG、スクワラン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ステアロイルラクチレートNa、トコフェロール、アルブチン、1-メチルヒダントイン-2-イミド、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水添レシチン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、乳酸Na、PCA-Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ツボクサエキス、ハイドロキノン、グリチルレチン酸ステアリル、カンゾウ根エキス、プルーン分解物、セレブロシド、加水分解酵母、オリゴペプチド-34、ローズマリー葉エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解シロガラシ種子エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、スーパーオキシドジスムターゼ、セタルコニウムクロリド、カルボマー、キサンタンガム、水酸化Na、フェノキシエタノール、香料
出典:美白のAMPLEUR/ラグジュアリーホワイトメラルミナス/エイジング美容液

【医薬部外品】ナビジョン TAホワイトエッセンス

ナビジョン
¥9,851
(2019/05/23 20:55:46時点 Amazon調べ-詳細)

資生堂

資生堂が皮膚科医療と深く関わりながら開発した美白エッセンスです。資生堂の長年の美白研究とテクノロジーを元にした、より肌に優しく安全な美白ケアが可能になった商品です。

医薬部外品で、有効成分はトラネキサム酸(美白)、4-メトキシサリチル酸カリウム塩(美白)、グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)、酢酸DL-α-トコフェロール(血行促進)です。

美白成分とともに、血行促進作用や抗炎症作用のある成分がしっかり配合された50代におすすめの美白美容液です。

配合成分
【有効成分】
トラネキサム酸、4-メトキシサリチル酸カリウム塩、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロール
【その他の成分】
精製水、濃グリセリン、エタノール、ジプロピレングリコール、ポリエチレングリコール1500、メチルポリシロキサン、エリスリトール、塩化ナトリウム、イソステアリン酸、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、ポリオキシエチレンデシルテトラデシルエーテル・ヘキサメチレンジイソシアネート・ポリエチレングリコール11000共重合体、ジェランガム、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、1,3-ブチレングリコール、クエン酸ナトリウム、2-O-エチル-L-アスコルビン酸、エデト酸二ナトリウム、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、クエン酸、ピロ亜硫酸ナトリウム、水酸化カリウム、ハス種子乳酸菌発酵液、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、フェノキシエタノール
出典:ナビジョンオンラインショップ/ナビジョンTAホワイトエッセンス

(※6)~(※11)

【リアルな口コミ】50代が実際に使ってるシミ・くすみ対策の美容液

ベビ肌編集部に寄せられた「50代の方が実際にシミ・くすみ対策として使ってる美容液」を紹介したいと思います。

【52歳口コミ】そばかすが目立たなくなった!梅成分配合の高級美容液

ちんさん52歳普通肌の口コミ

お肌の悩みを解決!お肌が変化します!
☆☆☆☆☆
★★★★★
5.0

私の本音口コミ
梅の成分でできていて真皮の部分に効果があります。匂いも梅の香りがして爽やかで肌につけるとすぐに浸透していきます。シミやシワや乾燥にも効果があり私は治らないと思っていたそばかすで悩んでいましたが、いまでは目立たなくなるまで薄くなりました。ニキビで悩んでいるかたにも効果があり本当に肌がびっくりするほど変わる美容液です。
私的にこんな悩みにオススメ
  • 乾燥肌
  • ほうれい線
  • シミ
  • しわ
  • そばかす
  • たるみ
  • ニキビ
  • ニキビ跡

ウメ果実水、ウメ枝/芽/葉/小枝水、BG、サッカロミセス/ウメエキス発酵液、1,2-ヘキサンジオール 、グリセリン、ジグリセリン、メチルグルセス-10、ラフィノース、ウメ根エキス、加水分解ヒアルロン酸、スクワラン、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、水添レシチン、リゾレシチン、ダイズステロール、PEG-60水添ヒマシ油、PCA、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、グルタチオン、パンテテインスルホン酸Ca、ビオチン、加水分解卵殻膜、グリチルレチン酸ステアリル、アラントイン、黒砂糖エキス、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、ステアロキシPGヒドロキシエチルセルローススルホン酸Na、グリチルリチン酸2K、アルギニン、クエン酸Na、アミノカプロン酸、セリン、アラニン、パンテノール、リシンHCl、アスパラギン酸、ピリドキシンHCl、アセチルグルコサミン、アセチルヒドロキシプロリン、グリシン、アミノ酪酸

【58歳口コミ】シミ・そばかす・くすみ対策のための美白美容液

ゆりかさん58歳乾燥肌の口コミ

油断せずにシミくすみの強い味方。
☆☆☆☆☆
★★★★★
3.5

  • ソフィ-ナ ホワイトプロフェッショナル 美白美容液 ET
  • ¥5940
  • Amazon
  • 楽天市場
私の本音口コミ
プロフェッショナルシリ-ズのシミ・そばかす・くすみ対策のための美容液です。香りはリフトプロフェッショナルより強めのシトラス系の香りがします。手に取った感じはすごくさっぱりしていてべとつきが一切ありません。サラリとしたテクスチャ-です。使用してまだ一週間ですが肌には合っているので効果が現れる日が楽しみです。
私的にこんな悩みにオススメ
  • シミ
  • そばかす

カモミラET*、グリチルレチン酸ステアリル*、水、グリセリン、オリブ油、BG、キキョウ根エキス、アスナロ抽出液、架橋型ジメチコン、シラカバエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、エタノール、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、高融点パラフィン-1、セレシン、ジメチコン、POEメチルグルコシド、N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸ジエチル硫酸塩・N,N-ジメチルアクリルアミド・ジメタクリル酸ポリエチレングリコール共重合体/PEG混合物、スクワラン、ジステアリルジモニウムクロリド、無水エタノール、POEイソセチルエーテル、リン酸2Na、POE(12)アルキル(12~14)エーテル、リン酸1Na、イソプロパノール、セタノール、ステアリルアルコール、パラベン、香料 *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

はな子
50代のシミ・くすみ対策は、美白作用のある成分と抗酸化作用のある成分の組み合わせがよさそうですね!
美神先生
化粧品だけではなく、抗酸化作用のある栄養素を含んだ食材もいろいろあるから、積極的に摂るようにするといいわね。
【参考URL】
(※1)知っておきたい、月経と肌の関係について | シセイドウ ビノラボ資生堂(アクセス日:2019年1月24日)
(※2)vol.139 老化の原因「糖化」を防止しよう | OMRON(アクセス日:2019年1月21日)
(※3)糖化と皮膚老化 | からだサポート研究所アークレイ株式会社(事業:医療用検査システム、機能性食品素材)(アクセス日:2019年1月21日)
(※4)News Release資生堂、肌の「黄ぐすみ」の新メカニズムを解明 | 資生堂(アクセス日:2019年1月21日)
(※5)News Release冬場の微量な紫外線がエイジングを招く 角層のAGEsが紫外線によって増加することを発見 | ポーラPOLA1 ORBIS HOLDINGS(アクセス日:2019年1月21日)
(※6)クレ・ド・ポー ボーテ スキンケアの驚くべき躍進。輝きは新たな高揚へと。| 資生堂(アクセス日:2019年1月26日)
(※7)加水分解シルクとは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン(アクセス日:2019年1月26日)
(※8)アスタキサンチン(ヘマトコッカスプルビアリスエキス)とは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン(アクセス日:2019年1月26日)
(※9)ツボクサエキスとは…成分効果と副作用を解説 | 化粧品成分オンライン(アクセス日:2019年1月26日)
(※10)4-n-ブチルレゾルシノール(ルシノール)とは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン(アクセス日:2019年1月26日)
(※11)TGP2 | 株式会社マツモト交商(アクセス日:2018年11月29日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です