元化粧品開発者が選ぶ!50代におすすめのアイクリーム5選

この記事を書いた人
アバター
村木ゆみ

化粧品技術者・開発者として外資系大手化粧品会社と製薬会社で計10年勤務。海外化粧品輸入販売会社で、販売員へ化粧品知識の教育テキスト作成やお客様への説明資料作成も担当。現在はフリーの美容ライターとして活動してます。

美神先生
はなちゃん、顔の印象を決める顔のパーツはどこだと思う?
はな子
いきなりどうしたんですか?顔の印象を決めるのは・・・うーん、やっぱり目かな。
美神先生
正解!そうなのよ。目が顔の印象を決めるといってもいいらしいのよ。そんな調査結果も出てるのよ。
はな子
ということは、目の周りのケアは好印象を与えるためには必須ってことですか?
美神先生
ピンポーン!それに目の周りって皮膚が薄くて乾燥しやすいし、シワ・くすみ・たるみなどの肌トラブルも多いのよ。
はな子
確かに目の周りにシワがたくさんあったら、若くは見えませんよね。・・・あ!そうだ!お母さんが同窓会へ行くからって、今スキンケアに力入れてるんですよね。さっそく目の周りのケアのことを教えてあげなくちゃ。先生、何をしたらいいのか教えてください!
美神先生
そうだったわね。お母さん、同窓会っておっしゃっていたわね。目の周りのケアだったら、アイクリームがおすすめね。50代にぴったりのアイクリームを紹介するわね。
はな子
やったー!ありがとうございます。

50代から始める目元ケアで若々しい印象に

顔のパーツの中で顔の印象を決めるのはどこと思うか、30代と40代の男女に行なったアンケート調査結果があり、それによると「目」と答えた人が7割でした。それと同時に目のクマやシワ・たるみなどで悩んでいる人も多くいます。目は最も注目される顔のパーツであるという意識が高ければ、目の周りに関する悩みが多いのも自然なことのように感じます。

50代になると40代の頃以上に目の周りのトラブルは深刻になることでしょう。クマはくすみとも深く関わっており、シワはたるみによっても引き起こされます。これらの悩みは紫外線や加齢が原因であることもおおよその察しはつきますが、もう少し深く原因を探ってみることでより良いケア方法や対策・予防法も見つかると思います。

50代からの適切な目元ケア方法と、おすすめのアイクリームを紹介します。50代未満の方には、目元トラブルの予防法として、参考にしていただける内容です。

50代の目元にありがちな肌トラブルとその原因

30代40代が感じている目元トラブルはクマ(くすみ)、シワ、たるみでしたが、50代になると悩みの種類は変わらず、事態がより深刻になります。目の周りは特に皮膚が薄いため、肌トラブルが現れやすいのです。50代になって悩みが深刻化する前からケアするのが理想ですが、50代になってからでも何もしないでいるよりはしっかりケアしていくと、かなり印象が変わると思います。

正しいケアを理解するために、まず50代になると目元トラブルがより深刻になっていく原因と、どのような形でトラブルが現れるのかについて詳しく説明します。

女性ホルモンバランスと肌コンディションの変化

肌の状態は女性ホルモンの影響を受けています。女性ホルモンには2種類ありエストロゲン(卵巣ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。これら2種類のホルモンは、性周期によって分泌量が変化します。エストロゲンは肌をうるおしハリを保つ働きがあり、プロゲステロンは皮脂分泌を活発にする働きがあります。月経前ぐらいからニキビができやすくなるという症状は、プロゲステロンの増加によるものと考えることができます。

女性はこのように性周期によっても、肌のコンディションが変化しています。ところが40代後半から50代になると、更年期がやってきます。更年期に入ると今まで分泌されていた女性ホルモンが次第に減少していきます。その過程で様々な肌トラブルが起こりますが、目元はトラブルが起きやすい場所の一つです。特にエストロゲンの急激な減少により、肌はうるおいが不足してハリもなくなってきます。女性には辛い変化ですね。

紫外線で受けたダメージと肌の変化

紫外線の中でもUVAは波長が長いために真皮層まで入りコラーゲンやエラスチンを破壊するだけではなく、コラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞の機能を弱めます。またUVAにより発生した活性酸素が真皮層のコラーゲンやエラスチンを酸化します。これらのダメージにより、真皮は弾力性を失い、シワやたるみが現れます。

これらは長い間UVAにさらされてきた皮膚に顕著に現れるので、紫外線対策がとても重要になります。50代になると新陳代謝も落ちてくるので急に肌が老化し始めたように感じるかもしれませんが、真皮層で光老化は徐々に進行していたのです。

目元の乾燥によるシワ

50代になるとエストロゲンが減少し、肌は乾燥しがちになります。目元は皮膚が薄いために特に乾燥がひどく、目元のシワの原因になります。運動不足などによる血行不良も乾燥を悪化させます。血行不良のためにターンオーバーも乱れ、角質層が厚くなってシワができやすくなります。さらに長年紫外線にさらされていると、UVAによるダメージで真皮層のコラーゲンやエラスチンが硬くなり、新陳代謝も落ちてくるために回復が困難となってシワの原因になります。

目元のくすみ

目元のくすみは血行不良、乾燥、色素沈着、糖化やカルボニル化によるものがあります。目の周りの皮膚が薄いため、血行が悪いと青いクマになります。肌が乾燥すると透明感がなくなってくすみを感じますし、乾燥やアレルギーのかゆみで目の周りをこすったり、スキンケアやメイク時に強い摩擦を繰り返していると、色素沈着(茶色のクマ)が起こります。色素はメラニンですが、肌を刺激することにより生成されて肌に蓄積しますので、注意しましょう。

糖化とは血中の過剰な糖分がタンパク質と結合することをいいますが、肌のコラーゲン(タンパク質)は寿命が20-30年と長いため、糖と結合する機会が増えるのです。糖化はメイラード反応とも呼ばれていますがこの反応は褐色を呈すため、糖化が起きた肌は黄味がかって見えると言われています。カルボニル化は脂質の過酸化反応により発生するアルデヒドが、タンパク質と反応する現象ですが、これにより真皮が黄変すると言われており、黄ぐすみの原因と考えられています。

目元のたるみ

目元のたるみも深刻な悩みです。たるみは真皮の弾力性が低下することで起こります。弾力性低下の原因は、糖化や紫外線による真皮へのダメージが考えられます。その他眼輪筋の衰えも、目の周りのたるみに影響を及ぼします。眼輪筋が衰えると、皮膚を支えきれなくなり下に垂れ下がってしまうからです。眼輪筋の衰えは加齢により進みますが、意識的に動かして鍛えると衰えの進行を遅らせることは可能です。筋肉も血液が必要なので、血流促進することが必要です。

(※1)~(※6)

肌トラブル別アイクリームのおすすめ成分と期待できる効果

簡単にアイクリームに配合されるトラブル別の代表的な成分をまとめますので、アイクリーム選びの参考にしてください。

目元の乾燥におすすめの成分

下記のような保湿力に定評のある成分が配合されていると安心です。

  • コラーゲン
  • 加水分解コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
  • セラミド

目元のくすみにおすすめの成分

くすみの原因は様々ですが、血行促進作用、美白作用や抗炎症作用のある成分がおすすめです。

  • ナイアシンアミド(ビタミンB群の一種)
  • トコフェロール(ビタミンE)
  • パンテノール
  • アスタキサンチン

目元のたるみにおすすめの成分

コラーゲンなどの真皮成分の生成を促進してくれる成分や、細胞賦活作用のある成分がおすすめです。

  • レチノール(ビタミンA)
  • ニールワン
  • ナイアシンアミド(ビタミンB群の一種)
  • パンテノール
美神先生
目元のトラブルとその原因、それからどんな成分がトラブル解決に導いてくれるかというのを、大まかにでも覚えておくと良いわよ。
はな子
確かに。アイクリームっていろいろありすぎて、結局何を使えばいいのか判断に迷いますものね~。面倒になっちゃって、つい値段とイメージだけで決めてしまいそう・・・。結局お母さんにはどんなアイクリームがいいんだろう。
ピッピ
50代におすすめしたいアイクリームを厳選したので、これを見るッピ!

50代の目元におすすめのアイクリーム5選

50代の悩み多き目元におすすめしたいアイクリームを5つ、紹介します。

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム

資生堂 S15g 5,800円(税抜)、L22g 7,800円(税抜)
医薬部外品

レチノールが表皮と真皮に作用してハリとうるおいをアップ

シワ改善効果のあるクリームです。有効成分はレチノール(シワ改善)と酢酸DL-α-トコフェロール(血行促進)です。レチノールは安定性が悪く、化粧品への配合が難しかったのですが、資生堂独自の配合技術と特殊なチューブ構造により、レチノールの安定化に成功しました。

資生堂のシワ研究によると、レチノール配合のクリームの使用を開始してから8週間で目尻と首のシワの改善が確認されました。最新の研究報告では、レチノールが真皮へ作用し、コラーゲンやヒアルロン酸などの真皮成分を増やす働きがあるデータも示されています。

シワ改善効果は様々な方法で試験が行われますが、その中で日本香粧品学会で策定された「抗シワ機能評価試験ガイドライン」に沿ってシワ改善効果も評価されています。レチノール配合クリームを目尻へ8週間、継続で使用することにより、シワグレード4.5から4.0までの改善が認められました。

資生堂のリンクルクリームに配合されたおすすめの成分

有効成分のレチノールと酢酸DL-α-トコフェロールの他、保湿成分として優れた効果を持つ水溶性コラーゲンとアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムが配合されています。

【全成分】
有効成分:レチノール、酢酸DL-α-トコフェロール
その他の成分:水溶性コラーゲン(F)、濃グリセリン、精製水、テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、エタノール、メドウフォーム油、ポリエチレングリコール1000、メチルポリシロキサン、アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80、ポリプロピレングリコール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、トリイソステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、ヒドロキシエチルセルロース、ポリビニルアルコール、ステアリルアルコール、モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、ジブチルヒドロキシトルエン、エデト酸三ナトリウム、ピロ亜硫酸ナトリウム、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、酵母エキス(3)、マリンエラスチン、クララエキス(1)、フェノキシエタノール、香料、β-カロチン

リンクルショット メディカル セラム

https://net.pola.co.jp/beauty/products/closeup/wrinkle_shot/index.html

ポーラ 20g 13,500円(税抜)
医薬部外品

ニールワンが真皮の分解と生成のバランスを整える

日本で初めてシワ改善効果のあるクリームとして承認されました。有効成分はニールワン(成分名:三フッ化イソプロピルオキソプロピルアミノカルボニルピロリジンカルボニルメチルプロピルアミノカルボニルベンゾイルアミノ酢酸Na)です。ニールワンは好中球エラスターゼの活性を阻害して、皮膚の弾力性を維持する構成要素の一つであるエラスチンの分解を抑制します。

同じく日本香粧品学会が定めた「抗シワ機能評価試験ガイドライン」に基いたシワ改善機能を評価し、シワ改善効果が認められました。ポーラの公式サイトでは、24週間リンクルショットを目尻に継続使用することで、シワグレート5から4への改善が見られたというデータを公表しています。

真皮は歳を重ねても生成を止めません。加齢が進むと分解が生成の量を上回るから肌のハリがなくなっていくのです。ニールワンの働きで、真皮成分の分解が抑えられると、生成とのバランスが上手くとれて目尻のシワやたるみが軽減されることを期待したいですね。

ポーラのリンクルショットに配合されたおすすめの成分

おすすめ成分といえばニールワン。とてもシンプルなクリームです。水が配合されていなくて、肌にぴったりフィットする使用感です。

【全成分】
有効成分:三フッ化イソプロピルオキソプロピルアミノカルボニルピロリジンカルボニルメチルプロピルアミノカルボニルベンゾイルアミノ酢酸Na
その他の成分:ジメチコン、メタクリル酸エステル樹脂粉末、架橋型ジメチコン、トリエチルヘキサン酸グリセリル、セリサイト、無水ケイ酸

ワンバイコーセー ザ リンクレス

ONE BY KOSE(ワンバイコーセー)
¥3,550
(2019/10/21 11:26:44時点 Amazon調べ-詳細)

コーセー 20g 5,800円(税抜)
医薬部外品

ナイアシンアミドが表皮と真皮に作用

有効成分はナイアシンアミドです。ナイアシンアミドは化粧品成分として古くから使われている成分ですが、シワ改善効果が認められたクリームです。コーセーはナイアシンアミドは表皮と真皮に作用してシワを改善すると説明していますが、実際の詳しいシワ改善メカニズムを公表しておらず、なぞに包まれています。

シワ改善の承認を得たことから、日本香粧品学会が定めた「抗シワ機能評価試験ガイドライン」に基いて評価を行い、シワ改善の効果が認められたことは事実でしょう。シワ改善メカニズムはベールに包まれていますが、ナイアシンアミドは化学的に安定な成分であり、皮膚に対する刺激もない点は良いと思います。

ポーラのリンクルショットに配合されたおすすめの成分

有効成分のナイアシンアミドの他、抗酸化作用のあるアスタキサンチン、保湿効果のある加水分解コラーゲンとヒアルロン酸ナトリウムが配合されています。

【全成分】
有効成分:ナイアシンアミド
その他の成分:精製水、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、水素添加大豆リン脂質、硬化油、オレイン酸オレイル、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、重質流動イソパラフィン、セトステアリルアルコール、スクワラン、オレイン酸フィトステリル、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、d-δ-トコフェロール、アスタキサンチンH、ゲットウ葉エキス、トコフェロールニコチン酸エステル、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ブリエラスチン、メドウフォーム油、加水分解コラーゲン末、酵母培養上澄液、天然ビタミンE、2-オクチルドデカノール、N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム、アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80、エタノール、オレイン酸エチル、カルボキシビニルポリマー、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、ベヘニルアルコール、メチルフェニルポリシロキサン、メチルポリシロキサン、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

アテニア アイ エクストラ セラム

アテニア 15g 3,048円(税抜)

目元の血流促進で老け感を緩和

アテニアのアイクリームが2018年10月にリニューアルされました。以前のアイクリームも安価で高機能ということで人気でしたが、今回の特徴は目の周りに張り巡らされた毛細血管へのアプローチです。目元のくすみ・小じわ・ハリ減少は、毛細血管の減少が原因になっていると考え、毛細血管の血流を促進するための独自成分「エネリブートGY」(コメ胚芽油、酵母ペプチド)を配合しました。

アテニア アイ エクストラ セラムに配合されたおすすめの成分

血行を促進作用のあるコメ胚芽油と、皮膚の細胞エネルギーを高める酵母ペプチドが配合されています。その他、塗るボトックスとも呼ばれるアルジルリンに似た作用を持つマイオキシノール(成分名:加水分解オクラ種子エキス)と、抗酸化作用のあるルテインも配合されています。

【全成分】
水、ジメチコン、BG、グリセリン、ジグリセリン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、イソステアリン酸イソステアリル、スクワラン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、オレイン酸オレイル、DPG、ジポリヒドロキシステアリン酸PEG-30、ペンチレングリコール、シクロペンタシロキサン、PEG-10ジメチコン、コメ胚芽油、加水分解酵母、シトルリン、アロエベラ葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、コメヌカ油、加水分解オクラ種子エキス、キサントフィル、アンペロプシスグロセデンタタ葉エキス、ローズマリー葉油、ニオイテンジクアオイ油、オレンジ果皮油、サフラワー油、ダイズステロール水添レシチン、PEG-75、デキストリン、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸イヌリン、ジステアルジモニウムヘクトライト、トコフェロール、塩化Na、フェノキシエタノール

SKⅡ R.N.A.パワー アイクリーム

P&Gプレステージ 15g 11,000円(税抜)

目元の悩み全てに応えてくれるアイクリーム

独自の調査で、20代後半から目のサイズが小さくなり始めているという事実を見つけました。原因は目元のハリが減少するためであり、そのため目元の印象が若い頃と比べて薄くなっていくのだと考えました。そこで目ヂカラをアップさせるために開発したアイクリームは、肌のハリを与え、透明感やキメを整える働きを持つ成分をふんだんに配合しています。

SKⅡ R.N.A.パワー アイクリームに配合されたおすすめの成分

ピテラ(ガラクトミセス培養液)は酵母が牛乳を発酵させてできた培養液のことです。ピテラはビタミン、アミノ酸、有機酸など50種類以上の肌に良いと言われる成分を含んでいます。最先端の皮膚科学研究で、ピテラは肌のハリを増しキメを整え保湿もするという結果が確認されています。その他、肌のバリア機能改善や美白作用などを持つナイアシンアミド(ビタミンB群の一種)、体内でパントテン酸に変化して肌細胞を活性化するパンテノール、血行促進作用のある酢酸トコフェロールなど、目元のあらゆるトラブルがケアできる成分が配合されています。

【全成分】
水、グリセリン、ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)、ナイアシンアミド、イソヘキサデカン、BG、ペンチレングリコール、イソステアリン酸イソプロピル、ワセリン、ジメチコン、トリ(カプリル・カプリン酸)、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、ポリアクリルアミド、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ステアリルアルコール、セタノール、(C13,14)イソパラフィン、ベヘニルアルコール、酢酸トコフェロール、ポリメチルシルセスキオキサン、パンテノール、ナイロン末、ベンジルアルコール、ジメチコノール、メチルパラベン、ステアリン酸PEG-100、ラウレス-7、セテアリルグルコシド、セテアリルアルコール、ステアリン酸、マイカ、EDTA-2Na、プロピルパラベン、オリーブ油PEG-7カルボン酸Na、エチルパラベン、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、クロレラエキス、水酸化Na、加水分解シロバナルーピンタンパク、香料、アルファルファエキス、加水分解ダイズタンパク、ポリクオタニウム-7、パルミトイルジペプチド-7、加水分解酵母タンパク、エゾウコギ根エキス、パルミトイルペンタペプチド-4、メチルシラノールトリ(ヤシ脂肪酸PEG-8グリセリル)、メチコン、アーチチョーク葉エキス、CI77891、CI77492、R.N.アーキテクト

(※7)~(※14)

アイクリームの効果を最大限に引き出すために

アイクリームを塗ったら安心ということではありません。化粧品はあくまで肌改善ケアの手段の一つであり、様々な角度からのアプローチがないと、効果がなかなか実感できません。特に運動、食事、睡眠は非常に大事です。

適度な運動を日常的に行うことで、全身の血行が良くなります。姿勢も良くなり、肌のたるみにも効果的です。目元のマッサージでも良いのですが、全身の血行を促すことも大切なので、面倒がらずにウォーキングやヨガなどのエクササイズを習慣として取り入れましょう。

食事は体を作る材料になる栄養素を体内に摂り入れることです。肌の細胞を活性化できても、新しい肌を作る材料が不足していては意味がありません。過酷なダイエットなどで栄養不足になると肌荒れを起こすのは、肌を再生するための材料がないからです。ビタミン類だけではなく、タンパク質や脂質なども細胞を作るためには必須の栄養素なので、きちんと摂取するように心がけましょう。

私たちの体は、寝ているときに成長ホルモンを分泌します。成長ホルモンが大事なのは子どもだけではありません。日中受けた細胞のダメージが修復できるのは、成長ホルモンの働きによるものです。成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、十分な睡眠時間を確保することは大事です。

美神先生
目は印象を左右するってこと、わかってもらえたかしら。それだけに目の周りのケアはおろそかにせず、日々のスキンケアと健康的な生活習慣を身につけていなくちゃいけないわね。
はな子
手を抜くと目元に現れやすいってことですね。知って良かったです!!さっそくお母さんにも教えたいと思います。
【参考URL】
(※1)“顔の印象を決定するパーツ” 第1位「目」<ドクター直伝! 目元老化の原因と予防法。若々しいパッチリな目をキープする秘訣とは?> | PRTIMES(アクセス日:2019年2月15日)
(※2)知っておきたい、月経と肌の関係について | 資生堂ビノラボ(アクセス日:2019年2月18日)
(※3)更年期・加齢による肌トラブル | d プログラム資生堂(アクセス日:2019年2月18日)
(※4)UVAを防ぐ最大の理由 | PROTECT from UVANIHON ROREAL(アクセス日:2019年2月18日)
(※5)糖化と皮膚老化 | からだサポート研究所アークレイ株式会社(事業:医療用検査システム、機能性食品素材)(アクセス日:2019年2月18日)
(※6)News Release資生堂、肌の「黄ぐすみ」の新メカニズムを解明 | 資生堂(アクセス日:2019年2月18日)
(※7)新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン | 日本香粧品学会誌 Vol. 30, No. 4, pp. 316-332 (2006)(アクセス日:2019年2月19日)
(※8)ニュースリリース 資生堂、首のしわの改善効果を新発見、8週間で実現 | 資生堂(アクセス日:2019年2月19日)
(※9)リンクルショット メディカル セラム / サイエンス | POLA(アクセス日:2019年2月19日)
(※10)マイオキシノールLS9736 | 株式会社マツモト交商(アクセス日:2019年2月19日)
(※11)酵母ペプチドYGF | ビーエイチエヌ株式会社(アクセス日:2019年2月19日)
(※12)『アイ エクストラ セラム』 2018年10月17日(水)リニューアル新発売 | PRTIMES(アクセス日:2019年2月19日)
(※13)『SK-Ⅱ R.N.A.パワー アイ クリーム ラディカル ニュー エイジ』 | SK-2 News ReleaseP&G(アクセス日:2019年2月20日)
(※14)ガラクトミセス培養液(SK-IIピテラ)とは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン(アクセス日:2019年2月20日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です