化粧品開発者が成分を解析!ハトムギ化粧水の成分はどうなの?

この記事を書いた人
アバター
村木ゆみ

化粧品技術者・開発者として外資系大手化粧品会社と製薬会社で計10年勤務。海外化粧品輸入販売会社で、販売員へ化粧品知識の教育テキスト作成やお客様への説明資料作成も担当。現在はフリーの美容ライターとして活動してます。

「安くてジャバジャバ使えるからいい!」

ハトムギ化粧水は多くの人から支持されてる化粧水で「一度使ったことがある!」という方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな大人気のハトムギ化粧水を、化粧品開発者の視点で成分解析していきたいと思います。

ハトムギ化粧水の総合評価は4.0

まずは結論から。今回のハトムギ化粧水は星4.0です。

ハトムギ化粧水の評価
低刺激度
(4.5)
保湿力
(3.0)
コスパ
(5.0)
総合評価
(4.0)

ハトムギ化粧水の成分特徴まとめ

ハトムギ化粧水の特徴をまとめました。

  1. エタノールが含まれてるので弱い人は避けるべき!
  2. エタノール以外は肌への刺激が弱いものが使用されてる
  3. グリチルリチン酸2Kが配合されており、肌荒れなどの炎症を抑える作用がある
  4. 白濁は皮膜を作る成分が原因(皮膜を作ることで保湿効果を高める)
  5. 防腐剤としてパラベンが使用されてるが安全な防腐剤

細かく解説していきます。

ハトムギ化粧水の配合成分を1つずつ解説

ハトムギ化粧水の処方はシンプル。

ハトムギエキス(ハトムギ種子エキス)には、角質層の水分量を高める働きがあることが知られています。

ハトムギ化粧水は無香料・無着色・低刺激・オイルフリー・界面活性剤フリーとなっています。

配合成分を見てみましょう。

成分名 役割 配合目的 刺激度
水溶性成分の溶剤、保湿 溶剤 1
DPG 保湿作用と弱い抗菌作用がある 保湿、溶剤 2
BG 保湿作用と弱い抗菌作用がある、
エキスの抽出溶媒として使われる
保湿、溶剤 2
グリセリン 吸湿性があり角質の水分蒸発を抑える
作用がある、水と接すると反応熱によ
る温感が生じることからマッサージ料
などで利用される
保湿、溶剤 1
グリチルリチン酸2K 抗炎症作用があるため、日焼けによる
炎症を鎮めるため美白化粧品に使われ
ることが多い
皮膚コンディショニング剤 2
ハトムギエキス 保湿作用、細胞賦活作用 消臭剤、皮膚コンディショニング剤 2
(スチレン/アクリレーツ)コポリマー 皮膜を形成、不透明で白濁した溶液
にする
皮膜形成剤、不透明化剤 2
エタノール 色素や香料を溶かすための溶剤、
清涼感を出す、抗菌・防腐作用で
製品を安定化する
消泡剤、抗菌剤、収れん剤、溶剤 7
クエン酸 製品劣化の原因となる金属イオンを
封鎖、製品のpHを安定化する、濃度
を高めると収れん作用やピーリング
作用がある
キレート剤、pH調整剤、収れん 3
クエン酸Na 製品内に存在する金属イオンによる
劣化を防ぐ、製品のpHを調整したり
pHの変動を防いで製品を安定化する
キレート剤、pH調整剤、緩衝剤 2
メチルパラベン 幅広い微生物に対して効果があり少量
で高い防腐効果が得られるパラベンの
一種、水溶性の防腐剤
防腐剤 5
プロピルパラベン 幅広い微生物に対して少量で高い防腐
効果が得られる油溶性のパラベンの
一種、メチルパラベンなど他の
パラベンとの併用で防腐効果がさらに
高まる
防腐剤 5

 

低刺激という言葉に気をつけよう

ハトムギ化粧水は「低刺激」と言われてますが少し注意が必要です。

ハトムギ化粧水には、エタノールが配合されています。

このエタノールがハトムギ化粧水のさっぱり感を出しているのですが、エタノールに対して肌が敏感になる人は、使用を控えたほうが無難です。

ではなぜ「低刺激」と言われてるか?ですが、グリチルリチン酸2K(抗炎症剤)が配合されているからだと思われます。

低刺激や敏感肌向けの化粧品や医薬部外品には、炎症を鎮める成分が配合されており、このグリチルリチン酸2Kは炎症を鎮める作用があります。

ただ、前述した通りエタノールが配合されてるため、エタノールに弱い人は避けた方が無難です。

その他の成分は肌への刺激の少ないものです。

しかし一般的に肌に対して刺激が少ないと言われている成分でも、人によりアレルギー反応が出ることがあるため、絶対安全という保証はありません

アレルギー体質の人は特に気をつけて、使用前にはパッチテストをして肌が赤くなったりかぶれたりしないか確かめましょう。

化粧品で肌かぶれやすい人必見!パッチテストの正しいやり方

ハトムギ化粧水が白濁している理由

(スチレン/アクリレーツ)コポリマーは高分子で、肌に被膜を作る働きがあります。

被膜を作ることで保湿効果を高めていると考えられます。ハトムギ化粧水が白濁しているのは、(スチレン/アクリレーツ)コポリマーが配合されているためです。

パラベンは危険?安全?

防腐剤としてメチルパラベンとプロピルパラベンが使われています。

パラベンの使用に関して否定的な考えもありますが、多くはパラベンの使用実績、少量の使用で高い防腐効果を持つこと、皮膚への刺激が少ないことなどを理由に肯定的に考えられています。

皮膚刺激性に関しては、まれに刺激を感じる人がいることは事実ですが、規定された配合量までの使用であれば皮膚刺激性の問題はないとされています。

パラベンに対する懸念事項として、環境ホルモンあるいは内分泌かく乱物質の疑いがあると言われています。

しかし世界で研究されているにも関わらず、未だはっきりとした結論は出ていません

これまでパラベンは少量で高い効果が得られ、かつ安全性の高い防腐剤と認識されている現状をかんがみて、悪評に対する確たる証拠になるデータが存在しないため、これまで通りパラベンは安全な防腐剤と位置付けます。

ハトムギ化粧水の口コミ

なお、ハトムギ化粧水の口コミが気になる方は「ハトムギ化粧水愛用者たちの口コミ」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です