化粧品開発者が成分を解析!無印の敏感肌用化粧水の成分はどうなの?

この記事を書いた人
アバター
村木ゆみ

化粧品技術者・開発者として外資系大手化粧品会社と製薬会社で計10年勤務。海外化粧品輸入販売会社で、販売員へ化粧品知識の教育テキスト作成やお客様への説明資料作成も担当。現在はフリーの美容ライターとして活動してます。

「安心感のある無印の敏感肌用化粧水」

パッケージも中身もシンプルで価格もお手頃な無印の敏感肌用化粧水は、容量もたっぷりでバシャバシャ使うのが定番のようです。

今回は多くの女性が安心感を抱く無印の敏感肌用化粧水を、化粧品開発者の視点で成分解析していきたいと思います。

無印の敏感肌用化粧水の総合評価は4.0

まずは結論から。今回の無印の敏感肌用化粧水は星4.0です。

無印の敏感肌用化粧水
低刺激度
(5.0)
保湿力
(3.5)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.5)

無印の敏感肌用化粧水・高保湿タイプの成分特徴まとめ

無印の敏感肌用化粧水の特徴をまとめました。

  1. アラントインは抗炎症作用・抗刺激作用がある
  2. アラントインは肌荒れ予防・肌荒れの修復を促進する作用もある
  3. 無印の敏感肌用化粧水に配合されている保湿成分はすべて低刺激
  4. PEG-32は皮膚刺激性の低い保湿成分
  5. ポリオクタニウムは細胞膜を構成する成分で構成され、長時間保湿ができる

詳しく解説していきます。

無印の敏感肌用化粧水・高保湿タイプの配合成分を1つずつ解説

無印の敏感肌用化粧水のタイプは3つ。さっぱりタイプ、しっとりタイプ、高保湿タイプです。高保湿タイプにはヒアルロン酸Naが配合されていて、さっぱりタイプとしっとりタイプには配合されていません。残りの成分は配合量が違うだけで、使っている成分は同じです。

敏感肌化粧水3タイプに共通する私が注目したい成分は、アラントインとポリクオタニウム-51(リピジュア)です。

配合成分を見てみましょう。

成分名 役割 配合目的 刺激度
水溶性成分の溶剤、保湿 溶剤 1
DPG 保湿作用と弱い抗菌作用がある 保湿、溶剤 2
グリセリン 吸湿性があり角質の水分蒸発を抑える
作用がある、水と接すると反応熱によ
る温感が生じることからマッサージ料
などで利用される
保湿、溶剤 1
PEG-32 水溶性成分の溶剤、水に難溶性の成分
を分散、保湿作用
保湿、溶剤、結合剤 3
ジグリセリン グリセリンと同様の保湿作用、グリセ
リンのべたつきがなくさらっとした
使用感
保湿 1
グリコシルトレハロース 被膜作用があり乾燥から肌を守る、
べたつきなく肌を保湿する
保湿、被膜形成 1
加水分解水添デンプン 被膜作用があり乾燥から肌を守る、
べたつきなく肌を保湿する
保湿、被膜形成 1
ヒアルロン酸Na 肌表面で保護膜を形成し肌を保湿
する、角質を柔軟にし肌表面を
滑らかにする
保湿、皮膚コンディショニング剤 1
アラントイン 傷んだ細胞を修復し炎症を抑える作用
があり、化粧品から医薬品まで使わ
れる
皮膚コンディショニング剤、抗炎症剤 2
グレープフルーツ種子エキス 抗酸化作用、防腐作用がある 皮膚コンディショニング、防腐剤 2
ポリクオタニウム-51 皮膚との親和性が高く、被膜を作り
バリア機能を強化し、うるおいを
守る
保湿、被膜形成 1
スベリヒユエキス 保湿作用、肌荒れを防ぐ 保湿、皮膚コンディショニング剤 2
BG 保湿作用と弱い抗菌作用がある、
エキスの抽出溶媒として使われる
保湿、溶剤 2
フェノキシエタノール グラム陰性菌に対しては強い抗菌作用
を持つ、パラベン類と組み合わせて使
うことで効果を高め配合量を抑える
防腐剤 5
PCA-Na 角質に存在する天然保湿因子の一つ、
温湿度に影響されず保水性を維持し、
肌を柔らかくしうるおいを与える
保湿 1
クエン酸Na 製品内に存在する金属イオンによる
劣化を防ぐ、製品のpHを調整したり
pHの変動を防いで製品を安定化する
キレート剤、pH調整剤、緩衝剤 2
クエン酸 製品劣化の原因となる金属イオンを
封鎖、製品のpHを安定化する、濃度
を高めると収れん作用やピーリング
作用がある
キレート剤、pH調整剤、収れん 3

アラントイン配合の敏感肌用化粧水

アラントインは抗炎症作用・抗刺激作用のある成分です。医薬品から化粧品まで使われています。肌荒れの予防や修復を促進する目的で配合されるほか、肌に刺激性がある成分を配合するときや敏感肌用の化粧品に配合されることが多いです。

肌への刺激性は低く安全性の高い成分と言われていますが、医薬品にも使われる成分であるため配合の上限が定められています。

無印の敏感肌用化粧水に配合されている保湿成分の安全性

無印の敏感肌用化粧水に配合されている保湿目的で配合されている成分は、グリセリン・PEG-32・ジグリセリン・グリコシルトレハロース・加水分解水添デンプン・ヒアルロン酸Na・ポリクオタニウム-51・スベリヒユエキス・PCA-Naです。配合量の多い順に書き出しました。

これらの保湿成分は肌に対して低刺激の保湿成分ばかりですが、中には誤解されやすい保湿成分もありますので少し解説します。

PEG-32の安全性は?

PEGとはポリエチレングリコールという、水溶性のポリマーです。PEG-32は医薬部外品ではポリエチレングリコール1540という表示名称が使われています。1540はPEG-32の平均分子量を表していますが、分子量が大きいため皮膚へ容易に浸透することはなく、皮膚刺激はほとんどないといわれています。

PEGの後に示されている数字が小さければ平均分子量が小さく、肌への刺激性が高くなります。PEG-12以下は皮膚刺激性が懸念されているため、現在ではほとんど使用されていません。逆にPEG-75ぐらいになると肌への刺激はありませんが、保湿作用がほとんどなくなり溶剤や増粘の目的で使用されます。

ポリクオタニウム-51の安全性は?

ポリクオタニウム-51はリピジュアという商品名で知られており、もともとは人工血管の素材として開発されました。ポリオクタニウムは細胞膜を構成する成分であるリン脂質を多数結合させた高分子であり、皮膚刺激や毒性もなく安全な成分と言われています。

ポリオクタニウム-51の保湿力はヒアルロン酸の2倍と言われており、肌に塗布した後に水で洗い流しても肌に残るため、長時間保湿が可能な成分です。

無印の敏感肌用化粧水の口コミ

なお、無印の敏感肌用化粧水の口コミが気になる方は「無印の敏感肌用化粧水愛用者たちの口コミ」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です