化粧品開発者が成分を解析!メディプラスのメディプラスゲルの成分はどうなの?

この記事を書いた人
アバター
村木ゆみ

化粧品技術者・開発者として外資系大手化粧品会社と製薬会社で計10年勤務。海外化粧品輸入販売会社で、販売員へ化粧品知識の教育テキスト作成やお客様への説明資料作成も担当。現在はフリーの美容ライターとして活動してます。

「他の化粧品を使っても、やっぱりコレに戻ってきてしまう」

紫外線などの外的要因が原因の乾燥肌をケアするために、肌内に元々ある成分をできるだけ多く配合したオールインワンゲルです。オールインワンゲルとは、洗顔後のスキンケアをワンステップにする化粧品。オールインワンはスキンケアが簡単な分、保湿力には期待できないかも?と思うかもしれません。

今回はちょっと心配な保湿力を中心に、メディプラスのメディプラスゲルを、化粧品開発者の視点で成分解析していきたいと思います。

メディプラスのメディプラスゲルの総合評価は4.0

まずは結論から。今回のメディプラスのメディプラスゲルは星4.0です。

メディプラスのメディプラスゲル
低刺激度
(4.5)
保湿力
(4.0)
コスパ
(3.5)
総合評価
(4.0)

メディプラスのメディプラスゲルの成分特徴まとめ

メディプラスのメディプラスゲルの特徴をまとめました。

  1. 5種類のセラミド配合で、肌のバリア機能とうるおいを守る
  2. 4種類のヒアルロン酸配合
  3. 肌への吸着性の高いヒアルロン酸配合で、長時間保湿
  4. 角質細胞に含まれるNMF(天然保湿成分)の主成分であるアミノ酸配合

詳しく解説していきます。

メディプラスのメディプラスゲルの配合成分を1つずつ解説

オールインワンというと、保湿力がどれほどのものかが最も気になるところです。そこで保湿成分の中でも保湿力に対する貢献度が高そうな、幾種類ものセラミド、ヒアルロン酸とアミノ酸について注目してみたいと思います。

では全配合成分から見ていきましょう。

成分名 役割 配合目的 刺激度
水溶性成分の溶剤、保湿 溶剤 1
グリセリン 吸湿性があり角質の水分蒸発を抑える
作用がある、水と接すると反応熱によ
る温感が生じることからマッサージ料
などで利用される
保湿、溶剤 1
BG 保湿作用と弱い抗菌作用がある、
エキスの抽出溶媒として使われる
保湿、溶剤 2
ベタイン 優れた保水性とうるおいを保持する、
角質を柔軟にする
保湿 1
ジグリセリン グリセリンと同様の保湿作用、グリセ
リンのべたつきがなくさらっとした
使用感
保湿 1
温泉水 塩類を含み、普通の水よりも保湿効果が
高い
皮膚コンディショニング剤 1
1,2-ヘキサンジオール 高い吸湿性・保湿性を持ち肌を保湿す
る、2%以上の使用で防腐効果がある
溶剤、防腐剤 3
メチルグルセス-10 水と油両方に程よくなじむため、肌への
なじみも良く保湿する
保湿・湿潤剤 3
セラミドNG バリア機能改善、水分保持機能による
保湿
皮膚コンディショニング剤 1
セラミドAP バリア機能改善、水分保持機能による
保湿
皮膚コンディショニング剤 1
セラミドAG バリア機能改善、水分保持機能による
保湿
保湿・湿潤剤、
皮膚コンディショニング剤
1
セラミドNP バリア機能改善、水分保持機能による
保湿
皮膚コンディショニング剤 1
セラミドEOP バリア機能改善、水分保持機能による
保湿
皮膚コンディショニング剤 1
ヒアルロン酸Na 肌表面で保護膜を形成し肌を保湿する、
角質を柔軟にし肌表面を滑らかにする
保湿、
皮膚コンディショニング剤
1
ヒアルロン酸ヒドロキシ
プロピルトリモニウム
水に流されずに肌に残る被膜を作り、
水分の蒸発を防ぐ
皮膜形成剤、保水剤 3
加水分解ヒアルロン酸 角質水分量を増やし、保持する 保湿・湿潤剤 1
アセチルヒアルロン酸Na 皮膚に良くなじみ、角質の水分量を
保持する
保水剤 1
水溶性コラーゲン 水分の蒸発を防ぐことで保湿する 皮膚コンディショニング剤 1
加水分解コラーゲン 水分の蒸発を防ぐことで保湿する、
コラーゲントリペプチドまで分解されて
いる場合は、肌に浸透し抗老化作用も
ある
皮膚コンディショニング剤 1
水溶性プロテオグリカン 保水作用、シワ改善作用、表皮細胞
増殖促進作用、皮膚弾力改善作用
皮膚コンディショニング剤 1
3-O-エチルアスコルビン酸 即効性のある美白作用、コラーゲン
合成促進作用
皮膚コンディショニング剤 3
クコ果実エキス 強力な抗酸化作用、美白効果、
エイジングケア
酸化防止剤、
皮膚コンディショニング剤、
収れん剤
2
マンダリンオレンジ果皮エキス 保湿、肌の透明感向上 香料、
皮膚コンディショニング剤
2
レモングラス葉/茎エキス 保湿、抗炎症、抗菌、抗酸化 皮膚コンディショニング剤 2
オウゴン根エキス 保湿、抗菌、美白、抗シワ、抗炎症 保湿・湿潤剤 2
ノイバラ果実エキス 保湿、美白、抗アレルギー、抗菌 香料 2
ナツメ果実エキス 保湿、細胞賦活、消炎作用 皮膚コンディショニング剤 2
カンゾウ根エキス 美白、抗炎症、保湿 酸化防止剤、
皮膚ブリーチ剤、
保湿・湿潤剤、
皮膚コンディショニング剤
2
クズ根エキス 保湿、バリア機能改善、抗老化、美白 皮膚コンディショニング剤 2
セイヨウシロヤナギ樹皮エキス 保湿、ターンオーバー正常化 閉塞剤 2
アケビエキス 保湿 皮膚コンディショニング剤 2
アロエベラ葉エキス 保湿、細胞賦活 保水剤、エモリエント剤、
皮膚コンディショニング剤
2
クロレラエキス 保湿、細胞賦活 皮膚コンディショニング剤 2
アーチチョーク葉エキス 美白、収れん 皮膚コンディショニング剤 2
加水分解シルク 保湿、バリア機能改善 皮膚コンディショニング剤 2
加水分解エラスチン 保湿 エモリエント剤、
皮膚コンディショニング剤
2
ユズ種子エキス 細胞賦活、美白、保湿 酸化防止剤 2
ナンバンクサフジ種子エキス 保湿 皮膚コンディショニング剤 2
α-グルカンオリゴサッカリド 保湿 皮膚コンディショニング剤 2
グリシン 保湿、美白 緩衝剤、
皮膚コンディショニング剤
2
タウリン 保湿、細胞賦活、香料 香料 2
リシンHCl 保湿 皮膚コンディショニング剤 2
アラニン 保湿、バリア機能改善、美白 皮膚コンディショニング剤 2
ヒスチジンHCl 保湿 皮膚コンディショニング剤 2
アルギニン 保湿、バリア機能改善、pH調整 皮膚コンディショニング剤 2
セリン 保湿、バリア機能改善、美白 皮膚コンディショニング剤 3
プロリン 保湿 皮膚コンディショニング剤 2
グルタミン酸 保湿 保湿・湿潤剤、
皮膚コンディショニング剤
3
トレオニン 保湿、美白 皮膚コンディショニング剤 2
バリン 保湿 皮膚コンディショニング剤 3
ロイシン 保湿、バリア機能改善、美白 皮膚コンディショニング剤 2
イソロイシン 保湿、バリア機能改善、美白 皮膚コンディショニング剤 2
フェニルアラニン 保湿 皮膚コンディショニング剤 3
アボカド油 エモリエント 閉塞剤、溶剤 3
スクワラン エモリエント、感触改良 閉塞剤 2
グリコシルトレハロース 被膜作用があり乾燥から肌を守る、
べたつきなく肌を保湿する
保湿、被膜形成 1
DPG 保湿作用と弱い抗菌作用がある 保湿、溶剤 2
アラントイン 傷んだ細胞を修復し炎症を抑える作用
があり、化粧品から医薬品まで使わ
れる
皮膚コンディショニング剤、
抗炎症剤
2
グリチルリチン酸2K 抗炎症作用があるため、日焼けによる
炎症を鎮めるため美白化粧品に使われ
ることが多い
皮膚コンディショニング剤 2
加水分解水添デンプン 被膜作用があり乾燥から肌を守る、
べたつきなく肌を保湿する
保湿、被膜形成 1
アルカリゲネス産生多糖体 保湿、感触改良 乳化安定剤、保水剤、
保湿・湿潤剤、親水性増粘剤
3
PCA-Na 角質に存在する天然保湿因子の一つ、
温湿度に影響されず保水性を維持し、
肌を柔らかくしうるおいを与える
保湿 1
プロパンジオール 保湿、抗菌 溶剤、減粘剤 2
ペンチレングリコール 保湿、抗菌 防腐剤、
皮膚コンディショニング剤
3
(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)
ポリグリセリル-10
保湿、バリア機能改善、エモリエント 閉塞剤 3
PEG/PPG/ポリブチレン
グリコール-8/5/3グリセリン
保湿、感触改良 保湿・湿潤剤 4
カルボマー 増粘 乳化安定剤、親水性増粘剤 2
フィトスフィンゴシン 保湿、バリア機能改善 皮膚コンディショニング剤 1
水添レシチン 乳化、保湿 分散剤、乳化剤
皮膚コンディショニング剤
2
フィトステロールズ エモリエント、リポソーム安定化 皮膚コンディショニング剤 2
水酸化K pH調整 pH調整剤、親水性増粘剤 5
水酸化Na pH調整 変性剤、pH調整剤 5
トコフェロール 酸化防止、抗酸化 酸化防止剤、香料、閉塞剤
皮膚コンディショニング剤、
3

メディプラスゲルに配合されているセラミドは5種類

セラミドは角質の細胞と細胞の間を埋めている細胞間脂質の中に存在して、肌のうるおいを守ります。メディプラスゲルには次の5種類のセラミドが配合されています。

セラミドNG(セラミド2)
セラミドAP(セラミド6Ⅱ)
セラミドAG(セラミド5)
セラミドNP(セラミド3)
セラミドEOP(セラミド1)

セラミドの表示名称が変わり、数字で表す代わりにアルファベットを使用するようになりました。メディプラスゲルに配合されている5種類のセラミドは、肌のバリア機能を維持し肌の水分蒸発を防いでうるおいを守ります。

メディプラスに配合されているヒアルロン酸の種類

メディプラスゲルには以下のように様々な形のヒアルロン酸が配合されています。

ヒアルロン酸Na
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
加水分解ヒアルロン酸
アセチルヒアルロン酸Na

これらはすべて保湿作用がありますが、形が違うために異なった作用があります。以下、簡単に解説します。

ヒアルロン酸Naは体内に存在する、非常に大きな分子量を持つムコ多糖類です。保水性があり、1gで6Lの水を保持する性質はよく知られていますね。化粧品に配合されているヒアルロン酸Naは、分子量が大きいために皮膚内に入ることはなく、表皮を覆って保湿する働きをします。

ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムは、ヒアルロン酸をカチオン(陽イオン)化したものです。これにより肌への吸着力が高まり、水で洗い流してもヒアルロン酸Naのように容易に洗い流されることはなく、長時間保湿効果が持続します。

加水分解ヒアルロン酸は、加水分解により分子量を1万以下になったものをいいますが、それでも皮膚内に入ることはないため、皮膚表面に留まり保湿します。

アセチルヒアルロン酸Naは、ヒアルロン酸Naをアセチル化したものです。ヒアルロン酸Naは水と馴染む性質(親水性)がありますが、アセチル化処理をすることで水と馴染まない性質(疎水性)も持つようになります。これにより肌への親和性が高まり、皮膚への吸着性を約7倍アップ、さらに保水性も約2倍に高まります。つまりヒアルロン酸Naよりも保湿力が高いということです。使用感はヒアルロン酸Naと違い、サラっとしています。

メディプラスゲルに配合されているアミノ酸

メディプラスゲルにはイソロイシン、ロイシン、バリン、トレオニン、リジン、アルギニン、グリシン、プロリン、セリンなど、多種類のアミノ酸が配合されています。アミノ酸は肌のうるおいを守るために必要な、天然保湿因子の主成分です。

水酸化K、水酸化Naの刺激度について

水酸化K、水酸化Naは強アルカリで、単体では非常に危険な物質であり、毒物及び劇物取締法により劇物に指定されています。高級脂肪酸に加えて反応させることで石けんを作る場合は、反応により中和されているので肌への刺激はありません。

またpH調整剤として使用する際にはごく少量の使用であるため、肌への刺激が問題になることはありません。メディプラスゲルはpH調整剤として使用しているので、肌への刺激はありません。表で刺激度5とあるのは単体での危険度も鑑みての数値ですので、特に問題視する必要はありません。

メディプラスのメディプラスゲルの口コミ

なお、メディプラスのメディプラスゲルの口コミが気になる方は「メディプラスのメディプラスゲル愛用者たちの口コミ」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です