化粧品開発者が成分を解析!ファンケル マイルドクレンジングオイルの成分はどうなの?

この記事を書いた人
アバター
村木ゆみ

化粧品技術者・開発者として外資系大手化粧品会社と製薬会社で計10年勤務。海外化粧品輸入販売会社で、販売員へ化粧品知識の教育テキスト作成やお客様への説明資料作成も担当。現在はフリーの美容ライターとして活動してます。

「ゴシゴシこすらなくても、するんとメイクが落ちる!」

ファンケル マイルドクレンジングオイルは手が濡れていても使えて、ゴシゴシこすらなくてもするんとメイクが落ちると評判です。ゴシゴシこすると肌に良くないですし、するんと手早くメイクが落とせるなら、肌のダメージを最小限にとどめられますね。

洗浄力が強いのかと思いきや、肌にうるおいを残すから乾燥じわも目立たなくなるというから不思議です。

今回はするんとメイクが落ちるのに、肌にうるおいも残してくれるという、ファンケル マイルドクレンジングオイルを、化粧品開発者の視点で成分解析していきたいと思います。

ファンケル マイルドクレンジングオイルの総合評価は4.0

まずは結論から。今回のファンケル マイルドクレンジングオイルは星4.0です。

ファンケル マイルドクレンジングオイル
低刺激度
(4.0)
保湿力
(3.5)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.0)

ファンケル マイルドクレンジングオイルの成分特徴まとめ

ファンケル マイルドクレンジングオイルの特徴をまとめました。

  1. 肌に低刺激で安全な洗浄剤を使っている
  2. ゴシゴシこすらなくても、するんとメイクが落ちる
  3. 短時間でメイクが落とせるから、肌のうるおいが残る

詳しく解説していきます。

ファンケル マイルドクレンジングオイルの配合成分を1つずつ解説

ファンケル マイルドクレンジングオイルは濡れた手でも使えて、ゴシゴシこすらなくてもメイクがするんと落ちるクレンジングです。洗浄力はしっかりあるのに、クレンジング後の肌のうるおいは残るという口コミが多数あります。

一見矛盾するようにも思える効果ですが、その秘密のカギを握る成分を紐解いていきます。

でははじめに、全配合成分を見てみましょう。

成分名 役割 配合目的 刺激度
エチルヘキサン酸セチル エモリエント エモリエント剤 1
ジイソノナン酸BG エモリエント エモリエント剤 1
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10 エモリエント、乳化 エモリエント剤、乳化剤 3
ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20 洗浄、乳化 洗浄剤、乳化剤、可溶化剤 3
(カプリル酸/カプリン酸)カプリリル エモリエント エモリエント剤 2
オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20 洗浄、乳化 洗浄剤、乳化剤、可溶化剤 3
ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン 消泡、感触改良 消泡剤、
皮膚コンディショニング剤
2
グリセリン 吸湿性があり角質の水分蒸発を抑える
作用がある、水と接すると反応熱によ
る温感が生じることからマッサージ料
などで利用される
保湿、溶剤 1
ジカプリリルエーテル エモリエント エモリエント剤 2
ジメチコン 感触改良、皮膚保護 消泡剤、皮膚保護剤、閉塞剤 3
(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル エモリエント、乳化 エモリエント剤、乳化剤、
油剤の増粘剤
3
メドウフォーム油 エモリエント、感触改良 閉塞剤 3
ジグリセリン グリセリンと同様の保湿作用、グリセ
リンのべたつきがなくさらっとした
使用感
保湿 1
ダイマージリノール酸(フィトステリル/
イソステアリル/セチル/ステアリル/
ベヘニル)
エモリエント、感触改良、顔料分散、
乳化安定、光沢
閉塞剤、非水系増粘剤 2
PEG/PPG/ポリブチレングリコール
-8/5/3グリセリン
保湿、感触改良 保湿・湿潤剤 4
ダイズ油 エモリエント 酸化防止剤、香料、閉塞剤 3
ステアリン酸イヌリン オイルのゲル化、増粘、顔料の分散、
乳化安定
エモリエント剤、乳化剤 3
トコフェロール 酸化防止、抗酸化 酸化防止剤、香料、
皮膚コンディショニング剤、
閉塞剤
3

ファンケル マイルドクレンジングオイルの洗浄成分

ファンケル マイルドクレンジングオイルの洗浄成分(界面活性剤)は、次の4つです。

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10
ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20
オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20
(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル

クレンジングオイルには、オイルを洗い流すために界面活性剤が使われています。そのためW洗顔なしでもすっきりと洗い上げることができるのです。通常、クレンジングオイルには非イオン界面活性剤が使われています。非イオン界面活性剤は肌への刺激がほとんどなく、安心して使うことができます。

ファンケル マイルドクレンジングオイルに使われている上記4つの成分も同様に、刺激が少ない界面活性剤です。

ファンケル マイルドクレンジングオイルが肌のうるおいを残す秘密

ファンケル マイルドクレンジングオイルには多くの油剤が入っています。配合目的には「エモリエント」と書いていますが、実際はメイクを溶かし込む役割をします。メイクなどの汚れは油と馴染むので、オイルクレンジングはメイク汚れを落とすことができるのです。

ゴシゴシこすらずにメイクを素早く落とすことができると、短時間でクレンジングオイルを洗い流すことができます。その結果、肌に必要な油分まで失われずに済むため、うるおいが残ります。

つまり手早く落とせるというのが、肌のうるおいを守る秘密です。

ファンケル マイルドクレンジングオイルの口コミ

なお、ファンケル マイルドクレンジングオイルの口コミが気になる方は「ファンケル マイルドクレンジングオイル愛用者たちの口コミ」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です