化粧品開発者が成分を解析!資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UVの成分はどうなの?

この記事を書いた人
アバター
村木ゆみ

化粧品技術者・開発者として外資系大手化粧品会社と製薬会社で計10年勤務。海外化粧品輸入販売会社で、販売員へ化粧品知識の教育テキスト作成やお客様への説明資料作成も担当。現在はフリーの美容ライターとして活動してます。

「ふわっとフィットして、自然な仕上がりで崩れないファンデーション」

ナチュラルメイクが好まれる時代は、「メイクした感」ではなくいかに「素肌感」を見せるかです。マキアージュ ドラマティックパウダリー UVは毛穴や色ムラをカバーするのに、肌の透明感を見せる不思議なファンデーションです。

今回は肌の隠したい部分は隠すのに、素肌のような透明感を出すという、両立しそうにないパフォーマンスを魅せる資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UVを、化粧品開発者の視点で成分解析していきたいと思います。

資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UVの総合評価は4.5

まずは結論から。今回の資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UVは星4.5です。

資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UV
低刺激度
(4.0)
保湿力
(4.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.5)

資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UVの成分特徴まとめ

資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UVの特徴をまとめました。

  1. 肌にしっとり感を与える成分が多く配合されている
  2. (ステアロキシメチコン/ジメチコン)コポリマーは、粉と肌の密着性を高める
  3. 硫酸Baはファンデーションに柔らかい感触を与える働きがある
  4. 合成金雲母などの鉱物類が透明感を出し、肌の粗を目立たなくする

詳しく解説していきます。

資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UVの配合成分を1つずつ解説

マキアージュ ドラマティックパウダリー UVはパウダーファンデーションなのに粉っぽくなく、保湿力は抜群という評価する人が多いです。使い心地はとても軽く、パウダーなのでツヤ肌の仕上がりではありませんが、化粧持ちがよく崩れてもきれいと評判です。

販売から年数が経っても、多くの女性がリピートするマキアージュ ドラマティックパウダリー UVの不思議な使用感と仕上がりの元がどこからくるのか、配合成分から分析します。

はじめに配合成分を見てみましょう。

成分名 役割 配合目的 刺激度
酸化チタン 紫外線散乱、白色顔料 着色剤、褪色防止剤、不透明
化剤、紫外線吸収剤・散乱剤
3
タルク 感触改良、白色顔料、抗炎症 研磨・スクラブ剤、吸着剤、
抗ケーキング剤、増量剤、
不透明化剤、皮膚保護剤、
滑沢剤
2
(ジフェニルジメチコン/ビニル
ジフェニルジメチコン/シル
セスキオキサン)クロスポリマー
感触改良 非水系増粘剤 3
窒化ホウ素 着色、光沢 増量剤、滑沢剤 2
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル 紫外線吸収 褪色防止剤、
紫外線吸収剤・散乱剤
3
ナイロン-12 感触改良、表面処理(UV加工) 増量剤、不透明化剤 2
酸化亜鉛 紫外線散乱、白色顔料、感触改良、
収れん作用、抗炎症
増量剤、着色剤、殺菌剤、
皮膚保護剤、紫外線吸収剤・
散乱剤
3
(HDI/トリメチロールヘキシル
ラクトン)クロスポリマー
感触改良 抗ケーキング剤 3
トリ(カプリル酸/カプリン酸)
グリセリル
エモリエント 香料、閉塞剤、溶剤 2
ジメチコン 感触改良、皮膚保護 消泡剤、皮膚保護剤、閉塞剤 3
(ステアロキシメチコン/ジメチコン)
コポリマー
粉と肌の密着性を高める 閉塞剤、非水系増粘剤 3
(IPDI/ポリ(1,4-ブタンジ
オール)-14)クロスポリマー
感触改良 増量剤 3
アセチルヒアルロン酸Na 皮膚に良くなじみ、角質の水分量を
保持する
保水剤 1
(メタクリル酸メチル/アクリロ
ニトリル)コポリマー
皮膚保護 皮膜形成剤 3
ハイドロゲンジメチコン 粉体の疎水化処理の表面処理 皮膜形成剤 3
ステアリン酸 洗浄剤、感触改良、表面処理 香料、洗浄剤、乳化剤 3
カルボキシデシルトリシロキサン エモリエント 皮膚コンディショニング剤、
溶剤
3
水酸化Al 表面処理 不透明化剤、皮膚保護剤 3
パルミチン酸デキストリン 増粘、乳化安定、感触改良 抗ケーキング剤、乳化剤 3
シリカ 着色、感触改良、表面処理、抗炎症 研磨・スクラブ剤、吸着剤、
抗ケーキング剤、増量剤、
非活性剤系分散剤、
不透明化剤
3
エチルヘキシルグリセリン 保湿、抗菌 皮膚コンディショニング剤 3
塩化亜鉛 収れん、殺菌 収れん剤、殺菌剤 3
ケイ酸(Li/Mg/Na) 増粘 増量剤、親水性増粘剤 3
テトラヒドロテトラメチルシクロ
テトラシロキサン
消泡 消泡剤 3
グリセリン 吸湿性があり角質の水分蒸発を抑える
作用がある、水と接すると反応熱によ
る温感が生じることからマッサージ料
などで利用される
保湿、溶剤 1
トコフェロール 酸化防止、抗酸化 酸化防止剤、香料、
皮膚コンディショニング剤、
閉塞剤
3
テトラデセン 油溶性成分の溶剤 溶剤、減粘剤 4
BHT 酸化防止 酸化防止剤、香料 4
酸化スズ 着色 研磨・スクラブ剤、増量剤、
不透明化剤
4
イソブタン 分散、起泡、噴射 噴射剤、起泡剤 3
イソペンタン 分散、起泡、噴射 噴射剤、溶剤、起泡剤、
減粘剤
3
フェノキシエタノール グラム陰性菌に対しては強い抗菌作用
を持つ、パラベン類と組み合わせて使
うことで効果を高め配合量を抑える
防腐剤 5
クロルフェネシン 防腐剤 殺菌剤 5
合成金雲母鉄 顔料、感触改良 着色、増粘剤 4
酸化鉄 着色、紫外線散乱 着色剤 4
合成金雲母 パール顔料、肌を明るく見せる 増量剤、親水性増粘剤 2
硫酸Ba 着色 不透明化剤 3
マイカ 着色、感触改良 抗ケーキング剤、増量剤、
着色剤、不透明化剤、滑沢剤
4

資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UVの保湿力

マキアージュ ドラマティックパウダリー UVはパウダーファンデーションでありながら、粉っぽくならずに時間が経つと肌になじみしっとりします。肌のしっとり感に効果を発揮していると思われる配合成分は、以下の通りです。

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(エモリエント)
(ステアロキシメチコン/ジメチコン)コポリマー(閉塞剤)
アセチルヒアルロン酸Na(保湿)
(メタクリル酸メチル/アクリロニトリル)コポリマー(皮膜形成)
カルボキシデシルトリシロキサン(エモリエント)
グリセリン(保湿)

中でも(ステアロキシメチコン/ジメチコン)コポリマーは、粉と肌の密着性を高める作用があり、ファンデーションの着け心地や化粧持ちにも大きく影響しているでしょう。

資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UVのふんわり使用感

ふんわり使用感は資生堂独自の製法によるとのことで詳細は不明ですが、配合成分の一つである硫酸Baはファンデーションに柔らかい感触を与える働きがあります。メイクアップ製品などに配合される量は微量ですが、それでも使用感を与えてくれるようです。マキアージュ ドラマティックパウダリー UVの全成分表示でも、最後の方に書かれています。

資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UVの化粧持ち

マキアージュ ドラマティックパウダリー UVには合成金雲母鉄、合成金雲母、シリカ、マイカが配合されています。これらが上手く作用して、光を反射して肌表面の粗を目立たなくしたり、肌の自然なツヤや透明感を演出し、化粧崩れを目立たなくしているのでしょう。

粉と肌の密着性を上げる(ステアロキシメチコン/ジメチコン)コポリマーも化粧崩れの防止に一役買っていると言えます。

UVカット効果を高める表面処理に使う成分

その他、UVカット効果を高める表面処理に使われた成分も、全成分のリストに表示されているので紹介しておきます。

ナイロン-12、酸化チタン、水酸化Al、ステアリン酸は、UVカット効果を高める表面処理に使う成分です。酸化チタンや酸化亜鉛をナイロンの中に内包することでUV効果を高めます。

金属アレルギーの人が注意すべき成分

金属アレルギーの人は意外といると思います。ファンデーションには微量ですが金属が混じっているので、金属アレルギーの症状がひどい場合には、注意が必要です。逆に金属アレルギーがない人や症状が軽い人は、神経質になる必要はありません。

上の表中に皮膚への刺激度を数値で表していますが、次に示す注意すべき成分については金属に対して特に敏感な人がかぶれる可能性を考慮して、少し高めの数値を示しています。金属に対して過敏にならない人は、気にする必要はないでしょう。

中~重程度の金属アレルギーの人が注意すべき成分:マイカ・酸化鉄・雲母・酸化スズ

これらの成分中に、金属アレルギー物質とされているニッケル、クロムが微量に混じっているためです。

資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UVの口コミ

なお、資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UVの口コミが気になる方は「資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UV愛用者たちの口コミ」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です