化粧品開発者が成分を解析!ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルの成分はどうなの?

この記事を書いた人
アバター
村木ゆみ

化粧品技術者・開発者として外資系大手化粧品会社と製薬会社で計10年勤務。海外化粧品輸入販売会社で、販売員へ化粧品知識の教育テキスト作成やお客様への説明資料作成も担当。現在はフリーの美容ライターとして活動してます。

「みずみずしいジェルを惜しみなく使いたい」

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルは大容量で手ごろな価格なので、全身のスキンケアに惜しみなく使えます。シンプルな処方で無香料なのも人気です。

べたつく保湿が苦手な人が好む、さっぱりとした保湿感が魅力のナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルを、化粧品開発者の視点で成分解析していきたいと思います。

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルの総合評価は4.0

まずは結論から。今回のナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルは星4.0です。

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェル
低刺激度
(4.0)
保湿力
(3.5)
コスパ
(5.0)
総合評価
(4.0)

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルの成分特徴まとめ

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルの特徴をまとめました。

  1. シンプルな処方の中に、肌の保湿を高めるための成分が多く配合されている
  2. 肌になじむことは必ずしも肌への浸透を意味するわけではない
  3. 肌なじみを良くするための成分(揮発性の高い成分や界面活性剤)は配合されていない
  4. そのため肌になじむスピードはあまり早くない

詳しく解説していきます。

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルの配合成分を1つずつ解説

ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルは油分をおさえたみずみずしいジェルで、全身をさっぱりと保湿します。べたつく保湿が苦手な人や、夏の汗ばむ季節のスキンケアとして人気の保湿ジェルです。

求める保湿力や好みの使用感は人により異なりますが、全成分から客観的にナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルの保湿力と肌なじみ(浸透性)を分析します。

はじめに配合成分を見てみましょう。

成分名 役割 配合目的 刺激度
水溶性成分の溶剤、保湿 溶剤 1
グリセリン 吸湿性があり角質の水分蒸発を抑える
作用がある、水と接すると反応熱によ
る温感が生じることからマッサージ料
などで利用される
保湿、溶剤 1
DPG 保湿作用と弱い抗菌作用がある 保湿、溶剤 2
ジメチコン 感触改良、皮膚保護 消泡剤、皮膚保護剤、閉塞剤 3
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 美白、抗酸化、抗炎症、抗老化 酸化防止剤、エモリエント剤 3
トコフェリルリン酸Na 抗酸化、バリア機能改善、抗菌 酸化防止剤、乳化安定剤、
皮膚コンディショニング剤、
還元剤、乳化剤、
親水性増粘剤
3
ハトムギエキス 保湿作用、細胞賦活作用 消臭剤、
皮膚コンディショニング剤
2
ラウロイルグルタミン酸ジ
(コレステリル/オクチルドデシル)
保湿、エモリエント、バリア機能改善 閉塞剤 3
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル
(C10-30))クロスポリマー
乳化、増粘 乳化安定剤、親水性増粘剤、
非水系増粘剤
3
(アクリロイルジメチルタウリン
アンモニウム/VP)コポリマー
保湿、増粘 親水性増粘剤 3
BG 保湿作用と弱い抗菌作用がある、
エキスの抽出溶媒として使われる
保湿、溶剤 2
PEG-12ジメチコン 乳化、分散、皮膜形成、感触改良 皮膚コンディショニング剤 4
水酸化Na pH調整 変性剤、pH調整剤 5
カルボマー 増粘 乳化安定剤、親水性増粘剤 2
ダイマージリノール酸
ジ(イソステアリル/フィトステリル)
エモリエント 結合剤、エモリエント剤、
閉塞剤、非水系増粘剤
3
ミリスチン酸オクチルドデシル エモリエント 閉塞剤 3
トコフェロール 酸化防止、抗酸化 酸化防止剤、香料、閉塞剤
皮膚コンディショニング剤、
3
メチルパラベン 幅広い微生物に対して効果があり少量
で高い防腐効果が得られるパラベンの
一種、水溶性の防腐剤
防腐剤 5

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルの保湿成分

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルの配合成分のうち、保湿に関わる成分は以下の通りです。


水(保湿)
グリセリン(保湿)
DPG(保湿)
トコフェリルリン酸Na(バリア機能改善)
ハトムギエキス(保湿)
ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)(エモリエント)
(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー(保湿)
BG(保湿)
PEG-12ジメチコン(皮膜形成)
ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)(エモリエント)
ミリスチン酸オクチルドデシル(エモリエント)

バリア機能改善とは、皮膚のバリア機能を正常化することです。それにより肌内のうるおいが守られます。エモリエントとは肌の水分蒸散を防止して、肌を柔軟にすることです。通常、エモリエント作用を持つのは油分です。皮膜形成により、肌の水分が蒸発するのを防ぐため、うるおいが守られます。

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルには保湿、バリア機能改善、エモリエント、皮膜形成という方法で、肌をうるおします。

処方がシンプルなため、ジェルを塗る前の肌の状態は塗った後の保湿感に大きく影響する可能性があります。皮膜を形成しても肌のバリア機能が弱っていると、肌のしっとり感は長時間持たないでしょう。

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルの肌なじみ(浸透性)

本来は肌なじみと浸透性は異なります。一般的に化粧品で浸透性と言われている場合の多くは、肌になじむことを意味しています。浸透とは皮膚の中にしみこんでいくことですが、化粧品のすべてが本当に皮膚にしみこんでいるわけではありません。

揮発性の高い成分や界面活性剤を配合することにより、肌の上で早く乾いたり肌に素早くなじんだりすると浸透したように感じるのです。ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルの配合成分を見ると、そのような成分は配合されていません。

「肌の上に残る・肌に浸透していかない」という口コミが見られるのは、そのためでしょう。

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルの口コミ

なお、ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェルの口コミが気になる方は「ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル スキンコンディショニングジェル愛用者たちの口コミ」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です