化粧品開発者が成分を解析!肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液の成分はどうなの?

この記事を書いた人
アバター
村木ゆみ

化粧品技術者・開発者として外資系大手化粧品会社と製薬会社で計10年勤務。海外化粧品輸入販売会社で、販売員へ化粧品知識の教育テキスト作成やお客様への説明資料作成も担当。現在はフリーの美容ライターとして活動してます。

「全身にたっぷり使えてヒアルロン酸でうるおう優しい化粧水」

肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液はドラッグストアやスーパーで売っていて、リーズナブルな値段で買えます。主な保湿剤はグリセリンとヒアルロン酸というシンプルな化粧水なので、家族みんなで使えます。

今回は使用感や効果が異なる3種類のヒアルロン酸を使って、家族みんなに愛用されるような使用感を持つ黄金比を追求したという肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液を、化粧品開発者の視点で成分解析していきたいと思います。

肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液の総合評価は4.0

まずは結論から。今回の肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液は星4.5です。

肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液
低刺激度
(4.5)
保湿力
(4.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.5)

肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液の成分特徴まとめ

肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液の特徴をまとめました。

  1. グリセリンはヒアルロン酸と相性の良い保湿剤で、角質の水分量を高めて角質を柔らかくする働きがある
  2. 加水分解ヒアルロン酸は分子量が1万以下にまで低分子化したもので、角質層に浸透して角質層の水分を高める
  3. アセチルヒアルロン酸は水洗いをしても落ちにくく、長時間保湿する
  4. ヒアルロン酸Naは、表皮の表面に保護膜を作って角質をしっとりなめらかにする
  5. 極潤のとろみを作っているのは、食物繊維の主成分であるセルロース由来のヒドロキシエチルセルロース

詳しく解説していきます。

肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液の配合成分を1つずつ解説

肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液はとろみのある化粧水です。とろっとした使用感の極潤は、3種類のヒアルロン酸を使って角質層に浸透させてもちもち肌にします。この極潤のもちもち肌テクノロジーを、配合成分から分析していきます。

でははじめに、全配合成分を見てみましょう。

成分名 役割 配合目的 刺激度
水溶性成分の溶剤、保湿 溶剤 1
BG 保湿作用と弱い抗菌作用がある、
エキスの抽出溶媒として使われる
保湿、溶剤 2
グリセリン 吸湿性があり角質の水分蒸発を抑える
作用がある、水と接すると反応熱によ
る温感が生じることからマッサージ料
などで利用される
保湿、溶剤 1
加水分解ヒアルロン酸
(ナノ化ヒアルロン酸)
保湿 保湿・湿潤剤 1
アセチルヒアルロン酸Na
(スーパーヒアルロン酸)
保湿 保水剤 3
ヒアルロン酸Na 肌表面で保護膜を形成し肌を保湿
する、角質を柔軟にし肌表面を
滑らかにする
保湿、
皮膚コンディショニング剤
1
PPG-10メチルグルコース 保湿 皮膚コンディショニング剤 2
コハク酸2Na pH調整 香料 1
ヒドロキシエチルセルロース 増粘、分散 結合剤、乳化安定剤、
皮膜形成剤、親水性増粘剤
2
コハク酸 pH調整、収れん 香料、pH調整剤 3
メチルパラベン 幅広い微生物に対して効果があり少量
で高い防腐効果が得られるパラベンの
一種、水溶性の防腐剤
防腐剤 5

肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液が肌をもちもちにする保湿テクノロジー

肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液には、主な保湿剤としてグリセリン・加水分解ヒアルロン酸・アセチルヒアルロン酸Na・ヒアルロン酸Naが配合されています。

グリセリンの保湿作用

極潤の保湿成分で最も配合量の多いグリセリンはヒアルロン酸と相性の良い保湿剤で、吸湿性があり水分を吸収して角質の水分量を高めて角質を柔らかくする働きがあります。そのため乾燥で硬くなった角質にはとても良い保湿成分といえます。

加水分解ヒアルロン酸の保湿作用

極潤に配合されている3種のヒアルロン酸のうち、加水分解ヒアルロン酸の保湿作用について解説します。通常のヒアルロン酸は、分子量が10万から200万の高分子です。そのため肌には浸透せず、肌表面を覆い乾燥を防ぐ働きをします。

加水分解ヒアルロン酸はヒアルロン酸固有の特性は維持したまま、分子量が1万以下にまで低分子化したものです。加水分解ヒアルロン酸は、実験で角質層に浸透することが確認されています。

さらに加水分解ヒアルロン酸を塗布した皮膚の水分量は、ヒアルロン酸を塗布した場合よりも高く、時間が経っても角質の水分量を維持する効果があることを示したデータもあります。加水分解ヒアルロン酸は、高い保湿作用と長時間の保湿作用を持つ優れた保湿成分といえます。

アセチルヒアルロン酸Naの保湿作用

次にアセチルヒアルロン酸Naの保湿作用について解説します。保湿成分として化粧品に使われるヒアルロン酸Naは水溶性なので、皮脂に覆われている肌とのなじみはあまり良くはありません。しかしアセチルヒアルロン酸は、ヒアルロン酸Naが持つ水酸基の一部をアセチル基に置き換えることで、親水性と疎水性の両方を持たせています。

そのため皮脂にもなじむようになり、長時間皮膚に吸着します。ヒアルロン酸Naは水との親和性が高いので、肌に塗布しても水洗いで容易に流されてしまうのに対し、アセチルヒアルロン酸は水洗いをしても落ちにくく、長時間保湿することができます。

ヒアルロン酸Naの保湿作用

最後にヒアルロン酸Naの保湿作用について解説します。ヒアルロン酸Naは1gで6Lもの水を抱え込む保水性という性質を持っています。真皮にはヒアルロン酸が多く含まれており、表皮にも真皮の約半分量のヒアルロン酸が存在しています。

化粧品に配合されているヒアルロン酸Naは分子量が大きいため皮膚に浸透せず、表皮の表面に保護膜を作って角質をしっとりなめらかにします。グリセリンと併用することで、角質の柔軟効果が持続することがわかっています。

肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液のとろみ

極潤はとろみのある化粧水ですが、そのとろみを作っているのはヒドロキシエチルセルロースという水溶性増粘剤です。セルロースは食物繊維の主成分で、水を吸収しますが水に溶けない物質です。

このセルロースに酸化エチレンを付加して水に溶けるようにしたものが、ヒドロキシエチルセルロースです。

肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液の口コミ

なお、肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液の口コミが気になる方は「肌ラボ極潤 スーパーヒアルロン酸ヒアルロン液愛用者たちの口コミ」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です