べビ肌

アームカバーの選び方とUVカット効果を検証してみた

12983 views

この記事を書いた美容ライター

林あいこ

2017年に化粧品検定1級取得。美容学校で3年間メイクやスキンケア、ネイル、ヘアーの勉強をし、美容情報サイトのライター&編集者として活動。趣味は新しいコスメを買うことです。

はな子
おはようございます!
美神先生
おはよ〜。なんか土日会わない間に腕すごく焼けてない???
はな子
そうなんですよ…。顔はメイクするからUV対策できてるんですけど、ちょーっとコンビニ出かける時とかにわざわざ日焼け止めを腕に塗るのがめんどくさくて…。それでそのままウロウロしてたらこうなっちゃいました…。
美神先生
なるほどね〜!そういう時はアームカバーを使うといいわよ!
はな子
え〜〜〜、でもあんな布切れ一枚で、紫外線がちゃんとカットできるんですか〜〜???
美神先生
日傘の時も同じようなこと言ってたわね。じゃあ今回はアームカバーの効果や選び方、そして検証もしていくわよ!

なぜアームカバーで紫外線をカットする必要があるのか?

美神先生
アームカバーの話に入る前に、なぜアームカバーで紫外線をカットするのか、紫外線がどのような影響を与えるのか軽く説明するわね。

そもそも紫外線とは、

UVA(紫外線A波)
UVB(紫外線B波)
UVC(紫外線C波)

の3種類存在します。そのうちUVCはオゾン層や大気圏で吸収されるので、地球まで届くことはありません。

地球まで届き、私たちの肌に悪影響を及ぼすのはUVAUVB。

はな子
悪影響!?紫外線ってただ日焼けするだけじゃないんですか!?
美神先生
紫外線は日焼けだけじゃなく老化にも関わってくるわ。どんな悪影響を及ぼすか説明するわ。

肌の奥まで届くUVA(紫外線A波)

UVAは全紫外線の95%を占め、肌の奥である真皮まで届き悪影響を及ぼします。

UVAの悪影響は、紫外線に当たるとすぐに出てくるわけではありません。少しずつ蓄積され、シワやシミなどの老化の原因となります。

また、一般的なガラスを80%通り抜けるので、室内にいても油断は禁物です。UVカットカーテンをつけて対策する方法や、少し大がかりですが合わせガラスに変えれば紫外線の99%をカットできますので対策できます。

肌の表面まで届くUVB(紫外線B波)


UVBは全紫外線の5%しかありませんが、UVAよりもエネルギーが強くなっています。よって、UVBの方が肌への刺激は強く、赤い日焼け、しみ、シワの主な原因となります。

海や山などに行った時に起こる赤い日焼けは、このレジャー紫外線とも呼ばれるUVBによるものです。

他にも、皮膚ガンなどを引き起こす原因にもなりますが、UVAと違いUVBは、ガラスをほとんど通り抜けることがないため、屋内の中はもちろん窓際でもUVBの影響を受けることはありません。

はな子
海やプールに行った時、帰ったら赤く日焼けしてる事があるけど、この日焼けはUVBによるものなんですね。
美神先生
そうね。UVBはレジャー紫外線とも呼ばれるわ。紫外線の詳しい事は「紫外線とは?3種ある紫外線の特徴や肌への影響と日焼け止めの選び方」でも説明しているから、合わせて読んでみて。
はな子
紫外線は日焼けだけじゃなく、シミやシワ、しかも皮膚ガンまで引き起こすなんて…
美神先生
UV対策の重要性はわかった?そのためにどのようなアームカバーを選んだらいいのか紹介していくわね。

アームカバー選び方のポイント

アームカバーといえば、以前はスポーツ選手、特にマラソン選手などが使ってるイメージが強く、アームカバーは「ダサい」「おばちゃんっぽい」…などと思っている人が多くいたようです。

しかし最近のアームカバーは、レースがついたものやプリントアウトされたものなどおしゃれなものが多くなっています。最近では高校生などもつけており、幅広い世代で使われていますよね。

でもそんなアームカバー、効果を重視した場合はどんなものを選べば良いのでしょう?

アームカバーの効果的なものの選び方のポイントを紹介していきます。

白より黒がUVカット率が高い!

アームカバーは黒や白をよく見かけますが、一体どちらの方が紫外線カット効果が高いのでしょう?

横浜市消費生活総合センターによる「夏用手袋の紫外線遮蔽効果について」の実験結果に基づいて考えていきます。

10種類のアームカバーの中から、同じメーカーの色違い、黒・白(グレー)の遮光率(%)を比べて見たところ、

メーカーA:黒 99.96%:白 97.00%

メーカーB:黒 98.46%:白 92.80%

メーカーC:黒 94.54%:グレー 89.78%

このような結果になっていました。

これをみてみると、どのメーカーでもアームカバーは白よりも黒の方が紫外線カット効果があることがわかります。

美神先生
白やベージュなどの淡色系よりも、黒の方が紫外線カット効果は高くなるので、選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

(※1)

ポリエステルのものがUVカット率が高い!

アームカバーのUV効果のある素材として、一体どのような素材のものが良いのでしょうか?

綿・ナイロン・レーヨン・羊毛・ポリエステル等の様々な素材が存在します。この中で紫外線を遮蔽(しゃへい)する効果の高い順に並べていくと、

ポリエステル>羊毛>綿・レーヨン・ナイロン

中でもアームカバーに使われる素材は、ポリエステルか綿素材のものが多いようです。

ポリエステルと綿素材のどちらかにするならば、ずばり、「ポリエステル」の方が綿素材よりもUVカット効果は優れているといえます。

共立女子大学家政学部紀要に「綿、ポリエステル布による紫外線防御」の実験の結果が紹介されています。それによると、紫外線の透過率はポリエステルより綿の方が大きいということがわかりました。

美神先生
UVカット効果の点において考えると、ポリエステル素材のものを選ぶのがオススメなんですね。

(※2)(※3)

安心なのはUVカット加工がされたもの

はな子
白のレースがついたアームカバーが気になってたんですけど、淡色系だし使わない方がいいんですか…?
美神先生
どうしても淡色系の色を選びたいんだったら、「UVカット率」が書かれたものを選ぶといいわ。

UVカット効果とは、紫外線を吸収、または反射させることにより紫外線を遮断する加工がしてあるものです。

どうしても白やベージュなどの淡色系のアームカバーを購入したい時は、「UVカット率○%」や、「UV遮光率○%」、「紫外線対策加工」などが書かれたものを使用しましょう。

「UVカット率99%」などと書かれたものは、色に大差なく紫外線をカットしてくれます。

美神先生
色によって大きな差があまりないなら、自分の好きな色を選ぶ事でアームカバーを取り入れたオシャレを楽しむ事もできるわね。

(※1)(※3)(※4)

アームカバーの紫外線カット効果を検証してみた

美神先生
じゃあいよいよアームカバーを検証していってみましょうか!

今回は5種類のアームカバーを使ってそれぞれ検証してみました!


左から順に、

Amazonで人気のスポーツ用アームカバー、

雑貨屋さんで買った300円のアームカバー(グレー・黒)

100均で買ったアームカバー(白・黒)

このアームカバーのUVカット効果を、紫外線を測定する測定器を使って検証していきます。

紫外線の数値が500マイクロワット以上から日焼けが始まると言われています。

比較的日焼けをしやすい人の場合、

1000~2000マイクロワット
…10分以上さらされると日焼けが起こる

3000~4000マイクロワット
…およそ5分で日焼けが起こる

5000~6000マイクロワット
…3分以内に日焼けが起こる

といった目安で日焼けが起こると言われています。

曇りの日と晴れの日の2日間の検証をしました。

まずは曇りの日、8月21日の12:30頃。雲の影響もあり紫外線の量にもばらつきがありました。

そして晴れの日、8月22の12:30頃。若干雲がかかってましたが、日が照っていてとても暑かったです。

では、この測定器を使って、5種類のアームカバーの検証結果をそれぞれ見ていきましょう。

同じ種類のものでも色が違うだけでどれほど効果が変わるのかも比べていきたいと思います。

Amazonで人気のスポーツ用アームカバー検証してみた

まずは、Amazonで人気のスポーツ用アームカバー。

素材:ポリエステル90%、ポリウレタン10%

UVカット加工がされており、スポーツ用なので吸汗速乾、抗菌防臭機能も備わっています。

伸ばしてみると布は薄めですが、繊維が密に組まれています。

まずは21日の曇り空の天気から。

測定直前の紫外線の量は1339マイクロワットです。

たとえ曇り空と言えど、まだまだ紫外線の量は多く10分以上外にいたら日焼けが始まってしまう数値ですね。

では、アームカバーの中に通して測定してみると…

何と測定結果は0マイクロワット!曇り空だと、完全に紫外線をカットしています!

次に晴れの日の検証です。曇りの日に比べ、紫外線の量が多かったため、Lowモードで計ると測定不能に…。

実は測定器、

0~1999 までの数値ならLowモード
2000~19990 までならHightモード

で測らないといけないため、晴れの日はHightモードで測りたいと思います。

晴れの日の場合は、この数字に×10をした数値が紫外線の量になります。

ということは、この時の紫外線の量はおよそ4600マイクロワット。では、どれだけ紫外線をカットしてくれるのでしょうか?

美神先生
カット結果はLowで測定するので×10しなくても大丈夫よ。

結果はなんと1マイクロワット!もう紫外線はほぼ全部カットしているといっても過言ではありませんね。

布は厚くはありませんが、繊維が細かく密になっているのでしっかり紫外線をカットしてくれています。

スポーツ用商品ですが、日常使いでもバッチリ使えそうですね。

しっかり腕のラインに沿ってフィットし、伸びもいいので二の腕までしっかりカバーできます。

【CW-X アームカバー[レディース]】


¥ 1,987
UVカット/吸汗速乾/指かけタイプ/抗菌防臭機能/ストレッチ素材

雑貨屋の300円のアームカバーを検証してみた

次は、雑貨屋さんで買った300円のアームカバーです。

美神先生
実は値引きされて購入時は150円になってたわ〜。安〜い。

同じ種類のグレーバージョンと黒バージョンをみていきましょう。

素材:ポリエステル

UV加工ではなくUV対策と書かれており、裏地がメッシュ素材になっていて涼しそうです。布自体は薄く、繊維のキメは粗めで密度は低い様子。

直前の紫外線量は758マイクロワット。曇り空のためこの時間帯は紫外線の量も少なく感じられました。

ですが油断は禁物です。500マイクロワット以上から日焼けは始まってしまうので。では測定してみましょう。左がグレーで右が黒です。

グレーの結果は54マイクロワット。704マイクロワットの紫外線をカットしています。

黒の結果は32マイクロワット。726マイクロワットの紫外線をカットしています。

次に晴れの日の結果を見て見ましょう。

少し雲がかかってきて、紫外線の量は2940マイクロワット。では結果は…?左がグレー右が黒です。

グレーの結果は375マイクロワット。約2500マイクロワットカット

黒の結果は293マイクロワット。約2600マイクロワットカット

はな子
黒の方が若干紫外線をカットしているようだけど…。
美神先生
素材の密度が低く薄いからか、十分に紫外線対策ができているかと言われればそうでもないような結果ね…。

100均のアームカバーを検証してみた

次は100均のアームカバーを検証してみましょう。

こちらも同じ種類で、白と黒の2色を用意しました。

素材:ポリエステル87%、ナイロン6%、綿6%、ポリウレタン1%

紫外線遮光率90%以上、吸水速乾加工がされているもので、今回検証したアームカバーの中でも一番厚い生地です。

それでは検証していきます。まずは曇りの日から。

紫外線の量は635マイクロワット。では結果は…?左が白。右が黒です。

白の結果は12マイクロワット。623マイクロワットカット

黒はなんと結果は0マイクロワット!紫外線全カットです!曇りの日なら100均のアームカバーでも十分対策できますね。

では次に晴れの日を見ていきます。

紫外線の量は約2580マイクロワット。では結果を見ていきましょう。左が白、右が黒です。

白の結果は51マイクロワット。およそ2500マイクロワットの紫外線をカット

黒の結果は7マイクロワット!ほぼ紫外線をカットしています!100円でこの紫外線カットの効果は驚きです!

はな子
100均でこの紫外線カットの効果は驚きですね…!!
美神先生
布が厚い分効果が高く現れてるのね。「Can Do(キャドゥ)」 にあるからオススメよ♫

普通のTシャツで検証してみた

最後に、普通のTシャツも測定してみましょう。

UVカットのためにあるアームカバー、体を守るために作られているTシャツ。どちらも布1枚で肌を守っていることに変わりはありませんが、どれほど差が現れるのでしょう?

素材:綿66%、ポリエステル34%

Uvカット効果などはありませんが、服なのでもちろん生地の厚さもしっかりあり、繊維も細かく密度は高いです。

まずは曇りの日。

紫外線の量は662マイクロワット。では、結果を見てみましょう。

結果は白が33マイクロワット、629マイクロワットをカット。

次に黒、結果は16マイクロワット、646マイクロワットをカット。

では晴れの日を見てみましょう。

直前の紫外線の量は4190マイクロワット。では結果を見ていきます。

結果は白が226マイクロワット。約3950マイクロワットカット。

黒は113マイクロワット。約4050マイクロワットカット。

素材の密度が高い分、完全にではないですがある程度は紫外線をカットしてくれるようですね。

はな子
素材の密度や厚さも、紫外線を遮断するのに大きく影響してることがわかりますね。

検証結果

アームカバーの効果には、素材の密度や厚さが大きく関わっていることがわかりました。

Amazon人気のアームカバーは、布は薄く涼しさを感じさせていますが、生地の密度はこの中でも一番高かったので、紫外線効果がきちんと出ています。

雑貨屋の300円のアームカバーは、UV対策と書かれてはいるものの、素材の密度が低く布地も薄いせいか、効果はあまり高くありませんでした。日焼け止めと併用しての使用が良いかと思われます。

反対に、UV加工がされていた100均のアームカバーは、布にある程度の厚みがあったためか、値段とは裏腹に紫外線を大きくカットしてくれていました。

そして色を比較した2種類のアームカバーは、どちらも黒の方がUVカット効果の高い結果となりました。

服などの素材は、布の厚さ、繊維の密度によって、ある程度の紫外線はカットしてくれているようです。

まだ遅くない。今からでも紫外線対策を

真夏が過ぎると、もうそろそろ日焼け対策は必要ないかな?そう思ってUVカットを怠ってはいけません。

紫外線は4〜9月の間に1年間の紫外線の量の70~80%を占めており、9月でもまだ紫外線は強く照射されています。

10月から徐々に紫外線は減ってきますが、それまでは油断せずに紫外線対策をしていきたいですね。

はな子
日焼け止めを塗るのが面倒臭いから、アームカバーは積極的に使って行きたいですね!
美神先生
実験から分かる通り、素材や厚さによっても紫外線は微量ながらに透過してしまうわ。完全に遮断したい人は、日焼け止めを併用すると安心よ。
はな子
淡色系でも生地が厚く繊維や密度が細かいものなら、紫外線カット効果も高く安心して使えるってことですね!
美神先生
布が薄くても、繊維や密度が細かければUV効果が高いことがわかったから、色をとるか暑さをとるかね。
はな子
私も早速新しいアームカバーを買いに行きます!

(※1)(※5)(※6)

【参考リンク】
(※1)横浜市消費生活総合センター夏用手袋の紫外線遮蔽効果について2017.8.21
(※2)紫外線遮蔽性布帛に関する研究(第2報)-各種布帛の紫外線遮蔽性-2017.8.21
(※3)jissen.repo.nii.ac.jp2017.8.21
(※4)http://www.u-gakugei.ac.jp/~hokekan/D-sigaisen.html2017.8.21
(※6)成安造形大学 美馬朋子繊維製品の染色による紫外線遮蔽効果2017.8.21

【参考文献】
(※5)吉木伸子著「素肌美人になるための スキンケア美容医学事典」池田書店 2015年


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)