べビ肌

100均で人気の小鼻ブラシ!ダイソー・キャンドゥを比較「結論、全てザラザラがツルツルに」

86 views
はな子
う〜〜ん。鼻がザラザラ〜〜〜(涙)
美神先生
ええ、どうしたの?鼻ザラザラなの?
はな子
角栓がポツポツって出て、化粧ノリも悪いし、すぐ改善したいけど毛穴パックはダメだし…。
美神先生
あ!そうだ!今口コミで話題の「小鼻ブラシ」を使ってみるといいわよ!なんでも1度の使用でツルツルになる人が続出なんだって。
はな子
ええ!なんですかその神アイテム…!!是非使ってみたいです!!
美神先生
100均に売っているらしいから、今から急いで買いに行きましょ!!!
はな子
え!?今から!?は、はい!!

小鼻ブラシとは?

近頃のスキンケアでは、洗顔ブラシが注目を集めているのはご存知でしょうか?

洗顔ブラシは、洗顔料のみで洗うよりも洗浄を行いやすく、優しく肌の汚れを取り除けるというもの。

そんな洗顔ブラシをひと回りもふた回りも何回りも小さくした、小鼻専用のブラシもあるんです。

小鼻ブラシとはその名の通り、洗顔の際に小鼻を綺麗に洗浄するもの。

細く柔らかいブラシの毛が、指では取ることのできない毛穴の奥の汚れ、角栓、化粧汚れなどを取り除いてくれるという毛穴ケア専用アイテム。

毛穴の黒ずみや角栓が気になる層に特に注目を集めており、毛穴レスを目指した女性たちに大人気の商品です!

小鼻ブラシの4つの効果

どうしてそんなに人気があるのか?小鼻ブラシの効果を徹底的に探って見ましょう!

効果1、古い角質や毛穴汚れを除去できる

小鼻ブラシや洗顔ブラシの毛先は、極細で肌にダメージを与えないほど柔らかい触り心地。

そんな極細の毛先が、指ではとることのできない毛穴に詰まった汚れや古い角質を取り除いてくれます。

効果2、ザラザラからツルツル小鼻になる

指ではとることのできない毛穴に詰まった汚れや角栓を洗い流してくれる小鼻ブラシ。

そんなブラシを使えば、もちろん毛穴から飛び出てきている汚れが除去され、凹凸がありザラザラだった小鼻もツルツルになるのは当然のこと。

ツルツルになったと声もあり、ネットでも驚きの声が!

3、定期的な洗浄で黒ずみもスッキリ!?

毛穴の黒ずみは、毛穴に詰まった皮脂や角栓が混ざり合い、空気に触れて酸化し、黒くなっている状態。

黒ずみが気になる場合は、皮脂や余分な角質や汚れを綺麗に洗浄することが重要です。

小鼻ブラシを使って、定期的に毛穴を洗浄し、

「余分な汚れ」「古い角質」「皮脂」

などを毛穴から除去し溜め込まないことで、角栓が過剰に発達するのを防ぎます

その結果、毛穴の黒ずみを改善する効果が期待できます。

4、化粧残しもスッキリ洗浄

綺麗にクレンジングをしているつもりでも、細かい部分にはメイク汚れが残っていたりします…。

とくに一番残りやすいのが、ここ↓↓

小鼻のくぼみの部分は、気を使っていても見落としやすいもの。

メイク汚れのすすぎ残しなどは、時間が経つと肌から分泌される皮脂と混じり合い酸素と結びついて過酸化脂質へと変化します。

この過酸化脂質や毛穴の黒ずみやよごれ、ニキビの原因にも!

小鼻のくぼみにニキビができやすい人は要注意です。

このような細かな場所のメイク汚れも除去してくれるのが小鼻ブラシ。毛穴の汚れだけでなくメイクの汚れもしっかり洗い流して、肌トラブルも回避しましょう。

はな子
小鼻ブラシってとっても便利そう。でもお値段もお高いんでしょうね。。。

小鼻ブラシのお値段、ショップを見てもだいたい500円から、高くて3000円以内におさまるくらいが妥当のよう。

美神先生
この値段だと、高いと思うか安いと思うかは個人の主観って感じね。

でもそんな小鼻ブラシ、実はみなさま御用達の100均にも売っているんです!

その100均の小鼻ブラシが、SNSや口コミで大流行!ネットでも高評価で、噂が広まりすぎて一時期は売り切れしてしまったことも

はな子
100均の美容グッズって、SNSですぐ広まるから人気が出たものはすぐ一時的に売り切れになりますよね。
美神先生
それだけみなさんの効果を実艦した人が多く、期待する気持ちが大きいってことよね。

便利!100均にもある!みんなの口コミ

みなさんの声は一体どのようなものなのか、口コミをみてみましょう!

どうやら100均の小鼻ブラシでも、鼻がツルツルになった、綺麗になったとの声が多い様子でした。

これは実際に使ってみなければ!!

100均の小鼻ブラシを購入してみた(3種類)

美神先生
ということで、実際に100均のブラシを買ってきたわ!(ゼ〜ゼ〜ゼ〜)
はな子
先生、今世紀で一番走ったんじゃないですか?100均に行くために…。

はい。わざわざ買ってきてくれてありがとうございます。先生、はなちゃん。

皆さんも100円払って十分な効果が期待できるなら、100円で済ませたいのはもちろんですよね?

どれほど効果が出るのか、今回はダイソーのブラシ2本とキャンドゥのブラシを使っていきたいと思います!

美神先生
ダイソーには2種類のブラシが売っていたから、両方買ってみたわ。(ゼ〜ゼ〜)

ダイソー①/小鼻専用洗顔ブラシ

まずはダイソー①から。


ネットで見る限りでは、このタイプの毛穴ブラシを使っている人がほとんどのようでした。

パッケージを見ても分かる通り、”ふわふわの肌触りの極細毛先で毛穴の汚れをかき出す!”といったもの。


裏のパッケージを見て見ると、どうやらふわふわの毛の部分はナイロンでできている様子。


毛先を見てみると、一見スパーーーン!と切りそろえられたように見えるのですが、よくよくよ〜く目を凝らして見て見ると、若干の毛の長さの違いがあります

この細かい長さの違いが肌の凹凸にフィットしているのでしょう

そして毛先に触れてみると…すごく柔らかい………。

手の甲を永遠と撫でていられるほど気持ちいいです。この毛先の柔らかさ…たまりません。

毛のしなる感覚が、なんだか新しく買った高い習字の筆のようでした。すごく柔らかいけど、若干のコシは残っているといいますか…。

はな子
替えたての習字の筆って、柔らかすぎて逆に書きにくいんですよね〜。
美神先生
いや、その感覚伝わるのごく一部でしょ。伝わりにくいわよ!

もちろん毛の太さなどは全然違い、こちらの方が極細ですよ。もちろん。

つまりいいたいことは、「いい筆の感覚」なんです!正直100円とは思えないほどの!お願い伝わって!!

ダイソー②/毛穴の大洗浄

では次、ダイソー商品2本目。


透明な持ち手が特徴ですね。

3本の中では一番持ち手が太く、そして重かったです。

大きく”毛穴の大洗浄”と書かれた毛穴ブラシ。超極細毛の柔らかな感触が毛穴の中までスッキリ洗顔してくれるそう。

裏を見て見ると、なんとアイメイクも落とせるんだとか。となると、結構しっかりとした毛質なのかな?といった印象です。


オポリブチレンテフタレートはプラスチック性、アルミニウムは毛のつなぎ目のところなので、どうやら超極細毛の素材はポリスチレン

毛の断面図を見てみると…


これは完全にスパーーン!です。全ての毛の長さが同じ。綺麗に平面。平面すぎて美しい。


手の甲を撫でてみると…なんだか密度をすごく感じる!

ダイソー①と②を比べた時に、2つの毛の面積や毛量にそれほど大差はないように思うのですが、手の甲を撫でてもると、感覚が全然違いました。

というのもきっと、断面図を見た時に、ダイソー①は毛の長さが微妙にバラバラで、よく見ると平面ではなく凹凸があるような断面に対し、ダイソー②はすべての毛が切りそろえられたように綺麗な平面。

この綺麗な平面のおかげで、すべての毛が肌に密着し、密度がすごく感じるのでしょう。

そして肝心の触り心地…。もちろん柔らかい。柔らかいことは柔らかいんですが…、なんだか先ほどよりもコシのようなものが感じられました

毛の柔らかさでいうとダイソー①の方が柔らかそうです。

キャンドゥ/つるっと小鼻

では最後に、キャンドゥで売られている小鼻ブラシを見ていきましょう!


3本の中で、持ち手も毛束も最も細い小鼻ブラシです。

チクチクしにくい柔らか筆が、頑固な汚れを優しくオフしてくれるよう。

キャンドゥの毛質はどうやらダイソー①と同じナイロン素材のようですね。

断面図を見てみると、これまたスパーンと平面のようですが…よく見てみると、ダイソー①と同じように毛の1本1本の長さが微妙に違い、これまた小鼻の凹凸部分に綺麗にフィットしそうです。

触り心地は、これまた柔らかい。小鼻ブラシの毛は全て柔らかいですね。すごい。ただこれもダイソー②と同じように少しコシが強いように感じられました。

なんだか、触ったことあるような感じだな〜と思いましたが、なんだか学生の頃に使っていた新しい絵の具の筆のようなイメージかもしれません。

色といい細さといい、コシの強さの感じといい。当時の筆の毛を、極細にしたような、そんな印象でした。

 

毛質の素材はダイソー①と同じナイロンなのですが、こちらの方が少し硬めのように感じます。

硬めといっても全然固くはないんですけどね。どちらかというと、ですよ!

細さ的には、一番小鼻の窪み、この部分↓↓にフィットしやすそうなイメージですね!

はな子
今までの中で一番細いから、細かい部分の洗浄は一番やりやすそうですね!

3本を比較!結論「大差なく全てツルツルになった」


実際に3本それぞれ使ってみました。

3本全てに共通して言えることは、1度の使用で肌ざわりが変わったこと。3本全て、使い終わった後は小鼻がツルツルに!

使用前の小鼻のザラザラ感が、使用後には全てなくなっていたのは正直驚きました。

どれが一番ツルツルになった、などはなく3本とも大差なくツルツルになりました。

ただ、1度の使用では見た目の変化は特になく、”小鼻の黒ずみがなくなった!”などということははないので注意。継続が必要ですね。

という具合ですので、3本の中でどれかを選ぶなら使用感で選ぶ方がいいと思います。ということで3本の使用感をそれぞれ比較してみました。

以下からは

ダイソー①→D①
ダイソー②→D②
キャンドゥ→C

と、省略している部分もあります。

比較1、柔らかさ

ダイソー①

3本の中では一番柔らかい使用感触だった。
面積が広いので時間をかけて熱心にしなくてもよく、肌の柔らかさでいうなら3本の中では一番オススメ。

ダイソー②

優しくするように心がけていたが少しチクチクした。仕上がりは問題なくツルツルになったが、継続的な使用は肌に刺激を与えそう。
同じダイソー商品なので買うならダイソー①の方がオススメ。

キャンドゥ

小鼻もチクチクすることなくとても柔らかい肌触り。面積が少し小さいため、くるくるを少し入念にしてしまいがちなのでやりすぎに注意。
ただ小鼻の横の洗浄は一番やりやすく、化粧残しは回避できそう。

比較2、太さ



ダイソー①、②は毛の太さや面積は同じ。

ただダイソー②は、持ち手の部分がダイソー①よりも太いので、力が入りやすくなってしまう恐れがあり。

キャンドゥは3本の中では筆も持ち手も一番細い。肌に当たる面積は少なく手間がかかってしまうが、持ち手が細く力が入りすぎてしまうことはない。

比較3、長さ


ダイソー①、②はほぼ変わりませんが若干の長さの違いはあり。

短い ダイソー①<ダイソー②<キャンドゥ 長い 筆先に近い方を持つと力が入りすぎてしまうので、一番力が入りづらいのは長さのあるキャンドゥ。

使用方法

ダイソー①

ダイソー②

キャンドゥ

3本とも使い方に違いはない。ダイソー①、キャンドゥ共に使用頻度は週2〜3回との記載があったがダイソー②にはない様子。

個人的なオススメはダイソー①の「小鼻専用洗顔ブラシ」

個人的に1番のオススメはダイソー①の”小鼻専用洗顔ブラシ”です。

毛の触り心地が一番柔らかく、毛に凹凸があるのでしっかり吸着してくれるイメージです。そして面積も広いのでやりすぎてしまうのを避けることができそうです。

普段字を書く時などに筆圧が強くなってしまう人はキャンドゥの”つるっと小鼻”が良いかもしれません。細く長いので力が入りづらく、小鼻のくぼみも綺麗に洗浄してくれます。

ただ、3本に共通して言えることは、一度水につけてしまうと2度目からは多少のパサつきが見られるように感じました。

使い続けていく事で感触が硬くなっていきそうでしたので、定期的に買い換える必要がありそうです。

美神先生
とは言っても100均だから、まとめ買いするにしても定期購入するにしても、そんなに抵抗なく購入できるんじゃないかしら?

小鼻ブラシ3つの”しすぎ”に注意!

せっかく小鼻を綺麗に洗浄してくれる毛穴ケアアイテムも、使い方を間違えてしまえば逆にその肌悩みを悪化させてしまうことになりかねません。

綺麗にしようという思いから、”しすぎ”ケアをしてしまう場合もあるので、間違ったやり方をしないように注意しましょう。

1、長時間しすぎない

毛穴の角栓や汚れ、さらには柔らかい毛質で、自分の気がすむまでいつまでもしていたいもの…。

それでも、いつまでも長々とブラシを当て続けるのはやめましょう。

当然長々やりすぎていては肌に負担がかかります。多少なりとも肌へ負担をかけている洗浄剤もついていることも忘れないでください。

気にしすぎて洗顔のやりすぎによる刺激は、摩擦で炎症を起こしヒリヒリとしたり、毛穴部分の角質層がつまり毛穴が厚くなる角質肥厚を招く原因になりかねません。

角質が厚くなれば、毛穴がつまり皮脂が毛穴の中に溜まり、ニキビを作る原因にもなります。

美神先生
洗顔自体の理想の長さは1分〜1分半、それ以内に洗顔が終わるように意識しましょ。

2、毎日しすぎない

まず第一に毛穴の角栓は、取っても取っても出てくるということを理解しておきましょう。

生成される角栓を毎日毎日綺麗に除去しようとすると、”しすぎ”ケアになってしまいます。

頻繁なブラシ洗顔による洗浄行為は、長く続くと刺激となり真皮にメラニンが溜まり始めて皮膚の色を濃くしてしまいます。

真皮にメラニンが溜まってしまえばなかなか消えず、ターンオーバーに時間がかかってしまうのです。

説明書にも「ブラシ洗顔は週に2〜3回を目安」と書いてありますので、自分の肌の状態に合わせてブラシ洗顔をする日を減らすなどして調節して行いましょう。

3、力を入れすぎない

いくら毛先が柔らかいといえど、力を入れ過ぎればそれは肌にとって負担になります。

肌への摩擦は色素沈着の原因となり、モヤモヤしたシミやメラニンが原因の黒ずみを引き起こしてしまう恐れもあります。

そもそも肌を擦ること自体は全て肌の負担となり、物理的刺激で肌がピリピリと痛んでしまうことも…。

汚れをしっかり落とそうとゴシゴシ擦りすぎずに優しく、そしてゆっくりと肌を撫でるようにするように心がけましょう。

角栓は取りすぎると肥大化して悪化する

そもそも角栓は誰にでもあるものです。

毛穴が小さく目立たない人は角栓がない!と思いがちですがそれは角栓が小さく、目立たないだけなんです。

なのでその角栓を完全に除去しようというのはお門違い。むしろごっそり角栓を取ってしまっては、また新たな角栓を急いで作らせてしまい、肥大化した角栓ができてしまいます

毎日余分な角質や汚れ、皮脂を綺麗に取り除いて過剰に生成されるのを防ぐことが大事です。

毛穴のトラブルは1日や2日でどうにかしようとはせず、継続したケアを続けることで解決できるはずですよ。

美神先生
毛穴の黒ずみや、詰まった角栓については「毛穴の黒ずみを起こす「詰まり毛穴」の改善方法」でも詳しく説明しているからぜひこちらもみて欲しいわ。
はな子
ザラつきをすぐになんとかしたい!と言った場合にとてもオススメのアイテムでしたね。
美神先生
そうね。正直1回でツルツルになると思ってなかったから驚いたわ。
はな子
これで化粧のノリも変わってくるし、100円とは思えないほどのアイテムなことは間違いなしですね!
美神先生
綺麗にしよう!って思いが強すぎてやりすぎてしまうと肌を傷めてしまうからそこは注意が必要だけどね!
はな子
”しすぎケア”は禁物ですね!
美神先生
お…。今回はなんだか綺麗に締めれたわね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)