べビ肌

毛穴黒ずみの原因と改善策7つ

1694 views

この記事を書いた美容ライター

manatsu

元エステティシャン。美容が好きで現在はフリーの美容ライターとして活動中。

はな子
先生〜ちゃんとお手入れしているのに、毛穴の黒ずみが治らないんです。
美神先生
あら…本当だ。お鼻がいちごちゃんみたい。
はな子
こんなんじゃお嫁にいけないです…。
美神先生
大丈夫よ。毛穴の黒ずみって言っても、黒ずみの中でも種類があるの。メラニンが関係したり皮脂が関係したりね。
はな子
毛穴の黒ずみって角栓が詰まっているから起きるんじゃないんですか??
美神先生
もちろん角栓が原因なのもあるわ。今回は毛穴の黒ずみのスキンケア方法と、種類別にオススメの化粧品の選び方も説明していくわ!

毛穴の黒ずみタイプと原因

美神先生
毛穴の黒ずみには大きく分けて3種類あるの。

毛穴詰まりタイプ

「毛穴詰まりタイプ」の黒ずみは蓄積した古い角質と皮脂が混ざり合ってできた「角栓」が酸化したものです。

鼻・額・あごなど皮脂の分泌が多い個所にできやすい角栓。

そのため「角栓ができる原因は皮脂」と思われがちですが、角栓の成分は7割がタンパク質(古い角質)で皮脂は残りの3割程度です。

古い角質が角栓になってしまう原因は、肌の生まれ変わりのサイクル「ターンオーバー」が乱れることにあります。

「ターンオーバー」が乱れている状態だと古い角質が毛穴に蓄積し、詰まりを引き起こしてしまいます。

広がり毛穴タイプ

「広がり毛穴タイプ」は、過剰な皮脂分泌や肌のたるみによって、大きくなった毛穴に影ができ黒く見えるものです。

額・あご・鼻の毛穴が丸く開いている場合は皮脂の分泌が過剰

頬の毛穴が涙型に開いている場合は、肌のコラーゲンやうるおい不足によるたるみが原因であると判断することができます。

美神先生
ニキビや傷が痕になり、クレーター状にくぼみ、黒く見えることもあるわ。

メラニン黒ずみタイプ

「メラニン黒ずみタイプ」紫外線などが原因で「メラニン」が毛穴に色素沈着したものです。

メラニンは通常ターンオーバーによって排出されます。

ですが、ケアを怠ったり間違ったケアを続けていると、「毛穴のシミ」になってしまいます。

毛穴の黒ずみをすっきり解消!改善策7つ

 
「角質層を強化する」
「ターンオーバーを正常にする」

 
この2つが黒ずみ改善に大切なことです。

肌表面の角質層には肌内部を外部刺激から守る働きがあります。しかし、ターンオーバーが正しく行われないと、健康な角質層が育たず、バリア機能も低下してしまいます。

バリア機能が低下すれば、肌は外部からの刺激を受け、ターンオーバーもさらに乱れてしまいます。

この悪循環が起きると、「詰まり毛穴」「広がり毛穴」「メラニン毛穴」すべてができやすい状態になってしまいます。

なので、角質層のバリア機能を補いながら、ターンオーバーを正常に近づけていくことが黒ずみ毛穴改善への近道です。

美神先生
では、黒ずみに有効な改善策を7つ紹介していくわ。

1.汚れをため込まない!正しいクレンジング&洗顔

毛穴の黒ずみを改善・予防するためには古い角質や皮脂・ホコリといった汚れをため込まないことが大切です。

美神先生
かといってしっかりゴシゴシ洗えば、かえって角質層を痛め、毛穴の黒ずみを招いてしまうわ。

 

クレンジング・洗顔の正しいやり方

 
○洗顔に使用するのは32℃前後のぬるま湯がベストです。

○洗い始めのクレンジング・洗顔料は洗浄力が高いため、乾燥しやすい頬や口の周りは避け、皮脂の多いTゾーンから額→鼻→あご→頬の順に優しく丁寧に洗いましょう。

○クレンジングは肌への負担が少ないクリームタイプがおすすめ。

額・鼻・両頬・あごの5点に置いてからクルクルと手を動かしなじませましょう。

クリームタイプのクレンジングはオイルやリキッドタイプと比べて洗浄力が低いため、アイメイクやリップが落としきれない場合は、ポイントメイク用のリムーバーを使用しましょう。

○洗顔はレモン1個分しっかりと泡立て肌に手が触れないように洗いましょう。

弱アルカリ性の洗顔料は汚れを落とす力が強く、古い角質や余分な皮脂・ホコリなどをさっぱり洗い流すことができます。

美神先生
アルカリ性の洗顔料を使っても、肌は自然と弱酸性に戻ります。

ただし、乾燥肌・敏感肌の方は肌表面を弱酸性に戻す力が弱く、肌トラブルがより深刻になってしまう可能性があります。弱酸性の洗顔料を使用して角質層を守りましょう。

2.乾燥防止で黒ずまない毛穴に

肌が乾燥していると、ターンオーバーは乱れ、外部刺激は入り放題という黒ずみ毛穴になりやすい状態になってしまいます。

はな子
乾燥肌は化粧品の刺激も受けやすいから、黒ずみ毛穴対策に有効な美容成分が入ったスキンケアも使いづらいですよね…。
美神先生
それを防ぐためには、「保湿」を徹底して、乾燥肌を予防することが大切よ。

最近では手軽なオールインワンタイプのスキンケア品も人気ですが
 
「化粧水は角質層に浸透してうるおす」

「乳液はうるおいを守りつつ化粧水とクリームをなじみやすくする」

「クリームはうるおいが逃げないようにがっちりフタをする」

といったようにアイテムによって浸透力・保湿力・役割が異なりますので、きちんと使い分けて肌のうるおいをチャージ&キープしましょう。

最強保湿成分セラミド

最強の保湿成分と謳われる「セラミド」
 
セラミドはもともと人の肌に存在し、角質層の隙間を埋めてうるおいを守る役割を担っています。しかし、加齢や生活習慣などによって減少し、肌の水分は蒸発しやすくなってしまいます。

そこで、スキンケア品にセラミド配合のものを取り入れて、不足した保湿・バリア機能を補いましょう。

美神先生
乾燥肌や敏感肌を改善するには、動物由来の「天然セラミド」、人の肌にあるセラミドと構造が同じで、酵母由来の「ヒト型セラミド」がオススメよ。
はな子
高保湿で肌なじみがよく、低刺激な成分なんですよね!

べたついている≠うるおっている

はな子
私、最近はオイリー肌っぽくて、ベタつくから化粧水しか使わないんですよね。
美神先生
「開き毛穴タイプ」の人は皮脂が多いから、そう思っちゃうかもしれないわね。でもベタついているからと言って肌がうるおってるわけじゃないの。

乾燥すると、弱ったバリア機能を補うために、皮脂分泌が盛んになります。それで肌がべたついてしまうこともあります。

オイリー肌の人でも保湿はきちんと行い、べたつきやすいTゾーンは使用量を抑えるなど工夫してみましょう。

3.間違ったケアには要注意!

毛穴の黒ずみ改善で絶対にしてはいけないのが、毛穴を気にするあまり”間違ったケア”をしてしまうことです。

・洗顔時にゴシゴシ擦る
・爪や綿棒で無理やり毛穴の汚れを押し出す
・オイルクレンジングで角栓が取れるようにマッサージする

 

美神先生
ついついやってしまいがちだけど、肌に大きなダメージを与えて、さらなる毛穴トラブルを引き起こす原因にもなるため絶対にNGよ!!

また、鼻の角栓をはがしとる毛穴パックは、ごっそり取れる爽快感から人気を集めています。

しかし、できた角栓を無理やり取っても根本的な改善にはなりません。角質層が傷付いて、むしろ黒ずみができやすい環境を作ってしまいます。

ピッピ
毛穴パックについては「毛穴パックは危険なの?メリット3つとデメリット4つと正しい毛穴ケア方法」で詳しく説明してるッピ。

酵素洗顔・ピールオフパック・スクラブ入りの洗顔料といった古い角質を除去するためのスキンケア品は、肌質によっては有効です。

しかし、肌に合っていなかったり使用頻度が多すぎると、肌トラブルを招いて、毛穴詰まりやメラニン沈着の原因になってしまいます。

普段、化粧品による肌トラブルがない健常肌・脂性肌の方でも1ヵ月に1~2回程度にとどめ、肌に異常がないかよく観察しながら使用しましょう。

はな子
乾燥肌や敏感肌の人は肌トラブルを起こす可能性が高いから、角質を除去するタイプのスキンケアは控えた方が良さそうね…。

4.マッサージで汚れ除去&血行促進

「フェイスマッサージ」と聞くとエステサロンで受けるものというイメージが強く、自分でするのは難易度が高いと感じる方も多いかもしれません。

ですが、セルフマッサージは以下の効果があるので、やり方を覚えて定期的に取り入れてみてください。ターンオーバーを促進して古い角質や汚れがたまるのを予防できます。さらに血行促進・老廃物の排出といった効果が得られ、毛穴の黒ずみ改善が期待できます。

美神先生
毛穴以外にも、くすみ・むくみ・乾燥肌・たるみなど様々な肌悩みを改善・予防することができるからぜひやってみて!

セルフマッサージのポイント

○マッサージはクレンジング・洗顔のあとに。

○セルフマッサージは、15分を目安に。摩擦によるダメージを防ぐために必ずマッサージ専用のクリームを使用しましょう。(保湿成分が入ったものを使用すると角質が整い、後から使う化粧水や乳液の浸透が高まります。)

○セルフマッサージは

「コリをほぐす」
  ↓
「老廃物を流す」
  ↓
「引き上げる」

  
という3ステップで行いますが、どの手順でも肌を下げないように下から上に向かって手を動かすように意識しましょう。

始めは1週間に1回からスタート。慣れてきたら普通肌の方は2日に1回、乾燥・敏感肌の方は肌の調子が良い時に1週間に1~2回のペースで行うのが理想です。

肩コリや冷えがあると体全体の血行・リンパの流れが悪くなってしまうため、ストレッチや軽い運動も合わせて行うとより効果的です。

セルフマッサージのやり方

1.マッサージクリームをなじませる

マッサージクリームを適量手のひらに取り、額・鼻・頬・あごの5点に置きます。手のひらを使って「額→鼻→口周り→頬」の順にゆっくりなじませます。

小鼻・あごなど毛穴の黒ずみが気になる箇所は指の腹を使ってクルクルとなじませます。肌が引っ張られないように圧をかけずに行いましょう。

2.指圧でコリをほぐす

コリ・老廃物が溜まりやすい、奥歯の噛み合わせ・頬骨の下・眉頭の内側。この三点を指圧し、コリをほぐします。

曲げた指の関節部分を使って「痛気持ちいい」と感じる強さで行いましょう。

3.老廃物をリンパに流す

コリをほぐしたら、溜まっていた老廃物をリンパ管に流します。

手のひら全体を使って

額からこめかみ→頬からこめかみ→あごからこめかみ

この順で3回ずつ押し流すように、ゆっくりと強擦します。次に

こめかみ→耳の横のくぼみ→耳たぶ裏のくぼみ

この順に指圧し、手のひらを使って耳たぶの裏から首に向かって押し流すように強擦します。

4.引き上げる↑↑

老廃物が流れてすっきりした肌を引き上げていきます。

あごの下のお肉を持ち上げるように手のひらをピッタリと密着させ、耳の横からこめかみを通って額に抜けます。手を交互に動かしリズム良く左右10回ずつ行いましょう。

5.クリームを洗い流して肌を整える

最後にぬるま湯でマッサージクリームをよく洗い流したらセルフマッサージ終了です。

清潔なタオルでやさしく水気を取り、化粧水・乳液・クリームを使って素早く保湿しましょう。

5.毎日コツコツ紫外線対策

紫外線を浴びると、シミや毛穴の黒ずみの原因である黒い色素「メラニン」が作られることはご存知かと思います。このほか紫外線の刺激により、皮脂の分泌が過剰になり毛穴詰まりも起きやすくなります。

さらに紫外線に含まれるUV-Aは肌の奥にある真皮層まで入り込みダメージを与えます。真皮にあるコラーゲンやエラスチンを変性させてハリ・うるおいの低下も招いてしまいます。

紫外線ダメージによる毛穴の黒ずみ防止・改善のために毎日きちんと日焼け止めやストール・帽子などを使って紫外線対策を行いましょう。

紫外線は雨の日でも晴天の30%程度、曇りの日でも60%程度は降り注いでいます。

美神先生
部屋の中で過ごしていてもUV-Aは窓ガラスを貫通しているから、油断せずに紫外線対策をしましょう。

SPF値やPA値って?

日焼け止めに表示されているSPF値PA値。違いについてはご存知でしょうか。

「SPF値」はUV-Bをカットする効果を表します。UV-Bは波長が中程度で肌表面にダメージを与えます。

(SPFの数字)×(20分)=(UV-Bによって紅斑(皮膚が赤くなる)のを防げる時間)

例えば、SPF30ならば

20分×30SPF=600分(10時間)

となり、10時間日焼けによる赤み(紅斑)が出るのを遅らせることができる、という計算になります。

「PA値」はUV-Aをカットする効果を表します。UV-Aは波長が長く、肌内部の真皮までにダメージを与えます。+が多くなるにつれカットする効果が高くなります。

ただし、効果が高いからとSPF値とPA値の数値が高いものを普段使いにしていると、肌に負担をかけるため、日常使いにする日焼け止めは

SPF10~20
PA+~++

にとどめましょう。日焼け止めは摩擦や汗で落ちてしまうことがあるため2時間おきに塗り直しましょう。

日焼け止めだけでなくUVカット効果がある下地・ファンデーション・パウダーを重ねて層を作ると、より効果的に紫外線をカットすることができます。

6.毛穴の状態・肌質に合わせたスキンケア品選び

効率良く黒ずみ毛穴を改善するために、毛穴の状態や肌質に合わせてスキンケア品を選びましょう

毛穴詰まりタイプ

「毛穴詰まりタイプ」に必要なのは、正しい洗顔と保湿、そしてメイク品の見直しです。

毛穴が詰まっているのを発見すると角栓やざらつきを取ろうとして、洗浄力の高いクレンジング・洗顔料を選びがちです。しかし、それらは乾燥肌を引き起こし、毛穴詰まりの繰り返しになってしまいます。

また、カバー力が高く持ちが良いメイクは、落とすために高い洗浄力を必要とします。

美神先生
洗浄力が高すぎると肌はダメージを受けてしまうわ。けど洗浄力の弱いクレンジングを使うと肌に優しいぶん、メイク汚れが残りやすく毛穴も詰まってしまうの。

普段は落としやすいパウダーファンデーションなどを使用し、特別な時だけカバー力が高く持ちの良いリキッドファンデーションやウォータープルーフのメイク品を使用するようにしましょう。

広がり毛穴タイプ

脂性肌でおでこや鼻の毛穴が目立つという広がり毛穴タイプの方。

【皮脂を抑える成分】
・ビタミンC誘導体
・ローズマリーエキスetc…

【収れん・引き締め作用がある成分】
シラカバ樹皮エキス
・イチョウ葉エキス
・キイチゴエキス etc…

このような成分を含んだスキンケア品を使用し、皮脂の分泌をコントロールしましょう。

ただし、乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されてしまうこともあるため、洗いすぎや脂取り紙の使いすぎには注意しましょう。保湿ケアはきちんと行い、乾燥しないようにしましょう。

頬の毛穴が涙型に目立つという場合は、肌の奥にあるコラーゲン組織やそれをまとめているエラスチンが減少しているのが原因です。

こういう場合は、浸透力の高い保湿成分(ヒアルロン酸など)に加え、エイジングケア成分(レチノール・レチノイン酸など)を配合したスキンケア品を選びましょう。

血行不良になると肌細胞に栄養が行き渡らなくなってしまいますので、フェイスマッサージや軽い運動なども積極的に取り入れましょう。

メラニン沈着タイプ

メラニンによる毛穴の黒ずみを改善するためには美白と紫外線対策が必須です。

【美白効果のある成分】
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・ルシノール
美神先生
美白成分「ハイドロキノン」には高い効果があるけど、肌の刺激が強く肌の色が一部だけ抜ける「白斑」という状態になることもある為、注意が必要よ。

紫外線を浴びるとメラニンがどんどん作られてしまうため、日焼け止めや帽子・ストールなどを使ってしっかりと紫外線対策を行いましょう。

また、紫外線以外の外部刺激もメラニン黒ずみの原因になります。摩擦や乾燥にも十分注意してやさしくお手入れをしましょう。

メラニンは肌の生まれ変わりと共に排出されますので、ターンオーバーを促すマッサージピールオフパックなども有効です。

7.規則正しい生活とバランスの良い食事

毛穴の黒ずみを改善するためには、スキンケアだけでなく体の内側からのケアも大切です。

睡眠不足・ストレス・疲労・冷え・運動不足・バランスの悪い食事・過度な飲酒・喫煙は極力避けましょう。ホルモンバランスやターンオーバーの乱れ、血行不良・栄養不足を招き、黒ずみ毛穴ができやすい肌環境になってしまいます。

毎日規則正しい生活とバランスの良い食事を心がけましょう。

ストレス・疲労・冷えを軽減するためにストレッチや入浴といった自分に合ったリラックス方法を見つけましょう。

毛穴の黒ずみに効く食べ物

「ビタミンB2」「食物繊維」「α-リノレン酸」

毛穴詰まりの原因となる皮脂の排出を助ける

「ビタミンC」「ビタミンA」「カロテノイド」

メラニンの色を薄くし、角栓を黒くする活性酸素を除去する作用がある

「ビタミンB1」「ビタミンB6」「セラミド」「タンパク質」

肌のうるおいやハリを保つ作用がある

などを多く含む食べ物を積極的に取り入れましょう。

美神先生
ただし、特定の食品や栄養ばかり大量に取るとホルモンバランスが崩れるわ。あくまでバランスの良い食事をすることを基本にね。
はな子
鶏肉・卵・大豆製品・ウナギ・ホウレン草やトマトなどの緑黄色野菜・キウイやイチゴなどの果物類・クルミは上記の栄養素を多く含むから、毎日の食事に取り入れたいですね!

まとめ

毛穴の黒ずみを改善には原因となる刺激や乾燥を予防することが大切です。

黒ずみが気になるからと言って、ゴシゴシ洗ったり角栓を押し出したりせず、正しいお手入れをコツコツ続けましょう。

自分の毛穴や肌の状態を見極め効率よく黒ずみ毛穴を改善しましょう。

はな子
毛穴の黒ずみって、種類が3つもあったんですね…。
美神先生
そうね。タイプによって必要な成分が変わってくるから、自分がどのタイプか見極めることが大切ね。
はな子
早速新しいスキンケア商品を…、あとお菓子とジュースも一緒に買っとこう!
美神先生
あなたこのあいだ痩せたいってぼやいてなかった?
はな子
ダイエットは明日からですよ。
美神先生
(一生痩せないわね…。)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)