べビ肌

【加工なしの写真あり】ビーグレンのホワイトケアセットは本当にシミに効果があるのか検証して見た!

1664 views
はな子
先生〜。聞きたいことがあるんですけど…。
美神先生
どうしたの?
はな子
母がシミが気になるんですって。でも、化粧品を探していても「予防」のものはあっても「改善」できるものってなかなかなくて…。
美神先生
今あるシミを改善したいんだったら、メラニン色素を還元する作用がある成分が入っているといいわ。
中でも強い還元作用があるのが「ハイドロキノン」っていう成分なの。
はな子
ハイドロキノン…。還元作用があるってことは、今あるシミを薄くしたりする効果があるってことですね!?
美神先生
そう!なら今回は、ハイドロキノンが配合されているビーグレンの「ホワイトケアセット」を使ってみて、実際に効果があるのか検証してみましょうか!これね↓


¥1800(トライアル価格)
詳細を見る

はな子
はい!もし効果があるなら、母にオススメしてあげたいです!

結果の写真から見たい方へ

以下のボタンをクリックすると使用後の写真までジャンプできます↓↓




ビーグレンとは?

肌は若返るのか?
私は「YES!」と答えます。
By.ブライアンケラー

そう確信を持って答えることができるのが、ビーグレンの始まりである開発者の言葉。

ビーグレンの始まりは、「開発者が妻に送った一本の美容液」から。

開発者であるブライアン・ケラー博士が、目元のシワやほうれい線に悩んでいる妻に対して「笑顔を取り戻したい」という思いから、開発が進んだそうです。

もともとはがんや遺伝子の治療薬を確実に患部に届けるための研究をしていたため、皮膚のことを知り尽くしていた博士。

そんな博士が妻のために、化粧品は当初研究の対象ではなかったが、研究中の浸透テクノロジーを化粧品に応用しようと思いついたのが始まりでした。

はな子
素敵ですね…。
美神先生
こんな旦那さんがほしいわね…。

ビーグレンは、肌の奥深くの悩みの元へと美容成分を届ける、”浸透力”を生かしたスキンケア方法を推奨しています。

どんなに優れた成分も、届かなければ効果はない。

そこで先端テクノロジーの超微粒子のQuSome(キューソーム)で肌に届く浸透した効果のある成分を、コントロールしようと考えました。

これまでの肌表面だけのケアとは違い、肌に的確に浸透させ効果を発揮させるスキンケア商品を開発しました。

浸透テクノロジーQuSomeとは?

QuSomeとは、ビーグレンが独自に開発した、超微粒子の美容成分です。

QuSomeの粒子の大きさは、ナノサイズで直径70~150ナノメートルほどの大きさ。

はな子
よくわからない…。
美神先生
なんとこれは針の先に50個乗るほどの、超小さなものなのよ。
はな子
針の先に50個!?すごく小さな粒子です!

このカプセル状の小さな粒子、QuSomeが、美容成分を包み込み肌へ浸透させます。

ビーグレンのスキンケア商品には、このQuSomeカプセルが何十億個も配合されており、角質層まで浸透、そして肌の中へ長時間止まり、効果を持続させ、肌の悩みを解決させます。

はな子
この超微粒子のカプセルを使って、成分を肌に浸透させ、肌の悩みに働きかけているわけですね。

最も注目!美白成分「ハイドロキノン」

今回ホワイトケアセットの中でも注目したいのが、夜用クリームである「QuSomeホワイトクリーム」に配合されている「ハイドロキノン」。

ハイドロキノンは、麦芽やコーヒー・いちご・紅茶など私たちが普段口にするものにも含まれている成分ですが、メラニン色素を還元する強い作用があります。

これはどういうことかというと、今あるシミを改善させるのに効果的だということ!

メラニン色素を合成する元となるチロシナーゼの活性化を阻害する効果も十分に高いもので、還元だけでなくシミ予防にも高い効果が見られます。

シミやソバカスを予防するために効果が高いとされている、コウジ酸アルブチン酸の10~100倍の働きがあります。

その効果が高いことから、ハイドロキノンは”肌の漂白剤”と言われるほどに美白作用が高いのです。

(※1)(※2)

高い効果!しかし肌への刺激は?

欧米では「美白成分=ハイドロキノン」と言われるほど、効果が見られているとともにみなさんに馴染みのある成分です。

しかし、その効果が高い反面、日本人の肌には刺激が強く、かぶれなどの作用も見られたため日本の化粧品市場では使用許可は出ておらず、病院での処方でしか手に入れることはできませんでした。

日本で許可が降りたのは2001年から。配合量を規制させ、安全面を考慮した上で日本でも化粧品への配合が可能となりました。

この為、緩和はされていますが使用する上で、

・強い紫外線に当たらないようにする(夜のみの使用、またはUVカット効果のあるものを使用)
・高濃度のハイドロキノンを長期的に使用する場合は使用上の注意に従う

など、扱い方にも十分注意が必要です。

はな子
でも、ハイドロキノンって肌の一部が白くなってしまう「白斑」が見られるって言われますけど…。
美神先生
そう捉えている人も多いみたいだけど、そこは安心してちょうだい。

ハイドロキノンは、一部では肌を白くする為「白斑」が見られる、と捉えている方もいると思います。

しかし、白く白抜けする白斑が見られるのは「ハイドロキノンモノベンジル」。ハイドロキノンモノベンジルは毒性が強く、これは化粧品の配合が日本では禁止されています。

このハイドロキノンモノベンジルは日本で許可されている「ハイドロキノン」とは全く別物で、5%程度までのハイドロキノンだけでは、白斑は確認されていません。

しかし使用上の注意は必ず守るようにしましょう。

ピッピ
ハイドロキノンについて詳しいことは「ハイドロキノン配合オススメクリーム10選」で紹介してるッピ。

(※1)~(※3)

ホワイトケアセットの効果は?

ビーグレンでは肌の悩みに合わせて、初回限定のトライアルセットでは8種類の専用ケアセットが用意されています。

そんな中でも美白効果に対して高い成分が入っていることがわかった、「ホワイトケアセット」。どのような評価がされているのか、口コミをみてみました。

・1週間で美白の効果は見られることはないが、肌のトーンが上がった
・1週間でシミがなくなったり薄くなることはなかったが、全体的にくすみが取れた。
・スキンケアの浸透力が良くぐんぐん浸透していく。
・肌全体がふっくらと柔らかくなりメイクのりが良くなった。
・肌のトーンが上がった。続ければ美白効果がありそう。
・シミに効果は見られなかったがモチモチの肌になった。
・肌変化が開く短期間で期待できるわけはないが、使用感がベタベタしで好きではない。
・白ニキビがたくさんできて自分には合わなかった。
・1週間使い続けたけど効果が全然見えない。
はな子
1週間で効果が出ない…と言う声がありますけど…。
美神先生
もちろんなんだけど、そもそも1週間でシミが消えるわけないのよね…。

1週間のトライアルセットではありますが、これは1週間で効果が見えるので試して見てください。と言うよりも、1週間使って見て肌に異常がなければ使い続けてください。が正しいのだと思います。

そもそも肌の生まれ変わりであるターンオーバーは約28日。そのターンオーバーの過程でシミの原因であるメラニンの排出が行われるのです。

なのですごく早くても1ヶ月、ただ何年もかけてできたシミが1ヶ月でシミが改善されることはそもそも少ないでしょう。

美白ケアというものは最低でも3ヶ月は続けていきたいもの。

公式ノートブックにも書いてある通り、

Q.トライアルセットでは、肌に合っていたのかよくわかりません。
A/かゆみ、赤み、発疹などが現れなければ肌に合っていて継続的にご使用いただけます。

と書かれています。1週間のトライアルセットの使用の判断基準は正直、効果がある、なしではなく、肌荒れがなかったか、使用感はよかったか、で判断してその後単品使用をしていくかを検討するものだと思われます。

ホワイトケアセットのアイテムたち

早速購入です。

今回はホワイトケアセット。シミ・色素沈着ケアのラインナップです。

シミ・そばかす・肝斑・色素沈着・乾燥でお悩みの方にオススメ。

箱を開けると、ビーグレンのパンフレットとスキンケア商品が…。

早速開封してみましょう!ワクワク!

¥1,800(ホワイトケアトライアルセット価格)
詳細を見る

はな子
前回の「毛穴ケアセット」に比べてアイテムが1つ多いですね。
美神先生
なんだかお得感があるわね。

ホワイトケアラインに含まれているスキンケア商品は、

(洗顔料)クレイウォッシュ 15g
(化粧水)QuSomeローション 20ml
(美容液)Cセラム 5ml
(クリーム)QuSomeホワイトクリーム1.9 5g
(クリーム)QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g

以上の5点です。

STEP1.”落とす”クレイウォッシュ

吸着洗顔で色素沈着の原因にもなる、酸化した皮脂もしっかりと洗い上げる洗顔料です。

この洗顔料は「モンモリロナイト」と言った、微粒子のクレイを使用した”吸着洗顔料”です。

肌の潤いに必要な皮脂だけは残し、汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因となってしまう毛穴の中で酸化した皮脂もしっかり吸着します。

【その他の有効成分をpick-up】
スクワラン・ヒアルロン酸Na…保湿成分として配合されており、保護膜を作り肌の水分を保持し潤いを保つため、洗い上がりのツッパリ感を感じさせない。
グリチルリチン酸2K…抗炎症効果があり、ニキビの炎症などの肌荒れを防ぐ。
カミツレ花エキス…肌のターンオーバーを整えメラニンの生成を抑制。

出してみるとこんな感じ。

少しくすみかかった緑のような色です。

クレイ洗顔料は通常、もっとつぶつぶ感があって触るとザラザラしているものが多いですが、このクレイ洗顔は全然つぶつぶ感がなく、普通の洗顔料のようです。

クレイ洗顔が苦手な人でも使いやすそうですよ。

使い方には、”泡立てる必要はありません。”と書いてありました。どうやら泡だてなくてもいい様子です。

試しに泡だててみましたが…

頑張ってもこれ以上は泡立ちませんでした。

普段洗顔料はたくさんの泡を泡立てて使うことの方が多いため、泡立てない洗顔料は少し摩擦で肌に負担がかからないのかが心配なところです…。

ですが使用して驚いたのは、洗い上がりの肌がめちゃめちゃツルツル!!!

一度使って一番驚いたのは、肌のツルツル感。クレイ状の粒が毛穴の汚れを吸着しているのでしょうか?1度の使用で肌がツルツルになり、とても驚きました!

また、汚れを落とす効果もとても高いようで、ナチュラルメイクならクレンジングをせずとも化粧を落とすことができました。

目元などの落としにくい場所には専用のリムーバーが必要ですが、パウダーファンデーションだけなどの軽いメイクの場合は優しくなじませると化粧も一緒に落とせるようです。

<全成分>水, モンモリロナイト, イソノナン酸エチルヘキシル, ソルビトール, BG, ココイルグルタミン酸Na, ペンチレングリコール, ココイルグルタミン酸TEA, 尿素, スクワラン, ヒアルロン酸Na, グリチルリチン酸2K, アロエベラ葉エキス, カミツレ花エキス, クズ根エキス, クロレラエキス, カプリロイルグリシン, エチルヘキシルグリセリン, クオタニウム-73, EDTA-2Na, フェノキシエタノール

(※4)

STEP2.”うるおす”QuSomeローション

肌を潤いを与え、その潤いを持続させると共にブライトニング効果を引き出します。

角質層まで浸透し、なんと保湿成分を17時間持続させることで潤いを保たせる化粧水。

角質層が十分潤っていると、その後につけるスキンケアの浸透力が上がります。保湿成分を長時間にわたって持続させることで、この後の美容液の効果を格段に高めます。

美容液のように濃厚な4つの成分、「ホメオシールド」「アケシソウエキス」「VCエチル」「EDP3」が肌にじっくりとどまり続けることで、潤いを持続させ、継続的にエイジングサインや肌の乱れに働きかけます。

滞りがちなターンオーバーのサイクルを整え、メラニンが排出されやすい肌へ導きます。

【その他の有効成分をpick-up】
3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸…ビタミンC誘導体。抗炎症効果や、メラニンの生成を抑制・排泄・改善の効果があり、初期のシミだけでなくニキビ跡や毛穴の黒ずみの改善も期待できそう。

出してみると、とてもサラサラとしたテクスチャーです。

ですがこれを肌に浸透させていくと、化粧水をつけた後はしっとりとした感じに。

浸透するスピードがとても早かったので、しっとりした肌触りだけどベタつかない、といった印象でした。

しっとりタイプの化粧水が苦手な方でも不快感なく使えそうです。逆にさらさらタイプが苦手な方でも、仕上がりはしっとりと守られているので安心して使えそうです。

<全成分>水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na

(※4)

STEP3.”整える”Cセラム

ソフトなピーリング作用で、古い角質やメラニンの排泄を促す美容液です。

美容液成分のビタミンCが高濃度(7.5%)で配合されています。

ビタミンCは、美白効果としてメラニンの生成を抑制・排泄を促進・還元など3つのアプローチを行います。そのほかにも抗炎症効果もあるので、初期のシミ以外にもニキビ跡・毛穴・くすみなどの悩みを改善する効果が期待できます。

コラーゲンの生成を促す働きがあるため、たるみ改善の効果も期待できそうです。

ソフトなピーリング作用で、肌をくすませる古い角質やメラニンの排出を促します。

出してみると、液がとてもサラッとしており、まるで化粧水のようなテクスチャーでした。両手に軽く広げ、顔全体になじませて使います。

温感を伴う美容液となっているので、実際に肌になじませてみると、のせた瞬間に暖かさを感じました。

サラッとしたテクスチャーの反面、肌にのせるとまるでオイルを乗せたよう…。少しテカリをもつイメージで、使い続けるとニキビができてしまうのでは!?と思ったのが正直な感想です。

塗布した後の見た目は、オイリーでテカテカです。

はな子
口コミを見てみると、どうやらこのCセラムは肌荒れを起こす人が多いみたい。

ビタミンCはとても繊細で壊れやすいので、普通は安定させるためにビタミンC誘導体として配合されているのですが、この美容液は微粒子カプセルQuSomeに包み込むことで、ビタミンCをそのまま配合させているようです。

美白成分というのはもともと、ビタミンCのみに関わらず、その効果の反面、肌状態によっては肌へ刺激を起こしやすいものです。

そのため、敏感肌や乾燥肌などの肌状態によっては、少し刺激を感じやすくなっているのでしょう。

説明文にも”※乾燥肌、敏感肌の方は、少量で様子を見ながらお試しください。”と書かれているので、心配な方、敏感肌や乾燥肌の方は特に、使う際には最初から規定量を使うのではなく、パッチテストを行うなどして対策を取りましょう。

また、日中使う場合は、紫外線効果のあるものを併用させて使うことを推奨されていますので、日焼け止めやメイクをしない方は、朝の使用は控えた方が良いでしょう。

PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

(※4)(※5)

STEP4.”消す”QuSomeホワイトクリーム1.9

「何を使っても効果が出なかったという方へ」進化したハイドロキノンが、悩める紫外線ダメージにアプローチする美白クリーム。

超微粒子カプセルであるQuSomeとハイドロキノンを融合させることで、必要な箇所までハイドロキノンを届け、その場所に長時間滞在させ、じっくり働きかけることに成功。

今あるシミに働きかけ淡色化を目指すほか、メラニン色素を合成する原因となるチロシナーゼの働きを阻害することで、シミやソバカスの還元とともに予防する働きがあります。

そのほかにも、ハイドロキノンの効果をサポートする3つの美容成分にも注目。

βホワイト」が肌の明るさを保ち、「TGP2」が肌の透明感を高め、「ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸」が肌をくもらせないように働きかけます。

ナイトクリームとして使うもので、紫外線に浴びる前の使用は控えるようにしましょう。

また、Cセラムと同じく、美白成分が配合されていることにより、肌状態によっては肌へ刺激が起こりやすいものです。

超微粒子カプセルQuSomeと融合させることで、効果のスピードアップと共に、低刺激性を実現させることに成功していますが、心配な場合は一度パッチテストを行うなどして対策を取りましょう。

【その他の有効成分pick-up】
ハイビスカス花発行液…消炎効果や皮膚細胞の活性の効果があるため、肌荒れを防ぎ、健やかで美しい肌へと導く。
ゲンチアナ根エキス…血行促進や消炎効果があるため、肌荒れの防止や、エイジングケアとして配合されている。

出してみると、クリームほどしっとりではないけどジェルほど水っぽくもない触り心地。

クリームとジェルの間のような使用感でした。塗布した後はベタつきはなくジェルを使った後のように少しみずみずしいです。

なんだかとても軽い感触でした。伸びもよく少量で顔全体に塗布できそうです。

はな子
気にならない程度ですけど、少々文房具のノリっぽい香りがしました。

ノリの匂いが世界で一番嫌い!!!という人は注意かもしれません…。

<全成分>水, プロパンジオール, スクワラン, ハイドロキノン, セテアリルアルコール, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, ジステアリン酸PEG−23グリセリル, アスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸, オリゴペプチド-34, オリゴペプチド-68, オキソチアゾリジン, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, ビオサッカリドガム-1, ラムノース, グルコース, グルクロン酸, トコフェロール, グリセリン, BG, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアラミドプロピルジメチルアミン, ステアリン酸ポリグリセリル-10, ステアリン酸PEG−55, ステアリン酸ソルビタン, バチルアルコール, ステアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ステアリン酸コレステリル, リナロール, 乳酸, 乳酸K, フェノキシエタノール, ピロ亜硫酸Na, EDTA-2Na

(※6)

STEP5.”守る”QuSomeモイスチャーリッチクリーム

光を透過しやすい肌へと導く保湿クリーム。

失われていくハリのために、肌が生まれ変わるリズムを整えます。内側から押し返すような肌の弾力を保つことで、光を透過しやすく透明感のある肌へと導きます。

加齢や環境の変化により引き起こるリズム崩れを整え、ハリを低下さえる要因をたつために5つの美容成分が配合されています。

【5つの美容成分pick-up】
ポリアミン…化粧品に配合することで、肌のハリや潤いを保つ効果が期待できる。
アップレディ…コラーゲンとエラスチンの生成を促す。肌に押し返すようなハリを与える効果が期待できる。
ラミリン…アミノ酸の一種で昆布などの海藻にも含まれている成分。皮膚細胞に活力を与え機能を活発にするアンチエイジング剤として使用される。
アクアエクストリーム…肌のバリア機能を高める効果がある。
ハイビスカス花発酵液…消炎効果、皮膚細胞の活性効果があり、肌荒れを防ぎ、健康で美しい肌を維持する。

エモリエント効果が高く、スキンケアの仕上げとして使うことで、化粧水や美容液の美肌成分を閉じ込め、長時間に渡り持続させます。

出してみると、とても重いテクスチャーの印象で、チューブから出すのが少し硬く感じられました。

肌に乗せてみると、とてもしっとりとした印象。しっかり濃厚なクリームが肌へ定着していき、しっとりとした仕上がりになります。

油分が多く、クリームが苦手な方には少し重く感じてしまうかもしれませんが、とても伸びがよく少量でも顔全体に塗布できそうです。

クリームの使用感が苦手な方は、まずは少量を手にとって薄くなじませるだけでも、保湿効果を期待することができそうです。

<全成分>
水, スクワラン, ジグリセリン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, グリセリン, シクロペンタシロキサン, BG, ステアリン酸グリセリル, セタノール, ジメチコン, ステアリン酸PEG-45, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, バチルアルコール, ステアリルアルコール, ベヘニルアルコール, パルミチン酸セチル, アセチルテトラペプチド-2, オリゴペプチド-6, ダイズ芽エキス, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ショクヨウダイオウ根エキス, ゲンチアナ根エキス, 加水分解コラーゲン, ヒアルロン酸Na, コレステロール, ジヒドロコレステロール, ステアリン酸コレステリル, 乳酸K, 乳酸, パルミチン酸, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, プロパンジオール, ペンチレングリコール, エチルヘキシルグリセリン, フェノキシエタノール, 水酸化K

ビーグレンホワイトケアセットを7日間使ってみた

では、ホワイトケアセットの検証結果を見てみましょう。

その前に、今回のモニターさんの肌プロフィールをご覧ください。

年齢:29歳
肌質:乾燥肌
肌悩み:くすみ、乾燥、しみ、ほうれい線、目の小じわ、たるみ(重力に負けてる)
意気込み:1週間の使用で、シミは薄くならないかもしれないけど、くすみが取れたらいいな〜〜!!

写真は夜のスキンケアでホワイトケアのトライアルセットを使用し、朝起きてすぐに撮影したものになります。

同じ場所で取っているので光の加工なども一切なし!ありのままの写真です!

使用前の肌状態

まずは使用前の肌状態から見ていきましょう!

肌が全体的にくすみがちな印象。ほほの横にあるシミが気になるようです。

水分と油分の量も測定してみたところ、水分量は18%、油分は23%と肌が乾燥している様子。

この肌が一体どのように変化して行くのでしょう?

1日目

早速1日目。夜のスキンケアでビーグレンのホワイトケアセットを使用し、次の日の朝に撮影したものです。

なんと1日目にして驚いたことが…

全体的に肌色がワントーン明るく、1度の使用で目に見えてわかるほど顔が白くなりくすみが取れているのが驚きました!

比べてみるとこのくらいの差が…

【使用前】

【使用後(1日目)】

【使用前】

【使用後(1日目)】

くすみとともに肌のカサカサ感が消えていました。これには驚き。

水分量と油分量を見てみると、

水分量は18%→31%、油分量は23%→47%へ両方ともUP!

朝起きた状態でも、しっかりと保湿状態は続いている様子です。

2日目

どんどん見ていきましょう!2日目の様子。

ちなみに、洗顔料を付けて毛を剃るとカミソリ負けをしました…。

カミソリを使うときは、しっかり泡立てた洗顔料を使ったほうがいいみたいです。この洗顔料は向いていなかったようです…。

水分量と油分量は…

はな子
昨日と同じように、水分油分ともに保湿力をキープしているみたいですね!
美神先生
油分量に至っては、理想の油分量の50%に!

3日目

3日目の様子。

肌に明るさ、そして乾燥肌とは思えないようなツヤ感が感じられます。

水分量、油分量は安定しており、油分量も理想の50%に近い数値を保っています。

4日目

4日目の様子。

4日目まで、くすみなしをキープしている様子です。

朝起きたすぐでも、肌色が明るくモチっとした肌の印象ですね。

肌も乾燥から来るごわつき感が見られずしっかりと保湿力をキープ。

5日目

5日目の様子。残すところも後2日。

肌にハリツヤを自分でも少し感じられるように。

しかし、なぜか起きたら目が一重になってしまいます…。ハリが良くなったからか、保湿がしっかりされているからかな?という気はするのですが。

6日目

6日目の肌の様子。

終わりの日が近くにつれ、肌がキメ細かくなっている気がします。とても肌がもちもち。

水分量は30%付近をキープ、油分は理想の50%をキープしている様子ですね。

最終日7日目

そして最終日、7日目の様子です。(7日目の写真はなぜかこれまでよりテカリがありますが、照明や場所など撮影条件は同じです)

では7日目は使用前と比べて見て見ましょう。

【使用前】

【7日後】

【使用前】

【7日後】

1週間では完全に全てのシミを改善することは無理でしたが、自身はその効果を感じ、くすみがちだった肌は、ワントーンアップ!

詳しい感想はすぐ下で…。

乾燥による肌のカサカサ感がなくなり、水分量も油分量もともに最終日にはUPしている様子です。

全体を通しての使用感想

全体的な使用感と感想としては悩みが少し改善された気がします!

特にくすみは、1日目でワントーン明るくなった!とわかるくらい、スキンケア後の肌に変化が…。

シミに関しては、ネットの口コミでは1週間では効果が見られなかったと書いていたので、あまり大きな期待はしていなかったのですが、7日目の時にはなんだかシミが少しだけ改善されているなと自分で感じました。

特に、目元のところを比べてみると…

【使用前】

【使用後】

使い続けていけば本当に消えるんじゃないか!?と思うほどでした。くすみもとれ顔全体が白くなったのが実感でき、キメが細かく肌が綺麗になったように思います。

洗顔後は洗い上がりがモチモチで、必要な水分は肌に残っているんだなあ…といった具合!

ただ、Cセラムなどは目に入るととても痛かったです。目の周りに塗布するときは気をつけるようにした方が良いです。

温感美容液のため、肌に塗布した時に暖かくなるのはとても心地よくて好きでした!

スキンケアラインを一通り試すと、目の下あたりに少しヒリヒリ…。でもクリームまでしてもしっとりしているんですけどベタつかないところはとても良かったです。

保湿もしっかりされているし、全体的に使って見た感想としては大満足でした!

肌悩みに合わせたラインナップが多数

今回使用したホワイトケアセットは7日分入って税込で1944円。

トータルを現品で揃えようと思うと…、

クレイウォッシュ 150g ¥3,900(¥4,212)
QuSomeローション 120ml ¥5,000(¥5,400)
Cセラム 15ml ¥4,700(¥5,076)
QuSomeホワイトクリーム1.9 15g ¥6,000(¥6,480)
QuSomeモイスチャーリッチクリーム 30g ¥7,000(¥7,560)

はな子
ということは全部で…
美神先生
税込28,728円ね。でも定期で4個以上買うと25%オフだから結構お得よ!

いきなり現品購入する勇気がない場合は、まずトライアルセットを試して自分の肌に合っているかを確認してからの方がいいかもしれませんね。

今回は、シミ・色素沈着をケアする”ホワイトケアトライアルセット”を使用しましたが、初回トライアルセットは、その他7種類、合計8種類の肌悩みに特化したトライアルセットがあります。

・ホワイトケア(シミ・色素沈着)
毛穴ケア(毛穴の開き・毛穴の黒ずみ・テカリ)
たるみ・ほうれい線ケア(ほうれい線・顔のたるみ・たるみ毛穴・くすみ)
ニキビ跡ケア(ニキビ跡・クレーター)
ニキビケア(ニキビ)
・目元ケア(目尻のしわ・目元のくま・まぶたのたるみ)
・乾燥・保湿ケア(乾燥肌・乾燥じわ・首のしわ)
・エイジングケア(額のしわ・眉間のしわ)

トライアルセットは7日分のスキンケアラインが入っており、全てのケアラインが初回1,800円(税込1,944円)ですので、きになる場合は公式サイトを見てみてくださいね。

はな子
なんか1ヶ月使ったら本当に効果が見えそうですね。
美神先生
ターンオーバーは約28日だから、最低でも1ヶ月、できれば3ヶ月は使用したいところね。
はな子
これは期待大…!お母さんに教えてあげよ〜っと♪
美神先生
私もちょっと気になるわ〜。使ってみようかしら。
はな子
先生も、アンチエイジング頑張らないとですね…。
美神先生
そうそう…この年になるとね…。
ってうるさいわ。
【参考文献】
(※1)鈴木一成・朝田康夫監修「化粧品のすべてがわかる コスメティックQ&A事典 全面改訂最新版」 中央書院 2011年
(※2)吉木伸子著「素肌美人になるための スキンケア美容医学事典」池田書店 2015年
(※3)吉木伸子著「一生ものの素肌をつくる 正しいエイジングケア事典」高橋書店 2012年
(※4)久光一誠監修「美肌のために、知っておきたい 化粧品成分表示のかんたん読み方手帳」永岡書店 2017年
(※5)宇山侊男・岡部美代治・久光一誠編著「化粧品成分ガイド 第6版」フレグランスジャーナル社 2017年
(※6)宇山侊男・岡部美代治編著「化粧品成分ガイド 第5版」フレグランスジャーナル社 2011年

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)