べビ肌

インナードライに合う乳液の選び方とオススメ乳液11選

3515 views
はな子
先生、もうトラブルばっかりの私のインナードライ肌、早く解消したい!何かいい方法はないですか?
美神先生
確かに、トラブルのデパートみたいにはなっているわね・・・。間違ったスキンケアが原因かもれないわ。例えばだけど、化粧水の後は、しっかり保湿できている?
はな子
あ、えっと、皮脂が多くて、ベタベタするので、化粧水をはたいておしまいです。ダメですか?
美神先生
そうね。化粧水で、いくら水分を与えてもそのまま放置していたら蒸発してしまうの。だから、蓋をしてあげないといけないわ。
はな子
何かプラスするなら、クリームよりもさっぱりした乳液を試してみたいんですけど・・・。
美神先生
確かに、クリームよりは油分は少ないわね。じゃあ今回は乳液で保湿するためのポイントを教えるから、はなちゃんに合うものを探すといいわ。

「顔の表面は、脂っぽいのに、カサカサして、ツッパる…」

「毛穴が開いて、キメが粗い…」

「肌がごわついて、化粧のノリが悪い…」

「ニキビができやすい…」

こんな肌の状態に心当たりはありませんか?

あるという方はもしかしたら、あなたは「インナードライ肌」かもしれません。




インナードライってどんな状態?

【インナードライとは?】
肌表面は皮脂でしっとりしているのに、内部では水分が不足している状態を言います。

水分が減っているのに皮脂量はまだ多い、20代後半から30代くらいの女性によくみられます。

美神先生
とはいえ、日本人女性の8割がインナードライだとも言われているわ。
はな子
そんなに?多いんですね。私は、最近まで、自分がインナードライって気がつきませんでした・・・。

皮脂が過剰に分泌しているので、自分は「脂性肌」と思い込んでいる方も多いようです。

でも、多く分泌している皮脂は、肌が乾燥しているから。乾燥から肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されてるのです。


角質層がダメージを受けると、肌は乾燥してバリア機能が弱まります。

そして、大事なバリア機能を補おうと、肌は皮脂を多く分泌して防御反応を示しているのです。↓↓↓

その結果、皮脂を抑えるのを重視した間違ったスキンケアをしてしまい、さらにインナードライを悪化させていると言われています。

インナードライ肌は、肌トラブルの宝庫と言えるほど、悩みを抱えやすい肌質です。

具体的には、しわ、シミ、くすみ、ハリ不足。このほかにもキメが荒く、毛穴が開いてしまう。ニキビができる。肌がごわつく。季節の変わり目など、かゆみが出たり揺らぎやすい。etc・・・。

インナードライを解消するには、まず自分の肌の状態を正しくすることが先決です。

それでは、ここで、インナードライかどうか簡単チェックする方法をご紹介します。

あなたはインナードライ?4つのチェック方法

チェック法1、チェックリストを使って簡単チェック

下の項目のうち、いくつ当てはまるか、チェックしてみてください。

●口元はカサつくが、Tゾーンがテカる。

●冷房が効いた室内にいることが多い。

●夕方になると、メークが崩れることが多い。

●脂っぽいのに、肌が突っ張った感じがある。

●ベタつくのが嫌だから、お手入れは化粧水だけで済ませている。

●肌がごわごわして、化粧のノリが悪い。

上のチェックリストに2つ以上当てはまれば、インナードライである可能性が高くなります

チェック法2、セロハンテープを使って簡単チェック

このほかにも、セロハンテープを使ってチェックする方法もあります。

さらに確認をしたい方は試してみてください。

1、テープを4〜5センチほどに切ります。

2、切ったテープを手の甲に貼ります。

3、テープを剥がします
↓↓↓

剥がしたテープが白くなっていれば、インナードライの可能性が高くなります。

はな子
筆者も、白くなっているのでインナードライですね・・・。

チェック法3、洗顔後の肌の状態で簡単チェック

また、洗顔後15分ほど何もスキンケアをせずに放置してみてください。

15分経って、皮脂で肌表面は脂っぽさがあるのに、顔全体が突っ張っているようでしたら、「インナードライ」の可能性が大です。

チェック法4、スキンチェッカーで水分量、油分量を把握する

インナードライは、角質層の水分が20%以下の状態を言います。

先にしていただいた簡単チェックの他に、市販のスキンチェッカーを使って肌の水分量や油分量を知るのもオススメです。


¥2,980

アマゾンボタン

インナードライの原因

皮脂の分泌は多いので、一見潤っているように見える。でも肌の内部は乾燥している。これがインナードライです。

ではなぜ、インナードライになってしまうのでしょうか?

その原因は主に、冷暖房による乾燥、紫外線よるダメージ、間違ったスキンケア。

このほかストレスや、不規則な生活など。

角質層がダメージを受けると保水力が急降下

これらの要因で、肌の表面にある角質層はダメージを受けます。角質層の保水力が失われると、肌は乾燥します。

角質層は、肌の一番表にあるわずか0.02ミリほどの薄い層です。角質細胞がれんがを交互につみ上げるような状態で、10〜20層重なってできています。

下の肌の断面図の一番上の層が角質層です。
↓↓↓

角質細胞の中には、天然保湿成分(NMF)があり、水分をとり込んでいます。

そして、細胞間脂質という物質が、角質細胞をすき間なく埋めて水分を保持しています。

この細胞間脂質の主成分はセラミドという物質です。

これらの天然保湿成分(NMF)や細胞間脂質、皮脂膜のバランスが取れていると、バリア機能がきちんと機能してくれています。

美神先生
バリア機能で、外部刺激や肌内部の乾燥から肌を守ってくれているの。

そして、バリア機能が整っていると、ターンオーバーが正常に行われて、健康で美しい肌を保つことができます。

しかし、冷暖房による乾燥、紫外線、間違ったスキンケアなどによって、角質層がダメージ受けます。そして、乾燥して、バリア機能がうまく働かなくなります。

そこで肌はバリア機能を補おうと、防御反応で皮脂を分泌させます。だから、肌内部は乾燥しているのに、顔の表面は皮脂が多いという状態になってしまうのです。

さらに、角質層がダメージを受けることによって、肌は急いで新しい角質細胞を作ろうと、不完全な細胞を作ってしまいます。

不完全な角質細胞は、保水機能も未熟。角質層に十分な潤いを保つことはできません。

美神先生
皮脂の保水力はそんなに高くないの。皮脂よりも角質層の保水力の方が高いのよ。

ですから、インナードライを改善するには、まず角質層の保水力をあげるケアをすること。これが重要です。

なお、インナードライについては、「【完全保存版】インナードライ改善方法の全て」で詳しく紹介しています。

インナードライ肌に合う乳液の選び方のポイント2つ

化粧水でしっかり水分を補った後は、その水分が蒸発しないよう、がっちりと抱え込むケアが必要です。

インナードライは、バリア機能が低下している状態です。

外からの刺激も受けやすく、敏感に傾きがちです。

美神先生
そんな肌状態に合わせて、お伝えしたいポイントは、2つ。

ポイント1、高保湿のアイテムを

保湿は必ずしも、乳液やクリームを2重3重にかさねなければならないということはありません。

美神先生
皮脂の分泌が多いから、乳液もクリームも美容液もと重ねていたら、ニキビなどのトラブルにもつながりかねないわ。

ですから、しっかり潤いを閉じ込めてくれるセラミドヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸など保湿力のある成分が入っているかを確認して選びましょう。

ポイント2、低刺激処方で肌への負担を減らす

先ほども述べたように、インナードライは、外からの刺激に弱くなっている肌状態。 できるだけ、刺激になるものが配合してあるものの使用は控えましょう。

特に、乳液やクリームは乳化してあるため、界面活性剤が使われています。

こういった化粧品に使われる界面活性剤は、合成のものでも、一般的には刺激は弱いものが使われていますが、注意は必要です

美神先生
乳液はクリームより水分が多い性質。さっぱりした使用感だけど、クリームより多くの界面活性剤が使われているの。

また、セラミドは肌の保湿にはとても効果的な成分ですが、水溶性ではないため、配合するには、多くの場合界面活性剤が必要となります。

美神先生
保湿のために、乳液、クリーム、セラミド入りの美容液のどれを使用するにしても、保湿効果を一つで完了できたら理想ね。
はな子
色々なアイテムを重ねると、それぞれに使われている界面活性剤を肌につけることになるので、それだけ負担にる可能性があるんですね。

そのためには、保湿効果が高い配合成分のものを選ぶこと、肌への刺激の少ない処方の商品を吟味して選ぶことをオススメします。

美神先生
この2つのポイントを抑えた乳液を紹介するわよ。メイク下地やUVカットの機能のある乳液もあるから、お楽しみに。

インナードライ肌に合うオススメの乳液7選と、オススメUVカット乳液4選

1、エトヴォス モイスチャライジングセラム


¥1900
詳細を見る

こちらの商品は美容液と乳液の保湿効果を1本で得ることができる優れもの。

インナードライには保湿ケアが重要ですが、この商品は高保湿成分がたっぷり配合されております。

具体的には「保湿機能の80%を占めるセラミド」「1gあたり6Lの水を保持することができるヒアルロン酸」「人の肌に元々の存在する保湿成分NMF」などが配合。

乾いた肌をしっかり保湿してくれます。

さらにセラミドは様々な種類があるのですが、この商品に配合されてるのは”ヒト型セラミド”。保湿力がとても高く、刺激が少ない特徴を持っています。

また、先述した通りインナードライは刺激に弱い状態ですが、この商品は肌に優しい低刺激処方。

刺激的な成分である「シリコン」「パラベン」「キレート剤」「石油系合成界面活性剤」「鉱物油」「合成香料」「着色料」を使用してません。

だからインナードライの方にはオススメですよ。

2、ロゼット オウンセラ バランシングミルク

保湿効果の高い「天然セラミド」を配合。合成の界面活性剤や鉱物油を使っていません。

洗顔後、化粧水の前に導入として使用します。洗顔後の肌が水分を蓄える力をサポートします。そして、「天然セラミド」を肌に効果的に届けます。

また、肌自身がセラミドを作る力をサポートするハトムギ発酵液を配合。これらの働きで、潤いの続く肌へ導きます。

また、コラーゲンも与えるだけでなく、作る力をサポートする成分により、はり、弾力をもたらします。

そしてバリア機能が向上することで、乾燥や刺激に負けない上部な角層を育みます。

低刺激性・弱酸性・無香料・無着色料・無鉱物油、アルコールフリー・パラベンフリー・石油系界面活性剤フリー

オウンセラ バランシングミルクの口コミ

○肌荒れが落ち着いて、吹き出物もできなくなり嬉しいです。
○肌がふんわり柔らかくなり、しっとり。保湿力を感じます。
○化粧水と、この乳液で他のアイテムはいりません。
○保湿力高い。刺激もありません。
○しっとり、モチモチになりました。

オウンセラ バランシングミルクの全成分

全成分表示

水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 、DPG、グリセリン、ホホバ種子油、BG、ペンチレングリコール、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルグルタミン酸ジオクチルドデシル、メチルグルセス-10、セレブロシド(天然セラミド)、サッカロミセス/ハトムギ種子発酵液、ノイバラ果実エキス、イソステアロイル加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、グリチルレチン酸ステアリル、シロキクラゲ多糖体、アルカリゲネス産生多糖体、ヒドロキシプロリン、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、イソステアリン酸、エチルヘキシルグリセリン、水添レシチン、ベヘニルアルコール、水酸化K、カルボマー、トコフェロール、フェノキシエタノール

3、 小林製薬 ヒフミド エッセンスミルク

セラミド1、2、3。3つのタイプのヒト型セラミドを配合。浸透力、保湿力ともに優れています。

化粧水の後になじませます。

低刺激性です。無香料、無着色で、パラベン、エタノールは不使用。

ヒフミド エッセンスミルクの口コミ

○すごく潤う、潤いすぎに注意です。
○クリームよりつけ心地は軽い。
○肌なじみは良い。冬場の乾燥も乗り切れる。
○肌表面で幕を張った感じになり、内部にも浸透します。
○夕方まで乾燥知らず。ハリも出ます。
○安心感のある保湿力。感触が柔らかく、肌に刺激を与えません。
○少量でよく伸びます。

ヒフミド エッセンスミルクの全成分

水、グリセリン、BG、イソノナン酸イソトリデシル、水添ポリイソブテン、ステアリン酸ソルビタン、イソステアリン酸PG、水添ナタネ油アルコール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、ダイズステロール(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ポリクオタニウム-51、カンゾウ葉エキス、ヒメフウロエキス、サガラメエキス、カンゾウ根エキス、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、グリチルレチン酸ステアリル、シロキクラゲ多糖体、ベタイン、ラフィノース、トリエチルヘキサノイン
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ヤシ脂肪酸スクロース(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、キサンタンガム、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、トコフェロール、メタリン酸Na、アルギニン

4、松山油脂  肌をうるおす保湿乳液


¥1,404

アマゾンボタン

安全で保湿力の高いヒト型セラミドを5種類配合。

肌にすっと馴染んで、しっとり潤いを与えます。

詰め替え用もあります。

アルコール・香料・着色料・鉱物油・パラベンフリーの低刺激処方。

肌をうるおす保湿乳液の口コミ

○保湿がすごい!乾燥肌がひどく、乳液とクリームを重ねていたが、これを使うようになって、クリームがいらなくなった。
○肌にすっと馴染んで、ベタベタと残りません。
○しみたりしないので、嬉しいです。
○すばやく浸透して、内部から潤わせてくれる感じです。
○化粧水の後に使うと、スチーマーを浴びたようなしっとり感がある。
○乾燥が改善されたので、乳液って大事だなと思える商品でした。
○敏感肌ですが、問題なく使えて潤います。
○クリームだと、油っぽくなるが、これはちょうどいい。

肌をうるおす保湿乳液の全成分

全成分
水[溶媒]、BG[保湿、防腐]、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル[エモリエント]、グリセリン[保湿]、ステアリン酸グリセリル[乳化]、ステアリン酸スクロース[乳化]、ダイズ種子エキス[肌を整える]、ダイズ発酵エキス[肌を整える]、ダイズステロール[保湿]、ダイズ油[エモリエント]、セラミド1[保湿]、セラミド2[保湿]、セラミド3[保湿]、セラミド5[保湿]、セラミド6Ⅱ[保湿]、スクワラン[エモリエント]、シア脂[エモリエント]、水添レシチン[乳化、エモリエント]、エチルヘキシルグリセリン[保湿、防腐]、ステアリン酸PG[乳化]、ベヘニルアルコール[エモリエント]、バチルアルコール[エモリエント]、カルボマー[質感調整]、トコフェロール[品質安定]、アルギニン[pH調整]

5、アクセーヌ  エモリエントコンディショナー

¥3,130

アマゾンボタン

細胞間脂質の働きをサポートする保湿成分を配合。

肌の角層中に含まれる水分が外部へ蒸発することを防ぎ、水分量を保つエモリエント成分と共に角質層を潤いで満たします。

角質層が十分に潤うことで、バリア機能を正常に保ちます。

乾燥によって、刺激を受けやすくなっている肌を守りながら、トラブルのない肌へと導きます。

低刺激処方です。無香料・無着色・アルコール(エタノール)フリー。

エモリエントコンディショナーの口コミ

○少量でかなり潤います。
○いい感じにモチモチになります。
○刺激もなくさらっとした使い心地です。
○成分がシンプルで安心できます。
○使い始めてから、肌の調子が良い。
○肌荒れがひどい時、これで保湿したら、落ち着いた。
○ニキビや赤いぶつぶつができやすいのですが、これはしっかり保湿してくれて肌荒れが全くなくなりました。
○しっとり、もっちりするのに、表面サラサラ。

エモリエントコンディショナーの全成分

水|グリセリン|ミネラルオイル|BG|ステアリン酸グリセリル|セタノール|ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)|水酸化Na|水添レシチン|カルボマー|ココイルグルタミン酸Na|コレステロール|ジメチコン|ステアリン酸ソルビタン|ステアロイルグルタミン酸Na|ポリソルベート60|メチルパラベン

6、山田養蜂場 ハニーラボ乳液

¥3,880
アマゾンボタン

2種類のヒアルロン酸を配合。中でも「ヒアロオリゴ」はヒアルロン酸の中でも、浸透力の高いタイプ。2種類で肌の奥まで、しっかり潤いを届け長時間キープします

このほか、養蜂場メイドの化粧品らしく、美容効果の高いハチミツも。ハチミツには、多くのビタミンやミネラルなど多くの有用成分が含まれていて、保湿効果を高めます。

また、マリンハーバルエキスが、インナードライで乱れたバリア機能をサポートしてくれます。

バラの香りは心を落ち着かせ、安らぎを与える効果があります。

香料・着色料・鉱物油・パラベン(防腐剤)を使用せず、低刺激処方です。

ハニーラボ乳液の口コミ

○感触がリッチで、保湿力と水分の蓋の仕事が優秀。
○きちんと肌に蓋をしてくれる。品質は最高です。
○肌トラブルがなくなりました。手放せません。
○乾燥肌ですが、しっとりしてベタつきません。
○冬の肌のツッパリ感がなくなりました。
○バラの香りがとてもいいです。
○刺激がなく、とてもいいです。
○保湿時間が長くて、化粧のノリが良くなる。

ハニーラボ乳液の全成分

水・基礎成分、センチフォリアバラ花水・ 香り成分、グリセリン・潤い成分、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル・肌の保護成分、トリエチルヘキサノイン・肌の保護成分、BG・潤い成分、ペンチレングリコール・潤い成分、スクワラン・肌の保護成分、PEG-60水添ヒマシ油 ・乳化成分、ジグリセリン・潤い成分、ジメチコン・肌の保護成分、ハチミツ・整肌成分、加水分解ハチミツタンパク・整肌成分、加水分解コメヌカエキス・整肌成分、ヒアルロン酸Na・整肌成分、加水分解ヒアルロン酸・整肌成分、褐藻エキス・整肌成分、ダマスクバラ花水・香り成分、(アブラナ種子油/シナアブラギリ種子油)コポリマー・肌の保護成分、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・肌の保護成分、ベヘニルアルコール・乳化成分、ミツロウ・肌の保護成分、トコフェロール・品質保持成分、ステアリン酸グリセリル・乳化成分、ステアリン酸グリセリル(SE)・乳化成分、ステアリン酸PEG-10・乳化成分、水添レシチン・乳化成分、カルボマー・品質安定成分、キサンタンガム・感触調整成分、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス・抗菌成分、エタノール・エキスの抽出成分、水酸化K・品質安定成分、フェノキシエタノール

7、アテニア  プリマモイスト デイエマルジョンII

午後になると、「乾燥」や「小じわ」、「毛穴の開き」「くすみ」など肌の不調が現れる、30代以降の女性に。朝使用する、日中用乳液です。紫外線カット効果はありません。

インナードライの原因となる日中の外的ストレス要因から肌を守ってくれます。

摘果グレープフルーツエキスが肌内部のビタミンDに作用し、肌の細胞をダメージから守ります。

海洋性セラミドやコラーゲンのほか、ヒアルロン酸をしのぐ保水力があると言われるプロテオグリカンなどを配合。

一日乾燥知らずの肌へ導いてくれます。

弱酸性で無着色、合成香料不使用、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリーです。

プリマモイスト デイエマルジョンIIの口コミ

○乾燥肌が、しっとりもちもちに。
○夕方になっても乾燥せず、ファンデが毛穴落ちもしませんでした。
○潤いを夕方までしっかり残してくれます。
○ベタベタしないのに、くすみやハリの低下が出ません。
○潤い効果と肌の持久力は感じます。
○肌がべたつく時期も、ベタつかず化粧崩れがありません。
○アロマの香りがとても良いし、刺激もありません。
○インナードライが改善して、ハリが出てきた。

プリマモイスト デイエマルジョンIIの全成分

【配合成分】
水、グリセリン、ホホバ種子油、DPG、マカデミア種子油、BG、ペンチレングリコール、水溶性プロテオグリカン、ポリ(メタクリル酸メトキシPEG-9)、スフィンゴ脂質、アラニルグルタミン、グレープフルーツ果実エキス、プルーン分解物、サクシノイルアテロコラーゲン、ノバラ油、ローズマリー葉油、ジメチコン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、パルミチン酸セチル、ラフィノース、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ポリソルベート60、水添レシチン、ジグリセリン、野菜油、グリコシルトレハロース、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、加水分解水添デンプン、スクワラン、ベヘニルアルコール、カルボマーK、トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、イソステアリン酸ソルビタン、スクレロチウムガム、フィトステロールズ、PEG-30フィトステロール、クエン酸、クエン酸Na、リン酸K、リン酸2Na、フェノキシエタノール

美神先生
予告通りここからは、乳液は、乳液でもUVカット効果のある日中用乳液を紹介するわね。化粧水の後これだけでそのままメイクできる優れものたちよ。
はな子
あれもこれも塗らなくて済むから、肌にもお財布にも優しいですね。

UVカット乳液1、資生堂  エリクシール シュペリエル デーケアレボリューション WⅡ (SPF30)【医薬部外品】

¥3,024

アマゾンボタン
化粧水の後につけるだけで美容乳液、UVカット、化粧下地がこれ一つで完了!

乾燥や紫外線など昼間の過酷な外的ストレス要因から肌をしっかり守ります。シミ、小じわ、感想をケアして、綺麗な肌が夕方まで続きます。

また、美白成分トラネキサム酸を配合。シミソバカスも予防してくれる医薬部外品です。

エリクシール シュペリエル デーケアレボリューション WⅡ (SPF30)の口コミ

○この商品最高です。化粧水の後一本で済むし、化粧がよれない。
○化粧ノリもいいし、崩れずツヤは残ります。
○乾燥しない、ツヤが出てもてかてかしない、紫外線もカットできる。パーフェクトです。
○敏感肌ですが、刺激は感じません。
○夕方、肌色が悪くなるのですが、これなしでは自分のメイクは成立しないほど綺麗を保てます。
○肌がかなりしっとりします。内側からツヤっとするので、肌が綺麗に見えます。
○きちんと乳液の役割を果たして潤うのに、紫外線カット効果の成分にも刺激は感じていません。
○肌が疲れず、どのファンデーションを使っても綺麗に仕上がる。

エリクシール シュペリエル デーケアレボリューション WⅡ (SPF30)の全成分

トラネキサム酸*,イノシット,チンピエキス,水溶性コラーゲン(F),オリーブ葉エキス,塩酸リジン,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,精製水,デカメチルテトラシロキサン,1,3-ブチレングリコール,パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル,エタノール,セバシン酸ジイソプロピル,α-オレフィンオリゴマー,濃グリセリン,4-tert-ブチル-4’-メトキシジベンゾイルメタン,2,4-ビス-[{4-(2-エチルヘキシルオキシ)-2-ヒドロキシ}-フェニル]-6-(4-メトキシフェニル)-1,3,5-トリアジン,ベヘニルアルコール,モノステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル,メチルフェニルポリシロキサン,ポリプロピレングリコール,メドウフォーム油,マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル,自己乳化型モノステアリン酸グリセリル,トリエタノールアミン,ステアリン酸,イソステアリン酸,ポリオキシエチレンフィトステロール,バチルアルコール,ベヘニン酸,サクシノグルカン,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,エデト酸二ナトリウム,カルボキシビニルポリマー,メタリン酸ナトリウム,N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル),キサンタンガム,ローズマリー油,ピロ亜硫酸ナトリウム,L-アルギニン塩酸塩,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,トルメンチラエキス,酵母エキス(3),2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液,イザヨイバラエキス,フェノキシエタノール,香料,黄酸化鉄 

UVカット乳液2、ロクシタン レーヌブランシュ ブライトUVシールド

SPF50/PA++++の日中用美容UV乳液です。乳液、UV・メイクアップ下地がこれ一本で完了。

フランス、プロヴァンスのレーヌデプレという純白の花から抽出したオーガニックエキスを配合。みずみずしく、潤いのある肌に整えます。

植物由来のグリセリン配合で、潤いもしっかりキープ。肌のキメを整え、肌に透明感を与えます。

アルコールフリー。

レーヌブランシュ ブライトUVシールド の口コミ

○塗った後は、しっとりして、乾燥しません。
○軽い使い心地。透明感が出て肌が綺麗に見えます。
○日焼けどめとしての性能も良いです。
○ファンデーションが綺麗に乗って、肌が綺麗だと言われます。
○伸びがよく、ツヤが出て、潤います。
○これ以外使う気になれません。
○エアコンのきつい職場でも乾燥しません。
○敏感肌でも、刺激なく使えています。

レーヌブランシュ ブライトUVシールド の全成分

水、セバシン酸ジイソプロピル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、酸化チタン、グリセリン、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、フェニルベンズイミダゾールスルホン酸、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、エチルヘキシルトリアゾン、ペンチレングリコール、セテアリルアルコール、ポリメタクリル酸メチル、シクロメチコン、マグワ根皮エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、ポリヒドロキシステアリン酸、ステアリン酸、ポリソルベート60、キサンタンガム、酢酸トコフェロール、BG、イソステアリン酸ソルビタン、ヤシ油アルキルグルコシド、セチルリン酸K、アルミナ、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、変性コーンスターチ 、ラウレス硫酸Na、AMP、EDTA-2Na、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、クロルフェネシン、サリチル酸、ジメチコノール、トコフェロール、香料

UVカット乳液3、ミキモト  ムーンパールUVデイエマルション

SPF25/PA++の日中用美容UV乳液です。こちらも化粧水で肌を整えた後に使います。乳液、UV・メイクアップ下地がこれ一本で完了。

真珠貝から抽出したエキスを配合。保水力があり、細胞を活性化してくれます。また同じく貝から抽出したパールコラーゲンが潤いを保持。

潤いのある、ふっくらとした肌に整えてくれます。

無香料、無着色です。

ムーンパールUVデイエマルション の口コミ

○乳液というよりはクリームに近い感触。刺激もなく、いいです。
○肌が弱いので、通常のUVカット商品では、肌が荒れてしまうのだが、これは大丈夫。
○冬場も、乾燥しませんでした。
○化粧ノリがよく、伸びがいいです。
○乾燥肌で、紫外線をカットしたい人には向いている。

ムーンパールUVデイエマルション の全成分

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、BG、グリセリン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、ステアリルアルコール、ペンチレングリコール、加水分解コンキオリン、サクシノイルアテロコラーゲン、ギョリュウエキス、ヒバマタエキス、(PPG-12/SMDI)コポリマー、アセチルヒドロキシプロリン、グリチルレチン酸ステアリル、コレカルシフェロール、ジグリセリン、ジメチコン、ベヘニルアルコール、ポリクオタニウム-51、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、アルギニン、エタノール、キサンタンガム、ステアロイルラクチレートNa、トコフェロール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ペンテト酸5Na、リン酸2Na、リン酸K、水添レシチン、フェノキシエタノール、メチルパラベン

UVカット乳液4、ボビイ ブラウン  プロテクティブ フェイスローション SPF15

洗顔後につけるだけで一日肌を乾燥から守ってくれます。

リラックス効果のあるカモミールの香り。

プロテクティブ フェイスローションの口コミ

○ちょっとしたことですぐに肌荒れしますが、安定した肌を保てています。奇跡です。
○使用感も、カモミールの香りもとてもいい。
○色々な肌トラブルが絶対に出ません。これ、大事です。
○香りが良く、効能的にもいいので、テンションが上がります。
○これを使い出してから、日中の乾燥が気になりません。
○サラリとして使いやすい。
○保湿力があります。
○すごくいい。ファンデが綺麗にのり、化粧も崩れません。乾燥もしません。

インナードライを招いてしまう間違ったケア4つ

インナードライは、間違ったスキンケアでも引き起こされてしまうことは先ほどお話ししました。

それでは、その間違ったスキンケアとは具体的にどういうものがあるのでしょうか。

間違ったスキンケア1、皮脂を取りすぎて肌老化を招く

インナードライは、乾燥しているのに皮脂が多い状態。 そのため、自分は脂性肌と思い込んで、皮脂を取ることに懸命になるというケースが多いようです。

例えば、過剰な洗顔や、あぶらとり紙の多用。または、収れん化粧水を使ったり、アルコールを含んだ拭き取り化粧水の使用など。

美神先生
こういったケアで皮脂をせっせと取ってしまうと、肌はバリア機能を補い、これ以上乾燥させまいと働くわ。
はな子
より多くの皮脂を分泌させてしまうんですよね。

皮脂は、肌にとって必要なものですが、時間の経過とともに、メイクや肌の汚れなどと絡み合って酸化してしまいます。皮脂が酸化した状態を「過酸化脂質」といいます。

過酸化脂質は、肌に刺激を与える物質で、シミやしわの元となり、肌を老化させていしまう厄介なものです。

このように、皮脂を取りすぎると、さらに皮脂が過剰に分泌されるという悪循環になります。そして、シミやしわなどの肌トラブルも加速させてしまいます。

ですから、乾燥対策を重視して、皮脂を取りすぎないケアが大切です。

美神先生
洗顔は、朝晩の2回で十分よ。

間違ったスキンケア2、高い洗浄力のクレンジングと洗顔で肌の潤い成分を流して乾燥を招く

クレンジングや洗顔は、肌にとても大きな負担をかけてしまうスキンケアです。強力な洗浄力で、肌にとって大切なセラミドも一緒に流してしまうことも。

特にクレンジングは、主に油分でできているメイクアップ化粧品を落とし、水で洗い流せるようにするために、多くの界面活性剤を含んでいるものがほとんどです。

はな子
セラミドなどの潤い成分まで一緒に洗い流しちゃったら、乾燥してしまいますね。
美神先生
だから、クレンジング剤や洗顔料を選んで、肌にできるだけ負担をかけないようにした方がいいわ。

クレンジング剤は大きく分けると、オイル、ジェル、クリーム、ローション、ミルク、シートタイプなどがあります。

一概には言えませんが、肌への優しさの順に並べると、

クリーム→ミルク→ジェル→オイル→シート

の順になります。

美神先生
洗顔料も肌の潤いを残しながら洗えるよう保湿成分を配合したものなどを選ぶと良いわ。

こちらも一概には言えませんが、固形石鹸は肌にとって、不要な添加物はあまり入っておらず、低刺激です。

美神先生
透明や半透明な固形石鹸は潤い成分が配合されているから、オススメよ。

そして、クレンジング剤や洗顔料を長時間肌に乗せておくのもNGです。

美神先生
洗浄成分が肌の潤い成分を奪ってしまうわ。

どちらも肌に乗せてから1分程度で洗い流すようにしましょう。

間違ったスキンケア3、クレンジングと洗顔の摩擦で角質層にダメージを与えて乾燥を招く

クレンジングや洗顔の時に、肌を手でゴシゴシしてしまうと、摩擦で角質層がダメージを受けてしまいます。

そうすると肌は急いで角質層を修復しようと、未熟な角質細胞を作ってしまいます

未熟な角質層は、保湿能力も未熟。肌はさらに乾燥してしまいます。

クレンジングはコクのあるテクスチャーのものを選びましょう。

美神先生
肌をこするシートタイプや、サラサラとしたリキッドタイプは、摩擦が起こりやすいからまた、避けたほうがいいわ。

また、洗顔は、ゴシゴシ洗うものではなく、泡で汚れを絡めて落とすものです。

泡だてネットなどを使って洗顔料はしっかり泡だてましょう。

肌にトラブルがある時などは、洗顔料の刺激を抑える工夫をしましょう。

美神先生
水や空気をたくさん含ませながら泡立てると、成分の濃度が下がって、優しく洗うことができるわ。

洗顔の泡の目安は、レモン一個分。

泡が少ないと摩擦が起きるので、これくらいの量はしっかり泡だてましょう

間違ったスキンケア4、熱いお湯で肌の潤い成分を流して乾燥を招く

お風呂やシャワーでそのまま洗顔していませんか?クレンジングと洗顔の際の洗い流しは温度にも注意が必要です。

お風呂やシャワーはだいたい40度くらいの温度で入る方がほとんどかと思います。しかし肌には温度が高すぎます。

高い温度で洗顔をすると、セラミドなどの肌の潤い成分を流す原因に

はな子
すすぎの温度も乾燥を招く原因になるんですね。

クレンジングと洗顔のすすぎは、32℃〜35℃くらいのぬるま湯で行いましょう。

美神先生
上で話したようなことに気をつけてスキンケアをすれば、インナードライはかなり改善されると思うわ。

まとめ

インナードライ肌に合う乳液の選び方を中心にお話ししてきましたが、いかがでしたか?

インナードライは、肌の内部に水分を十分に届けて、しっかり保湿することが大切です。

そのためには、保水力のある化粧水を選び、そのあとしっかり蓋をしてあげましょう。

蓋として使うアイテムは、水分を閉じ込めてくれる成分が配合されているものを。

今回ご紹介した乳液に限らず、保湿力の高いクリームのほか美容液という方法もあります。特にセラミドなどを配合した美容液はおすすめです。

乳液は、さっぱりとしていながらも、保湿効果に期待ができます。皮脂の多いインナードライの方には使いごごちのいいテクスチャーかもしれませんね。

また、朝から化粧水と乳液だけで、メイク下地まで完了できる高機能な商品もあります。

好みや、目的に応じてどのアイテムで保湿を行うのか検討してみてくださいね。

美神先生
はなちゃん、インナードライの肌に合う乳液の選び方をお話ししてきたけれど、どうだった?
はな子
はい、もう今度こそインナードライを解消したいから、色々吟味して使ってみます。
美神先生
それがいいわ。きっとはなちゃんにぴったりのスキンケアがそろそろ見つかるわよ。あ、なんかやば・・・
はな子
先生にもそろそろぴったりの旦那様が見つかるといいですね!!
美神先生
やっぱり、そうきたか・・・。言われると思ったわ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)