べビ肌

毛穴の黒ずみを起こす「詰まり毛穴」の改善方法

1391 views
はな子
先生助けて〜!!!
美神先生
どうしたの?
はな子
鼻の毛穴がポツポツして、すごく目立つんです!メイクをしても綺麗に隠れないし・・・
美神先生
あら、本当ね。角栓が溜まって浮き出てきてるわ。それはいわゆる「詰まり毛穴」よ。Tゾーンによくできやすいの。
はな子
お化粧をしてないと毛穴が黒くてすごく目立つんです・・・。触ったらザラザラしていて・・・。
美神先生
角栓が酸化して黒くなって「いちご鼻」になってるのね。皮脂が多い20代やオイリー肌の人によく見られるのよ。
はな子
これってもう治らないんですか??
美神先生
大丈夫。黒ずみはお手入れをすることによってちゃんと改善できるわ!今回はいちごのように見えてしまう「毛穴の詰まりと黒ずみ」について紹介していきましょう!




詰まり毛穴とは?

毛穴のトラブルは、大きく分けて「詰まり毛穴」「開き毛穴」「たるみ毛穴」の3種類があります。

詰まり毛穴」は、皮脂や古い角質(タンパク質)と汚れなどが混ざり合って角栓になり、毛穴に詰まった状態です。

この「角栓」は本来白いものですが、空気に触れて酸化することで黒ずんで見えます。これが「毛穴の黒ずみ」の原因です。

美神先生
一般的には「いちご鼻」「いちご毛穴」と呼ばれることが多いわね。特に空気や紫外線に触れやすい鼻先に多く見られるわ。

多くは皮脂分泌の多い人などに見られ、Tゾーンや鼻の毛穴によくできます。

しかし皮脂分泌の多いオイリー肌の人のみではなく、乾燥で溜まった古い角質により引き起こされる場合もあるので、一概にオイリー肌のみにできるとは言えません。

角栓が異常に発達してしまうと、毛穴を大きく開かせてしまったり、黒ずんで見える原因の一つになりかねません。

メイクをしても凹凸が目立つ場合もあり、なかなか隠しにくいので根本から改善していく必要があります。

詰まり毛穴を引き起こす原因

過剰にできる角栓の原因は、「洗顔のしすぎ」や「角栓の取りすぎ」です。

角栓をきれいにしたい一心で一日のうちに何度も洗顔をしていませんか?

角栓を取り除きたいと、毛穴パック用品などを頻繁に使ってはいませんか?

実は、角栓は外部の殺菌などからも守ってくれているものなので、正常な皮膚であれば普通に作られているものなのです。

そして通常は、摩擦や毎日のスキンケアなどで自然に取れていきます。

悩んでいる人はもちろん、角栓を全て取り除きたいと思うでしょう。

しかし、過度なスキンケアを行うことによって、角栓の生成が活発になり、毛穴が大きく広がってしまうという場合もあります。

角栓はもともとは、健康な肌には必要なものです。

目立ってきた角栓のお手入れをするなら問題はありませんが、必要以上に肌の負担となるスキンケア方法は避けた方が良いでしょう。

(※1)〜(※4)

詰まり毛穴の改善方法

はな子
鼻の角栓って、ついつい爪で押し出したりしちゃうんですよね。
美神先生
それだけは絶対にやめたほうがいいわ!無理に爪で角質を取ろうとすれば、肌に強い負担をかけ、皮膚を傷つけてしまうことになるわ!

古い角質や皮脂、汚れをためない正しいクレンジングを!

洗顔をする際に、「角質を落とそう!」と毛穴まわりを中心に強くゴシゴシと肌をこすっていませんか?

強くこすると肌に負担をかけ、炎症を起こす場合があります。そうすると角栓の詰まりだけでなくニキビや肌のくすみ、しみの原因にもなります。

洗顔はしっかり泡を立て、肌に直接触れないよう、泡で包み込むようにしてください。

そもそも、皮膚の汚れや軽度の毛穴汚れであれば、泡を乗せた時点で浮いてくるので、必要以上にこする必要はないのです。

そのあとのぬるま湯ですすいだ時に残った汚れも全て洗い流されます。

【スキンケアのポイント】

洗顔は朝と夜の2回のみでOK!

・ネットなどを使ってキメの細かい泡を作る

直接指でこすらないように泡の力で洗顔

皮脂の多いところから順に、Tゾーン→頬→口周り・目元に泡をのせる

・オススメは添加物の少ない石鹸洗顔。中でも透明のものは保湿成分もあり。

・少し冷たいかな?と感じるくらいのぬるま湯ですすぐ。

詰まり毛穴の正体の一つである皮脂は、毎日分泌されるもの。

ですから、毎日のお手入れでケアをすることが大事です。

オイリー肌でもしっかりと保湿を

美神先生
毎日洗顔した後のスキンケアは、何をつけてるの?
はな子
えっと〜洗顔をして、化粧水をして、終わりです!
美神先生
あら。化粧水だけ?保湿のために美容液とかは使ってないの?
はな子
私オイリー肌だし、これ以上油分いらないじゃないですか??
だから保湿とか必要ないと思いますし、美容液なんかは使ってないです〜!
美神先生
そうだったのね。
でも、オイリー肌の人こそ「保湿」が必要なの。角質層が乾燥すると、肌を守ろうと皮脂の分泌がさかんになってオイリーになってしまうのよ。
悩める子
ええ〜?そうなんですか?オイリー肌の原因は乾燥!?
先生
そうなのよ。だから、化粧水だけでおしまい!ではなくて、セラミドが入っている保湿効果の高い美容液を朝晩しっかりと使うことをオススメするわ。

そうなんです。

結論からいうと、オイリー肌の人でも保湿は必要です!

イメージ的に皮脂がたくさんあるから、乾燥していないと思われがちですが、そんなことはないんです。

肌の保湿への貢献度は、角質層にあるセラミドが80%、NMF(天然保湿因子)が17~18%、皮脂はわずか2~3%です。

だから、オイリー肌だからといって必ずしも「潤ってる🎶」というわけではないのです。

そもそも、皮脂が過剰に分泌される原因って、男性ホルモンの仕業と言われているんです。

女性も卵巣と副腎皮質から分泌されているんですよ。

ストレスや生理周期などでホルモンバランスが崩れると、角質層で保湿の大切な役割を持つNMF(天然保湿因子)が減少してしまいます。

するとお肌のバリア機能が失われ、乾燥します。

そこへ、これ以上乾燥させまいとお肌の防御反応がはたらいて、皮脂がたくさん分泌されてしまうんです。

オイリーでも実は乾燥しているというケースはとても多いんです

さらにオイリー肌の人が洗顔後に保湿をしなかった場合、皮膚の中の細胞は「水分が足りないから」潤いを補おうとするので、さらに皮脂腺の動きが活発化してしまいます

毛穴の詰まりは元はといえば、過剰な皮脂と古い角栓や汚れが、黒ずみの元です。ならば適正な皮脂分泌量にする皮脂抑制効果のあるスキンケアが必要です。

洗顔で汚れを落としたあとは、皮脂分泌を抑えてくれる「ビタミンC誘導体」が配合された化粧水でしっかりと潤いを与えましょう

ビタミンC誘導体の化粧品には、皮脂分泌を抑えてくれるのと同時にコラーゲンの生成を助ける効果もあります。

裏の成分表を見て、ビタミンC誘導体である「リン酸アスコルビル」「「アスコルビル酸」「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」などと表記されたものを選ぶと良いでしょう。

美神先生
同時に「イオン導入」を行うと、ビタミンC誘導体の浸透率が20倍にも上がるのでとても効果的よ。

このうち、「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」は、油溶性なので、イオン導入には向きませんので、ご注意ください。

ただ、「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」は、肌への浸透力がとても優れていて、浸透型ビタミンCとも進化型ビタミンC誘導体とも言われています。イオン導入した時と同じくらいの効果があります。

なお、イオン導入には、水溶性の「リン酸アスコルビル」「「アスコルビル酸」などが向いています。

この後のお手入れで、乾燥肌用の油分の多い美容液や乳液などを塗ってしまっては、ニキビや毛穴の詰まりを引き起こしてしまいます。

オイリー肌の保湿にオススメなのは「油分の少ない美容液」です。

ビタミンC誘導体の化粧水を使ったあとは、油分の少ない美容液で朝晩しっかり保湿をしましょう

美容液には、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど、潤いを逃さないために効果的なこれらの成分が配合されたものを使うと良いでしょう。

美神先生
乳液やクリームは油分が多いから、口や目の周りなど乾燥している部分にだけ塗るといいわ。

おでこや鼻など皮脂分泌の多いいわゆるTゾーンは油分の少ない美容液にするなど、部分的に使い分けるのが良いでしょう。

なお、季節によっても肌状態は変わります。夏場はオイルカットの化粧品にしたりと、自分の肌に合わせたスキンケアを行うことが大事です。

はな子
私もちゃんと保湿した方がいいんだ・・・。
油分が少ない美容液なんてものがあったんですね。今日からちゃんと保湿しなきゃ!

(※1)(※2)(※5)(※6)(※7)

ピーリング化粧品や酵素洗顔でスペシャルケアを

毎日しっかりスキンケアをしていても、毛穴の詰まりがひどくザラついてしまったり、角栓が酸化して黒ずみが目立ってくる・・・

そんな時は、ピーリング化粧品や酵素洗顔を使ったスペシャルスキンケアが良いかもしれません。

ピーリング化粧品や酵素洗顔は、硬くなった皮膚を柔らかくし、古い角質を剥がしてくれる効果があります。

角栓をとる方法として、毛穴パックも人気ですがオススメはできません。

ピッピ
毛穴パックについては「毛穴パックは危険なの?メリット3つとデメリット4つと正しい毛穴ケア方法」で詳しく紹介しているから参考にしてみるといいッピ。

ピーリング化粧品

ピーリングには、古くなった角質を除去する他に、表皮のターンオーバーを活性化させ、「コラーゲン」の生成を助ける働きもあります。

ピーリングは、ジェルタイプやミルクタイプ、クリームタイプ、美容液タイプ、石鹸タイプなど種類は様々。

そんな中で選ぶときに気をつけたいのが、”こするものは避ける”ということです。

ピーリングは角質を除去するものなので、イメージ的にはマッサージをしながらポロポロ、と角質を落としたり、コットンなどで拭き取るタイプを一番に思いつくと思います。

マッサージをしながらポロポロ落とすものは、目に見えて”取れた”感じがあるからか、人気が高いようです。

しかし肌に負担をかけていることに間違いはなく、むしろ頻繁に擦ることで肌自体が黒ずむ原因にもなります。

ピーリングに配合されている成分は主にAHA(グリコール酸など)や、BHA(サリチル酸など)で、それらの成分は肌にのせた状態で角質を溶かしてくれる作用があり、擦る必要は全くないんです。

ですからピーリング剤を選ぶときはは、なるべく洗い流せるものを。ミルク石鹸タイプは比較的肌にも刺激が少なくオススメです。

美神先生
ここで大事なのは頻繁にしすぎないこと!スペシャルケアとして週1度や、皮脂が多く皮膚が硬い人は週に1〜2度を目安に行うようにしましょ!

洗い流す必要のない美容液タイプなどもあり、そちらは毎日でも使用できます。

クリニックで専門医にピーリングやレーザー治療などを受けに行けば、自分で行うケアよりも効率が上がるのでオススメです。予算の目安は10万円ほどです。

(※2)(※4)(※6)

酵素洗顔

角栓は皮脂や古い角質でできており、その古い角質はタンパク質でできています。

毎日の洗顔で皮脂は落とすことができますが、タンパク質からできている角質は、洗顔だけでは十分に洗い流すことはできません。

そこで使用していきたいのが、この「酵素洗顔」です。

酵素はタンパク質を分解してくれる働きがあるので、角栓を予防することができ、肌を柔らかくする効果もあります。

洗浄力があるので、肌をこすらずに使用できます。

こちらもピーリング化粧品と同様、週1〜2回を目安に、頻繁に使用するのはやめましょう。

酵素洗顔は水気を含むと酵素の働きが悪くなります。ですから基本パウダー状になっています。保管の際は湿気が入らないよう注意が必要です。

また洗顔のときは、温度が低いと酵素は働かないので、ぬるま湯でよく泡立てて使います。

はな子
酵素洗顔は洗浄力が高いので、敏感肌だけど毛穴洗浄がしたい人は先にピーリングを試してみるといいかも。

心配な方は、顔全体は普通の洗顔料を使い、そのあとでTゾーンなど毛穴が気になる部分にだけ酵素洗顔を使うなどといった使用法でも良いと思います。

(※1)

体の中から予防を

いくらスキンケアで角栓を洗浄しても、生活習慣が原因で肌表面に影響が出てしまいます。その影響はもちろん、毛穴の開きにも関係してきます。

バランスの偏った食事や、喫煙、無理なダイエット、それらは全てホルモンバランスを乱す原因となり、毛穴の開きを加速させてしまいます。

紫外線による日焼けは、肌のハリや弾力を低下させるので、たるみ毛穴を招く原因にもなってしまいます。

毛穴のケアをしたいのなら、こういった毎日の生活習慣から見直していくことが大切です。

食品でビタミンB1、ビタミンB2を摂取!

毛穴のつまりは、過剰な皮脂の分泌が大きな原因です。ビタミンB群を含む食品を摂取するように心がけましょう。

中でも意識して取りたいのが「ビタミンB1」と「ビタミンB2」。

ビタミンB1は、体内にある炭水化物の代謝を助けてくれる働きがあります。体内で炭水化物がうまく代謝されないと、皮脂の分泌が過剰になってしまうので、予防するために必要な成分です。

ビタミンB2は、皮脂の分泌を抑えてくれる効果があります。どちらも肌代謝を整えてくれるもので、ニキビにも効果があります。

ビタミンB1
精白米・国産大豆・きな粉・そば粉・玄米
小麦はいが・ライ麦・インゲン豆
豚ロース・豚肩・豚モモ・うなぎ(蒲焼)
イクラ・鶏卵(全卵、生)etc…
ビタミンB2
納豆・アーモンド(乾)・唐辛子(葉・果実・生)
よもぎ(生)・生わらび(生)・鶏レバー
牛レバー・豚レバー・鶏卵(全卵、生)
全粉乳・うなぎ(蒲焼)etc…

(※1)(※8)(※11)(※12)

メイクをしたまま寝るのは絶対にダメ

上記で紹介したように、スキンケアや体の内側から対策をしたとしても、これをやるだけで無駄になるというものが。

それは・・・

メイクをしたまま寝る

これだけは絶対にやめましょう。

もしメイクをしたまま寝た場合、時間が経つと肌から分泌される皮脂、汗、そしてメイクの汚れ、これらは全部酸素と結びついて酸化し、過酸化脂質へと変化していきます。

これが毛穴の黒ずみや汚れ、また、ニキビなどの原因にもなってしまいます。

はな子
私たまにメイクをして、そのまま落とすの面倒臭くて寝ちゃうことあった・・・。
美神先生
メイクをしたまま寝るのは、美容上一番避けた方がいいわ。どんなに遅く帰った日でも、メイクだけはしっかり落とすように気をつけましょう。

やりすぎケアは悪化の原因に

角栓を除去するために、毛穴パックやコメドプッシャー、もちろんピーリングや酵素洗顔やクレイパックなども、ニキビ専用ケアとして売られています。

これらは間違ったやり方をしてしまえば、かえって肌状態を悪くしてしまい肌トラブルを悪化させる原因にもなってしまいます。

やり方や使用する頻度などをしっかり守って、適切な方法で行いましょう。

また、皮脂や角質や汚れは無限に出てくるものです。そのため角栓は、ケアを続けることで小さく目立たないようにすることはできますが、完全に除去できるものではありません。

それをきちんと理解した上で、「やりすぎたケア」をしないように心がけましょう。

やりすぎたケアが、結果的に肌状態を悪化させる原因にもなります。正しいやり方で、体の外と内から毛穴を綺麗にするようにしていきましょう。

はな子
鼻に角栓が溜まってると、ついつい触っちゃうし、洗顔をするときも落とさなきゃ!って思ってしっかりやってたけど、今度からはやりすぎないように気をつけなくちゃ・・・。
美神先生
そうね。私も若い頃は毛穴が気になっていた時期もあったけど、やりすぎたケアがダメだと分かってからは、もうずっと気をつけてるわ。だから角栓が気になったことはここ数年はないわね。
はな子
先生は毛穴もそうですけど、肌もすごく綺麗ですもんね!年齢聞いたらびっくりしちゃうくらい!
美神先生
年齢の話はいいのよ。
【参考文献】
(※1)吉木伸子・岡部美代治・小田真規子監修「素肌美人になれる 正しいスキンケア事典」高橋書店 2011年
(※2)尾花けい子・朝日光輝著「あなたの美を引き出す 正しいヘア&メイク事典」高橋書店 2013年
(※3)かずのすけ著「自分史上最高の美肌づくり 間違いだらけの化粧品選び」泰文堂 2015年
(※4)小西さやか・櫻井直樹著『すっぴんも、メイク後もキレイな人の習慣 効果が9割変わる「化粧品」の使い方』青春出版社 2015年
(※5)肌の悩みがすべて消えるたった一つの方法 (宇津木龍一)
(※6)吉木伸子著「素肌美人になるための スキンケア美容医学事典」池田書店 2015年
(※7)滝川エステティック学院 滝川エステティック技術開発研究所監修「エステティック用語辞典 改訂版」ザ・ビューレック社 2008年
(※8)一般社団法人 日本化粧品検定協会監修 小西さやか著「コスメコンシェルジュを目指そう 日本化粧品検定1級対策テキスト コスメの教科書 第2版」主婦の友社 2016年
(※9)吉木伸子著「一生ものの素肌をつくる 正しいエイジングケア事典」高橋書店 2012年
(※10)宇山侊男・岡部美代治・久光一誠編著「化粧品成分ガイド 第6版」フレグランスジャーナル社 2017年

【参考URL】
(※11)http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail173.html
(※12)http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail175.html


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)