べビ肌

毛穴パックは危険なの?メリット3つとデメリット4つと正しい毛穴ケア方法

2290 views

この記事を書いた美容ライター

林あいこ

2017年に化粧品検定1級取得。美容学校で3年間メイクやスキンケア、ネイル、ヘアーの勉強をし、美容情報サイトのライター&編集者として活動。趣味は新しいコスメを買うことです。

はな子
先生、毛穴の角栓を取るために作られている、「毛穴パック」ってあるじゃないですか?
美神先生
コンビニやドラッグストアでも簡単に買えて根強い人気があるわね。この記事の筆者も使ったことがあるみたいよ。
はな子
でも、「毛穴パックは危険!」とか「逆に毛穴が開く!」とか言うじゃないですか?
美神先生
そんな恐ろしい情報もよく目にするわね。
はな子
かと思えば、「毛穴パックをしたあとにしっかり引き締めれば問題ない」とも言うじゃないですか?
美神先生
ウンウン。アフターケアをきちんとしていれば安心!って言うことね。
はな子
やってみようかな、って思うんですけど、本当のところどうなんですか?
美神先生
そうね。じゃあ今回は毛穴パックのメリット・デメリットと正しいケア方法について説明していくわ!

毛穴パックのメリットとデメリット

コンビニやドラッグストアなどでも手軽に買えて、低価格で10代の学生でも簡単に手に入れやすい「毛穴パック」。

まずは、その毛穴パックのメリットとデメリットを見ていきましょう。

【メリット】

・即効性があり、すぐに角栓を除去できる。

・角栓が一気に取れるので爽快感がある。

・使った直後は、ツルツルで滑らかな肌触りで化粧のりも良くなる。

【デメリット】

・毛穴まわりの角質を無理やり剥がして傷つける。

・角栓をとっても毛穴が小さくなるわけではない。

・間違ったやり方は毛穴を前より広げてしまう。

・ニキビや肌荒れなどのトラブルを起こしてしまう可能性がある。

毛穴パックはオススメはできない

結論から言います。

毛穴パック、ダメとは言いませんがオススメはできません。できれば行わない方がいいです。

毛穴パックは一度で角栓が一気にとれ、とった直後は綺麗で肌も滑らか。その状態が続けばいいです。

でも、次の日の朝「また毛穴が黒ずんでる!!」という経験ないですか??

【筆者の毛穴パック体験談】

筆者が毛穴パックを使った直後は「肌が柔らかく角栓も黒ずみもない綺麗な肌」になりました。

毛穴を引き締めるために化粧水パックを数分して、冷凍庫で冷やしておいたハンカチを数分乗せて、水分が逃げていかないように、しっかりと保湿もして。と万全の対策。

しかし次の日の朝。昨日まで綺麗だった毛穴がまた黒ずんでる・・・

みなさんはどうでしたか?

毛穴パックをして、それから綺麗が保たれていましたか?次の日の朝鏡を見たとき、昨日毛穴パックをした直後のような、まだ綺麗な毛穴でしたか?

きっとそうじゃなかったと思います。

パックをした後しっかり化粧水をして引き締めているのに!と思う人もいるかもしれませんが、化粧水で毛穴が引き締まるのは一時的なものなんです。

体温でまた熱が上がれば、毛穴も元の状態に戻ってしまいます。

はな子
確かに、前に一度試した事があるけど、結局こうやってまた毛穴の詰まりで悩んでるし…。

角栓は肌に必要なもの

美神先生
毛穴に詰まっている角栓。はなちゃんは「どうしても取りたい!!」「綺麗にしたい!!」って思う?
はな子
もちろん!綺麗さっぱり取り去りたいです!
美神先生
邪険に扱ってるけど、角栓がなぜ毛穴にあるか、考えたことはある?

角栓は単なる汚れなどではなく、雑菌や異物などが中に入り込まないように守ってくれている、いわば「フタ」のようなもの。正常な皮膚であれば誰にでもあります。

角栓がなくて綺麗な毛穴の人がいる、と思うかもしれませんが、そういう人でも必要最低限の大きさの角栓がしっかりあり、小さくて目立たないだけなんです。

毛穴で悩んでいる人は、その角栓や毛穴のサイズが少し大きいから、目立って見えてしまう。

気になるから「角栓を全て取り除きたい!!」と、即効性のある毛穴パックなどを使おうと考えますよね。

しかしその結果、守ってくれていた「フタ」がなくなることで、汚れや雑菌が毛穴の中に入り込みやすく、ニキビや肌荒れなどのトラブルの原因になります。

さらに角栓をごっそり失ってしまった毛穴は、新たな角栓を作ろうとし、角栓の生成が活性化されることに。結果毛穴が大きく広がってしまう可能性もあるのです。

本来なら角栓は、摩擦や毎日のスキンケアで自然に落ちていくものなのですよ。

(※1)~(※5)

毛穴パックを続けると毛穴が大きくなる

毛穴パックは即効性があり、一気に詰まっている角栓を除去できます。

ただし、毛穴パックは粘着力の高いものを皮膚に貼り付けて無理やり剥がす行為。そのため、どうしても毛穴まわりの健康な皮膚の組織まで傷つけてしまいます

美神先生
角栓は肌にとって必要なもの。無理に毛穴パックで剥がす行為を続けていれば、肌は取られた分だけ急いで作ろうとするわ。

必要なものを無理に取ることで、肌は失ったものを取り戻そうと、より活発に活動することになります。その結果角栓の大きさは肥大していき、毛穴も大きくなってしまう訳です

つまり、毛穴パックを何度も続けていると、

・炎症が起きニキビや肌荒れなどを招く

・皮脂分泌量が増える

・新しい角栓の生成がより活発になり、角栓・毛穴が大きくなる

などといったトラブルを引き起こしてしまいます。

(※1)(※5)(※6)(※7)(※9)

毛穴ケアで重要なのは「取り除く」ではなく「小さくする」こと


先ほどもいったように、角栓は大きさは違えど、正常な皮膚になら誰にでもあるのです。角栓が目立たない人は、毛穴が小さく角栓も小さいから。

そんな角栓が目立たなくなる毛穴ケアのスキンケア方法を紹介していきます。

角栓が目立つ詰まり毛穴のスキンケアのポイント

毛穴ケアを行う時は、毛穴パックで一気に角栓を取るのではなく、毎日のスキンケアで地道にケアをしていくものなのです。

①洗顔はしっかりと泡だてて

角栓をしっかり落とそうと肌をこすって洗顔するのは避けてください。しっかり泡立て、皮膚と手が触れないよう泡でクッションを作って洗顔をしましょう。

②オイリー肌でもしっかりと保湿まで

オイリー肌だからと、化粧水のみのスキンケアはNG。

皮脂の分泌を抑える効果がある「ビタミンC誘導体」が配合された化粧水と、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合された「油分の少ない美容液」を使って保湿をしましょう。

③ピーリングや酵素洗顔を行う

スペシャルケアとして1週間に1度やそれ以下のペースで、ピーリングや酵素洗顔を行うと良いでしょう。

ただ、ピーリングは、肌をこするものではなく、ミルクや石鹸タイプになっているものなど洗い流せるタイプにしましょう。多くても週2度までにとどめましょう。

④ビタミンB群を摂取する

体の内側から、毛穴が詰まりにくい肌質を作ることも大事です。毛穴の悩みにはビタミンB群の入った食品がオススメです。

中でも「ビタミンB1」「ビタミンB2」を毎日バランスよく摂取するよう心がけましょう。

<ビタミンB1>
精白米・国産大豆・きな粉・そば粉・玄米
小麦はいが・ライ麦・インゲン豆
豚ロース・豚肩・豚モモ・うなぎ(蒲焼)
イクラ・鶏卵(全卵、生)etc…
<ビタミンB2>
納豆・アーモンド(乾)・唐辛子(葉・果実・生)
よもぎ(生)・生わらび(生)・鶏レバー
牛レバー・豚レバー・鶏卵(全卵、生)
全粉乳・うなぎ(蒲焼)etc…
ピッピ
改善方法の詳しいやり方は、「毛穴の黒ずみを起こす「詰まり毛穴」の改善方法」で紹介しているので、合わせて読んで見てくださいッピ。

クリニックで専門医に相談を

毛穴ケアには美容皮膚やクリニックなどで専門医に相談することも一つの手です。

最近の美容皮膚科では、毛穴の対策としてケミカルピーリングがよく行われています。

グリコール酸などを塗り、毛穴の周りの厚くなった角質を除去し、毛穴が解放された状態で角栓を除去しやすくする方法などがあります。これらはニキビなどに対する予防にもなります。

クリニックでは専門医によって安全に施術され、ホームケアよりも早い改善が見られます。(※7)

どうしても毛穴パックを使いたい場合

毛穴パックを使うのはオススメしません。

しかし、どうしても毛穴パックを使わなければならない状況の時、その場合は説明書に従い、正しい使い方をするように心がけましょう。

・頻繁に使用しない。どうしてもという時にだけ。(月に1度か2度にとどめる)

・入浴後など、肌が柔らかくて清潔な時に。

・赤く炎症を起こすようになったら使用するのをやめる。

・ニキビなど炎症を起こしている部分は避ける。

・パック後の化粧水、保湿をしっかりと。

美神先生
ただし、詰まっているものは取れるけど、毛穴自体が小さくなっているわけではないことを十分理解しておくこと!

(※10)(※11)(※12)

効果はすぐ現れない!地道なケアが大切

毛穴の角栓が気になると、どうしても一度は毛穴パックで角栓除去してみたいと思いますよね。

これは筆者が直接、フェイシャルサロンの人に聞いたことなのですが、

「毛穴パックで一度傷つけられた肌、そして広がった毛穴をケアするのには何年もかかる。毛穴パックはその場しのぎにしか過ぎない。私たちは絶対にやらないでと勧める。」

これを聞いて、その瞬間は綺麗に角栓が取れても、それは一時的なものだということを痛感しました。

毛穴のケアに必要なのは地道な努力です。特に、ホームケアをしているだけでは、一日や二日ですぐ効果が見えるほど単純なものではありません。

ですがそこで諦めず、正しいスキンケアを毎日続けていくことで、いつしか角栓も気になることのない毛穴を作る事ができるんじゃないでしょうか?

はな子
毛穴パックを使っても、毛穴が綺麗になっていると思うのは勘違いってことですね…
美神先生
ただ角栓が取れただけで結局毛穴は開いたまま、しかも余計に大きくなるリスクを背負ってもまだ、毛穴パックをしてみたいと思う?
はな子
いえ…毎日の地道なケアを続けていく方を選びます。
美神先生
低価格でどこでも買えるから、学生の間では、やってみようと思う人も多いと思うわ。でも将来後悔することになるかもしれないという事を覚えておいて。
はな子
肝に銘じておきます!
【参考文献】
(※1)吉木伸子・岡部美代治・小田真規子監修「素肌美人になれる 正しいスキンケア事典」高橋書店 2011年
(※2)尾花けい子・朝日光輝著「あなたの美を引き出す 正しいヘア&メイク事典」高橋書店 2013年
(※3)かずのすけ著「自分史上最高の美肌づくり 間違いだらけの化粧品選び」泰文堂 2015年
(※4)小西さやか・櫻井直樹著『すっぴんも、メイク後もキレイな人の習慣 効果が9割変わる「化粧品」の使い方』青春出版社 2015年
(※5)科学者が美肌コスメを選んだら・・・(かずのすけ)
(※6)宇津木龍一著『「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法』青春出版社 2013年
(※7)安田利顕著「美容のヒフ科学 改訂9版」南山堂 2012年
(※8)宇山侊男・岡部美代治・久光一誠編著「化粧品成分ガイド 第6版」フレグランスジャーナル社 2017年
(※9)かずのすけ著「自分史上最高の美肌づくり 間違いだらけの化粧品選び」泰文堂 2015年
(※10)吉木伸子著「素肌美人になるための スキンケア美容医学事典」池田書店 2015年
(※11)吉木伸子著「一生ものの素肌をつくる 正しいエイジングケア事典」高橋書店 2012年
(※12)朝田康夫監修「最新改訂版 美容の医学 美容皮膚科学事典」 中央書院 2016年

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)