べビ肌

赤みをやくすみを消すブルーのコントロールカラー!おすすめ10選と塗り方

4384 views
はな子
うーん。くすみもきになるし赤みもきになる…。
美神先生
鏡とにらめっこしてどうしたの?
はな子
先生。何だか私の顔って黄色くくすんでて、でも赤ら顔で頬に赤みもあって…、ファンデーションでカバーしようとしたらどんどん厚塗りになってしまうんです…。
美神先生
あら、じゃあコントロールカラーを使って赤みを消して透明感を出したらいいじゃない!
はな子
え、透明感を出して赤みを抑えるとか万能なコントロールカラーがあるんですか??
美神先生
ブルーのコントロールカラーを使えば解決よ!
今回はブルーのコントロールカラーについてオススメ商品とか紹介していくわね!




コントロールカラーとは?

コントロールカラーとは、顔のくすみや赤み、血色の悪さなど、自分の肌悩みに合わせて色を足したり引いたりして、肌色を調節するための化粧品です。

主に肌に透明感や血色を出したり、色ムラのない均一な肌色へ整えてくれる役割があります。

はな子
化粧下地の後に使うものなんですよね!
美神先生
そうね。化粧下地とコントロールカラーはそもそもの役割が違うから併用することもできるわ。

化粧下地…肌をなめらかに整えてファンデーションのノリをよくする。
コントロールカラー…肌の色味を整えたり悩みをカバーし、肌色を調節する。

通常は化粧下地と併用して使うものですが、今ではベースとしての役割を果たすコントロールカラーなど、様々な種類があるようです。

ピッピ
コントロールカラーについては「肌の悩みを一瞬で解決!コントロールカラーの選び方とオススメ商品」で詳しく紹介してるッピ。

ブルーのコントロールカラーがオススメな人

【ブルーはこんな人におすすめ】
・黄色いくすみが気になる人
・頬の赤みが気になる人

ブルーのコントロールカラーは、パープルと同様、お肌の明るさをワントーンあげると同時に透明感を与えることができます。

また、頬の赤みをカバーする効果もあるので、黄みよりの肌色だけど若干の頬の赤みがきになる方などに有効です。

黄み寄りの肌から黄みをマイナスすることで、黄色くくすんだ肌や、黄みが強い方を明るく透明感のある肌にすることができます。

注意したい点は、色白さんがブルーを使用した場合は、顔色が悪く見えてしまいがちなため使用するのは控えましょう。

色白さんで黄色いくすみが悩みな場合はパープルのコントロールカラーを使用しましょう。

はな子
色白さんがダメってことは、先生はあんまり向いていないってことですね。
美神先生
そうね。私はどちらかというとパープルのコントロールカラーをよく使用するわね。
はな子
ブルーのコントロールカラーは透明感を出して赤みを抑えてくれるから私にぴったりですね!早く使ってみたいです!
美神先生
じゃあ今からオススメのコントロールカラーを紹介するわ!

実力派!オススメコントロールカラー5選

利用者の口コミの評価も高く、使用感や効果ももちろんバッチリのオススメのブルーのコントロールカラーを紹介します。

メイクアップフォーエバー/ステップ1 スキンイコライザー(ブルー)


30ml ¥4,500

毛穴の凹凸や、皮脂がきになる人におすすめのメイクアップフォーエバーのコントロールカラー。

弾力があり柔軟に伸びるコントロールカラーが、肌の凹凸を補正することによってハリのある肌表面を作り出します。

皮脂バランスを整えることで、メイクの仕上がりや持ち、使い心地をよくしてくれます。

利用者の口コミ

・テクスチャーはうるおいがあり、緩めで伸びやすいので、いつの間にか肌に消えていってるといった感じ。(24歳/混合肌)

・小さく作られた口が、出しすぎを防いでくれるので良い。値段は高いが一度に使用する量は少しなのでコスパは悪くない。(34歳/混合肌)

・時間が過ぎても毛穴落ちやしわの目立ちも少なかった。(45歳/普通肌)

ジバンシイ/アクティ・マイン(プラム)


30ml ¥4,490

SPF15

フレッシュな朝のフルーツのような活力溢れる肌色にコントロールしてくれるジバンシイのコントロールカラー。ベースとして使用することができます。

色むらを改善する効果と、光を反射するパールが配合されていることで、肌に輝きを与えフレッシュな肌印象へと導きます。

軽めのテクスチャーでミネラルを補いうるおいを保ちながら乾燥を防ぎます。

利用者の口コミ

・使用量は少なくてもスッと白肌に導いてくれる。上手に寒色系の光で飛ばしてくれる。スキンケアをしっかりしていないと肌荒れが悪目立ちするかも。(30歳/普通肌)

・一番おすすめの下地。艶もとても綺麗で化粧崩れも防げ、綺麗な肌が本当に作るので手放せない。少量で伸びるからコスパも良い。(22歳/乾燥肌)

・今まで色々な下地を使ったが、これが一番透明感が出て後のファンデもノリが良くなる。かなりの乾燥肌ですがこちらは問題なく使用できる。(24歳/敏感肌)

ディオール/スノーメイクアップベースUV35(ブルーシェード)


30ml ¥7,405

SPF35 PA+++

肌の気になる部分を瞬時に補正し、均一で綺麗な肌色に仕上げてくれるディオールのコントロールカラー。メイクアップベースとして使用することができます。

くすみや赤みを消し去り、明るくすんだ透き通るような肌色へと導きます。

肌にスッと馴染み、軽やかな使い心地でメイクのノリと持ちを持続させます。

利用者の口コミ

・赤みを隠すだけでなく、トーンアップもしてくれて赤みに悩んでいた私の救世主!乾燥もせずファンデのノリも良い!(29歳/混合肌)

・白浮き、乾燥もなくしっとりとした使い心地。全体に塗らず赤みがきになる頬・Tゾーン・小鼻に塗ると自然に肌がトーンアップする。(29歳/乾燥肌)

・黄色買った私の肌がびっくりするほど綺麗な透明感溢れる色白になっていた。(24歳/混合肌)

イプサ/コントロールベイス(ブルー)


20g ¥3,024

SPF20 PA++

素肌に足りない光の色を補うことで、透明感を高めてくれるイプサのコントロールカラー。光をコントロールし、凹凸を補正することでなめらかな肌へと見せます。

手に出すと青いテクスチャーですが、肌になじませて行くとだんだん肌色へと色味が変わる不思議なテクスチャー。そのため肌になじみやすく白浮きしないため、誰でも使いやすいアイテムとなっています。

化粧下地として使用することができるのでスキンケア終了後にそのまま使用することができます。

利用者の口コミ

・肌にピタッと密着し透明感がとても出る。塗るとブルーのみではなくほんのり肌色がつくので、色味を全体的に補正できるのが良い。(26歳/混合肌)

・頬の赤みがコンプレックスだったが、塗ると顔色を均一にして自然にワントーンアップしてくれる。(30歳/乾燥肌)

・使用すると肌の色が均一になりファンデの仕上がりがとても綺麗に。すぐになくなってしまいそうだと思ったが一度の使用量も少しなのでコスパが良い。(32歳/乾燥肌)

カバーマーク/ラスティング メイクアップベース(B)


30g ¥3,660

SPF38PA+++

「人の肌は、表面的な色だけではなく、皮下を流れる血流の色影響が肌色を決定する大事な要因である」という独自の<ジャスミーカラー>理論に基づいて作られたカバーマークのコントロールベース。

本来持っている素肌の美しさを引き出し、時間がたってもくすまず素肌と一体化した透明感・ツヤ・血色を演出します。

肌の凹凸をなめらかにし、毛穴やキメの乱れを目立たせないつるんとした肌へと導きます。また、余分な皮脂を吸収して、吸収した皮脂でコート膜を作るため、テカリを防ぎ朝の仕上がりを長時間持続させます。

利用者の口コミ

・ファンデとの相性が良く、汚い崩れ方もせずに夕方でも肌を綺麗に見せてくれる。(28歳/混合肌)

・伸びはそんなに良くないが、ファンデを綺麗に見せてくれる。(28歳/乾燥肌)

・厚塗り感なく潤いもあり、紫外線カットもするので普段使いをするには優秀なベース。ただ、カバー力が欲しい人はちょっと物足りないかも。(32歳/乾燥肌)

プチプラ!2,000円以内のオススメコントロールカラー5選

お手軽な値段で透明感を出しつつ、赤みを消したい!

ですが、ブルーのコントロールカラーってあんまり見かけませんよね。

でもよく探せば、プチプラでもブルーのコントロールカラーがあるです。

セザンヌ/UVウルトラフィットベースN(ライトブルー)


30g ¥734

SPF36 PA++

プチプラ化粧品で有名なセザンヌ。人気商品も多く、値段と裏腹に効果も高いことから愛用者も多いセザンヌからも、肌色を瞬時に補正してくれる、コントロールカラー兼化粧下地が出されています。

透明感を引き立たせてくれるブルーは、仕上がりもセミマットでなめらかな仕上がりへ・肌全体にするっと広がりピタッと密着します。

保湿成分が十分に使用されているため、高保湿のうるおい下地となっています。スキンケアのあとすぐに使用できます。

利用者の口コミ

・青色のクリームで、透明感が出て自然にトーンアップ。伸びがよくしっとりとする。(29歳/乾燥肌)

・プチプラだけど伸びがよく乾燥もしない。変に白浮きせず自然にトーンアップするのが嬉しい。(32歳/乾燥肌)

・夕方になっても顔がくすまず白浮きもなく、ファンデとも相性がよく、長時間綺麗が持続する。(35歳/混合肌)

無印良品/ベースコントロールカラー(ブルー)


30ml ¥1,300

SPF50+ PA+++

紫外線をしっかりカットしたい人にオススメの無印のコントロールカラー。プチプラだけどUV効果が高く、日焼け止めと同じくらいの紫外線カット率。

肌に透明感を与え、顔色の補正効果をすると同時に、肌になじみやすく白浮きしないように作られています。

潤い成分としてオリーブスクワラン、カミツレ花エキス、モモ葉エキスが配合されているので乾燥を感じさせません。化粧下地として使用することができます。

利用者の口コミ

・白くなりすぎないか心配だったが、きになるくすみがマシに見える気がする。(30歳/混合肌)

・夕方くすむのでフラリとよった無印でメイクの上カラス推し塗るとくすみが取れて透明感さえ感じた。即購入。色黒だけど特に白浮きすることなく使えた。(41歳/乾燥肌)

・仕上がりが綺麗で透明感が出る。この値段でこの仕上がりは文句なし。(25歳/混合肌)

パルガントン/PF カラーコントロールベース(ソフトブルー)


30g ¥1,470

凹凸をなめらかに整え、肌色を補正することで、次に使うファンデーションのノリをよくし、美しい仕上がりを持続させます。

光を反射させる微粒子のパウダーを配合することにより、光を拡散させクリアでほんのりツヤのある肌へと仕上げます。

化粧水で肌を整えた後にファンデーションなどを使って使用してください。

利用者の口コミ

・部色白感と透明感が大事だが、このブルーのコントロールベースはまさしくそれを作ってくれる。冬場も乾燥することなく使用できている。(22歳/普通肌)

・クリーム状で伸びがよくなかなか減らない。白くなりすぎず全顔に使える。(22歳/脂性肌)

・カバー力はあまりないが、透明感はすごく出るので肌が綺麗に見える。(33歳/乾燥肌)

ファシオ/ミネラルベース ポアクリア


25g ¥1,198

SPF25 PA++

日中のテカリがきになる人にオススメのコントロールベース。ひんやり肌を引き締めながら日中のテカリを防ぎます。

乳液効果のある成分を配合しているため、日中の乾燥からも肌を守ります。

色ムラをしっかり補正し、内側は潤いをキープ、外側はサラサラな触り心地で上から塗るファンデーションの持続性を高めます。

利用者の口コミ

・肌に優しそうで夏だけではなく冬にも使えそう。青みのあるクリームですが、塗ると無色透明になり白浮きしたりもなかった。(30歳/敏感肌)

・クリームタイプだけどあまりベタつかず、塗り心地はサラサラしている。ワントーン肌を明るくしてくれるがテカリを防止するまでではないかな…。(22歳/乾燥肌)

・Tゾーンはちょっとテカルが、ものすごく気になるほどではない。伸びはとてもよく、ニキビもできなかった。(24歳/普通肌)

3CE/BACK TO BABY MAKE UP BASE(スカイブルー)


30ml ¥1,820

SPF30 PA+++

韓国コスメショップ3CEのコントロールカラー。

水分たっぷりのクリームタイプで、しっとりとした艶のある肌に整えます。また、肌への吸着力、密着力が高い為、時間が経ってもメイクをキープして化粧よれを防ぎます。

くすみひとつない、生まれ持った美しい肌のようにケアし、カバーすることで赤ちゃんのような肌を作り上げます。

利用者の口コミ

・ラメが少し入ってるのも良い。肌も白くなりすぎず、カバー力もちょうど良い。

・香りもほぼせず伸びやすい。濃すぎず扱いやすいテクスチャーでおすすめ。

ブルーのコントロールカラーの塗り方

透明感を引き出しつつ、頬の赤みも改善してくれるブルーのコントロールカラー。

全体的な顔のくすみと頬の赤みがきになる人は全体的に、くすみはそれほどだが頬の赤みがきになる方は、「グリーンのコントロールカラー」を使用するか、もしくはブルーのコントロールカラーを部分的に使用しましょう。

全体的な塗り方

全体的に塗ることで、頬のくすみを消し去ると同時に赤みも抑えることができます。

しかし、青の色味は塗りすぎてしまっては透明感を出すどころか逆に白浮きしてしまう場合もありますので、使用量には十分注意しましょう。

1.両頬・おでこ・鼻・顎の5点に置く。


メーカーの規定量、もしくはパール粒ひと粒分のコントロールカラーをとり、画像のように5点に置きます。

2.顔の中心から外側に向かって伸ばす。

先ほど置いた5点を、お顔の中心から外側に向けて矢印の方向へ伸ばします。人差し指よりも力が入りづらいと言われている中指と薬指を使って、顔の丸みに沿って優しく伸ばしましょう。

3.スポンジでなじませる。

肌に伸ばした後は、綺麗なスポンジを使って指のスジやムラをなめらかにしましょう。

スポンジを使うことでしっかりと定着させることができるため、時間が経っても綺麗な状態を持続させます。

部分的な塗り方

透明感を引き出してくれるブルーのコントロールカラーですが、色白さんが使うと逆に顔色が悪く見えてしまう場合があります。

色白さんで透明感を出したい場合は「パープルのコントロールカラー」、頬の赤みを消すために使用する場合は部分的に塗るようにしましょう。

1.両頬に点起きする。

通常コントロールカラーを使う時はパール粒程度の大きさを使用しますが、部分使いする場合はパール粒半分ほどで大丈夫です。

赤みのある部分にコントロールカラーを点置きしましょう。他のところにはのせずに頬の赤みが集中している部分だけでかまいません。

2.指で均一にならす。

コントロールカラーを点置きしたら、指を使って均一に鳴らしましょう。

伸ばして顔全体に塗らずに、点置きのエリア内でならしましょう。

3.スポンジでなじませる。

均一に鳴らしたら、指のスジや色むらを調節するために、綺麗なスポンジを使って軽くなじませたら完成です。

はな子
赤みもくすみも綺麗にカバーできて、透明感が出てる〜!
美神先生
後からのせるファンデも綺麗にのるし、厚化粧にならなくていいし、悩みはカバーできるし、いいことづくしね。
はな子
もっともっと塗って、もっともっと透明感をだそ〜っと!
美神先生
あっ、だから使いすぎはダメなんだってば…

〜数分後〜

はな子
顔色悪い…。パール粒ひと粒分なの忘れてた…。
美神先生
小さな脳みそねえ…。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)