べビ肌

プラセンタ配合の化粧水は美肌効果抜群!オススメ化粧水9選!

1567 views

この記事を書いた美容ライター

園田あゆ

2017年5月に化粧品検定1級を取得。本や雑誌の編集制作会社にて約5年勤務し、現在はフリーライターとして活動中。

はな子
ああ〜もう、どうしよう……。
美神先生
どうしたの?そんな顔して
はな子
お肌がカサカサで、くすんで、もう大変なんです……。
美神先生
それは困ったわね。あ、じゃあプラセンタを試してみてはどうかしら?
はな子
プラセンタって化粧品に入ってるやつですよね?でもどんなものか正直よくわからないです。
美神先生
ふふふ。プラセンタははなちゃんみたいに肌悩みを抱える女性の救世主とも呼べるものなのよ。まずは化粧水から試してみたらどうかしら。

プラセンタとは?プラセンタ配合化粧水に期待できる効果

プラセンタと聞くとなんとなく肌に良さそうなイメージがしますよね?

しかし、化粧水に配合されることが多いプラセンタですが、この成分がどういうものかというのを把握している人は少ないのではないでしょうか。

プラセンタとは日本語にすると「胎盤」という意味があります。

胎盤は子供と母体をつなぐ部分で、豊富な栄養素があるのも大きな特徴です。そのため、美容の分野においても注目されています。

医療の現場ではヒト由来の胎盤が使われることもありますが、化粧品では主に豚や馬などの胎盤から抽出されたエキスが配合されるのが一般的です。

動物胎盤エキス

馬や豚などの動物から抽出されるプラセンタは、水溶性のビタミンを約10種類、アミノ酸類を約17種類、ミネラルを約10種類、そしてその他4種類を含む高栄養成分です。

細胞の呼吸を促進したり皮膚組織の代謝を高める働きがあるので、肌荒れなどの予防や改善に役立ちます。さらに美白作用もあるおでシミやソバカスなどの気になる肌悩みも解消することも可能です。

マリンプラセンタ

マリンプラセンタは海の胎盤という意味ですが、これは主に鮭の卵巣膜から抽出されます。アミノ酸やムコ多糖類、またビタミンやミネラルを多く含んでいるのも大きな特徴です。抗アレルギー作用や美白作用、毛穴の黒ずみを解消するのにも有効とされています。

プラセンタ配合化粧品の選び方

美容に有効な成分であるプラセンタは今や、ヒアルロン酸やセラミドなどの有名な美容成分と肩を並べるほどの存在となっています。

そのため、現在ではたくさんの化粧品にプラセンタが配合されているのです。

しかし、せっかく化粧水を使うならなるべく肌にいいものを選ぶ必要があります。プラセンタ配合の化粧水にもピンからキリまでありますから、自分に合ったものをきちんとセレクトすることが大切です。

プラセンタの濃度を確認する

プラセンタが入っている化粧品には大きく「プラセンタ配合」と書いてアピールされているものも多く見受けられます。しかし、ただプラセンタが入っているだけの化粧水であればたくさんあるのです。

プラセンタが含有されているだけではなく、その「濃度」も重要なのでしっかりチェックしましょう。

ただ、プラセンタ濃度がはっきりと示されているものは少ないです。そのため、「従来品と比べて濃度を高めている」等の記載をチェックしましょう。

また、「100%プラセンタエキス使用」などとなっているように原液だけで作られているのも高品質の証です。化粧水は水で薄められている場合も多いですが、なるべくプラセンタの「割合」が多そうなものを選択しましょう。

原材料をチェックする

プラセンタが入っているからといって安易に化粧品を選ばないようにしましょう。というのも、プラセンタ化粧水を選ぶ際には「品質」も重要だからです。

プラセンタに使用されるのは馬や豚などの動物が多いと紹介しました。中には牛や羊、鹿などの胎盤を使っている化粧水もありますが、これらの動物から抽出されるプラセンタは感染症の危険性があるので避けたほうがいいでしょう。

また、原料として使われるプラセンタの元となる動物の飼育環境にも気を配りましょう。量産するためにストレスのある環境で育った動物よりは、のびのびと育てられた動物のプラセンタのほうが品質は高いものです。

他の成分もチェックする

100%プラセンタのみが配合された化粧水を選ぶのもいいのですが、せっかくスキンケアをするのですからその他の美容成分も含まれているものを選びましょう。

プラセンタには保湿や美白作用などの様々な効果が期待できますから、それらの効果をより高める成分は一緒に配合されていることが望ましいです。

例えば保湿を重視するならばコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などが一緒に入っているものを選びましょう。また美白を重視するならばアルブチンやビタミンC誘導体、m-トラネキサム酸などの有効成分は入っていると効果的です。

肌への刺激が少ないものを選ぶ

人によって肌質は異なりますが、化粧品選びに最も困るのが「敏感肌」の人ではないでしょうか。肌がデリケートだと少しの刺激成分にも反応して肌荒れを起こしてしまうこともあります。

そのため、敏感肌の人は低刺激性で肌への負担が少ないプラセンタ化粧水を選ぶことが大切です。

例えばアルコールや人工着色料、人工香料などは刺激があるので無添加のものを選びましょう。また、アレルギーテスト済などの表示があるものもおすすめです。これはすべての人にアレルギーが起こらないというわけではありませんが、表示がないものよりは安心できます。

これらのポイントを重視して選べばさほど心配することはありませんが、良い化粧品を選んだとしても肌に合わない場合もあるのは事実です。その場合はすぐに使用をやめて医師に相談しましょう。

はな子
刺激、気になるんですよね〜。
美神先生
最近では低刺激のプラセンタ化粧水も増えてきているから、注意して成分をチェックしてみてね。

プラセンタ配合化粧水おすすめ9つ

プラセンタ化粧水の魅力や選び方について紹介してきましたが、それでも市場には多数の商品があふれています。

お店に行った際に、またネットで商品を探す際に「どれにしたらいいのかわからない」と言う人も多いでしょう。

そこでここからは、購入希望者のニーズに合わせたジャンル別におすすめのプラセンタ化粧水を厳選して紹介します。

保湿・エイジングケアを重視したい!

乾燥肌で悩んでいる女性は多いものです。また、若い頃はさほど気にならなくても年齢を重ねるにつれて肌がカサカサしやすくなることもあります。

肌は加齢とともに潤い成分が減少していくので、それは仕方がないことです。

そんな時には高保湿のプラセンタ化粧水を使ってケアをしていきましょう。カサつく肌も潤うようになればシワやたるみなどの肌トラブルも改善されるはずです。

プラセンタファイン モイストローション


150ml ¥3,600

この商品は北海道産のサラブレッドである馬の胎盤を使用した高級感あふれるプラセンタ美容液です。パッケージも白をベースにしており、上品な仕上がりで使うときにも幸せな気分になることができます。

また、プラセンタ以外にもヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分やアルブチンなどの美白有効成分が配合されている点もポイントです。

ホワイトラベル 金のプラセンタ


180ml ¥1,296

ぷるぷるの赤ちゃんのような肌になれると評判なのがこのプラセンタ化粧水です。国産の100%プラセンタを配合しているので品質の面でも申し分ありません。また、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分も豊富で肌を十分に潤すことが可能です。

さらにテクスチャーに関しても定評があり、濃密でベタベタしないので普段使いに重宝します。アルコールやパラベン、鉱物油、また香料や着色料が無添加なのも嬉しいポイントです。

DHCプラセンタ2ヒアルロン酸4ウォータージェル


200ml ¥1,398

手軽に使える化粧品やサプリメントが人気のDHCから販売されているプラセンタ美容液は、化粧水だけでなく美容液の役割も兼ね備えています。ジェルタイプなのでベタつかずに肌をケアすることができ、夏場のスキンケアにもおすすめです。

2種類のプラセンタと4種類のヒアルロン酸、またコラーゲンやエラスチン、セラミドなどの保湿成分がたっぷり配合されています。

美白作用を重視したい!

女性はやはり色白の方が繊細で女性らしい印象を持たれます。しかしシミやくすみによって肌が黒ずんでしまうこともあるでしょう。

諦めている人もいるかもしれませんが、きちんとケアをすれば肌をワントーン明るくすることはできます。

肌のくすみやシミが気になる時には、美白作用のある化粧水を使うのがベストです。

プラセンタを始め、肌のターンオーバーを促す等の成分が含まれているので肌の透明感を高めて白く美しい肌に仕上げることができます。

フラコラ WHITE’stプラセンタエキス原液

この商品は、オイル美容液のようなスポイトタイプのパッケージが高級感あふれるデザインです。洗顔後、化粧水前に使用するものですが、もちろん美容液としても使うことができます。

豚由来のプラセンタ原液を100パーセント配合していながらプラセンタ特有のニオイも控えめなので、使っている間も快適です。毎日のケアにプラスするだけで肌の状態を整えて透明感のある肌に導いてくれます。

デュプレール ダブルブライトニングローション


500ml ¥882

ブルーのパッケージがさわやかなダブルブライトニングローションは、28種の植物成分を配合した肌に優しい処方が魅力です。合成香料や合成着色料、合成界面活性剤や鉱物油などの肌への刺激となる成分もカットされています

また、プラセンタはもちろん、3種のコラーゲンも配合されているため肌の十分な保湿が可能です。また、3種のヒアルロン酸も配合されており、メラニン生成を抑えてくれるためシミやソバカスの予防にも効果が期待できます。

プラセホワイター 薬用美白エッセンスローション


190ml ¥804

有名な化粧品ブランド「明色」から出ているこの商品は、化粧水だけでなく美容液や乳液の役割もこなしてくれる高パフォーマンス製品です。

プラセンタを始め、ハトムギやコラーゲンなどの美白有効成分を配合しているので透明感のある明るい肌に導いてくれます。

使用されているプラセンタは国産100%のものなので、品質面でも安心です。

手頃な価格を重視したい!

化粧水を選ぶ際には、確かに有効成分を重視することも大切です。しかし、それで「欲しい」と思っても値段を見たときにがっかりすることもあると思います。

化粧水は毎日使うものですから、高いものだと手軽に使えずについちびちび使いになったりして結局肌にしっかり有効成分が届けられない場合があるので要注意です。

プラセンタ化粧水を選ぶ際には、頻繁に買い直してもさほどお財布に響かないリーズナブルなものを選びましょう。

素肌しずく プラセンタ化粧水


200ml ¥1,058

製品比較雑誌や人気コスメサイトで2冠を獲得したこの商品は、シンプルなパッケージながらその実力は高いです。

独自の濃密浸透ヴェールを採用しており、手に取った時点では美容液成分が包まれた状態ですが、肌に伸ばすことで雫が弾けて美容成分が出てくる仕組みになっています。このシステムによって美容成分が肌に浸透しやすく、また潤いが保たれやすくなるのです。

成分としてはプラセンタはもちろん、3種類のヒアルロン酸やコラーゲン、コエンザイムQ10やセラミド、プロテオグリカンなどの保湿成分がたっぷり含まれています。

プラチナレーベル プラチナモイスト化粧水


1000ml ¥782

白地に黒文字のシンプルなパッケージですが、1000mlの大容量で1000円以下という高コスパが魅力なのがこの商品です。

プラセンタを始め、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、ハトムギエキス、プラチナ、コエンザイムQ10という7台美容成分を配合し、肌を効率的にケアすることができます。

テクスチャーはトロっとしているので好みが分かれるかもしれませんが、保湿力は高いので乾燥肌の人や年齢肌が気になる人におすすめです。

菊正宗 日本の化粧水


500ml ¥614

菊正宗という日本の酒造メーカーが開発したこの化粧水は、日本酒が配合されています。日本酒といえば杜氏の手が綺麗だということから美容効果が注目されているものでもあります。

日本の化粧水にはプラセンタエキスやアミノ酸、セラミドも配合されているのにこのお値段という低価格ながら質の良いスキンケアが可能です。

プラセンタ配合化粧水の効果的な使い方

プラセンタが配合されている化粧水は保湿や美白作用があるのでエイジングケアはもちろん、肌悩みを抱えている人にも有効です。

そんなプラセンタ化粧水を効果的に使用するためには、その使い方も重要なものです。化粧水を使う際にはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

洗顔後に使う

プラセンタ化粧水は精製水やアルコールを使って抽出されているものが一般的です。

そのため性質としては水溶性なので皮脂がある肌にのせてもなかなか浸透させることができません。そのため、洗顔をして余分な皮脂を落とした状態で使うのが理想です。

皮脂が少なくなっていれば化粧水も肌に入り込みやすくなるので、効果的なスキンケアができます。

涼しい場所で保管する

プラセンタは肌の状態を良くするために有効な成分ではありますが、紫外線に当たると酸化しやすくなります。

紫外線A波は波長が長いのでガラスなどは簡単にすり抜けてしまいますから、ボトルに入っていても安心というわけではないのです。

そのため、プラセンタ化粧品は日のあたらない涼しくて暗い場所に置くことで、品質が長持ちしやすくなります。

はな子
やりますね、プラセンタ!
美神先生
でしょ〜?ぜひ試してみてね。
はな子
はい!今日使えば明日にはツルスベ美肌になってるはず!
美神先生
……楽しみにしてるわ。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)