べビ肌

表皮とは?役割と仕組みについて

1180 views
はな子
(ジーーーーーーーーーー)
ピッピ
な、なんだッピ…。
はな子
ピッピの肌って、うるおっていてなめらかな肌でキメが細かくてとても綺麗な肌だよね。
ピッピ
僕の肌は世界最高峰のなめらか肌だッピ。はなちゃんも頑張ればなれるッピよ。
はな子
え!?本当?どうやって!?
ピッピ
キメ細かい肌を作り上げることは、表皮を綺麗にしてあげることと同じッピ。お肌のキメは表皮にあるッピ。

私たちの肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」と、大きく3つの層に分けることができます。

この時一番外側にあり、私たちが触れている、厚さ0.2mmの皮膚のことを「表皮」と言います。

表皮は外からの刺激から肌を守ったり、肌内部の水分を保持する働きをしています。

表皮は、皮膚の最も上の層で体を守っており、表皮の奥では絶えず細胞分裂が行われ、新しい細胞が生まれています。そして古い細胞は、皮膚の表面からアカとなり、剥がれ落ちていきます。

ピッピ
今回は、一度触ったらやみつきになる肌を持つ僕が、お肌のキメを左右する「表皮」について詳しく説明していくッピ!




皮膚の構造

真皮を詳しく理解するために、皮膚の構造を大まかに知っていきましょう。

皮膚は人の体を覆い、体の内部を守っています。

例えば、紫外線や大気汚染などの外部刺激からのダメージを受けないようにしたり、細菌などに感染するのを防いでくれています。

さらに皮膚の弾力がクッションの役割をして骨や筋肉の負担を軽くしたり、体温を調節して暑さや寒さから体を守ったり、と様々な働きをして体の中を保護してくれています。

皮膚は、1枚の皮でできているわけではなく、外側から順に「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層より成り立っています。

真皮

真皮は表皮の下に位置しており、

・皮膚へ栄養分を送り込む

・肌の弾力を保つ

などの役割を果たしています。

真皮は主にコラーゲンとエラスチンという繊維状のタンパク質からできています。

コラーゲンは真皮内に網のように張りめぐらされています。その間をエラスチンがジョイントのような役割をして、両者で皮膚を支えています。

さらにその網目の間に、ヒアルロン酸やコンドロイチンといったゼリー状の成分を含んでいて、スポンジのように弾力を保っています。

このようにして、真皮は肌のハリや弾力に大きく関わってきます。

ピッピ
真皮については「真皮とは?真皮の構造と繊維!繊維が減少すると老化の原因に・・・」で詳しく説明してるッピ。

皮下組織

皮下組織は真皮のすぐ下、3つの層でいうと最下層に位置しており、主に脂肪からできています。そのためため、別名「皮下脂肪組織」とも言われます。

皮膚の内側にある筋肉や骨を保護する、クッションのような役割のほか、皮下脂肪によって外界の熱から体を守る断熱材の役割もあります。

(※1)(※2)(※4)(※5)

ピッピ
皮下組織については「皮下組織とは?その仕組みと働き!皮下脂肪のたるみと肥満について」で詳しく説明してるッピ。

表皮とは?

表皮は主に、「表皮細胞(ケラチノサイト)」により構成されています。

表皮は上から順に「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4つの層に分けることができます。

最下層である基底層から作られた表皮細胞が、どんどん上へと登っていき、最上層である角質層で角質細胞へと変化し、最終的にはアカとなって剥がれ落ちていきます。

表皮の役割

①外敵から肌内部を守る「バリア機能」
②肌内部の蒸発を防いでくれる「水分保持」

表皮の一番外側にある「角質層」には、「バリア機能」があり、ほとんどの物質を通すことはありません。

泥や洗剤などを手で触っても、皮膚の中に吸収されないのは、バリア機能が働いているからです。

ピッピ
泥や洗剤などを手で触っても皮膚の中に吸収されないのは「バリア機能」が働いてるからだッピ。

それと同時に、体内にある水分が乾燥した中でも失うことのないよう、水分の蒸発を防いでくれる働きをしています。

バリア機能により、太陽光もほとんどが表皮で反射・散乱されますが、紫外線は比較的通してしまいます。

しかし、紫外線を浴びた時には表皮の最下層にある基底層にある「メラノサイト」という細胞が働いてくれます。

ここで紫外線から肌を守る働きをするメラニンを作り出し、紫外線による肌への悪影響を抑えてくれています。


表皮にできたメラニンは、通常ターンオーバーによって排出されます。日焼けをしても、時間が経てば元の肌色に戻っていくのはこのためです。

(※1)

はな子
バリア機能については「バリア機能とは?乾燥をもたらすバリア機能低下の原因と対策5つ」で詳しく紹介しています!

表皮にある4つの層

表皮を主に構成している「表皮細胞(ケラチノサイト)」は基底層で作られ約14日間かけて有棘層、顆粒層へと押し上げられます。

そして、角質層へと到達する頃には細胞は死に、「角質細胞」へと変化します。

角質層では「角質細胞」が数層から数十層かさなり、約14日間肌の表面を保護したのち、アカとなって剥がれ落ちます。


つまり、表皮は下から上へ、表皮細胞を押し上げていくことで4つの層を作り上げているのです。

基底層

表皮の最下層にあり、「表皮細胞」が生まれる場所。

基底層には、「メラニン色素」を生成する工場である「メラノサイト」という細胞もある。

有棘層

基底層で生まれた表皮細胞が押し上がり、その細胞が5〜10層並んで、この有棘層ができている。表皮の大半を占めているのが、この「有棘層」である。

有棘層には、外界より表皮に侵入してくる細菌やウイルスを感知して捉えるための「ランゲルハンス細胞」がある。

顆粒層

有棘層で押し上げられて来た表皮細胞が、2〜3層並んで、この顆粒層を作っている。

「細胞間脂質(セラミドなど)」や、「天然保湿因子(NMF)」など、肌の潤いの成分になる元が、この顆粒層で生成される。

角質層

3層にわたり押し上げられて来た表皮細胞が、死んで角質細胞となってできた層が角質層

角質層は、10〜20層の、平たくなった角質細胞が枯れ葉のように積み重なっている。

表皮細胞が死ぬ時に、顆粒層にあった細胞内から細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)が放出される。

細胞間脂質は、角質細胞同士の間をつなぐ接着剤の役割をする。

この時、天然保湿因子(NMF)は、細胞内に残り、うるおい維持の役割を果たす。

天然保湿因子(NMF)とともに角質層の水分を維持し、潤いを守るための働きをする。

ピッピ
体の部分によって層の厚さは異なるッピ。かかとなんかは約50層ほど積み重なるッピ。

角質細胞は次第に押し上げられ、最後はタンパク質を分解する酵素により分解され、アカとなって剥がれ落ちる。(※1)(※2)

・表皮はほぼ「表皮細胞」でできている。「表皮細胞」は基底層で生まれる。

・基底層で作られた「表皮細胞」は、基底層→有棘層→顆粒層へと押し上げられ角質層へ到達すると、「角質細胞」と変化し、アカとなって剥がれ落ちる。

・この一連の流れを「角化」という。

表皮のターンオーバー

表皮細胞は、基底層から上へと押し上げられ、最後に角質層へとたどり着きます。

表皮細胞が基底層でできてから、有棘層、顆粒層へたどり着くまでで14日間。そして角質層まで上がってきて剥がれ落ちるまでに14日間。

合計約28日かけて細胞が生まれ変わっていきます。

この周期のことを「ターンオーバー」と言い、このターンオーバーが正常に行われることで、肌の調子を整えることができます。

ほぼ20代までは、このターンオーバーの周期が約28日周期で、年齢が上がるとともにその日数はどんどん長くなっていきます。

はな子
大人になってくると、傷やニキビなどの治りが遅いのは、これが原因なのね。

お肌のキメ

よく、肌表面が滑らかで潤いがあり、美しい肌のことを、「キメの細かい肌」と言いますよね?

では、「キメ」とは一体どのようにしてできているのでしょう?

皮溝と皮丘

皮膚の表面をみたときに、網目状に入っている細かい溝のことを「皮溝(ひこう)」。

そして網目状に入っている溝に囲まれ、ひし形や正方形に皮膚が丘のように盛りあがっているところを「皮丘(ひきゅう)」と言います。

網目が細かくて皮溝の溝が深いのがキメが細かい肌です。反対に網の目が粗くて、溝の浅いのがキメの粗い肌ということになります。

キメが粗いと皮丘が目立ち、その形もひし形や正方形ではなくなります。形が乱れてしまうと、皮膚の表面はザラザラとした触り心地になってしまいます。

理想的なキメ

キメが整っている
皮溝と皮丘によりできる網目が、ひし形や四角形の形で均一に並んでいる。
   +
キメが細かい
皮溝が細く深いもので、網目の凹凸がはっきりしている。肌表面は滑らかな状態。

   ↓
すべすべ肌に

お手入れが必要なキメ

キメが乱れている
皮溝と皮丘による網目が失われ、ガタガタな状態
   +
キメが粗い
皮溝が太く浅いのもで、網目が平ら。肌表面はざらっとしていて毛穴も目立つ状態
   ↓
ザラザラ肌に
(※2)(※3)

キメ細かな肌を作るためには?

はな子
私もピッピみたいなキメの細かい肌になりたいよ〜!
ピッピ
安心するッピ。
キメの細かい肌を作るための秘訣は、毎日のスキンケアや日常生活を少しずつ改善していくことッピ!

肌に保湿成分を与えること

美しい皮膚の条件の一つはお肌の潤いです。潤いがなければ皮膚の表面はカサカサになってしまいます。

ピッピ
だからと言って化粧水をたくさん使ったところで、その水分を保持しないと意味がないッピ。
そこで重要なのが「保湿成分」なんだッピ。

日々のスキンケアなどで、肌の潤いを保持してくれるセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの潤い成分が入ったものを使い、しっかり肌内部の潤いをキープしていきましょう。

紫外線対策をして肌に弾力を

皮膚にピンとした張りや弾力があることは、「見た目の若さ」の目安となっています。

皮膚の張りが失われ、たるみやシワを引き起こす原因は、加齢以外に、紫外線からのダメージによるものがあります。

日中、短時間でも外に出る時は、素肌を露出しないよう上から何か羽織るなどして、しっかり紫外線対策をしていきましょう。(※4)

正常なターンオーバー

角化」が行われると、約28日周期で、表皮細胞は角質層にたどり着きアカとなって剥がれ落ちます。

このターンオーバーが正常に行われていないと、角質層に剥がれ落ちるはずの角質細胞が溜まり、角質層が厚くなり、皮膚表面のカサつき、保湿力の低下、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こします。

睡眠不足やストレス、栄養の偏りによりターンオーバーは乱れていきます。規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

毎日の生活から改善を

表皮を綺麗に保つことが、見た目の美しさにも繋がっていきます。

睡眠時間が少なかったり、ストレスをためるだけでも、肌は繊細ですぐに影響を起こしてしまいます。

毎日の生活や少しの心がけて、肌の周期は乱れたり正常になったりするので、毎日規則正しい生活を心がけましょう。

いつまでも若々しい肌でいるために、毎日の生活に肌へ少しの気遣いをして、お肌を労ってあげていけたらいいですね。

ピッピ
キメの細かい肌を作るのに重要なのは毎日の生活ッピ!はなちゃんはいつも夜更かししてお菓子ばっかり食べてるからだめなんだっピ!
はな子
う〜ん。一日の働きに対するご褒美の時間のつもりなんだもん〜。
ピッピ
正直はなちゃんはそんなに言うほど働いてないッピ!
あの年であのキメの細かい綺麗な肌をしている先生を見習うッピ!
はな子
確かに先生は、あの年でありえないくらい綺麗な肌してるもんね…。
私も先生を見習わないと!
美神先生
「あの年で」って、どの年のことよ?
はな子
あ…、居たんですね…。
ピッピ
(地獄耳ッピ…)
【参考文献】
(※1)コスメティックサイエンス 化粧品の世界を知る
(※2)スキンケア美容医学事典(よしき皮膚科クリニック銀座院長)
(※3)正しいスキンケア事典(皮膚科医:吉木伸子 元化粧品開発者:岡部美代治 栄養士:小田真規子)
(※4)美容のヒフ科学 改正9版(安田利顕 著)
(※5)(上)美容皮膚科学【監修】日本美容皮膚科学会
(※6)スキンケアの科学(東北大学名誉教授 田上八郎 著)

【参考URL】
(※7) http://www.tmd.ac.jp/mri/press/press13/
(※8)https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/34/2/34_2_76/_pdf


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)