べビ肌

ナチュラルメイクの人必見!おすすめクレンジングジェル6選!

1269 views
美神先生
はなちゃんはクレンジング、どうしてる?
はな子
えっと……みんなが使ってるオイルクレンジング剤で落としてます。ヌルつくのが嫌なんですけど。
美神先生
そうなの?はなちゃんはいつもナチュラルメイクだから、クレンジングジェルでもいいと思うわよ。
はな子
え?クレンジングってオイルだけじゃないんですか?
美神先生
そうよ。クレンジング剤にもいろいろあるの。上手に使い分けなくちゃ。




クレンジングジェルとは?


女性であればメイクをする機会も多いでしょう。メイクは女性の身だしなみとも言えるものですから、会社勤めをしている人などは毎日メイクをするのが習慣になっていることもありますよね。

しかし、メイクは崩れないように、落ちにくく作られているものがほとんどなので、一日の終わりには必ずクレンジングをしなければなりません。

クレンジングと言っても様々な種類がありますが、「クレンジングジェル」とはどのようなものなのでしょうか。

クレンジングジェルの2つのタイプ

クレンジングジェルと言ってもさらに細分化され、2種類に分けられます。ひとつは水性のジェル、そしてもうひとつが油性のジェルです。

水性タイプ

水性のジェルは水分が多めに配合されているので、洗い上がりも肌がヌルつくことなくさっぱりと仕上がります。

ただ、洗浄力が弱めなのと、油性のメイク汚れを落とすために界面活性剤が多く配合されているので肌への負担も少なからずあります。

油性タイプ

油性のクレンジングジェルは油分が多いのでメイク汚れとなじみやすく、洗浄力が比較的高いのでメイクを落としやすいのが利点です。

油性の保湿成分が入っている場合も多いので、クレンジングをしながらスキンケアも叶います。

ここが良い!クレンジングジェルのメリット

水性と油性の2タイプあるジェルクレンジング剤には、他のタイプのメイク落としにはないメリットがいくつかあります。

商品を選ぶ際にはデメリットももちろんチェックすることは重要ですが、まずはどんな利点があるのかということを確認しましょう。

洗い上がりさっぱり

ジェルクレンジングはゲル化剤などを配合してジェル状に作られているので、使いやすいのがメリットです。

肌に伸ばしやすい上に洗い上がりもさっぱりとするのでベタつきやヌルヌルが気になることもありません。

このタイプのクレンジングは肌がベタつきやすいオイリー肌の人やニキビができやすい肌の人に特におすすめです。洗った後は肌がスッキリするので、不快感を感じにくくなります。

オイルタイプのクレンジング剤では汚れは落ちやすいもののヌルヌルがいつまでも残ってしまい、使用感を不快に感じることもあるでしょう。しかしジェルタイプのクレンジングであればそのような心配はありません。

肌への刺激が少ない

オイルクレンジング剤は洗浄力が高いために肌に必要な皮脂までも落としてしまい、結果的に乾燥しやすくなってしまうというデメリットがあります。

しかしジェルクレンジングの場合は洗浄力はオイルクレンジング剤には劣るものの肌に優しく、過剰に皮脂を奪うこともないので安心です。

濃いメイクは別でポイントメイクリムーバーなどが必要になりますが、ナチュラルメイクであればジェルクレンジング剤でも十分落とすことができます。

普段からあまり濃いメイクをするわけではないという人はジェルクレンジングを使うといいでしょう。また、メイクが濃い日とナチュラルな日でクレンジング剤を使い分けるのも肌に優しいスキンケアをする上では大切です。

はな子
洗い上がりさっぱりで、ナチュラルメイクは十分に落ちる…。私にぴったりのクレンジングじゃないですか!!
美神先生
はなちゃんはいつもナチュラルメイクだもんね。じゃあもう選び方も教えちゃうわ。

クレンジングジェルの選び方

クレンジングジェルは使いやすく使用感も良いものが多いものですが、市場には様々な商品が販売されているので、どれを選んだらいいのかわからないということもあるでしょう。

自分の肌に合ったものを選ばなければ効果的なものとは言えないので、商品選びには十分気を配りましょう。

美神先生
選ぶポイントはいくつかあるけど、とりあえず大事なのは「直感」ね。
はな子
直感…。
美神先生
そう!直感で気になったものをいくつかピックアップして、その中で吟味して選ぶのも良いわ。

メイクは濃いか薄いか

人によってメイクの濃さは好みがあると思います。例えば毎日がっつり濃いメイクをするという人もいれば、すっぴんに近いナチュラルメイクばかりだという人もいるでしょう。

濃いメイクの人が洗浄力の弱いクレンジングを使っても十分にメイクを落としきることができずに肌に負担をかけてしまいます。

一方、ナチュラルメイクの人は洗浄力が弱めのクレンジング剤でも落ちる場合が多いのでわざわざ洗浄力の強いものを使う必要がありません。

クレンジングジェルには2種類あるので、いつもメイクが濃いという人は洗浄力の高い油性ジェルタイプナチュラルメイクだという人は肌に優しい水性ジェルを使うといいでしょう。

マツエクをしているなら水性ジェル

マスカラでまつげを長く見せる方法もありますが、女性の中にはまつげエクステを付けて自まつ毛を長くしている人もいるでしょう。

しかしマツエクは油性の成分がつくと落ちやすくなってしまうので、油性ジェルはおすすめできません。

マツエクの施術を受けている人は水性ジェルを使えば安心なので、クレンジングジェルを選ぶ際に参考にしてみてください。

保湿成分が配合されているかどうか

クレンジングジェルの中でも特に水性ジェルタイプのものはメイクを落とすために界面活性剤が多く使用されています。

しかし界面活性剤を使うと肌の潤いも落ちやすくなり、乾燥を招いてしまうので注意が必要です。

最近のクレンジングジェルには保湿成分が配合されたものも多いので、ヒアルロン酸やセラミドなどの成分に注目して商品選びをしましょう。

はな子
オイルだと突っ張るんですよね〜。そうか、保湿成分を見ればいいのか!
美神先生
肌のつっぱりは乾燥につながるから、優しく洗浄できるジェルがおすすめなのよ。

オススメクレンジングジェル3選

はな子
いろんなポイントを紹介されたけど、やっぱり選ぶとなったらどれを選んだらいいかわからない…。
美神先生
じゃあ私のオススメのクレンジングジェルを紹介するわ!口コミ評価も高くて使用感も良いものばかりよ!

シンピュルテ ピュアクレンジングクリア(ジョンマスターオーガニック)


120g ¥3,348

肌に乗せるとメイクと混ざってジェルからオイル状に変化して汚れを浮かせ、洗う際に水が加わるとまた水性に変わるのでさっぱりと洗い上げられ、使いやすいのが魅力です。

ソープナッツという植物から採れるソープナッツエキスを界面活性剤として使用しているので、肌への負担を極限まで抑え、優しくメイクを落とすことができます。

さらに天然保湿成分もたっぷり配合されているので、洗顔後もしっとりとした素肌に仕上げることができ、乾燥肌の人にもおすすめです。

<全成分>ヒマワリ種子油、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、ソルビトール、水、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、バオバブ種子油、オレンジ果皮油、ベルガモット果実油、ホホバ種子油、オリーブ油、アルガニアスピノサ核油、サーファクチンNa、ペンチレングリコール

maNara ホットクレンジングゲル(マナラ化粧品)


¥2990(2ヵ月分)
詳細を見る

人気ブランド「maNara」のクレンジングゲルは、角質を柔らかくする作用があるので、メイクを落とすのはもちろん、毛穴汚れをケアすることもできます。

配合成分の実に94.4%が美容成分である上に、着色料や合成香料、鉱物油や石油系界面活性剤、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤などの肌に負担をかける添加物は一切使用していないので肌が敏感で荒れやすいという人にもおすすめです。

クレンジング剤後は肌が突っ張ってしまうことを不満に思っている人もいるかもしれませんが、肌をいたわりながらメイクを落とせるこのクレンジングを使えばそんな悩みも解消できます。

<全成分>グリセリン、トリエチルヘキサノイン、オリーブ果実油、ステアリン酸グリセリル(SE)、アーチチョーク葉エキス、メドウフォーム油、パパイン、プロテアーゼ、α-アルブチン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、加水分解コラーゲン、マンダリンオレンジ果皮エキス、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒアルロン酸Na、発酵ローズはちみつ/ハチミツ発酵液、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セレブロシド、オウゴン根エキス、ノイバラ果実エキス、ローヤルゼリーエキス、メマツヨイグサ種子エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ヘマトコッカスプルビアリス油、ダイズ種子エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、アスコルビン酸Na、ザクロ果実エキス、ハチミツ、オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル、スクワラン、ニンジン根エキス、オプンチアフィクスインジカ茎エキス、ミツロウ、ダイズ油、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10、DPG、ポリグルタミン酸、アルギン酸Na、シアノコバラミン、ステアリン酸PEG-5グリセリル、ステアリン酸PEG-15グリセリル、加水分解酵母エキス、ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、クエン酸、クエン酸Na、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、トコフェロール、イソステアリン酸ソルビタン、リン酸、BG、ポリソルベート60、ペンチレングリコール、リン酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、リモネン、水、フェノキシエタノール

モイストゲルクレンジング(リ・ダーマラボ)


150g ¥2,475

このクレンジング剤の特徴としては、極小のこんにゃくスクラブを配合している点にあります。こんにゃくといえば角質ケアの美容アイテム「こんにゃくスポンジ」などで注目されている成分ですが、クレンジング剤に配合されることでも有効に働きます。メイクを落としながら毛穴の黒ずみや角栓を落とすことができるのです。

また、こんにゃくスクラブ以外にも42種類もの美容・保湿成分を配合しているのでクレンジングをするだけで肌をもっちりとさせ、透明感やツヤのある美しい肌に整えることができます。

<全成分>ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、プロパンジオール、グリセリン、1,2-ヘキサンジオール、マンナン、カルボマー、水酸化K、ペンチレングリコール、オレンジ油、グレープフルーツ果皮油、エンピツジャンクシン油、アトラスシーダー樹皮脂、ニオイテンジクアオイ油、セイヨウハッカ油、グリチルリチン酸2K、ビターオレンジ油、セレブロシド、タウリン、BG、加水分解ヒアルロン酸、グリコール酸、リシンHCI、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCI、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、アセチルヒアルロン酸、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ベニバナ花エキス、イザヨイバラエキス、ヒアルロン酸Na、ユビキノン

プチプラクレンジングジェル3選

はな子
う〜効果が高くて、品物がいいものはやはり高いんですね…。今月はお金がピンチだからなあ…。

はなちゃんと同じような考えを持っている人もいるでしょう。しかし、クレンジングジェルの中には高い作用を持ちながらもコストが抑えられているものもあるのです。

メイクをする日は必ず使うクレンジング剤ですから、お財布と相談して負担なく継続使用できるものを選ぶようにしましょう。

美神先生
ということでここからは、プチプラのおすすめクレンジングジェルについて厳選して紹介するわ!

マイルドジェルクレンジング(無印良品)


200g ¥1,180

言わずと知れた定番ブランド「無印良品」は化粧品シリーズもとても人気です。シンプルな見た目ながらその実力は多くの人が太鼓判を押しているので、ぜひチェックしておきたいものです。

マイルドジェルクレンジングは200gの大容量ながら安く手に入るので毎日使っても長持ちします。

ジェルには杏子果汁や桃の葉エキスなどの天然保湿成分が配合されており、メイクを落としながらスキンケアをすることも可能です。また、香料や着色料、鉱物油やアルコールが無添加の低刺激処方となっており、肌に近い弱酸性なので敏感肌の人でも使うことができます。

<全成分>ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、水、オレイン酸エチル、パルミチン酸エチルヘキシル、BG、シクロペンタシロキサン、アンズ果汁、モモ葉エキス、グリセリン、ヒアルロン酸Na、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、トコフェロール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、オレンジ油

キュレル ジェルメイク落とし(花王)


130g ¥1,080

敏感肌用のスキンケア用品ブランドして人気のキュレルですが、このジェルメイク落としもとても有能です。

消炎剤が配合されているので肌の炎症を抑え、ニキビや肌荒れなどを防ぐことができるので、敏感肌や肌トラブルが多いという人におすすめです。また、肌の保湿成分であるセラミドを守ってクレンジングをすることができるので、肌が乾燥してしまうという事態が避けられます。

さらに香料や着色料、アルコールが不使用で弱酸性のジェルなので肌に優しいケアができます。

<全成分>グリチルリチン酸2K*、ソルビトール液、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、グリセリン、POEオクチルドデシルエーテル、精製水、流動イソパラフィン、シクロジメチコン、イソノナン酸イソノニル、BG、イソプロパノール、ジステアリルジモニウムクロリド、パラベン
*は「有効成分」 無表示は「その他の成分」

ロゼット洗顔パスタ 米ぬかつる肌メイク落とし(ロゼット)


180g ¥762

美容効果の高い米ぬかを配合しているので、古い角質を柔らかくして除去することができる上にしっかりメイクも落とせる嬉しいクレンジング剤です。洗浄成分である桃色粘土を配合することでメイクをからめとってしっかり落とすことができます。

鉱物油やアルコールも無添加なのでプチプラながら肌に優しいケアが叶います。

<全成分>パルミチン酸エチルへキシル(皮フ保護剤)、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(皮フ保護剤)、トリエチルヘキサノイン(皮フ保護剤)、グリセリン(保湿剤)、コメヌカ油(皮フ保護剤)、ジグリセリン(保湿剤)、水(精製水)、トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル(メイク落とし剤)、カオリン(感触改良剤)、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル(メイク落とし剤)、BG(保湿剤)、ラウリン酸ポリグリセリル-10(メイク落とし剤)、パイロフェライト(桃色粘土・清浄剤)、コメヌカエキス(保湿剤)、酒粕エキス(保湿剤)、ダイズ油(皮フ保護剤)、ニンジン根エキス(保湿剤)、エチルヘキシルグリセリン(保湿剤)、水添レシチン(皮フコンディショニング剤)、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル(メイク落とし剤)、PEG-60水添ヒマシ油(乳化剤)、水酸化K(pH調整剤)、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー(固さ調整剤)、トコフェロール(製品の抗酸化剤)、フェノキシエタノール(保存剤)、香料

クレンジングジェルの使い方

クレンジングジェルは効果的なものですが、それは正しい使い方をして初めてその十分な作用が得られるのです。

使い方を誤ってしまうと効果も半減してしまうので、あらかじめ使うときのポイントを確認しておきましょう。

肌の上で温めてから使う

クレンジングジェルの多くは、「ジェル」と名が付いているものの、少なからず油分が入っているものがほとんどです。

油分が含まれているジェルの場合は出したらすぐに使うのではなく、まず肌の上で人肌程度に温めてから肌につけるようにしましょう。

油分は温めた方が浸透しやすくなるので、よりクレンジング力が高まります。

ただ、オイルフリーの表記がある場合には油分が含まれていないので、温めなくても大丈夫です。

ぬるま湯で洗う

洗顔をするとき、熱いお湯で洗った方が肌がさっぱりするものですが、このやり方では肌に必要な皮脂までも過剰に落ちてしまいます。

そのため、体温よりも少し低めの32〜35度くらいの水温で洗顔しましょう。「少し冷たいかな?」と感じるくらいの方がちょうどいいのです。

はな子
クレンジングジェルかあ……。そういえば、先生は何を使ってるんですか?
美神先生
え?ああ、私はすべてのタイプのクレンジング剤を持っているわよ。10本くらいを使い分けているの。
はな子
10本!?それ持ちすぎじゃないですか?
美神先生
そうね〜。今考えたら結局使うのは2〜3本だわ。
はな子
もったいな〜い!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)