べビ肌

乾燥肌・脂性肌にオススメのパウダーファンデーション10選!効果や選び方とは?

1235 views

この記事を書いた美容ライター

kaffy

はな子
先生、私ファンデーションのことで悩んでるんですけど…。
美神先生
あら、はなちゃん、どうしたのかしら?
はな子
リキッドタイプとかの方が保湿してくれそうだから、リキッドファンデーションにしようかと思ってるんですよね〜。
美神先生
今確かパウダータイプ使ってるわよね?乾燥を感じているの?
はな子
いや、今のところは感じてないし、簡単にできるからパウダーの方が好きなんですけど…。寒い季節になるとリキッドの方が膜を張って守ってくれてる感が強いっていうか…。
美神先生
なるほど。パウダーファンデーションでは保湿性が心配、ということね!いい機会だから、パウダーファンデーションについて、勉強してみましょう。

パウダーファンデーションとは?


ファンデーションの中では、もっともポピュラーでメイク初心者でも使いやすいのが「パウダーファンデーション」といわれています。

また、化粧直しのために持ち歩かれているものも、ほとんどがパウダーファンデーションで、固形なので携帯に適し、さっと塗りなおしができるのも利点です。

ファンデーションの種類

そもそもファンデーションには、たくさんの種類があります。

それぞれの特徴を理解しておくと、自分の肌質に合ったもの、その時の肌の状態にあったものを適切に選択できるほか、パーティや華やかな席に出かけるなど、その時々のシチュエーションに合わせた組み合わせ使用といった応用編も可能になります。

ファンデーションには、「パウダーファンデーション」の他に、
今人気の「リキッドファンデーション」
液体状から肌上でパウダーに変わる「エマルジョンファンデーション」
カバー力のある「クリームファンデーション」
さらに油分が多い「スティックファンデーション」
仕上げのパウダーにも使われる粉状の「ルースファンデーション」などがあります。

パウダーファンデーションの特徴

パウダーファンデーションとは、その名のとおり、パウダー状のファンデーションを固めたものです。

油分は含まれていますが他のタイプに比べて少量で、手軽に使用することができる、最も一般的なファンデーションといえるでしょう。

つける際に、スポンジに水を含ませるタイプ、水なしで使用するタイプに分かれていたり、パウダーファンデーションの弱点である乾燥感を抑えたしっとりタイプなど、バリエーションも豊富です。

また、パウダーなのでカバー力は油分を多く含むタイプには劣りますが、余分な皮脂分を吸着してテカリを抑えてくれる他、比較的肌への負担が少ないのも特徴です。

はな子
持ち運びにも便利なので、化粧直しには必須ですよね〜!

肌質別のパウダーファンデーションの選び方

では、肌質によってそれぞれ、どのようなパウダーファンデーションを選べばいいのでしょうか。

今は、パウダーファンデーションといってもさまざまなタイプのものが登場していますが、代表的な「乾燥肌の人」向けと、「脂性肌の人」向けの基本的なパウダーファンデーションの選び方や注意ポイントを見てみましょう。

乾燥肌の人に合うパウダーファンデーションとは

美神先生
乾燥肌さんのファンデーション選びに大切なのは、ズバリこれ!
【乾燥肌の人におすすめのファンデーション】
・保湿成分が配合されたもの!
(ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなど)

乾燥しやすい肌に悩む人は、ついついファンデーションでもリキッドタイプを選びたくなりますが、リキッドファンデーションはパウダーファンデーションに比べて界面活性剤等の成分がどうしても多く入ってしまいます。

そのため、肌への負担を軽減し、乾燥を防ぐには保湿効果のあるパウダーファンデーションを選ぶようにしましょう。

パウダーファンデーションに使われる代表的な保湿成分としては、基礎化粧品と同様に、ヒアルロン酸コラーゲン、セラミドなどですが、こうしたスキンケア成分を加えることで、メイク中の肌の乾燥を抑えようというものです。

もちろん、これら保湿有効成分の質や含有量によって、仕上がり具合やつけた時の感覚は変わってきます。

また、ファンデーションのつけ方も重要で、スポンジで肌にたたき込むようにつけたり、強くこすったりするのは避けたいもの。

目の周りや口の周りなどは動きも多く皮膚も薄い部分なので、厚塗りはしないこと。肌への刺激を極力控えると共に、スポンジやパフを常に清潔にしておくことも重要です。

はな子
パウダーファンデーションは乾燥しやすい人には向かないのかなって心配してました。
美神先生
パウダーに保湿成分が含まれたものも多く、肌への負担をなるべく軽くしたい人にはパウダーファンデーションはおすすめなのよ!

脂性肌の人に合うパウダーファンデーションとは

【脂性肌におすすめのファンデーション】
・皮脂吸着パウダーが配合されたもの。
・パールyなど光る素材が入っていないもの。

脂性肌の人が特に気になるのが、テカリと化粧崩れではないでしょうか。

脂性肌さんにはファンデーションの中でも、基本的に油分が多く含まれているクリームタイプやリキッドタイプよりも、パウダーファンデーションがおすすめです。

パウダーにはもともと、余分に分泌皮脂を吸い取る効果があり、皮脂吸着パウダーと言った、粉に無数の穴が空いているものが配合されたタイプは特にテカリを防いでくれる働きがあります。

ただ、パールなど光る素材が含まれているものは皮脂によるテカリと混同されやすいので、脂性肌の人は避けた方が賢明です。

また、ファンデーションを厚くつけすぎると、分泌された皮脂と相まってヨレの原因になるので、気をつけたいですね。仕上げに、ブラシで余分なパウダーを落とすと良いです。

さらに、脂性肌の人の場合、ファンデーションをつける前のスキンケアにも気をつけましょう。

きちんと洗顔することと、保湿成分をしっかり与えることは必要ですが、メイク前に脂分を与え過ぎないよう注意が必要です。また、肌の温度を下げ、手早くファンデーションをつけるのも長持ちメイクには効果的だそうです。

はな子
それぞれの肌質にあったものを使うことで、保湿もしてくれるし余分な皮脂も吸着してくれるんですね!
美神先生
そうね。季節に合わせて使うファンデーションを変えるのもいいわね。

乾燥肌にオススメのファンデーション5選

はな子
保湿成分の入ったファンデーション、自分で選ぶのもいいけど、綺麗な先生が選んだオススメの商品の中から選びたいな〜。(探すの面倒くさい)
美神先生
あら、褒めても何も出ないわよ。でもまあ、乾燥肌にオススメのファンデーション、紹介するわ。
はな子
わ〜い!(ちょろい)

独自の技術で保湿成分を配合!

【エスティ ローダー/ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイス パウダー メークアップ】

¥4,980

SPF14 PA++
全5色

しっとりしたテクスチャーでカバー力もあり、ファンの多い定番人気商品。

独自の技術で保湿成分を含有させ、しっとり感と重ねづけしても厚ぼったくならない粒子の細かさが魅力です。特に冬場の乾燥が気になる人には、おすすめではないでしょうか。

新感覚!ムースをパウダリーにしたファンデーション!

資生堂/マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

¥3,240

※ケース別売り ¥1,080

SPF25 PA++
全7色

ムース生まれ、と称するだけあって、軽く伸びの良いファンデーション。カバー力もあるのに素肌感のある仕上がりに定評あり。

皮脂崩れや粉浮きなどの化粧崩れが10時間ない、というデータも持つほど。もちろん個人差はあるにしても、使ってみたくなる一品。水あり、なし、のどちらにも対応。

仕上がりの良さにこだわった、「毛穴レス」な肌へ

ヴァントルテ/ミネラルシルクプレストファンデーション

¥3,024

※ケース別売り ¥1,080

SPF20 PA++
全3色

カバー力と仕上がりの良さが好評ですが、特に、毛穴を目立たなくする、肌を整える、保湿する、という3つの機能をうたっているのが特徴。

天然ミネラル配合で肌に優しく、長時間つけていても肌に負担がかからない点をアピール。敏感肌の人にもおすすめです。

光を操り明るい肌へ。

ランコム/タンミラク コンパクト

¥4,141

※ケース別売り ¥1,495

SPF20 PA+++
全7色

しっとりした艶と透明感のある仕上がりが特徴。ヒアルロン酸をたっぷり含んで保湿効果をアップし、ローズヒップオイルが艶感を与えます。

特に乾燥感を気にする人には、同製品の「ユニバーサルライト テクノロジー」と呼ばれる技術による艶と透明感は魅力的。

粉っぽさを感じないなめらか艶肌仕上げ!

花王/エスト パウダーファンデーション シルキースムース

¥5,400

※ケース別売り ¥1,620

SPF25 PA++
全6色

パウダーのキメが細かく、肌につけた時の伸びの良さと艶感、皮脂によるテカリやヨレを長時間ブロックして化粧崩れしない、と高評価。

しかも、ヒアルロン酸とカミツレエキスで保湿力も高いため、乾燥肌の人にも脂性肌の人にもおすすめです。

【関連記事】
乾燥肌のファンデーションの選び方!おすすめ21選

脂性肌にオススメのファンデーション5選

美神先生
脂性肌さんだけじゃなく、乾燥肌の人でも、皮脂分泌が多くなる夏の時期にオススメのファンデーションを5つ紹介するわ!

サラサラ仕上げでくすみのない光沢感を演出!

資生堂/リバイタル グラナス ファンデーション パウダリー(PF)

¥4,834

※ケース別売り ¥2,268

SPF20 PA++
全6色

軽い付け心地ながら、なめらかなパウダリーのカバー力を持つファンデーション。時間が経っても皮脂をしっかりキャッチして、ヨレや崩れを防いでくれます。

また、くすみを抑えた光沢のある肌感が持続。水あり、水なしに対応していますが、脂性肌の人には水ありの方がおすすめでしょう。

驚くほど軽い!皮脂を長時間コントロール!

ディオール/ディオールスキン フォーエヴァー コンパクト エクストレム コントロール

¥6,970

SPF20 PA+++
¥7,560

素肌感を持ったマットな仕上がりと、皮脂の長時間コントロール力が特徴のファンデーション。加えて、スキンケア効果の高さも訴求する、ハイクオリティが魅力。

テカリがしっかり抑えられているのに粉っぽさもない、自然なマット感を実現してくれます。

乾燥肌にも脂性肌にもおすすめ!

花王/エスト パウダーファンデーション シルキースムース

¥5,400

※ケース別売り ¥1,620

SPF25 PA++
全6色

乾燥肌へのおすすめでも紹介したように、極小パウダーが肌を包むような伸びの良さと肌へのフィット感が特徴。

また、パウダーに化粧崩れの原因となる皮脂を固める力があるので、テカリや化粧ヨレが気になる脂性肌の人には嬉しいファンデーションです。

カバー力がありながら、皮脂崩れを防ぐ!

■資生堂
マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

資生堂/マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

¥3,240

※ケース別売り ¥1,080

SPF25 PA++
全7色

乾燥肌の人向けにもご紹介した、ムース生まれを称する軽くて伸びの良いファンデーション。

カバー力がありながら、皮脂崩れや粉浮きなどがなく、乾燥肌にも脂性肌にも対応。水あり、なし、のどちらでも使えますが、脂性肌の人には水ありがおすすめ。

朝の仕上がりが夕方まで続く。

ソフィーナ プリマヴィスタ/きれいな素肌質感 パウダーファンデーション


※ケース別売り ¥1,080

SPF20 PA++
全7色

ひと塗りで薄く伸びで肌に吸着し、毛穴やくすみ、色むらを自然にカバーします。塗っていることを感じさせずまるで素肌そのものがきれいになったかのように演出。

汗や皮脂に強く、崩れにくいため朝の仕上がりを夕方まで持続させます。

【関連記事】
脂性肌に合うファンデーション6選!選び方と崩れない塗り方

パウダーファンデーションの使い方

美神先生
せっかくだから、はなちゃんもパウダーファンデーションの正しい使い方を復習し直してみて。
はな子
はい!解説お願いします!

基本的な使い方

パウダーファンデーションは使いやすくナチュラル感も出ますが、パウダーなので粉浮きしないように気をつけることと、部分的な厚塗りなどムラが出ないようにつけましょう。

1.スキンケアの後に下地をつける。

まずは、基本のスキンケアをしっかり行った後に、下地クリームをつけます。

この時の注意点は、つけすぎないことと、全体に均等につけること。つけ終わった後に乾いたスポンジなどで全体を押さえ、余分な油分を取っておくと、ヨレやくずれを防ぐことができます。

また、シミなど気になるところがある場合は、ファンデーションをつける前にコンシーラーでカバーしておきましょう。

2.両頬・額・鼻筋・顎に、中央から外側に向けて伸ばす。

ファンデーションをつける時は、スポンジかブラシですが、スポンジの場合はファンデーションをスポンジに一度につけすぎないよう気をつけましょう。

両頬、額、鼻筋、顎の5か所、顔の中央から外に向けてさっと軽く伸ばすようにつけていきます。

目の周りや口の周りなど、よく動かす場所が厚塗りにならないようすることと、輪郭と首がくっきり分かれてしまわないように、ブラシなどを使って顎から首へぼかすのを忘れないようにしましょう。

水ありでの使い方

美神先生
水ありでの使い方は、こんな人にオススメよ。
・さっぱりした使用感がいい人
・夏にオススメ
・脂性肌の人にオススメ

水ありの使い方を想定しているファンデーションは、大抵の場合パッケージに、「2Way」や「水あり水なし」など表記がされています。

「水あり」の使い方としても、ただスポンジに水を吸わせてからしっかり絞って使う、という人もいれば、化粧水や美容液をスポンジに含ませて使う、あるいは、化粧水でファンデーションを溶かしてリキッドファンデーションのようにして使う、という人もいます。

水ありの使い方では、肌にファンデーションがなじみやすい反面、乾いたときに肌のつっぱり感がないかチェックして、自分の肌に合った使い方を探しましょう。

また、スポンジが湿っているとどうしてもファンデーションが多めに付いてしますため、厚塗りやムラ付きにならないように気をつけましょう。

ファンデーションはベースメイクアップともいい、文字通りメイクの基礎=下地を作るものですから、肌の質感や仕上がりが非常に重要です。

さらに言えば、ベースメイクがきちんと仕上がれば、そこに載せていく部分メイクがより映えたり、きれいに仕上げることができるので、ファンデーション選びはとても重要です。

自分の肌が健康的に艶やかで、くすんで見えないことが理想ですね。パウダーファンデーションの仕上げに、ブラシで軽くファンデーションを全体になじませたり、温めた両手で顔全体を包んでプッシュするなど、仕上げまでしっかりと気を配りましょう。

はな子
同じファンデーションでも、つけ方次第で密着感やもちも変わるんですね!
美神先生
そうね。自分の肌に合ったものを選ぶだけでなく、上手に使うことで素肌の美しさを活かしたベースメイクができるわ!
はな子
これでしっかり保湿した卵のような陶器肌を手に入れれば、あとは彼氏を作れば完璧!
美神先生
彼氏…できそう……?
はな子
……。この話はやめましょうか。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)